Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/01/29 18:04 - 2004/01/29

blogは、私たちのコミュニケーションをどう変えるのでしょうね

カテゴリ : ブログ タグ :

    関連するblog:Doblogの使い方:非公式親切版β
    Doblogユーザーに告ぐ。本当にBlogをやっているのか?
    著作権問題の件もそうですが、大変興味深い話題を振ってくださいますので、
    読んでいる側も思わずニヤリという感じでしょうか。
     
    blogならではのコミュニケーションの広がり、すなわち自分の発信内容が
    他の人のどの発信内容と関連しているのか、という繋がりを意識して
    広げていくことがblogの醍醐味であり、Doblogの住人は全体的に見れば
    そうした外部へのアプローチに消極的な印象がある、ということですね。
    なかなか鋭いご意見だと感じました。
     
    この話題は、blogの流行と、娯楽消費コミュニケーションの関係を考えるに
    あたってはそれなりに大問題であって、それなりに大問題って
    いう表現は半ライスの大盛りみたいじゃないかとjinさんに
    怒られそうな気がして、・・・いやいや、それは置いといて(ノ゜ο゜)ノ
     
    blogというツールには「1. 情報発信の敷居」と「2. 関係(リンク)を作る敷居」
    の両方を下げるポテンシャルがありますが、1.の敷居が下がるというのは凄く
    解釈が簡単です。発信したければ直ぐに発信できるようになり、それでも発信
    したくなければ表舞台には見えてこない、というお話になります。
    一方で2.の敷居を考えてみましょう。関係を作るのが簡単になった、という概念
    のほかに、「関係を望むかどうか」という指標を同時に考えなければなりません。
    発信者が望んでいる関係の「広さ」は、意外に重要な要素です。
     
    ちょこっと、「な、何言い出すんだこの人は?!」と思われましたか?
    あるいは、「うー、そんなことを気にしたことが有るような無いような・・」?
    例えば、トラックバックを打とうとして、ふと手が止まってしまったとき、
    その理由は何だったのでしょう。私だってMUSEの梅田さんの記事にTBした
    ときは、その直前に画面の前でウンウン唸ってました。
     
    blogは、関連情報をみんなで協力してリンクさせる「全世界共有データベース」
    に進化するのか。それとも、自分の前に現れた「ネットの窓」から自分と他人を
    繋いでいく気ままなローカルメディアの乱立なのか。あるいはその両方なのか。
    それはblogを使って何をしてみたいのか、というみなさんの意志そのものに
    他なりません。その答えは常に、みなさんの中にあることでしょう。
     
    ・・・知恵熱が出てきますから、このあたりでブレーキを掛けておきましょう。
    少なくとも私はDoblogに住むことで得た知識「半ライスの大盛り」
    この後誰に伝えれば良いのでしょう?!唸っても答えは出ません。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | ブログ | | 2004/01/29 18:04


    « ホコリまみれのPCの怒りを聞け!

    トップに戻る

    まさに”モンスター”なAVセレクタ »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks