デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »


 (2008/07/31 23:59)

あまとも通信 - IO-DATAのお手軽大容量NASシリーズの値下がり具合

 カテゴリ : あまとも タグ :


    木曜日は「あまとも通信」。今回は第94回です。
     

     
    ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
     
    「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
     
     marute2 さん、under-stomach さん、naura さん の3名様が、
     1,000円のAmazonギフト券 当選です!
     
    おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
    いただきましたので、メールをご確認ください。
     
    プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
     
     
    ■今週の値下がりピックアップ
     
    例のNAS が壊れたことで、私もちょっと気になっているNAS市場ですが、
    IO-DATAのHDD×2本用 ミラーリングNAS が価格改定で値下がりしています。
    1TB×2本版が 8/2付けで 53,980 円 ⇒ 50,980 円 と3,000円の値下がりです。

    500GB×2本版は逆にちょっと値上がり中ですね。それから
    兄弟シリーズとしてHDD×4本用の HDL4シリーズがあります。

    250GB×4本版、500GB×4本版 はわりとリーズナブルな価格。
    250GB×4本のほうは生産終了で、この容量は上のHDD×2本の
    HDL2シリーズに受け継がれることになっています。

    750GB×4本版 が何かおかしいお値段に・・・。ちなみにこの750GB×4本版も
    生産終了になりました。1本750GBのHDDって調達が難しいですよね、っていう。
    1TB×4本版 はさすがに値が張ります。

    500GB×4本のうち、2本だけを入れた廉価版 なんていうのも存在します。
    大容量NASというのも一般需要が出てきたのか、いろいろ選べるようになりましたね。
     
    今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
     


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/07/31 23:59


     (2008/07/30 23:59)

    続・デジカメ用外部バッテリはどうだ? 「My Battery Expert n」 HD700で連続撮影テスト

     カテゴリ : デジカメ タグ :

    ■2008/07/26 [Xacti HD700 で長時間撮影を考える - 外部バッテリ「My Battery Expert n」]
    ■2008/07/29 [デジカメ用外部バッテリはどうだ? 「My Battery Expert n」 写真館]
     
    では、いよいよHD700と接続してテスト撮影といってみましょう。
    「My Battery Expert n」 はフル充電に6時間掛かります。
    前準備だって結構掛かるのです(`・ω・´)
     
    Xacti HD700 にはDC入力端子がありますので、My Battery Expert n から出る
    コードをそこに挿し込みます。DCコネクタはサイズに合わせて 4種類 から選んで
    使うことができますが、HD700の場合は小さいほうから2番目でピッタリ合いました。
     
    っとその前に、My Battery Expert n の側で出力を 「5V (2A)」 に合わせておきましょう。
    My Battery Expert n のボタンを長押しすると電源が入り、そこですぐ同じボタンを
    押していくと 5V(2A) ⇒ 6V(2A) ⇒ 7.2V(3A) ⇒ ・・・ と切り替えることができます。
     
    撮影テストの一式はこんな感じ。
     

     
    ちなみに HD700 はDC入力接続時は標準バッテリパック(DB-L40)を付けなくても
    撮影が可能です。今回も バッテリパックは外したまま テストしています。
     
    では早速連続撮影してみましょう。ちなみにHD700は最大ファイルサイズが
    4GBまで と決まっていて、4GBに達すると撮影が自動的に止まってしまいます。
    そこでとりあえず4GBまでいっぱいになるところまで撮影してみることにしてみました。
     
     1回目: HD-HQ 1280x720 6Mbps
     2回目: TV-SHQ 640x480 3Mbps
     
    HD-SHQ 1280×720 9Mbps の設定は避けてみました。なぜかというと、
    もしかして運悪く SDHCカードの書き込みに詰まって 止まって
    しまったらバッテリのテストにならないからです。
     
    その結果、作られたファイルがこちらです。
     

     
    2回とも最大サイズの4GBのファイルがちゃんと作られたことがわかります。
    それぞれビットレートが違いますから、撮影時間は、
     
     1回目: HD-HQ 1280x720 6Mbps ⇒ 1時間33分19秒
     2回目: TV-SHQ 640x480 3Mbps ⇒ 3時間02分46秒
     
    となりました。つまり My Battery Expert n としては 4時間半の連続撮影
    を完遂したことになるワケですが、バッテリの目盛りを見るとなんと、
     
     まだ4目盛りのうち3目盛りが残っています!
     
    少なくともまだ半分以上は残っているという計算になるでしょう。
    10時間くらいの連続撮影は楽々といけそうな感じです。
     
    元々 HD700 でバッテリパックを使った場合の連続撮影時間は
    ズーム、電源ON/OFFを一切しない場合では80分となっています。
    My Battery Expert n はその10倍近い容量がありますから、
    計算上は13時間くらい の連続撮影ができることになります。
     
    もしズーム、電源ON/OFFを多用した場合は標準で45分ですから、
    My Battery Expert n はその10倍、7時間ちょい ということになるでしょうか。
     
    これは十分に使える、そういう感触は得ることができました。
    もちろん大きくて重いのが難点ですから、ここぞという撮影準備をして
    いくときにしか使えませんが、それでも使いどころはあると思います。
    また、容量半分の小型版 である「My Battery Pro n」もありますから、
    持ち運びを気にされる方はそちらをご検討されるのも手かと思います。
     
    さて、こうなってくるともう HD700 だけでは勿体無い という気がしてきます。
    というのも、HD700ではどうしても「室内撮影」には明るさが足りないためです。
    室内撮影をしたい場合はたとえHD画質やワイド映像という利点を捨てても、
    CG65を持って行きたいところなのですが、
     
     残念ながらCG65にはDC入力端子がありません。
     
    ただし、よく知られている「裏技」はあります。なぜかCA6専用として売られている
    バッテリパック⇒DC入力端子変換キットというのがあるのです。

    これを買って、ちょっと 突起部分を工具で切り落とせば CG65にも
    挿せるという話は有名です。いよいよコレに手を出すときが来たのでしょうか。
     
    ・・・とりあえずコレも注文はしておきましたよ(=゜ω゜) (早いよ)


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2008/07/30 23:59


     (2008/07/29 23:59)

    デジカメ用外部バッテリはどうだ? 「My Battery Expert n」 写真館

     カテゴリ : デジカメ タグ :

    ■2008/07/26 [Xacti HD700 で長時間撮影を考える - 外部バッテリ「My Battery Expert n」]
    日本トラストテクノロジーの 「My Battery Expert n」 が届きました。
    Xacti HD700 の外部バッテリとして使うために購入したものです。
     
    まずは一応、写真館いってみましょう。
     
    ■あまとも写真館 - My Battery Expert n
    http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B000NQDAP8

     
    第一印象としては「デカイ!」という感じでした(;´Д`)
     
    ちょっと舐めていたのかもしれませんが、長さ15.5cm というのは
    数字を見ると結構小さそうですけど、実物を見るとなかなか
    かさ張りますね。写真では比較対象としてHD700を横に置いてみました。
     
    ちなみにイメージとしては、CDケースが12cm四方というのを思い浮かべて
    それより3~4cm長いという想像をして頂ければ分かりやすいと思います。
    それプラス、厚みが3.0cmあることもご考慮ください。
     
    それはまぁ良いのですが、もう1つ予想外だったのは、
     
     重量がかなりある
     
    という点ですね。よくよく考えてみれば当たり前で、バッテリというのは
    この手の機器の中では一番 「密度の濃い」 部品ですから、
    見た目以上に重く感じるというのは間違いありません。重量は 約500g
    HD700でいえば2.5台ぶん、Let's note R4 の半分くらいの重さです。
     
    当然こうなると普通のポケットには収まらない大きさですから、
    専用のホルダーか何かが欲しくなるということになりますが、
     
     さすがプロ御用達(?) ホルダーは標準添付です。
     
    普段は軽いHD700だけを持ち歩いて、特別な撮影の日だけホルダー完備で
    「My Battery Expert n」を持ち歩く、という棲み分けを考えれば、
    これはこれで有りだなという気はします。
     
    まずはこれで連続撮影のテストをしてみるところから始めてみます。
    連続撮影についてはほかにもSDカードの 「書き込み速度」 とかXactiの 「熱暴走」
    とか色々な問題がありそうなのですが、果たして目的は完遂できるのでしょうか。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | デジカメ | 2008/07/29 23:59


     (2008/07/28 23:59)

    ひとやすみ: 大画面テレビでMADを見るという贅沢(?)なプレイ

     カテゴリ : デジモノ タグ :

    ■2008/07/05 [ノートPCから大画面テレビに映す REX-VGA2DVI - 問題はテレビとPCの相性?!]
    ■2008/07/15 [まずは恒例の写真館から - 40型液晶テレビ「BRAVIA KDL-40F1」]
     
    このあたりの続きになるのかどうかわかりませんが。
    購入した 40インチ液晶テレビ はもちろんメインTVモニタとして
    テレビにゲームに色々と活躍しているのですが、当初の目的でもあった
    PC出力モニタ としてもしっかり活用するようになりました。
     
    何といっても撮り貯めた映像などをPCから即座に大画面で再生できるのは
    嬉しいことです。Xactiで撮った映像もそうですし、あるいはテレビ録画した
    映像をNASに置いている場合なども同様ですね。なんだかんだ言って、
     
     「家電とリモコン」 よりPCから再生したほうがよほど使いやすい
     
    と思ってしまうのは私だけでしょうか。家電は本当にユーザインタフェース上の制約が
    多い機械だったのだなぁということをつくづく感じさせられます。
     
    さて、最近ちょっとひそかな贅沢だと思っているのが、MADの全画面再生 です。
    本来はPC上だからこそ観ることができたハズのMADが、まるでテレビ放送を
    しているかのように大画面いっぱいに表示されるのは何ともドキドキします。

    Get the Flash Player to see this player.


    Get the Flash Player to see this player.


    Get the Flash Player to see this player.


    素晴らしき 才能の無駄遣い国家ニッポン に生まれたことを感謝(-人-)
     
    引き伸ばせば伸ばすほど、小さな画面ではあまり気にならなかった
    元のソースの解像度というのが効いてくるのがわかります。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/28 23:59


     (2008/07/27 23:59)

    Xactiで長時間撮影を考える - 続いて16GBのSDHCカードを注文

     カテゴリ : メモリ タグ :

    ■2008/07/26 [Xacti HD700 で長時間撮影を考える - 外部バッテリ「My Battery Expert n」]
    当面必要なのはこの外部バッテリ「MyBattery Expert n」、
    そして 16GB SDHC を1枚です。

    というお話をしたのですが、外部バッテリに続いて注文すべきは SDHCカード です。
    実はわたし、何だかんだいって未だにSDHCカードを1枚も持っていません。
    SDHCではない4GBのSDカードというのを購入したのが最後になっています。
     
    4GB以上の大容量カードというのは、動画撮影でもしない限りは 無用の長物 です。
    私はXactiでさんざんその動画撮影を行っているのですが、Xactiは基本的に
    「クリップ動画撮影機」 ですので、あまり長時間の撮影を行うシーンはありませんでした。
    より小型化を目指すべく、バッテリも小型になっているのも一因でしょう。
     
    今回、外部バッテリを検討し始めたことで、初めて、
     
     Xactiでも大容量カードが必要になるシーンが生まれた
     
    と考えることができます。
     
    で、SDHCの相場を見ると、だいたい8GBが3~4千円台、16GBが8~9千円台、
    といった感じです。このお値段だったら16GBのほうを選ぶのに躊躇はありません。
     
    Panasonic のカードを見ると・・・、

    何でこんなに高いんでしょうね(;´Д`) もちろんパスです。
    IO-DATA のカードを見るとこんな感じです。

    大体 8千円 くらい。IO-DATAってPanasonicや東芝のOEMを扱うメーカ
    という印象があるのですが、これはどうなのでしょう。これなら手の届く価格
    といった感じです。そうこう検索しているうちに、こんなのも見つけました。

    SDHCカードを選ぶときに誰もが通る道、A-DATA です。
    6千円 を切っています。マーケットプレイスですので送料を入れると
    6千円を超えますが、それでも明らかに1段低いお値段です。
     
    いつも購入させて頂いているショップ「風見鶏」さんが出しているので
    ちょっと買ってみようかな・・・と思い、ふらふらっと注文してしまいました。
     
    結局 IO-DATA と A-DATA の 16GB SDHC をどちらも注文済みで待機中です。
    名前は似てますよねこの2社、ってそれはどうでもいいか。。。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/07/27 23:59


     (2008/07/26 23:59)

    Xacti HD700 で長時間撮影を考える - 外部バッテリ「My Battery Expert n」

     カテゴリ : デジカメ タグ :

