2020年も大変お世話になりました。2021年も宜しくお願いいたします。

2020/12/31


 
2020年も本日で終わりです。皆さまおつかれさまでした。
 
今年は本当になんという年だったんだ、、としか言いようがありません。
しかもまだまだ終わりが見えない状況だなんて、、、できることなら
来年の今頃は「やっと落ち着いたね」とブログ記事を書けていたらと
願わざるを得ません。

 
私はというと、2月中旬頃から イベントの開催中止、外出の自粛
などが続いて、7月頃まではほとんど表で活動はせずという状況でした。
その後じわじわとイベント等が復活してきましたが、それでも
以前よりははるかに厳選した案件だけに赴くようにしていました。
 
一方で1つだけ、悪くない方向のことがあったとすると、
2月頃から幸いにして在宅勤務に切り替わり、通勤をほとんど
しなくなったことが挙げられます。こうして切り替わってみると
いままで片道1時間以上、往復で 毎日2.5時間も通勤に 使って
いたのは一体何だったのか、と今さらながらににして実感しました。
 
そんな中で自室のエアコンが壊れて大騒ぎになったりもしましたが・・。
 

 
また反面、通勤が無くなってみると今度は 世情からの隔離を
感じたりもします。「ちょっと帰り道に秋葉原に寄っていこう」
みたいな感覚がどんどん無くなっていって、自分から何もしないと
ずっと何もしないままの自分が固定されていってしまうのですね。
 
そういう色々な葛藤もあって、マスク・手洗い・うがいの徹底、
食事は1人で素早く食べる、声を上げるイベントには行かない、など
可能な限り気を付けながらも、街に触れる機会を作るようにしています。
しかし今後はもうちょっと厳しくなっていくかもしれません・・。
 
 
 
当ブログは昨年の年末の記事でも触れましたとおり、
完全にやり方を変えることにして、
 
・体験レポートはまず Twitterで連投 する
・そのまとめ(アーカイブ)をブログに投稿する
 
という役割に切り分けるようにしています。
 
このほうが皆さまに読んでいただける、、のかというと、
そういう実感はあまりないのですが(えー・・)
ひとまず1年ほど続けてみた結果、個人的にはこのやり方は
気に入っていて、今後も続けてみようと思っているところです。
 
昨年も書きましたが、私としては、
 
「Twitterでリアルタイムにブログを書いている」
 
という意識でいますので、そんなイメージで見て頂けたら幸いです。
 
■CK@デジモノに埋もれる日々 - Twitter
https://twitter.com/ckom

 
 
 
さて、2020年の総まとめです。映画鑑賞およびリアルイベントに
足を運んだ回数は、昨年比で 184回→ 72回 でした。
 

 
・・・激減は当然ですよね、2月前半くらいまでは昨年を上回るペースで
これは200回を超えるかも? と思っていたりしたのですが、
そこから3~7月頃まではほぼ死に体でしたし、8月以降も、
以前だったら「とりあえず観てみるか」くらいで観ていた映画なども
すべて 「よほど好きなものしか」 行かないようにするなど、
シャットアウトではないものの頻度をコントロールしてきました。
 
■映画(タイプ別)
39 映画(通常)
7 映画(舞台挨拶・トーク付き等)
26 イベント(ライブ・先行上映・その他)
 
映画を観る回数も大幅に減ったのですが
(舞台挨拶上映が軒並み消えたこともありますが)
実は2020年の新作映画を 「10本」 しか観ていないことが判明しました。
今年のアニメ映画「トップ10」がギリギリ書ける程度・・。
「すごく観たいもの以外は自重」したのが影響しています。
 
ライブ・イベント等のほうは、こちらはこちらで凄く行きたかったのに
開催のほう自体が消滅してしまうケースがほとんどになりました。
特に 「新作アニメの先行上映イベント」 という概念が
崩壊してしまったのが本当に悲しいですね・・。
 