    この夏にXactiを使ったちょっとした試みを企んでいます。それは、
     
     素人のゴルフのプレイを1ラウンドをまるまる撮影して
     
    1本のビデオにまとめる、というものです。どのくらいちゃんと撮れて、
    ちゃんと見られたモノになるのか、というのが凄く興味があるのです。
     
    私自身もゴルフはプレイするのですが、実はちょっといま健康状態が
    非常に悪く、とてもラウンドプレイなどが出来る状態ではありません。
    そこで「だったら撮影だけするっていうのはどうだろう?」という話に
    なったワケです。ゴルフ場に問い合わせてみると、
     
    「保険などの関係で、単なる同伴者 というのは許可していないんですよ~」
     
    というお話。つれないです。ですが、それだったら ラウンド料金を
    1人分ちゃんと払って 付いていくぶんには問題ないだろう、
    という荒業に出ようという話になりました。えーと、スタート時にはちゃんと
    ゴルフバッグ(使う気なし)を積んでいけということですね、わかります。
     
     
    さて、まだ準備をしている段階なのですが、いろいろ考えることは山積みです。
     
     
    1、どのXactiを持っていくか。
     
    携帯性なら CG65 ですが、HDではありません。というか ワイド映像 が撮れません。
    せっかくゴルフ場のような昼間の明かりの下で大自然の映像が撮れそうな
    場面なのですから、ここは久々にHD Xactiのお世話になりたいところです。
     
    とすると、HD1000HD700 ということになります。HD1000は10倍ズームが
    魅力ですが、いかんせんデカイのが難点になります。HD700は5倍ズームですが
    取りまわしはかなり楽になります。ちなみにフルHDデータは編集の際に邪魔に
    なるだけなので、ハーフHD を予定しています。ということでHD700が最有力です。
     
     
    2、SDHCカードをどれだけ持っていくか。
     
    たとえばHD700の ハーフHD 9Mbps だと、8GB SDHC で 1時間50分 くらいの映像が
    記録できます。ゴルフのラウンドは素人でも 4時間くらい で帰ってこられますから、
    ずっと流し撮りではないことも考えると2枚あれば十分ということになります。
     
    実際は、歩いているだけの時間やカートに乗っているだけの時間を
    カットしたりすれば1枚でも収まったりするのかもしれません。
    ただ、足りなくなってからでは遅いので、やはり2枚は持っていくべきでしょう。
    いっそ 16GB SDHC を買ってしまうのも手かもしれません。
     
     
    3、バッテリをどうするか。
     
    一番の問題はコレです。HD700のバッテリ 「DB-L40」1200mAh で、
    HD700での撮影時間は、完全放置の連続撮影時間で80分、
    ズームや電源ON/OFFを普通に混ぜた場合の実撮影時間で45分です。
    今回の撮影条件はズームを多用するでしょうから、
    ほぼ45分 のほうだと思っておいたほうが良いでしょう。すると、
     
     4時間近く撮りたければバッテリが「5本」も要る
     
    ということになります。このあたりが超小型であることをウリにしている
    Xactiの一番の泣き所です。これは果たしてどうしたものかと思って、
    いろいろ情報を探しているうちに、こんなモノを発見しました。
     
    ■デジカメからPSPまで使える多目的大容量バッテリー「My Battery Expert n」
    http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0702/21/news100.html
    ■日本トラストテクノロジー: MyBattery Pro n/MyBattery Expert n・マイバッテリー
    http://www.jtt.ne.jp/products/original/my_battery_n/index.html
     
    デジカメ用の 外部バッテリ です。DC入力プラグとUSBコネクタに対応しています。
    小型の 「MyBattery Pro n」 と大型の 「MyBattery Expert n」 がありますが、
    Expertでも155×79×30(mm)ですから、そんなにかさばるワケでもありません。
     
    HD700は動作検証機種にありませんが、HD700はDC直入力ができます し、
    純正のACアダプタが出す 5V、2A という出力は問題なく対応しています。
     
    問題の容量のほうですが、大型のExpertのほうでは、5V 2Aでの使用時で
     
     11,600mAh という大容量を実現しています。
     
    HD700の標準バッテリ DB-L40 が1,200mAhでしたので、およそ10本分!?
    ということになります。これは試してみる価値が十分にあるでしょう。
     
     
    こんなワケで、ひとまず買うものは決まりました。当面必要なのは
    この外部バッテリ「MyBattery Expert n」、そして 16GB SDHC を1枚です。
    思ったより少ない買い物 で済みそうです。ちょっと珍しい機器ですので、
    また現物が届き次第レポートしてみたいと思います('◇')ゞ


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | デジカメ | 2008/07/26 23:59


     (2008/07/25 23:59)

    突然 Xbox360 のドライブに読み込み不良が!? トレイ形状は日立LG

     カテゴリ : ゲーム タグ :

    ■2008/07/23 [Xbox360 買うなら「エリート」? それともと「アーケード+増設HDD」?]
    最近、Xbox360 を買い換えようかどうしようか、迷っています。
    というお話をしたのですが、そんな矢先に突然、
     
     Xbox360 のゲームディスクが読み込み失敗を 起こしました。
     

     
    おおい、マジですか。
    買い換えるとか言ったからヘソ曲げましたか。
     
    もともと私は「Forza2」のディスクを入れっぱなしにしているのですが、
    ためしに「バーンアウトパラダイス」に入れ替えても症状は同じです。
     
    このあと何回か入れ替えたり、電源ON/OFFを繰り返していたりしたところ、
    そのうちにまたドライブが 「ギューゥン」 といって回りだし、
    認識をするようになりました。それにしても不安な感じです。
     

     
    私のXbox360は2台目で、昨年9月に購入した コアシステム ですが、
    ドライブはどうやら 日立LG のもののようです。
     
    ■XBOX=SCENE : Compare Xbox360 DVD Trays: Toshiba-Samsung, Hitachi-LG and Benq
    http://www.xbox-scene.com/xbox1data/sep/EEZEupplpEEfSZefFv.php
     
    最近のXbox360は BenQのドライブ になっているものが多く、
    音も多少静かになっているといいます。何か私の意志とは関係なく、
    状況のほうがますます買い替えを促す方向に動いているような気がします。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/25 23:59


     (2008/07/24 23:59)

    あまとも通信 - サンワサプライのヘッドセットが安いワリにイイ感じ

     カテゴリ : あまとも タグ :


      木曜日は「あまとも通信」。今回は第93回です。
       

       
      ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
       
      「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
       
       alphonse4416 さん、amagami さん、webentry さん の3名様が、
       1,000円のAmazonギフト券 当選です!
       
      おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
      いただきましたので、メールをご確認ください。
       
      プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
       
       
      ■今週の値下がりピックアップ
       
      サンワサプライのPC用ヘッドセット 「MM-HS506NC」 が急激に値下がりを
      しています。7/27付けで 1,710 円 ⇒ 1,180 円 と31%の値下がりです。

      とはいっても、お値段としては一度急上昇して、また戻ってきたという
      ような動きをしたものです。このヘッドセットは私も持っているのですが、
      私は 1ヶ月ちょっと前 に1,290円で買ったことをデジ埋でもご報告しています。
       
      このヘッドセット、私がSkypeなどを使うときの メインのヘッドセット
      になっています。実は同時期に ゼンハイザー の「PC 20 NEW 500904」
      というヘッドセットも購入していたのですが、

      正直に申し上げると、両者の間にそれほどの差異は感じられませんでした。
      (私の耳が悪いだけなのかもしれませんが・・・)
      むしろ 装着感というか安定感 はサンワサプライのモノのほうが感じられます。
      ゼンハイザーのものは見た目はカッコ良いのですが、ちょっと力を加えると
      ヘッドバンドとイヤーパッド部が分離してしまうことがあるのです。
       
      もともと柔軟に取り外しできるようになっているのがウリでもあるのですが、
      普通に使っていてちょっと角度を変えようと思ったときに 「パキョッ!」
      と取れてしまうことがあり、何となく精神衛生上良くなかったので
      サンワサプライのほうをメインに使うことに決めました。
       
      PC用のヘッドセットはお値段的にもそんなにするものではないですから、
      気持ちよく使用できるものに出会うまで、とにかく色々試してみるのも
      良いかもしれませんね。
       
      今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
       


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/07/24 23:59


       (2008/07/23 23:59)

      Xbox360 買うなら「エリート」? それともと「アーケード+増設HDD」?

       カテゴリ : ゲーム タグ :

      最近、Xbox360 を買い換えようかどうしようか、迷っています。いえ、
       
       壊れたワケではありませんよ。 ホントですよ。
       
      もうXbox360というと「壊れるんでしょ? アレ」という常識だか何だかか
      蔓延してしまっていて、ブランド効果というのは恐ろしいものですね・・・。
       
      Xbox360買い換え熱が再び盛り上がってきたキッカケは、やはりBRAVIAを
      購入したことによるものですが、ほかにもいくつか理由が積み重なってきていて
      総合的に買い替えを後押ししているような状況です。ちょっと整理してみます。
       
       
      1、液晶テレビと「HDMI端子」で繋ぎたい。
       
       別にBRAVIAに限ったことではなくて、前のREGZAのときからそうだったのですが、
       HDMIで繋げるものなら繋ぎたい、というのがありました。というのも、
       いまはD端子で繋いでいるのですが、この D端子を奪い合う機種 が多いからです。
       
       私の場合、RD-XS48、RD-XV81、Wii、そしてXbox360と4台のD端子接続候補が
       ありますが、D端子そのものはBRAVIAもREGZAも2つしかありませんでした。
       ここでXbox360が1台でもHDMI側に行ってくれると大変助かります。
       
       
      2、Falcon版Xbox360に乗り換えたい。
       
       昨年暮れの「バリューパック」あたりから、Xbox360は基盤が変更になって
       「Falcon」 という65nmプロセスのチップが載った基盤を使っています。
       このFalconになってからXbox360の放熱問題、ひいては 故障率については
       劇的な改善 が見られたというのが通説です。
       
       私のXbox360はFalconではないため、できればこれを機に買い換えたいという
       思いがあります。ちなみに、現状新品で出回っているXbox360は「HDMI付き」
       とあればほとんどがFalconだと思って間違いありません。
       
       例外として昨年後半に出回った一部のエリートだけ、稀にHDMI付きなのに
       Falconではない機体があることがあります。ACアダプタを確認して「175W」という
       記載があればFalconなのですが、そこまで確認できない場合には中古に手を出す
       のは危険ですね。(いずれにせよ 箱○は中古を買うな! という鉄則がありますが)
       
       
      3、HDD容量の大きなXbox360に乗り換えたい。
       
       Xbox360の 秋のアップデート 予定というのが発表されており、その中でも
       一番の目玉と言われているのが 「HDDインストール」 機能です。
       
       ■Xbox 360、HDDインストールは既存ゲーム&複数枚も対応・テーマも使用可
       http://japanese.engadget.com/2008/07/21/xbox-360-hdd/
       
       Xbox360が騒音がうるさいと言われていた一番の原因は DVDドライブの回転音
       だったのですが、HDDインストールモードで起動することにより凄く静かに
       ゲームができるようになると目されています。
       
       そのかわりにHDD容量をバカ喰いすることになるのは間違いないワケでして、
       標準の20GBのHDDではこの先つらくなってくるのは目に見えています。
       できれば120GBにはしておきたいところです。
       
       
      理由としてはこんなところでしょうか。
       
      ただ、この秋のアップデート(実際、何月になるのかはまだよくわかりませんが)に
      合わせて HDDの値下げ があるのではないか? とか、Xbox360のモデルチェンジもあるかも?
      とかいろいろ噂が飛び交っている最中ですので、急ぐ必要はないという見方もあります。
      単に私の場合は物欲が先走っていて止められないだけの話です(おい)。
       
      ちなみに、120GB HDDとFalcon基盤(HDMI)を一緒に手に入れるという条件でいえば
      「Xbox360 エリート」 を購入するのが一番わかりやすいのですが、よくよく考えて見ると、
      「Xbox360 アーケード」+「増設120GB HDD」 を買うほうが安かったりします。
       
      本日(7/22) 現在のAmazonですと、エリート 45,410円 に対して、
      アーケード 26,410円 + 120GB HDD 15,541円 = 41,951円 ですね。
       
      エリートだと「ヘッドセット」と「HDMIケーブル」が付いていますので、
      初めて買う方にはエリートのほうが分かりやすくて良いという気もしますが、
      私のようにケーブルもヘッドセットも部屋に余りまくっているような場合には
      アーケードのほうが何となくお得感があります。筐体も白のほうが好きですし(*゜ー゜)


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (4) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/23 23:59


       (2008/07/22 23:59)

      NS4300NのRAID-5を再構築・・・するハズだったのに、原因は別のところに??

       カテゴリ : デジモノ タグ :

      ■2008/07/20 [RAID-5のNASキット「Promise NS4300N」でエラー発生! - 原因はHDDの故障?!]
      ■2008/07/21 [巨大データのバックアップにはBlu-rayドライブ - IO-DATA BRD-UXH6 を試す]
       
      リライタブル Blu-ray Disc (BD-RE) で
       
       地味にバックアップを取り続ける日々
       
      が続いていますが、そんな中、代わりのHDDが届きました。
       
      片肺飛行中のRAID-5のNASも別のバックアップが取られていることですし、
      思い切ってRAID-5の再構築をしてしまいましょう。ということで、
       
      「せっかくの ホットスワップ だし、そのまま抜き出してしまおう」
       

       
      という感じで引っ張り出したのがこの図です。正直、引っこ抜いた瞬間に
      エマージェンシーな感じに陥ったらどうしよう的な怖さもあったのですが、
      実際には特に何事もなく差し替えることができました。
       
      巷の情報では、差し替えると管理画面上で 「回復」メニューがON
      になってそこからリビルドが可能になるらしいのですが、
       

       
      なりません。 全然なりません。
       
      再起動しないとディスクを認識しないことがある、というホットスワップは
      どこ吹く風やねんというような情報も一部で見られたため、
      NS4300Nを再起動してみたりもしたのですが、状況はやっぱり変わりません。
       
      管理画面上にそもそもHDD-1が一向に現れてきませんし、
      そもそも本体のところにあるHDD-1のランプも一向に点く様子がありません。
       
      ふと気になってPromiseのサイト(英語)から マニュアル
      ダウンロードして調べてみたところ、気になる記載がありました。
       

       
      ファンか電源 に問題・・・?
       

       
      System LEDがしっかり オレンジ色 じゃないですか!!
      (写真で見ると判りづらいですが、左のLEDは赤ではなくオレンジです)
       
      これ・・・つまり、もしかして、もしかしなくても、HDDトラブルじゃなくて、
      NS4300N本体側のトラブルということでしょうか??
       

       
      システム情報的には特に問題はありません。ファンも電圧も正常に見えます。
      HDD-1以外の機器が全て正常に動いているということは、HDD-1に対する電源などが
      どこかおかしいのでしょうか・・・。いずれにせよ、これはもしかして、
       
       HDDを購入してしまったのは 「また」 早とちり!?
       
      こないだ RD-X5 のときにやっちゃったばかりじゃないですか orz
      何でまたこういうケアレスミスを繰り返すんでしょうか私は・・・。
       
      何せ相手は国内メーカではなくPromiseですから、そう簡単に修理に出せるような
      気もしません。同じものを再購入するか、あるいは コレガあたり から出ている
      同等品を選ぶか、さらにはいっそ全く別のRAID-5 NASキットにしてしまうか、
      いろいろ選択肢はありそうですが、正常な状態に戻すにはまだまだ時間が掛かりそうです。
       
      その間にコツコツと静的バックアップのほうも進めたいと思います。
      そしてまた余ったHDD。もう手に負えません。。。(;´д⊂)


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/22 23:59


       (2008/07/21 23:59)

      巨大データのバックアップにはBlu-rayドライブ - IO-DATA BRD-UXH6 を試す

       カテゴリ : デジモノ タグ :


        ■2008/07/20 [RAID-5のNASキット「Promise NS4300N」でエラー発生! - 原因はHDDの故障?!]
         
        RAID-5 NASのディスクが1基壊れた、というお話の続きです。
        とりあえず別のNASへのデータ退避は無事、完了しました。
        これで現時点ではデータが二重化されていることになります。
         
        一方、新しいHDDを注文していたTWOTOPからも商品が発送されたという
        連絡が来ましたので、届き次第RAID-5の再構築を行いたいと思っています。
        Promise NS4300N は一応 「ホットスワップ」 ができるハズなのですが果たして・・・。
         
        さて、その一方で、別の手も打ちました。
         
        3、静的バックアップの手段を検討する
        これは少し落ち着いてからで良いのですが、やはりHDDだけに頼らない
        バックアップ方法を確保することを考えなければなりません。

         
        この静的バックアップにも手をつけてみます。今回導入したのはコレです。
         
        ■IO-DATA Blu-ray&HDDVDマルチドライブ BRD-UXH6
        http://www.iodata.jp/prod/storage/blu-ray/2007/brd-h6/index.htm

        2層Blu-ray Disc の読み書きに対応したドライブのUSB&eSATA対応版です。
        HDDVDの読み込みにも対応しています(ワリとどうでも良い部分ですが・・・)
        BD-Rは1層なら6倍速、2層で4倍速、BD-REは1層/2層ともに2倍速まで対応です。
        もちろんDVDマルチドライブとしても使えます。
         
        念のため「写真館」いっておきましょうか。
         
        ■あまとも写真館 - IO-DATA Blu-ray&HDDVDマルチドライブ BRD-UXH6
        http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B000VB3JNI

         
        パッと目に付くのは大きさです。電源内蔵ではなくアダプタ外出しの構成
        なのですが、それにしては随分と 重厚感のある筐体 になっています。
         
        背面のコネクタはUSB2.0用に加えて eSATA用コネクタ を装備。また別途、
        eSATAケーブルをPC内部から取り出すためのプラケットが付属しています。
         
        PCとの接続は普通にUSBで繋ぐだけです。Windows2000でも特に
        ドライバインストールなども必要はありませんでした。
        付属のCD-ROMから B's Recorder GOLD 9 Basic をインストールすれば
        そのまま書き込むことができます。また、パケットライトソフトとして
        B's CLiP が付属しているのもいつものIO-DATAといったところです。
         
        さて、一方のメディアのほうなのですが、とりあえずコレを用意してみました。
         

         
        TDK の書き換え用 Blu-ray Disc (BD-RE) です。BD-RE×3枚セットには
        データ用の 「BED50PWA3S」 と映像用の 「BEV50PWA3S」 があります。
         
        実はBlu-rayはまだ補償金云々の決着が付いておらず、逆にCPRMについては
        DVDと違ってデータ用でも最初から対応が為されているという話を聞きますので、
        実はデータ用でも映像用でも 全く同じディスク なのでは、という話のようです。
        (実際問題、レコーダで使用する際にはデータ用は保証外になるとは思いますが)
         
        どうせバックアップなのですから BD-R を使ったほうが良いのでは?
        という話もあるのですが、たとえば同じTDKのメディアで比べてみると、
        2層BD-REが3枚で5,800円(1,930円/枚)、2層BD-Rが5枚で6,400円(1,280円/枚)
        ですから、何となく1回のみ書き込みのBD-Rのほうにお買い得感がありません。
         
        というワケで、まずはBD-REで1枚試し書きをしてみます。50GBをまるまる
        セットして書き込みを開始したのですが、1時間経過したところで33%まで
        進んでいましたので、どうやら フルに書き込むには3時間 くらい掛かるようです。
         
        これは平均速度にすると 1.1倍速 くらい。BD-REは2倍速が理論値ですので
        ちょっと遅い気がするのですが、オンザフライ書き込み をしていたり、
        USB-HDDから同じUSBハブ上のUSB-BDドライブへの書き込みだったりと、
        書き込みの環境としてはあまり良くないのが影響しているのかもしれません。
         
        いずれにせよ静的バックアップをコツコツ続けて、いざRAIDが崩壊した場合でも、
        少しでもダメージを和らげられる ようにしておきたいところです。


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/21 23:59


         (2008/07/20 16:33)

        RAID-5のNASキット「Promise NS4300N」でエラー発生! - 原因はHDDの故障?!

         カテゴリ : デジモノ タグ :

        ■2007/07/13 [Promise NS4300N とHDD 4台が到着 - 小柄な筐体に萌え]
        ■2007/07/14 [RAID-NASキット「Promise NS4300N」セットアップ・ハード編]
        ■2007/07/16 [RAID-NASキット「Promise NS4300N」セットアップ・RAID構築設定編]
         
        ちょうど1年前に購入したRAID-5 NAS、Promise NS4300N ですが、
        今朝起きて見たらビックリしました。ノートPC側から見てドライブの割り当て
        をしているドライブが 「接続できませんでした」 というエラーを吐いていて、
        本体のほうを見ると、
         
         電源が消えています。
         
        なぜ? 停電でもなさそうですし、ほかの機器は全く問題なさそうです。
        しかも、最初のうちは電源を入れなおそうとしてもちゃんと入りませんでした。
        何度か試して見るとようやく電源は入ったのですが、、、
         
         HDDランプが1つ付いていません。
         
        写真ですとちょっと見づらいですが、
        一番上のディスクに緑色のランプが付いていません。
         

         
        とりあえず電源が入ったことにホッととして、admin画面に入ってみると
        やはり予想通りでした。RAID構築情報から1台目のHDDが消えています。
        RAIDステータスに 「重要」 と赤文字で書いてあるのは 「Critical」
        訳だと考えると事態が深刻なのがわかるでしょう。
         

         
        データ消失の危機は免れました。・・・が、それは逆にいえば 今まさに崖っぷち
        にあるということでもあります。もう1基がトンだら全てを失うという状況ですから、
        早急に手を打たなければいけません。
         
        やるべきことを考え、優先順位を付けます。
        こういうときは本当に、手遅れになる前に素早い判断が求められます。
         
         
        1、何かしらのバックアップを確保する
         
         RAID-5のうちの1基が死んだNASは、もう信頼性がゼロになっている状態です。
         なるべく早くデータを別のディスクと二重化しなければ安心できません。
         
         幸い、エンコード用の一時ディスクとして購入した 500GBのUSB-HDD
         十分な空きがありましたので、XCOPYで全てのデータをコピー することにしました。
         いまコマンドを発行したところですが、まだ数時間かかりそうです。
         
         
        2、代わりのHDDを注文する
         
         続いて RAID-5の再構築 を考えます。今回の故障が単にHDDの所為なのかどうかは
         ちょっと疑わしいところもあるのですが (電源が入りにくかった、とか)、
         他に決定的な原因も見つかりませんし、まずは再構築を試してみるしかないでしょう。
         
         容量を合わせるために、1年前と同じ Western Digital の WD5000AAKS を
         楽天のTWOTOPで注文しました。7,671円 です。
         
         
        3、静的バックアップの手段を検討する
         
         これは少し落ち着いてからで良いのですが、やはりHDDだけに頼らない
         バックアップ方法を確保することを考えなければなりません。
         
         いずれにせよ完全なバックアップを考えるのは難しいのですが、
         DVD-RやBD-R? あるいはテープなどのバックアップを時々残していくことで、
         
          「消えるときはすべて全滅 (←二重修飾)」 というリスクを
         
         少しでも減らすことができます。同じクラッシュであっても、
         過去10年ぶんのデータが全滅するのと、最近1ヶ月のデータだけが消える
         のではダメージは全く違います。取れる手段は取っておくべきでしょう。
         
         
        こういう事件が起こるたびに思い知らされるのは、HDDというデバイスの脆さ、
        そして 「消えたら終わり」 というデータを保全する難しさです。
         
        将来こうしたディスクが全部オンラインになって安全で便利に使えるように
        なってくれば嬉しいのですが、まだまだそういうワケにもいかないようですし、
        まだしばらくこうしたハードとの格闘は続きそうです。。。


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/20 16:33


         (2008/07/19 23:59)

        ヨドバシカメラで「ポイント共通化手続き」をしてきました。

         カテゴリ : 雑談 タグ :


          ついでといえばついでなのですが、先日、BRAVIA接続用の
          ケーブル類各種を買おうと思ってヨドバシに行った際に、
           
           「ポイント共通化手続き」 というのを
           
          済ませてきました。これは yodobashi.com での ネット注文でも
          ポイントを使える ようにするための手続きです。
          これをする前までは、ネット注文ではポイントはあくまで「貯める」だけ
          であり、「使う」のは実店舗で、ということになっていました。
           
          ■yodobashi.com : ヨドバシカメラゴールドポイントの共通利用手続きについて
          http://www.yodobashi.com/enjoy/more/gpc2/index.html
           
          共通化のやり方は簡単です。
           
           1、実店舗で「ポイント共通化したいです」というと、
             その場で 「アクセスキー」 を発行してもらえる。
           
           2、自宅に戻って yodobashi.com に行き、手続きをする。
             アクセスキーとゴールドポイントカードの番号を入れて、
             yodobashi.com のログインID/PWを入れるだけ。
           
          これだけです。カード番号だけを確認しても本当にカードを持って
          いる人かどうかわかりませんから、一度だけ実店舗に赴いて
          「カードを持っている本人」 である証を手に入れるというワケです。
           
          これが実際に手に入れた「アクセスキー」。
           

           
          単なるレシートみたいな感じ ですね。
           
          yodobashi.com は送料無料になるまでに 「1万円以上」 のお買い物が必要ですので、
          私の場合、大モノの買い物でない限りは利用しないのですが、それでも時々
          デジカメを買うときなどにショップの選択肢が増えるのは嬉しいことです。


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2008/07/19 23:59


           (2008/07/18 23:59)

          FF13は日本以外ではXbox360版が決定! ところでPS3の国内販売台数推移は・・・

           カテゴリ : ゲーム タグ :

          ■Microsoft、「Xbox 360 Media Briefing」を開催
          欧米においてXbox 360で「FINAL FANTASY XIII」のリリース決定!
          http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080715/xbox360.htm
           
          今年のE3は7/14~7/17の4日間で行われたのですが、
           
           その中で唯一最大といって良いニュースだったのが
           
          この 「FF13のXbox360版発売決定!」 のニュースでした。
           
          ただし米国および欧州では決定しているものの、日本については
          ご丁寧に 「日本ではPS3のみとなる」 という但し書きが付きます。
          はたして今後変更があるのかどうかは判りませんが、おそらくは
          SCEとの独占契約上の問題はあるのでしょう。
           
          万が一、国内発売があったとしても、それは少なくともPS3版発売から
          数ヶ月経った後くらいでないと発表しづらいでしょうし、
          そもそも国内のXbox360のシェア規模からいえばそこまでの価値が
          あるかどうかはちょっとわかりません。何とも難しいところです。
           
          国内はともかく、米国などではすでにFF13というタイトルが牽引力の
          あるタイトルとして認められているかどうかは判らないのですが、
          「力のあるPS3」が「時代遅れのXbox360」の 勢力図を塗り替えていく
          というようなシナリオにはなりそうにないこと、すなわち、
          Xbox360とPS3はこれからもずっと 似たような規模で併走する
          という印象は、この一件でより強まったといえるでしょう。
           
          ゲームメーカにとっては「Wiiではない据え置き型ゲーム」については
          今後の作品はすべて マルチプラットフォーム・タイルト として
          作ることが大前提になる、という大きな流れを決定付けた感はありました。
           
           
          さてちょうど1ヶ月前、MGS4発売後の記事では、MGS4そのものの販売本数が
          ワリと好調に見えることとは別に、PS3の販売台数 がしっかり牽引されている
          のかどうかというほうが気になる、というお話をしました。
           
          ■2008/06/20 [メタルギアソリッド4(MGS4)は初週46万本、PS3も7.5万台で本体販売牽引という数字]
          MGS4のソフト販売本数はさておいて、PS3の販売台数の推移 がどうなるかについては、
          今後の動きがとても注目されます。何だかんだいって、沢山のサードパーティ製の
          ソフトが出て賑わうかどうかというのは、PS3の台数(ユーザ母数)がこれから増えるぞ、
          という 「未来予想」 をソフトメーカーが感じ取るかどうかにかかっています。
           
          さすがに週販7万台というのは特需だとしても、これがもし1ヶ月もしないうちにまた
          週販1万台に戻ってしまったとしたら、この動きは単なるパルスで終わってしまいます。
          逆にもし 週販3~4万台が普通になる ような動きを見せたら、PS3が 「定着」
          向けて動き出したことの証でしょう。現にいまPSPがMHP2Gでそういう動きを見せています。

           
          実際どうなのかと思って調べてみると、メディクリさんの数字を毎週記録して
          くださっている2ちゃんねるの書き込みを見つけました。多謝 m(_ _)m
           
          ■PS3がSONYの映画背信で週1.2万に落ち込む 136
          http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1216344918/l50
          48 名前:名無しさん必死だな 投稿日:2008/07/18(金) 12:02:55 +/AJIKvi0
          PS3ハード売上(メディアクリエイト)
          ~1月06日 64,183
          ~1月13日 38,907
          ~1月20日 38,117
          ~1月27日 34,363
          ~2月03日 41,796 ←DMC4
          ~2月10日 23,985
          ~2月17日 17,637
          ~2月24日 14,060
          ~3月02日 13,520
          ~3月09日 21,008 ←龍が如く参上・新色シルバー
          ~3月16日 14,934
          ~3月23日 12,874
          ~3月30日 11,206
          ~4月06日 11,303
          ~4月13日  8,232
          ~4月20日  7,438
          ~4月27日  9,107
          ~5月04日 10,177
          ~5月11日  8,054
          ~5月18日  7,701
          ~5月25日  9,071
          ~6月01日  9,169
          ~6月08日 10,856
          ~6月15日 75,311 ←MGS4
          ~6月22日 20,336
          ~6月29日 17,973
          ~7月06日 14,359
          ~7月13日 12,458

          ご覧頂くと一目瞭然ですが、MGS4発売週の7.5万台という数字は、
          広告を一点集中させたために生まれた パルス のようになっていて、
          その後の経過としては結果的にPS3の販売台数の牽引には繋がらなかった
          というのが見て取れます。今週は1.2万台。これはかなり辛い数字です。
          日付を見れば判りますが、もちろんE3のニュースの影響などは関係のない数字です。
           
          先の記事では、
          いずれにせよ、お客が一番気にしているのは、
           
           PS3を買うと 「元が取れるほど」 遊べるのか?
           
          という点ですから、買いたいゲームが「何本か」あるかどうか、という層の厚さが
          これから問われていくことになりそうです。その点、PSPは本体価格が低いために
          結構ハードルが低かった(=「MHP2Gだけでも遊べればいっか」)ように思われます。

          という書き方をしましたが、PS3はまだそういう お買い得な娯楽 という認知を
          獲得し切れていないというのが現状だといえるでしょう。
           
          これからしばらくは、世界規模の大作ゲームであればあるほど、
          PS3とXbox360の 「どちらかを持っていれば遊べる」 ゲームが多くなるのは
          間違いなさそうです。そしてWiiだけが「単独で成り立つ市場」を持つのに加え、
          DS、PSPという携帯市場がさらに別世界として加わるという、複雑な世界が
          作られていきます。もうゲーム機は 「一家に1台」 という時代ではありませんが、
          それにしたって全部を買うワケにはいきません。なかなか大変な時代です。


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/18 23:59


           (2008/07/17 23:59)

          あまとも通信 - 毎週ランキングに顔を出してくるのは、なぜか「鍋」?

           カテゴリ : あまとも タグ :


            木曜日は「あまとも通信」。今回は第92回です。
             

             
            ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
             
            「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
             
             leopa さん、gripjack さん、toratorazero さん の3名様が、
             1,000円のAmazonギフト券 当選です!
             
            おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
            いただきましたので、メールをご確認ください。
             
            プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
             
             
            ■今週の値下がりピックア・・・ップ?
             
            あまともで価格の値下がり情報をウォッチしていると、
            イヤでも目に入ってくる製品 というのがあります。
            とても目立つので見たことがある方も多いでしょう。
             

             
             
             ・・・・・鍋?
             
             
            鍋です、ナベ。
             
            ココット・ロンドだかココット・オーバルだか何だかわかりませんが、
            とにかく鍋です。Le Creuset (ル・クルーゼ) というところの製品で、
            その筋では結構有名な製品らしいのですが、
            この鍋が値下がりランキングを占拠する姿が良く見られるのです。
             
            その値動きを見ると理由はわかります。
             

             
            この鍋、だいたい 「2割引」⇒「元に戻る」 という値動きを
            わずか1~2日の周期でひたすら繰り返すという動きをします。そのため、
            値下がり率、値下がり額ともに、ランキング上位に毎週顔を出してくるのです。
             
            同じ額を動いているだけですので、最安値更新には入ってこないのですが、
            何ともまぁ面白い製品ですね。不規則な価格をつけるAmazonでこれだけ
            正確に同じ値段をつけてくる 製品も珍しいです。

              今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ  

            投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/07/17 23:59


             (2008/07/16 23:59)

            BRAVIA KDL-40F1 でアナログ放送、それと DivX にエンコしてPCから再生と。

             カテゴリ : デジモノ タグ :

            ■2008/07/13 [家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・]
            ■2008/07/14 [32インチのつもりが40インチ!?? ブラビア参上! BRAVIA KDL-40F1]
            ■2008/07/15 [まずは恒例の写真館から - 40型液晶テレビ「BRAVIA KDL-40F1」]
             
            大画面で高精細なテレビで従来の アナログ画質 の映像を見ると、
            かなりノイズが気になってツライという問題があります。
            私が当初32型にこだわって、37型や40型を敬遠してきたのもその理由です。
             
            これはアナログかデジタルか、という問題よりは、データソースが高品質か
            どうか、という問題が主になってきます。というのも、たとえばDVDの映像を
            D端子経由で繋いで観た場合、これはあくまでアナログ映像を観ていると
            いうことになるのですが、この場合は画質が気になることはほとんどありません。
             
             永ちゃんは Blurayじゃないとモッタイナイ! と言うかもしれませんが、
             
            DVDだって十分綺麗です。(いやなノイズが気になるレベルではない、という意味では)
             
            しかし、いわゆる 民放のアナログ放送 は違います。そもそものソースデータの
            解像度が足りていないため、高精細大画面に引き伸ばすと寂しいことになります。
             
            ちょっと例を見てみましょう。映像でないとニュアンスは伝わらないと思うのですが、
            ここでは静止画でご紹介するしかありません。これはJ:COMデジタルではあるものの
            アナログSD画質のトランスコードで送られてきているチャンネルのワンシーンです。
             

             
            やはり静止画ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、動いているところを
            観ると ノイズが凄くよく見えます。引き伸ばすとこんな感じです。
             

             
            特に境界線に注目してください。カタカナの周りが綺麗な境界にならずに、
            いわゆる「モスキート・ノイズ」(シュワシュワした感じ のノイズ)が
            大量発生していることがわかります。これはもともとソースの映像がこ
            んなものなのですが、小型ブラウン管テレビでは気が付かない部分だったもの
            が高精細大型テレビでは目に見えてきたという例になります。
             
            もう1つ。
             

             
            このほうがもっとわかりにくいかもしれませんが、
            拡大するとこんな感じです。
             

             
            やはり、境界の部分が常にシュワシュワする感じになります。
            アナログ放送を見続ける事情のある方が大画面テレビを買うときには、
            このノイズが許容範囲なのかどうか、あらかじめご自分の目で確かめたほうが良いでしょう。
             
             
            さて、もうちょっと突っ込んでみます。元はアナログ放送なデータを
            HDDレコーダで録画します。SP画質(5Mbps)のMPEG-2 です。
            それをPCでじっくり DivX の 2Mbps でエンコードしなおして保存用にします。
             
            このHDDレコーダのSP画質(5Mbps MPEG-2)をD端子経由で再生したものと、
            DivX 2MbpsにエンコしたものをPCからD-Sub端子経由で再生したものを
            比べて見ましょう。PC側で使用しているプレイヤーは GOM Player です。
            (すみません、ちょっと不注意で微妙にアスペクト比違ってますが・・・)
             


             
            左がエンコ元の MPEG-2 5Mbps, D端子経由、
            右がそれを DivX 2Mbps に再エンコしたもの、D-Sub経由です。
             

             
            ・・・右のほうが綺麗(というか粗が目立たない)じゃない??
             
            綺麗というのは語弊がありますので言い換えると、左側のほうがくっきりとして
            いるのですが、ギザギザ部分まで くっきり表現されているのが見えて
            しまって逆に気になる、というのが正直な感想です。実際の表現力はどうあれ、
            そもそもこの DivX 2Mbps のエンコ元ソースは左のMPEG-2 5Mbpsの
            データなのですから、右のほうが綺麗に見えてしまうというのは何か変な話です。
             
            もちろん全てのシーンでどちらが上かという話にはなりませんが、どうも
            TMPGEncでエンコ補正して、GOM Playerで補正が掛かって、BRAVIAで補正が掛かって、
            いろいろやっているウチに「大元のソースが一番」とはいえない状態になったようです。
             
            逆に言えば、アナログ放送を録画して保存してHDDレコーダで見る、というのと、
            半分以下のビットレートに落としたDivXのファイルに変換して、PCからBRAVIAに繋げて
            再生するというのが大して変わらないクオリティで観られるというのは発見でした。
            (元ソースがアナログ民放ですから、シュワシュワ汚いのは織り込み済みでの話です)
             
            これだったらもうみんな 再エンコしてNASに入れて、PCからBRAVIAに繋げて
            再生するほうがずっと楽かもしれないという気もします。PCを繋いで動画を
            スイスイ再生できる環境というのは、こういう工夫の余地があって楽しいですね。
            元々はPC用端子のあるテレビに買い換えたいという話だったのですが、
            その辺はある意味、狙い通りの成功ということになるでしょうか。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/16 23:59


             (2008/07/15 23:59)

            まずは恒例の写真館から - 40型液晶テレビ「BRAVIA KDL-40F1」

             カテゴリ : デジモノ タグ :

            ■2008/07/13 [家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・]
            ■2008/07/14 ]32インチのつもりが40インチ!?? ブラビア参上! BRAVIA KDL-40F1]
             
            ということで、恒例の写真館、いってみましょう!
             
            ■あまとも写真館 - SONY BRAVIA 40V型液晶テレビ KDL-40F1-S
            http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B0015BN0DC

             
            やはり40型を目の前にすると迫力が違います。段ボール箱を開けて
            パネルを取り出したときから既に 「なんという広さだ・・・」
            と思わず仰け反る感じです。そうはいっても人間ダメなもので、
             
             設置してからしばらく経つと「慣れ」ますよね。。。
             
            いやもう、設置してから2日もすると、それが当たり前の風景になって
            きてしまいました。人間の適応能力って凄いなと改めて思います。
             
            KDL-40F1はかなり 外枠の狭いモデル で、画面の広さに対して
            全体の大きさはそれほど気になりません。
             
            映像入力端子は HDMI×3系統、D端子×2系統、S端子×1系統、コンポジット
            端子が2系統と、そしてモチロン、PC用D-sub端子×1系統 が付いています。
            映像に連動した音声出力も付いていますので、別スピーカに繋げる方も安心です。
             
            私の場合は
             
             - HDMI ⇒ J:COMデジタル
             - HDMI ⇒ (なし)
             - HDMI ⇒ (なし)
             - D端子 ⇒ RD-XS48
             - D端子 ⇒ Xbox360、Wii (D端子切替器)
             - S端子 ⇒ RD-XV81
             - コンポジ ⇒ (なし)
             - コンポジ ⇒ (なし)
             - D-sub ⇒ Let's note R4
             
            今のところこんな感じで繋がっています。こうなると欲が出て、
             
             「Xbox360を新型に買い換えれば、HDMIに繋がるのに・・・」
             
            と思ってしまいますね。
             
            続いては、今回のメインの目的であった Let's note R4 からの出力を試してみます。

            Get the Flash Player to see this player.


            見事です。大変綺麗な表示ができるようになりました。当初拠り所と
            していた 1280×768 の解像度に加え、1360×768 という解像度も
            選べるようになっており、いずれも快適な映像を楽しむことができます。
             
            もちろんパネル自体は 1920×1080 のフルHDですので、ドット・バイ・ドット
            にすると小さくなってしまうのですが、普通に画面いっぱいに拡大しても
            十分綺麗に楽しむことができます。これならまずは最初の目的はクリアです。
             
            次回はアナログ映像についてもうちょっと突っ込んでみます。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (3) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/15 23:59


             (2008/07/14 23:59)

            32インチのつもりが40インチ!?? ブラビア参上! BRAVIA KDL-40F1

             カテゴリ : デジモノ タグ :

            ■2008/07/13 [家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・]
             
            さて、久しぶりに「だ・である」調の文章を書いてドキドキしましたね(誰が)。
             
            ブツはいま、無事に私の手の内にあります。
             
             

             
             
            ・・・・・ ブラビア!?
             
             

             
             
            ・・・・あれ、40インチ?
             
             
            No.21526   投稿者 : よっし~   2008年07月14日 00:19
            BRAVIA KDL-40F1ですね。わかります。

             
            正解者は1名でした。ご応募ありがとうございました~(してない)
            どうして一発で言い当てられたのですか・・・(;´Д`)
             
             
            40インチどころか37インチでも、アナログの粗が目立つのが怖いから
            32インチにするってあれほど言っていなかったっけ?? と仰られるのは
            ごもっともでございます。ごもっともでございますが、
             
             
             『 どうせなら40インチとか買って、たとえ粗くても
              それをレポートするのが 「ネタ道」ってものではないか? 』
             
             
            と友人に言われました。そうですか、そうですよね。いいんだ別に。
            あとは付け加えるなら、
             
             32型⇒32型の買い替えというのが凄く悔しくて
             
            わたしには出来ませんでした。。。
             
             
            ところでもう1つご意見を頂きました、こちらですが、
            私の説明が足りなくていろいろ物議を醸してしまいましてスミマセン・・・。
             
            No.21532   投稿者 : leva   2008年07月14日 01:27
            ネットで最安値があるのになぜリアル店舗で買うのですか?

             
            理由はただ1つです。
             
             1日でも早く手にしたいから。
             
            これに尽きます。まずネットの最安値をリアル店舗が下回ることは
            ほとんどないだろうと思っていても、いきなり 夢遊病のように
            リアル店舗に赴くのは、ひとえに、
             
             「いま買ってきちゃえば、すぐいじって遊べるかも~、えへへへぇ~」
             
            というしょうもない思考回路(嗜好回路?)が働くためです。
             
            結局、今回はその 「即日持ち帰り」 の夢は叶わなかったのですが、
            次は即日ではなくても、「1日でも早く」 の思考が働きます。
             
            店舗で聞いたときは間違いなく 「2日後」 の配送を約束されました。
            それにひきかえ、自宅に戻ってネット注文をするとしたら、そこから
            注文を受理されて、配送が完了して、配送業者のところでまた時間が掛かって、
            結果的にブツを手にするのは 3日後以降 になる可能性はかなり高いです。
             
            そこで金銭面がほぼ同条件なら、配送日が早く確定しているところで
            決めてしまおうということになったのが今回のいきさつでした。
            「すぐ手に入る」ということにプレミア価格を出しても良いと思うことは結構多いです。
             
            さて、BRAVIAです。ブラビアです(2度言った)。
            このあとじっくり使い倒します。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/14 23:59


             (2008/07/13 17:33)

            家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・

             カテゴリ : コラム タグ :


              ■2008/07/12 [家電量販店道中記【前段】 - 家電量販店の「ポイント」もいろいろあって・・・]
               
               
              さて・・・、前置きは以上で終わりだ。(・・・え?)
               
               
               
              私は今日、クルマを走らせて家電量販店巡りをすることになった。
               
              お目当ての品はすでに ネットでチェック してある。ビックカメラで
              20.1万円ポイント21% (15.9万円相当)、価格.comの最安値が 16.5万円 だった。
              もちろん、ネットショップの価格がそのまま比較対象になるとは思っていない。
              しかし、せめてその+1万円くらいの範囲で納まってほしいものだ。
               
              私は基準値を 「17万円」 と定めた。この前後で攻防があるだろうか。
               
               
              最初に訪れたのは ケーズデンキ である。
               
              お目当ての商品を見ると、値札にはこう書いてある。
               
               
               238,000円 から更に現金値引き! ご相談ください。
               
               
              これだ。最近の家電量販店はみんなこれだ。お客が情報にうるさくなって、
              あちこちの価格を目ざとく比較し始めた。これはそんな 「価格第一主義」
              お客の間でこれ以上 万円^H^H蔓延 しないようにするための紛らわしだ。
               
              店員もボッタくろうとか極秘にしようとか思っているワケではない。
              単に数字だけを見てほしくないというオブラートであることを自覚している。
              こういうときは、ひとコト、こう言えば普通は素直にしゃべってくれる。
               
               「すみません、これって結局どのくらいになるんすかねー」
               
              私がこう切り出す前に、隣の家族連れが同じ商品について店員に話を聞き始めた。
              それならと隣で聞き耳を立ててみると、こんな声が聞こえた。
               
               「そうですねー、20万…千円ですね」
               
              20万という声が聞こえたところで私は耳を疑った。ケーズデンキはそもそも
              「ポイント制度は不誠実、いつも現金価格一発勝負」を謳うショップだ。
              そのケーズが、ポイント20%のビックと同じ値札では話にならない。
               
              もちろん、もうちょっと突っ込んだ話をしてみれば値段は変わるのかもしれない。
              しかし、この20万円以上というスタート地点からみると、
              当初設定した「17万円」というゴールは、あまりにも遠すぎた。
               
               
               
              私はひとまずケーズデンキを後にして、次の店に向かうことにした。
              目的地は、少し離れた ヤマダ電機 である。
               
              ヤマダ電機で商品を発見。値札にはやはりこう記されている。
               
               258,000円 ポイント20%。さらにその場でお安くいたします!
               
              差し引き20.5万円相当。もちろんこれも、現代家電社会のオブラート価格であり、
              本当のところは「まずひと声」を掛けてみなければわからない。
              店員に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。
               
              「お値段は258,000円ですが、今なら ポイントを34% お付けできます。
               差し引きで 17万円 ということになりますね。」
               
              お目当ての17万円という値段が飛び出したところは進歩である。
              しかし、現金払いは表示価格そのままで 25.8万円 であり、それはこの場で
              支払う必要がある。差額の8万円ぶんはポイントによる還元となる。
               
              ここで 【前段】 の話を思い出して欲しい。この 8万円ぶんのポイント は果たして、
              「現金とほぼ同じ価値のモノ」なのか。それとも「扱いづらいモノ」なのか?
               
              私にとってヤマダ電機は、失礼ながら、そう頻繁に来る場所ではない。
              これはショップ側の問題ではなく私の生活の問題だ。ビックやヨドバシなら
              毎日の 通勤の路線上 にあるためフラッと寄って買い物ができるし、
              現にそういう買い物を日常的に行っているので、いくらポイントが貯まっても
              その消費に困ることはない。しかしヤマダ電機はたまたまそうではなかった。
               
              だとしたらどうだ。ここで8万円ぶんのポイントを得たところで、
              果たしてそれは本当に 「8万円の価値」 があるものなのか?
              8万円ぶんのポイントを消費するために、私は 新たな無駄遣い
              算段をあれこれ考えなくてはいけなくなるのではないか。
              それは私にとって本当にベストな選択だと言えるのだろうか?
               
              少しだけ迷ったが、すぐに答えは出た。
              すでにビックのネットショップに 20.1万円-ポイント21%(15.9万円相当) という
              参考価格があるのである。ここですぐに動く道理はない。私はヤマダ電機の店員にひと言、
              「なるほど、ありがとうございます」 と告げ、静かにその場を立ち去った。
               
               
               
              家電量販店を巡るといっても、地元ではあまりたくさんのアテがあるワケではない。
              最後に選んだのが ヨドバシカメラ である。ケーズ、ヤマダからは
              かなり離れたところにあるこのヨドバシを、私は最後の巡回先に選んだ。
              ここで納得できなければネットショップにしよう、とも。。。
               
              ヨドバシで商品を見た最初の印象は、萎えさせるものだった。
               
               278,000円 さらに値引き!ご相談ください。
               ポイント10% ⇒ ※7/28までポイント20%に増量!
               
              普段はどの商品にも20%のポイントをつけるヨドバシだが、特定のメーカの商品だけ
              ポイント還元率が低い、というのはよくあることだ。買うほうがそれ加味すればよい。
              そしてこの場合はたまたまキャンペーン期間で20%になっているとのことなので問題もない。
               
              問題は値引き前の値札である。いくらダミーとはいえ
              他店よりスタート値がさらに高い。あまり期待はできないのか・・・。
              そう思いつつもセオリー通りに店員に声を掛けてみることにした。
               
               
               「えーっと・・・」
               
               
              店員は 型番と値段を書いた紙 を見始めた。これが今の家電量販店の
              価格管理のやり方なのだ。もはや値札そのものには何の価値もない。
              絶望先生ならきっと何かひとこと苦言を呈してくれるはずだ。
               
               
               「えーっと・・・ 199,800円ですね。」
               
               
              そうか・・・それは残念だ・・・。そう言いかけた私は、ふと我に返った。
               
               
              ・・・・えっ?
               
              199,800円。店員はたしかにそう口にした。思わず慌てて聞き返す。
               
               
               「それって、199,800円で 更にポイント20% で間違いないですよね?」
               
               
              声が上ずっているのが自分でもわかる。店員の答えはYesだった。
              199,800円のポイント20%といえば、ポイント算で159,840円相当。
              ビックの通販のポイント換算とほぼ同じだ。
               
              価格.comの最安値16.5万円はしっかりぶっち切っている。
              (これは現金とポイントという条件差を思えば当然だが)
              何より、ヨドバシのポイントというのは、私にとって現金とほぼ同じ。
              いつでも使い道がある自信がある。
               
              そして 送料も無料 だという。残念ながら店頭在庫はないそうだが、
              聞いてみると2日後には届くそうだ。いわばネット通販と変わりがないが、
              それでもこの条件は十分に満足いくものだった。
               
              「ふむ、では、それでお願いします。」
               
              心の中では2つ返事であるそぶりを隠し、私はヨドバシの店員にそう告げた。
              支払いを済ませた私の手には、受け取り票と、ポイントが貯まったレシート が残った。
              モノが届くのは、まだもう少し後のことである・・・。
               
               
              --
               
              さて、私は何を買ったのでしょうか?
               
              答えはCMのあと。(嘘)


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (10) | トラックバック (0) | コラム | 2008/07/13 17:33


               (2008/07/12 23:59)

              家電量販店道中記【前段】 - 家電量販店の「ポイント」もいろいろあって・・・

               カテゴリ : コラム タグ :


                家電量販店が発行する 「ポイント」 には、お客からみても、
                 
                 「現金とほぼ同じ価値のモノ」「扱いづらいモノ」
                 
                があるというのは結構気になるところです。
                いえ、そんな難しいお話ではなくて、至極単純なお話なのですが。
                 
                 
                ショップのほうからすれば、現金とポイントは当然同じではありません。
                 
                 (1) 20万円ーポイント20% (実質16万円?)
                 (2) 16万円
                 
                だったら、当然(1)で売りたいに決まっています。
                 
                (1)だったら現金で4万円を得てからあとでお客が4万円分のポイントを
                消費するまでの間に 時間差 があります。時間差は運用可能期間であり、
                つまり先に現金を手にすることはすなわち商いの勝利です。
                 
                それから、ショップが得た現金の4万円ぶんに対して、あとで返さなければいけない
                4万ポイントというのは、ショップにしてみれば8掛けでも3.2万円ぶんの仕入れ値のことです。
                お客にしてみれば同じ4万円ですが、ショップはお釣り4万円を返したら丸々4万円の損、
                商品の売値で「4万円ぶん」 というのはそれよりもっと少ない価値で済むことになります。
                 
                さらにさらに、4万円を現金のお釣りで渡したら、その4万円は 他店で使われてしまう
                かもしれない4万円になります。そもそも家電ではなく お米に化ける かもしれません。
                でもポイントで返せば、その4万円は必ず自分のショップで使ってくれる4万円になります。
                つまり、来店機会が増えますし、それによって衝動買いを誘発することにもなります。
                 
                このように、同額を取引しているようで、ポイントには色々なメリットがあります。
                あくまで「ショップにとっては」というお話です。
                 
                 
                一方、購入する お客の側からみると どうでしょうか。というのが冒頭のお話。
                その真逆になるのか、というと単純にそういうわけでもありません。
                 
                もちろん、現金でお釣りを貰う のが一番良い選択に決まっています。
                ただ、お客にとってはショップ側の事情ほど現金とポイントに差が出る
                ワケでもありません。たとえば上の例をちょっと変えて、
                 
                 (1) 20万円のポイント20% (実質16万円?)
                 (2) 17万円
                 
                で比べたらどうでしょうか。ショップ側としてはこれでも(1)で売りたいくらいかも
                しれません。それくらい「ポイントで後払い」というのはショップにメリットがあります。
                でもお客としては、これだけ差がつくと、(1)のほうが現金の お釣りよりも嬉しい
                いうソロバンをはじくことになるでしょう。つまりショップにとって有利な選択が、
                お客にとっても嬉しい選択になったりします。取引って難しいですねー(棒読み)。
                 
                しかし、ここでお客にとっては、単純に数字ではない判断が必要です。
                発生するポイントの価値が「現金とほぼ同じ価値のモノ」なのか「扱いづらいモノ」
                なのかという判断のは、実はお客がそのポイントを、
                 
                 「日常的な利用」 ですんなり消費できるのかどうか
                 
                によって随分変わってきます。つまりポイントの有無に関わらず普段から
                定期的に利用しているショップの発行するポイントであれば、そのお客にとって
                ポイントはほとんど現金と同じ価値を有することになります。たとえば
                ちょっと 電池を買いたい とか、ケーブルを買いたいとか、新作ゲームを買いたいとか、
                そういう小物を買うときにしっかり100%消費できるアテがあるというのは、
                ポイントが重荷にならないための一番の条件です。
                 
                一方、普段ほとんど利用しないショップが発行するポイントはそうはいきません。
                たくさんのポイントが貯まっても、何に使おうか悩んでしまうようでは本末転倒です。
                 
                 「ポイントがこんなに余ってるんだけど、どうしよう?
                  せっかくだからデジカメでも 買ってみるか」
                 
                などというのでは、お客は無駄遣いを促進させられてしまいます。
                お客は先にポイント分の現金を支払っていることを忘れてはいけません。
                 
                先に預けておいたお金を、自然に使うことができないのであれば、それはもう
                「現金とほとんど同じ価値」 ではなくなってしまっているということなのです。
                 
                どのショップのポイントがお得か? ということではなく、
                判断基準はそれぞれのお客の生活スタイルによって異なります。
                「普段から頻繁に利用する機会のあるショップ」 が発行するポイント
                こそが、一番現金に近い価値がある、ということなのです。
                 
                 
                このあと、【後段】に続きます・・・。
                 ⇒ 家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コラム | 2008/07/12 23:59


                 (2008/07/11 23:59)

                Xbox360 夏のプラチナコレクション発売 - フォルツァ2、テストドライブも

                 カテゴリ : ゲーム タグ :

                ■Xbox360 プラチナコレクション
                http://www.xbox.com/ja-JP/platinumcollection/
                 
                7/10 にXbox360 の 夏のプラコレ が発売になりました。
                今回は遂に待望の「フォルツァ2」を含めた4作品が登場です。
                 
                まずこのブログでは何度もご紹介している 「Forza Motorsport 2」
                昨年11月発売のXbox360バリューパックでは同梱ソフトとしても採用され、
                全世界にその名を知らしめたリアルシミュレーション系レースゲームです。

                ペイント機能で 痛車が描ける ことで話題を呼びましたが、それ以前に、
                クルマ好きが延々と 「チューニング」⇒「タイムアタック」 するだけでも十分に
                アドレナリンが出るゲームです。オン対戦はさすがに一時期ほどの人は居なくなりましたが、
                まだ対戦に困るというほど過疎にはなっていないと思います。
                ニコ動で 「1年遊べるレースゲームって初じゃね?」 というコメントが
                ありましたが、本当にそう思います。クルマ好きならオススメです。
                 
                続いてはこちらもクルマゲームですが、全く趣向の違うゲームです。TDUこと
                「テストドライブ・アンリミテッド」。ハワイのオアフ島全土を再現して
                あとはいろんなクルマで好きなようにオンラインで集まってツーリングしよう、
                という何ともゆるい感じが大ヒット。俗にいう「箱庭ゲー」ですが、
                発売から1年以上経ったいまでも絶大な人気を博しています。

                XboxLive!でフレンドと話をしていると、何だか妙に
                 
                 「○○さんもTDU買ってオンでツーリングしましょうよー」
                 
                と誘われるという箱○マルチ商ほ(ry いやいや、それにしても
                ネトゲというのはゲームからゲームへ飛び火してお互いに購買を
                勧め合うというのはビジネスとして良くできておりますね。
                 
                新作のプラコレはあと2本。まずTDUとは全く違った風味ですが
                これもいわば「箱庭ゲー」の 「あつまれ!ピニャータ」
                自分の庭を造ってピニャータと呼ばれるモンスターっぽい生き物を飼って
                一緒に過ごすというアメリカンテイストな和みゲー。ピクミンとか
                どうぶつの森とかが近い感じなのでしょうか。とにかく発生イベントが
                多いらしくいくらやっても飽きの来ないハマりゲーだというウワサです。

                最後は1人用RPGの 「オブリビオン」。初版では海外で絶大な人気を誇るも、
                日本では発売の予定がなく、日本の箱○ユーザが一斉に懇願して 国内発売にこぎつけた、
                という話もあります。キャラエディットの豊富さやリアルな世界観はもとより、
                RPGなのに本編ストーリーはそっちのけで雑魚AIキャラと遊びまくったりできる
                自由度の高いプレイが人気を博しているようです。

                ところで、レースゲーの多い今回のプラコレに合わせて、
                「ワイヤレスレーシングホイール」 が9,800円に値下げされています。

                新しい版はもちろん煙を噴く心配はありません(おい)
                そういえば 煙を噴くVer. をまだ持っている私はどうしたものでしょうかね?


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/11 23:59


                 (2008/07/10 23:50)

                あまとも通信 - BRAVIAの40型がそれぞれ値下がりでどちらがお得?

                 カテゴリ : あまとも タグ :

                木曜日は「あまとも通信」。今回は第91回です。
                すごいですね、本当に第100回が見えてきましたよ(・ω・) びっくりだ。
                 

                 
                ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                 
                「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
                 
                 kuroitsu さん、camera さん、monk68 さん の3名様が、
                 1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                 
                おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                いただきましたので、メールをご確認ください。
                 
                プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                 
                 
                ■今週の値下がりピックアップ
                 
                あまともでは「値下がり率」と 「値下がり額」 でランキングを作っていて、
                大抵「値下がり額」のほうには液晶テレビが1台や2台入っているものです。
                今週も SHARP の AQUOS と Sony の BRAVIA が名を連ねていました。
                 
                ただ、AQUOSのほうは最安値更新ではありませんでしたので、
                ここでは BRAVIA のほうを取り上げたいと思います。
                たまたま私が目をつけている機種とも重なりますし・・・。
                 
                まずはコレ。40型の Sony KDL-40F1 から。
                7/9付けで 212,237 円 ⇒ 201,626 円 と 10,611 円の値下がりです。

                続いては同じく40型の Sony KDL-40V1。7/10付けで
                171,982 円 ⇒ 163,383 円 と 8,599 円の値下がりとなっています。

                この2機種は、発売日がそれぞれ3/25、4/25とあまり変わらない時期に
                なっています。F1が フラッグシップモデル で、V1が普及価格モデルとでも
                いえば良いでしょうか。F1のほうが 外枠(フレーム)が細くて 綺麗だったり、
                「ライブカラークリエーション」などの色再現度が高いことを売りにしていたり、
                HDMI端子 がV1が2個に対してF1が3個あったりと、良く見ると確かに違います。
                 
                ■Sony KDL-40F1
                http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/products/index.cfm?PD=30432&KM=KDL-40F1
                 
                ■Sony KDL-40V1
                http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/products/index.cfm?PD=30428&KM=KDL-40V1
                 
                ところで最近私もこの辺の製品を他社も含めてつぶさに調べているのですが、
                Sonyの液晶テレビはモデルとして32型⇒37型⇒42型というステップではなく、
                32型⇒40型⇒46型 という一足飛び感のあるステップになっているのですね。
                 
                一気に40型というのはなかなか萎縮してしまうところもあるのです、
                40型のわりにお値段がそんなに飛びぬけて高くもないというのが結構驚きです。
                 
                今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
                 


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/07/10 23:50


                 (2008/07/09 23:59)

                最近知った映像ばなし(2) TMPGEnc 4.0 Xpress にはニコ動用テンプレがある

                 カテゴリ : 雑談 タグ :

                最近妙に動画エンコばっかりしていることで気がついた点、その2。
                私は TMPGEnc XPress をダウンロード販売で購入して以来ずっと愛用して
                きているのですが、
                 
                ■2004/03/24 [TMPGEnc 3.0 XPress with AC-3 Pack を衝動買い]
                ■2006/05/05 [これは快適! 編集機能が進化した「TMPGEnc4.0 XPress」]
                 
                実は マイナーバージョンアップ とかには無頓着にずっと使い続けてきました。
                最近ふと最新版を見てみたら結構バージョン番号が上がっているので、
                「どれどれ・・・?」とアップデートしてみたところ驚きました。
                最近のTMPGEncには 「ニコニコ動画用出力テンプレート」 なんてあるのですね!
                 

                 
                これはもちろん「FLV出力プラグイン」も追加購入している人だけの
                設定なのだとは思いますが、正直こういう設定はいくらでもwelcomeです。
                サラッと使えるようであれば、いままで mencoder で頑張って2パスエンコード
                していたものもTMPGEncで流しっぱなしにすればOKになってしまうかもしれません。
                 
                ほかにも、H.264による高画質エンコもできるようになっています。
                最近のニコ動はプレミアム会員でなくてもH.264でのアップが開放されたよう
                ですので(もうされた? あるいはこれから?) こういうところも嬉しいです。
                 
                あと、私はずっとテレビで録画した動画などは 「どこでも必ず再生できるように」 と、
                352×240 の MPEG-1 VideoCD (1.15Mbps) という低画質で保存してきたのですが、
                昨今のPC事情からもう流石に DivX でも見られない機器は少なくなってきたため
                そちらに乗り換えることにしました。これもTMPGEnc XPressで普通にエンコできます。
                 
                それでも 640×480 の 2Mbps という、エンコマニアからすれば相当低いレートで
                エンコしているのですが、(ファイルが大きすぎると扱いづらくてイヤなので)
                今までに比べたら十分綺麗に再生されるようになって満足です。具体的には
                32インチ液晶テレビで全画面表示 しても見るに耐える程度の画質になりました。
                (結局そこか・・・)
                 
                普段必要ないと思っているときには全然こだわらない部分も、
                いざ取り組んでみるといろいろな部分が進化していて驚きますね。


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2008/07/09 23:59


                 (2008/07/08 23:59)

                最近知った映像ばなし(1) Xbox360のメディアサーバになれる「TVersity」

                 カテゴリ : ゲーム タグ :

                普通の動画マニアの方なら普通に知っているようなことでも、
                私が全然しらなかったようなことが結構あるというのをココ最近
                思い知らされています。そんなお話をいくつかご紹介していきましょう。
                 
                まずはコメント欄で教えていただいたコチラから。
                 
                ■2008/07/06 [Xbox360 の MediaCenter機能で DivX のファイルを再生する]
                No.21345   投稿者 :   2008年07月08日 04:30
                 
                TVersityは使わないんですか?
                すべての拡張子・すべての形式の動画・音声ファイルが
                XboxとPS3でテレビで再生できますよ

                 
                ということで教えていただいたのが 「TVersity」 です。
                 
                ■TVersity - Home
                http://www.tversity.com/
                 
                ■TVersityでDLNAサーバーをたててみた - PS3 Watch.net
                http://www.ps3watch.net/2007/05/25/tversity/
                 
                基本的には DLNAサーバ として機能するソフトなのですが、
                このソフトが優れているのは、機器側が対応していないエンコードの動画を
                 
                 PC側で変換して、各機器に対応した形で送ってくれる
                 
                という 「トランスコード」 機能です。たとえばXbox360はMPEG-2ファイルを
                再生したりすることはできないのですが、TVersityならリアルタイムに
                WMVに変換しながら送ってくれるため、Xbox360側では何も意識せずに
                動画を再生することができるのです。
                (ただしそのためには それなりのCPUパワー が必要になります。)
                 
                というワケで実際に試してみることにしました。・・・が、
                 
                 
                 そもそもサーバが立ち上がらない!!
                 
                 
                というワナにハマり、相当あちこち悩ませて貰いました。
                とにかく 「Unable to connect to the server」 と表示されて、
                そこから先に全く進まないのです。どうもこのTVersityは
                ネットワークの設定で悩んでいる方は相当多いようです。
                 

                 
                ポートの何番を開けるとか、ファイアウォールが邪魔をするとか、
                そういうFAQがいっぱい飛び交っているのですが、どう見てもそういう
                設定に問題があるようにはみえなかったため、すっかり参ってしまいました。
                しばらく悪戦苦闘の末、ようやく起ち上がるようになりました。
                 
                結論から言いますと、IEのプロキシ設定 を外したら繋がりました。
                 
                 
                 ・・・コイツ、何の断りもなくIEのプロキシ設定を流用 してた!?
                 
                 
                いや、まぁ、わかってしまうと何ということはないのですが、
                意外なところでした。通常はソフトの中にプロキシ設定部分があって
                その中で「IEの設定をそのまま使う」とか何とかいうチェックボックスが
                あるような感じなら判るのですが、最初からそうなっていたとは・・・。
                 
                私の場合、LAN内のサーバの1つをプロキシサーバとして使うために
                proxy.pac 設定を自分で書いていますので、PC内のlocalhostへの通信も
                全て一度プロキシサーバに飛ばされてしまっていたのです。解決のためには、
                 
                 localhost と 127.0.0.1 についてはプロキシを使わない
                 
                という設定をproxy.pacに書いたり、IEのプロキシ例外設定のところに
                書いたりしておけば万事OKです。・・・ふぅ、疲れました。
                 
                 
                で、実際に TVersity を Xbox360 をセットで使ってみました。
                案外普通に見られるときは快適です。が、ときどき、急に再生が
                追いつかなくなって ピタッと止まってしまいます。というのも、
                 
                 私のマシンが Windows2000 + Pentium4 3.06GHz という旧型
                 
                だからなのですが・・・。トランスコードしない場合はこれでも十分すぎる
                メディアサーバとして機能しますが、ひとたび対応していないフォーマットで
                トランスコードが入ると、この性能では流石に荷が重過ぎるようです。
                 
                もっとパワーに自身のあるPCをお使いの方は試してみても良いかもしれませんね(・ω・)


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/08 23:59


                 (2008/07/07 23:59)

                ノートPCの外部モニタ出力をテレビに映す - 手っ取り早く買い替える計画?

                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                  ■2008/06/24 [Let's note の外部モニタ出力はどうやって大画面液晶テレビに映せるか?]
                  ■2008/07/05 [ノートPCから大画面テレビに映す REX-VGA2DVI - 問題はテレビとPCの相性?!]
                  ■2008/07/06 [Xbox360 の MediaCenter機能で DivX のファイルを再生する]
                   
                  この話題、しばらく引っ張ってます・・・。
                  いま保有している東芝32Z2000は 昨年5月に購入 したものですが、
                   
                   
                   これはもう諦めて、同じ32型の新しめの機種に替えよう
                   
                   
                  というのが目下の目標です。いままでREX-VGA2DVIでアナログRGB出力をする
                  お話をしていたのですが、新しめの機種は、ローコストモデル以外は大抵、
                  RGBコネクタを装備しています。ということは、無理矢理変換しなくても
                  テレビのほうが変わってしまえば万事解決、ということになります。
                   
                  なんで同じ32型なのか? いっそこれを機に37型くらいにはしないのか?
                  というのにも理由はあって、
                   
                   
                   大型にすればするほど、アナログ放送のアラが目立つから
                   
                   
                  というしょうもない理由からです。ここは身の丈に合った32型を再び選択します。
                  かといって、購入から1年ちょっとの32Z2000をそのまま放置しておくのも
                  アレですから、中古買い取り価格ってどうなっているのかと思って調べてみると、
                   
                  ■Sofmap.com 買取・下取
                  http://www.sofmap.com/kaitori/
                   
                  7/8現在で 買取上限価格61,000円 と想像以上にお高いです。
                  これが満額出るとは思いませんが、3万でも4万でも出てくれれば、
                  案外買い替え先の機種は大した出費ではなくなるかもしれません。
                   
                  ところで、私はRDレコーダ派で、前回のテレビも何となくお安い東芝を
                  選んでいましたが、よくよく考えればRDはネットdeダビングなどの
                  マニアックな機能に惹かれているから価値を見出しているのであって、
                  テレビもそれに合わせる必要は特にありません。
                   
                  ということで、いま目星をつけ始めているのは、SonyやPanasonicです。
                   
                  ■Sony KDL-32F1
                  http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/products/index.cfm?PD=30434&KM=KDL-32F1
                  ■Panasonic TH-32LZ80
                  http://panasonic.jp/viera/products/pz80lz80/index.html
                  ■Panasonic TH-32LZ85
                  http://panasonic.jp/viera/products/lz85/index.html
                   
                  一番気になる点は 入力端子の数 で、それなりに余裕のありそうなものから
                  選んでいます。焦点となっているD-Sub×1のほかに、HDMI×3、D4×2くらいあると
                  ちょっとホッとするラインです。廉価版だとHDMIが2系統しかなかったりしますが、
                  昨今はどんどんHDMIで入力できる機器が増えていますので、2系統では流石に怖いです。
                  (私はJ:COMデジタルSTBがHDMI接続できると知ったときは驚いたものです。)
                   
                  あとは、倍速系の機能があると高いとか、32型でも フルHDとハーフHD があるけど
                  32型ならこの際ハーフHDでも気にしなくても、とか、いろいろ気になる点はあります。
                   
                  できればこの週末くらいには何かしら実際に行動に出たいところです(`・ω・´)


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/07/07 23:59


                   (2008/07/06 23:59)

                  Xbox360 の MediaCenter機能で DivX のファイルを再生する

                   カテゴリ : ゲーム タグ :

                  ■2008/06/24 [Let's note の外部モニタ出力はどうやって大画面液晶テレビに映せるか?]
                  ■2008/07/05 [ノートPCから大画面テレビに映す REX-VGA2DVI - 問題はテレビとPCの相性?!]
                   
                  さて、ノートPCから大画面テレビ (といっても32型ですが)に
                  映す戦いの続きです。わたし的にはもう
                   
                   新しいテレビ買っちゃおうかなーというところまでは
                   
                  イっちゃっているところなのでありますが、その前にもうちょっと
                  違うアプローチもあることはあります。それが例えばXbox360です。
                   
                  ■Xbox 360がアップデートし、DivXファイルの再生に対応
                  -GUIも一新。ゲーム配信やメッセンジャー機能も強化
                  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071204/xbox.htm
                   
                  元々Xbox360はMediaCenter機能といって、XPやVistaと連携して
                  PC内のメディアファイルの再生ができる機能がありましが、
                  昨年12月のアップデートで DivXがサポート されました。
                   
                  で、試してみると、なるほど、DivXのファイルは確かに再生できます。

                  Get the Flash Player to see this player.


                  ちなみに上記の記事で、
                  また、拡張子を「.avi」ではなく「.divx」にしても再生は可能だった。
                  という記載がありますが、私が試したところではちょっとニュアンスが
                  異なる挙動でした。.divxのファイルを再生できるというよりは、
                   
                   ライブラリの追加時には .aviの拡張子 しか探してくれなくて、
                   一度.aviで検出されたファイルは、そのあとで.divxにリネームしても
                   拡張子は気にせず同じファイルとして再生してくれる。
                   
                  というような挙動をしているようです。.divxのファイルをポンっと置いておいても、
                  いつまで経ってもリストには表れてきませんでした。私だけでしょうか・・・?
                  まぁそのあたりのところは細かいところですので気にしなくても良いかもしれません。
                   
                  ただ、ユーザインタフェース的にはさすがにPCには及ばないというところと、
                  対応するメディアファイル以外、たとえばFLV形式のファイルとか、あるいは
                  ニコニコ動画やYouTube やEyeVioのようにブラウザ上でそのまま再生して
                  いるところを映すとか、ほかにも使い慣れたフリーソフトでスライドショーするとか、
                  そういう芸当は一切できませんので、PCのヘビーユーザとしてはやっぱり直接
                  PCの画面を映し出せる ことに越したことはありません。
                   
                  私の場合も、一度PC画面を直接映し出す快感を覚えると、ちょっとXbox360の
                  再生機能では満足できなさそうです。やはりここはテレビの買い替えを考えてみます。


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/07/06 23:59


                   (2008/07/05 23:59)

                  ノートPCから大画面テレビに映す REX-VGA2DVI - 問題はテレビとPCの相性?!

                   カテゴリ : デジモノ タグ :

                  ■2008/06/24 [Let's note の外部モニタ出力はどうやって大画面液晶テレビに映せるか?]
                   
                  ということで液晶テレビにノートPCのアナログRGB出力を映すというお話。
                  結局RATOCの 「REX-VGA2DVI」 を購入して試してみることにしました。
                   
                  今回はシリーズモノのレビューではなく単発記事ですが、
                  恒例の写真館いってみましょう!
                   
                  ■あまとも写真館 - ラトックシステム VGA to DVI/HDMI変換アダプタ REX-VGA2DVI
                  http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001AD0TMA

                   
                  わざわざPSPと並べて撮ったのは、VGA2DVIの大きさを実感として感じて
                  頂けるようにという理由なのですが、こうしてみると 結構コンパクト です。
                  PSPを半分に切った大きさよりひとまわり大きい程度でしょうか。
                   
                  片面には ミニD-Sub 15ピン入力と電源としてのDC-INが、その逆面には、
                  DVI-D出力コネクタ があります。そしてこのパッケージにはDVI-D⇒HDMIの
                  コネクタが付いていますので、HDMI入力を搭載したテレビにそのまま接続できます。
                   
                  ということで、さっそく Let's note R4 から REGZA 32Z2000 に映してみましょう。
                   
                   
                  ・・・
                   
                  ・・・・・
                   
                   
                  ・・・・・・・ 映りません!!!!
                   
                   
                  いや、正確には、いろいろ試行錯誤すると映ることは映るのですが、
                  最大解像度がどうやっても 640×480 にしかなりません。
                  この解像度では流石に まったく使いモノになりません (;´Д`)
                   
                   
                  これはもしかしてヤッチマイナーっていう感じでヤラレチマッター
                  のかと、ダメ商品つかんじまったーのかとオロオロしていたのですが、
                  そこでふと思い立ちました。Let's note Y7 ではどうなのだろうか、と。
                   
                  Let's note R4 のチップセットは Mobile Intel 915GMS Express、かたや
                  Let's note Y7 のチップセットは Mobile Intel 945GM Express です。
                  つまり搭載されている グラフィックチップ がそもそも異なります。
                   
                  Intel標準の最新ドライバをダウンロードしてきてインストール、そのあと
                  ディスプレイの設定からモニタに対応していない解像度も全部表示する、
                  みたいなモードにすると、そこに 1280×720 という解像度が登場します。
                   
                  無理矢理その解像度で表示してみると・・・・・・映りました。
                  映りましたがズレてます。左端が黒く、逆に右端が切れています。
                  デジタル入力時には左右の表示位置調整ができません。何とも微妙な感じです。
                  ただ、映ることは映る、というのは判りました。
                   
                   
                  さてさて、こうして 「うーん」 と頭を悩ませてしまったワケですが、
                  さらによくよく考えてみると、ノートPCとケーブル類だけの話ですから、
                  何も自室のテレビだけではなく、大画面テレビのあるところならどこへでも
                  出張テスト に行けるワケです。そんなこんなでもう1台試してみました。
                   
                  機種は Victor LT-32LC305 です。これもまったりハーフHDです(余計なお世話)。
                  Let's note Y7 でトライしてみると・・・、
                   
                   
                   1280×768 でジェバンニ一晩で余裕でした。
                   
                   
                  わー何これ、超グッド。なぜか720ラインの1280x720より768ラインのほうが
                  綺麗に映るというおまけ付き。別に1024×768でも普通に映ります。
                  2画面にするかクローン出力にするか、お好み次第で何でもできちゃいます。
                   
                  というワケで PCの中の映像をフル出力して 大画面テレビで楽しむの図。
                  ちょっと音がウルサイかもしれませんのでご注意ください。
                  (音はノートパソコンから直接出ているものを拾っているだけです)

                  Get the Flash Player to see this player.


                  PCからNAS上のファイルを選んでスッと大画面で観賞できるのってイイですね~。
                   
                   
                  ということで、いろいろ試してみて判ったことは、
                  「REX-VGA2DVIには何の問題もない!」 ということでした。
                  これ自体は極めて普通にミニD-Subアナログ出力をHDMIに変換してくれます。
                   
                  しかし、問題は テレビとパソコンの間の相性 のほうなのです。
                  つまり、テレビ側が受け付けてくれる解像度に対して、パソコン側が
                  それを出力することができるかどうか、ここに全てが掛かっているようです。
                   
                  調べてみるとこんな表が見つかりました。
                   
                  ■東芝REGZA HDMI接続/D-sub接続に対応する入力フォーマット
                  http://www.toshiba.co.jp/product/tv/feature/function01/func35.html
                   
                  これによると、ウチのZ2000と同時期の機種、C2000、C3200、H3000などは
                  総じてHDMIの、要するに家電世界の一般的な解像度である 480p、720p、1080p
                  で出力されたものしか受け止められないということがわかります。
                  この解像度はPC側としてはあまり一般的ではありませんので、PC側も古い
                  グラボだったりすると ドライバがそういう出力をできない場合があります。
                  私の Let's note R4 とREGZA 32Z2000のケースがまさにそれでした。
                   
                  一方、最近のテレビ、このREGZAの表でいうと C3500、C3800、Z3500 などは
                  一般的なPC解像度の出力である 1024×7681280×768 などを普通に
                  受け付けるようになっています。これならどんな古いノートPCの外部モニタ出力でも
                  心配することはありません。
                   
                  先の Victor LT-32LC305 も今年発売の機種ですので、そういう部分の対応は万全
                  だったということでしょう。昨今はPCの映像を大画面で見たいという要望は増えて
                  いるようですから、新しめのテレビであれば大体対応しているのかもしれません。
                   
                  ということで、REX-VGA2DVI には罪は全くありませんでした。
                  導入を検討される方はむしろ テレビとパソコンの対応解像度 にご注意ください。
                   
                  私の場合、Let's note R4 を活かすにはテレビのほうを買い換えなければならない
                  のですが・・・。正直言って・・・ 凄く買い換えたいっ! 買い換えたいですっ!!


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | デジモノ | 2008/07/05 23:59


                   (2008/07/04 23:59)

                  デジ埋2008年6月のpv上位リスト

                   カテゴリ : ブログ タグ :


                    2008年6月の「個別記事ページ、PVダービー」です。
                    個別記事へのアクセスの多さは、ほとんどの場合、有名な外部サイト様から
                    リンクを頂けたことを意味しています。その旨深く御礼申し上げます。
                     
                    今月は結構バラエティに富んだ月でした。新記事の上位に顔を出したのは
                    まず 長崎県警からのページ削除 のお願いが来た件、
                    それから総務省と予告inのお話という物々しい2本でした。
                     
                    長崎県警の件はあれ以来特に何もありません。
                    特に倫理に触れる且つ緊急性のあるようなモノでない限り、
                    そんなに頻繁にああいうお願いがくるようなことはなさそうです。
                    というか県警のみなさんもそんな お暇でもない でしょうし・・・。
                     
                    そのほかの話題としては RD-X5の修理 がやはり上位に。それと
                    J:COMデジタルとTVK のお話もまとめてランクインしていました。
                    テレビの衰退などが叫ばれる昨今ですが、こうしてネットが登場して
                    「テレビ以外」というメディアの存在が際立ってきた今だからこそ、
                    今まで普通だと思っていたテレビというもののパワーがあらためて
                    凄かったということが再認識されているような気がします。
                     
                    ちなみに無事復帰を果たしたRD-X5ですが、最初はじっくり慣らして使っています。
                    しばらく使ってみて問題がなさそうならまたヘビーな使い方に戻るかもしれません。
                    今はここぞとばかりにRD-XS48がフル回転しているような状態です。そして、
                     
                     カンペキに余ってしまった予備購入の320GB HDD×2台
                     
                    はどうすればいいのですか・・・。
                    NASも1TBくらい余っていてこれを増やしても場所を取るだけだし・・・ orz
                     
                    今月もマッタリ更新していきますので、宜しくお願いいたします。
                     
                     
                    ■2008年5~6月記事のみの順位(上位15位まで)

                    順位pv日付エントリ
                    2.27032008/06/04「長崎県警の者ですが・・・Webページ削除のお願いです」?!
                    4.10832008/05/17PSPでモンハン2G+XLink Kai - そもそも GW-US300MiniS の設定が・・・
                    5.10282008/06/13総務省の「犯罪予告検知ソフト開発」の予算と「予告in」 - 対処は本当に可能なのか
                    7.7252008/06/10日本のiPhoneはソフトバンクから7/11に登場予定 - イケてるのかどうか?
                    9.6342008/06/08RD-X5 の HDD交換の準備を始めてみる - 中身は Maxtor の 6L300R0
                    10.6272008/06/09RD-X5 の HDDを換装してみる - しかし症状は全く変わらず・・・・?
                    11.5812008/05/31J:COM TVデジタルでTVKが見られるか? U局とケーブルの微妙な狭間で(2)
                    13.5562008/05/29あまとも通信 - 初音ミク1/8フィギュアの在庫が突如出現!
                    14.5552008/05/14ウォークマンは「シェア3割」? BCNランキングで見る「iPodとの2強時代」の中身
                    17.5222008/05/30J:COM TVデジタルでTVKが見られるか? U局とケーブルの微妙な狭間で(1)
                    18.5002008/06/03RD-XV81でデジタル放送を録画しようと思ったら「B-CASカード」がない!
                    20.4642008/06/02J:COM TVデジタルでTVKが見られるか? U局とケーブルの微妙な狭間で(4)
                    24.4312008/06/01J:COM TVデジタルでTVKが見られるか? U局とケーブルの微妙な狭間で(3)
                    25.4082008/06/21出張修理で RD-X5 を検査するもER7061が再現しない! 原因は電源か?
                    27.3572008/05/23遅ればせ Xacti CG65 写真館 - 形状はCG6と全く同じ

                     
                    ■総合順位(上位15位まで)
                    順位pv日付エントリ
                    1.41062005/11/09iPod向け動画変換は「携帯動画変換君」で万事解決か!!
                    2.27032008/06/04「長崎県警の者ですが・・・Webページ削除のお願いです」?!
                    3.19422005/10/04玄人志向のSATA→IDE変換ボード「SATAD-IDE」を試してみる
                    4.10832008/05/17PSPでモンハン2G+XLink Kai - そもそも GW-US300MiniS の設定が・・・
                    5.10282008/06/13総務省の「犯罪予告検知ソフト開発」の予算と「予告in」 - 対処は本当に可能なのか
                    6.9662007/05/08REGZA 32Z2000 でHDMI接続 - 32型テレビにパソコン画面を!
                    7.7252008/06/10日本のiPhoneはソフトバンクから7/11に登場予定 - イケてるのかどうか?
                    8.6662007/01/07自分のページにお手製の Flash Movie (FLV) を貼り付ける方法
                    9.6342008/06/08RD-X5 の HDD交換の準備を始めてみる - 中身は Maxtor の 6L300R0
                    10.6272008/06/09RD-X5 の HDDを換装してみる - しかし症状は全く変わらず・・・・?
                    11.5812008/05/31J:COM TVデジタルでTVKが見られるか? U局とケーブルの微妙な狭間で(2)
                    12.5692005/09/21国内初(?)の4GB SDカードを試すも、いきなり大ピンチ!
                    13.5562008/05/29あまとも通信 - 初音ミク1/8フィギュアの在庫が突如出現!
                    14.5552008/05/14ウォークマンは「シェア3割」? BCNランキングで見る「iPodとの2強時代」の中身
                    15.5422007/09/28ついに出た悪夢のRRoD (Red Ring of Death) - Xbox360がちょうど半年で故障!
                    参考31921
                    トップページ
                    参考98788
                    月間PV合計


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/07/04 23:59


                     (2008/07/03 23:59)

                    あまとも通信 - 新・萌えるヘッドホン読本を見てヘッドフォンが気になる

                     カテゴリ : あまとも タグ :


                      木曜日は「あまとも通信」。今回は第90回です。
                       

                       
                      ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                       
                      「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
                       
                       osaka1192 さん、rukahan さん、blacklabel さん の3名様が、
                       1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                       
                      おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                      いただきましたので、メールをご確認ください。
                       
                      プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                       
                       
                      ■今週の注目アイテム
                       
                      相変わらず最安値更新リストを見ていたら、
                      ふとSonyのヘッドフォン 「MDR-7506」 が目に留まりました。

                      7/2付けで 18,018円 ⇒ 13,280円 と、4,738円の値下がり です。
                       
                      なんでこのヘッドフォンが目に留まったのかといいますと、
                      最近こんな本を買ったからです。

                      新・萌えるヘッドホン読本新・萌えるヘッドホン読本
                      著者: 岩井 喬
                      発売日: 2008-06-25

                      コミックダッシュ!で詳細を見る

                      中身はまともなヘッドフォン評である 「新・萌えるヘッドホン読本」
                      しかしたくさんの萌え絵作家さんが勢ぞろいでヘッドフォンをしている娘で
                      挿絵を入れていくという本で、一部で話題になっています。
                      私も絵につられて1冊買ってしまったのでした。

                      実は私は音質にコダワリを持つほうではなく、むしろ行き過ぎた音評は
                      オカルトに近付くよね派みたいな感じがあって、こういう真面目に
                      音質を論評する本を書かれている方からしたらむしろ出てけ!
                      みたいな感じに思われる部類に入る人なのですが(ゴメンナサイ)、
                      でもスミマセン、イラスト集 としてでも十分楽しめました。。。
                       
                      この本で紹介されている41種類のヘッドフォンのうち、Sonyは5種類 でした


                      ちなみに一番高額なヘッドフォンとしてトリと務めるのはやっぱりコレ。
                      昨年ニコニコ市場でも最も高額な単価の商品として有名になった、
                      「ULTRASONE edition9」 です。ヘッドフォンに 24万円 出せる方ってすごいですね。。。


                       
                      今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
                       


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/07/03 23:59


                       (2008/07/02 23:59)

                      iRiver Lplayer の○×まとめ。動画変換はAny Video Converterがイイ?

                       カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                      ■2008/06/29 [iRiver S10の後継なのか? サイズが2倍の「Lplayer」が登場]
                      ■2008/06/30 [いくぜ、まさかのフラゲ!? iRiver Lplayer 8GB 写真館]
                      ■2008/07/01 [iRiver Lplayer で実際に音楽・動画を再生してみる。操作には慣れが必要?]
                       
                      iRiver Lplayer のレビューも今日でひと区切りです。
                      ここまで丸々3日間使用してきましたが、おおまかにまとめておきましょう。
                       

                       
                       
                      ●よかった! (S10と比較)
                       
                       ・2GB ⇒ 8GB の容量アップは地味に大きい。
                        いままでガマンしていた分の曲がどんどん入る。
                       
                       ・電池の持ちも良さそう。ちゃんと測ったわけではありませんが。
                        でも動画を