それでも、ここぞというところのライブ・舞台鑑賞にはかなり頑張って
参加をしています。厳戒態勢ともいえる感染症対策を徹底して必死の思いで
イベントを実現してくださっている方々には本当に頭が上がりません。
 
今回は合計数が少なかったので、以前の基準では載せていなかった
オンライン有料配信イベント、コラボカフェ・展示会などの参戦歴も
載せています。(無料配信はキリがないので掲載していません)
 
■その他イベント計(タイプ別)
10 オンライン有料配信ライブ・イベント
11 アニメ系コラボカフェ・展示会など
7 レース・レース系展示会など
 
有観客ライブが無くなったぶんが無観客ライブ(有料配信)に置き換わったものが
沢山ありました。これはこれで開催があるだけ有り難いのですが、
やっぱり「現地」の特別感が恋しくてたまりません。。。
 
 
 
アニメは今年もいっぱい楽しませていただきました。
その中でも特にピックアップしたいのはこの3つ。
「おちこぼれフルーツタルト」
「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...」
 

 
「おちこぼれフルーツタルト」 は何といっても我らが地元小金井市
のアニメということで私の中で注目度MAXだったのですが、
いざ始まってみるとそのクオリティの高さに驚いてしまいました。
かわいい!へんたい!かわいい!へんたい! だいたいへんたい!
まぁその大体へんたいですが、私のロコ先輩と私のチコちゃんと
私のはゆちゃんが可愛いからもうだいたいそれでいいんじゃないでしょうか。
あと利音ちゃんかわい。乙社長もかわいい。だいたい全部かわいい。


 
「推しが武道館いってくれたら死ぬ」 は驚きのダークホース
という感じでしたね。とにかく全編に渡っての流麗な絵作りと
テンポの良さが凝縮されたようなギャグ、そして何といっても
ファイルーズあいさん 演じる「えりぴよ」というキャラクターの魅力が
私の心をわしづかみにして離しませんでした。ファイルーズあいさんは
ダンベルアニメのときにこれは凄い人が出てきたぞ!と思って
注目していたのですが、この推し武道で更なる飛躍を遂げましたね。


 
最後は 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...」
ゲームの悪役令嬢の中に現代から転生した天然おばか女子高生(?)
の心が入ってしまって悪役どころか誰からも好かれてしまうカタリナ劇場。
どんなピンチにも当人が一番ケロっとしている様を 「未読スキップ」 って
呼ばれて笑う。脳内会議も可愛すぎますね。カタリナ様、基本、猿。
二期も決まっていますのでとっても楽しみです。

 
 
 
アニメ映画でピックアップしたいのはこの3つ。
「劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-」
「劇場版 SHIROBAKO」
「劇場版 ハイスクール・フリート」
 

 
「劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-」 はまさに満を持して
という感じのボンドルド編。敵キャラとしてのボンドルド卿も新キャラクター
として登場したプルシュカも本当に魅力的でした。プルシュカはパパが大好き、
だからこそあの結末のやりきれなさに胸がはちきれそうになります。
なおTVシリーズから終始一貫してレグ派の私、大満足。
「守るべきものを見失うな―」 本当にカッコよさ満点でしたよね。


 
「劇場版 SHIROBAKO」 も期待以上の出来でした。正直SHIROBAKO
についてはTVシリーズの密度が凄かったため、「これ以上」を劇場で
さらにひねり出せるのか?というのが信じ切れていなかったのですが、
そんな不安を見事に飛び越えてくれました。モノを作るのに必要なのは
情熱なのか?金勘定なのか?才能?責任感?人情?野心?計画性?
そんなの「全部要る」に決まってんじゃんか。


 
3本目は「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「羅小黒戦記」も
挙げたかったのですが、やっぱり 「劇場版 ハイスクール・フリート」
この作品こそ劇場で大画面・大音響で観てこそ!という感じでしたよね。
大和型戦艦4隻の出航シーケンスや一斉射撃はたまりません。
要塞に突入してからの晴風の大立回りも迫力満点でした。
初期版の作画の件で評判が・・というのがあって本当に惜しかったのですが、
修正版になってからはその点も大満足。もしかすると横須賀に行けば見られる・・かも?

 
 
 
今年は前述のとおり ライブ・舞台・イベント などが軒並み
中止・延期に追い込まれた年でしたが、それでも沢山の方々の努力に
よって成立までこぎつけた奇跡のライブ・舞台がいくつもあり、
私も幸運にもそれらを浴びる機会に恵まれました。
 

1月「艦これ C2機関 鎮守府新春New Year Special Live! 2020 昼戦の部」(パシフィコ横浜)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/01/kancolle_newyearlive2020.html
[tw:2020/01/03] 艦これ「C2機関 鎮守府新春New Year Special Live! 2020」昼戦の部 in パシフィコ横浜に行ってきました。
 

2月「RAISE A SUILEN単独ライブ Craziness」(静岡エコパアリーナ)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/02/raiseasuilen_live_craziness_ecopaarena.html
[tw:2020/02/09] RAISE A SUILEN 単独ライブ「Craziness」in 静岡エコパアリーナに行ってきました
 

7月「舞台 We are RAISE A SUILEN ~ BanG Dream! The Stage」(銀河劇場)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/07/raiseasuilen_bangdream_thestage_report_changetheworld.html
世界は貴方を待ってた―「舞台 We are RAISE A SUILEN ~ BanG Dream! The Stage」が切り開いた新境地
 

10月「バンドリ! Morfonica 1st Live Cantabile」(東京ガーデンシアター)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/10/bangdream_morfonica_1stlive_cantabile_report.html
[tw:2020/10/07] いま花開くとき!「Morfonica 1st Live Cantabile」in 東京ガーデンシアターに行ってきました。
 

10月「バンドリ!8th☆LIVE Poppin'Party Breakthrough! Day1 キラキラ☆Festa Day!」(東京ガーデンシアター)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/10/bangdream_8thlive_poppinparty_breakthrough_day1_report.html
[tw:2020/10/08] 修行明けのポピパを見て!「バンドリ!8th☆LIVE Poppin'Party Breakthrough! Day1 キラキラ☆Festa Day!」in 東京ガーデンシアターに行ってきました。
 

10月「ラブライブ!サンシャイン!! Saint Snow 1st GIG」(横浜ぴあアリーナMM)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/10/saintsnow_1stgig_yokohama_report.html
[tw:2020/10/18] Saint Snow は今ここで「始まり」を迎えた!「Saint Snow 1st GIG ~Dazzling White Town~ 横浜公演」全通レポート
 

12月「少女☆歌劇 レヴュースタァライト The LIVE 青嵐 BLUE GLITTER」(銀河劇場)
https://ckworks.jp/blog/archives/2020/12/revuestarlight_butai_seiran_blueglitter_galaxytheater_report.html
銀河劇場に再び吹き荒れる「青い嵐」を見たか!「少女☆歌劇 レヴュースタァライト The LIVE 青嵐 BLUE GLITTER」観劇レポート
 
通常開催できたのは2月のRASライブが最後。7月になんとか開催にこぎつけた
RAS舞台からはすべて厳戒態勢の中、一席あけ、発声禁止、拍手とペンライト
のみOKという 「新しい様式」 を余儀なくされました。昔のようなコールや
熱狂が恋しいのはもちろんのこと。でも今はこうして制限された中でも
ライブや舞台がなんとか「実現」したことのほうが何より嬉しいです。
 
状況は日々厳しさを増していますが、2021年も何とかこうした素晴らしい
パフォーマンスを生で、現地で感じ取れる機会ができればよいのですが・・・。
 
 
 

 
コミックスの購入ペースも若干鈍っていますね・・最初の「街に出る」
というお話もそうですが、コミックも「触れる作品を増やす」という
ことも大事な刺激です。もっと頑張っていかないといけませんね。
そんな中からピックアップするのは、
「となりのフィギュア原型師」
「宙に参る」
 

 
「となりのフィギュア原型師」 一癖も二癖も三癖もあるフィギュア
原型師たちが織りなす、織りなす、、、なんだろう。わちゃちゃ?
丸井まおさんの「牧場OL」が大好きだったので終わってしまって
残念だったのですが、こうして新作が読めて本当に嬉しいですよ。
1ページに 軽く2,3発ジャブからのフック くらいは喰らわせてくるテンポ、
そして何といっても代表がはっちゃけカワイイ。以前ピックアップした
「ポンポさん」とかといい、こういう系が私の中でどストライクなのです。


 
「宙に参る」 久々にこういう、読んでいてじわじわニタニタさせられる
ような作品に出会いました。力を抜いてふわっと読んでいると「あれ」と思って
もう一度読み直す、みたいなことになるので、普段より2~3倍の時間をかけて
ゆっくりじっくり読みたい感じ。機械いじり大好き主婦のソラさんが宇宙旅の中で
あれやこれやする近未来SF・・で紹介大丈夫ですかね。このそっけない感じの
三白眼のソラさんがめっちゃ素敵なんですから。初手で喪服は反則だとおm(

 
 
 
2020年のSUPER GTも開催が危ぶまれたのもの、無観客で4戦、有観客で4戦の
計8戦を開催することができました。私も現地に3回赴いて
「グッドスマイルレーシング 初音ミクAMG」 の応援に行ってまいりました。
 

https://ckworks.jp/blog/archives/2020/11/hatsunemiku_gsr_2020_rd7_motegi_final.html
[tw:2020/11/08] GSRは10番手からの2位フィニッシュで2戦連続表彰台! SUPER GT Rd.7 ツインリンクもてぎ 決勝日のツイートまとめ
 
2020年はGSRにとって非常に条件の厳しい1年となりましたが、
それでも2回の表彰台をゲットして意地を見せてくれました。
 

https://ckworks.jp/blog/archives/2020/12/hatsunemiku_gsr_2021_designed_car_timeattack_on_fujispeedway.html
[tw:2020/12/26] 2021年カラーリングで富士タイムアタック! グッドスマイル初音ミクAMG マシンデザインが早くもお披露目です
 
「デジ埋」は2021年もSUPER GT GSR初音ミクチームの 「企業スポンサー枠」
として個人の身でエントリーさせて頂きます。これでなんと7年連続となります。
2021年は逆襲の1年になってくれることを期待しつつ、精一杯応援したいと思います。
 
 
 
それでは、2021年は皆さまの不安が晴れて健やかで明るい年になってくれますように・・・。


2020/12/31 [updated : 2020/12/31 22:09]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« [tw:2020/12/31] スタリラ プレイノート vol.11 2020年11月~12月期

トップに戻る

2021年あけましておめでとうございます。よろず話はレンタカーと「一脚」テスト。 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



連投メモ:「ツイートで『ブログ』を書く」お話と、ガジェット系からイベントレポ系に遷移していった時のお話


2022年あけましておめでとうございます。よろず話はカーナビの「ジャイロ」ご乱心のお話


2021年も大変お世話になりました。2022年も宜しくお願いいたします。


2021年あけましておめでとうございます。よろず話はレンタカーと「一脚」テスト。


2020年あけましておめでとうございます。今年はちゃんと歯を磨きます。。。


2019年も大変お世話になりました。2020年も宜しくお願いいたします。


2019年あけましておめでとうございます。・・からのいきなりノートPC修理のお話


2018年も大変お世話になりました。2019年も宜しくお願いいたします。


デジ埋のブロガー名刺ver.3.1を前川企画印刷さんに作っていただきました。


2018年あけましておめでとうございます。今年は「積んデジ」を減らす・・?


2017年も大変お世話になりました。2018年も宜しくお願いいたします。


2017年あけましておめでとうございます。新年はモニタトラブルから始まります。

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks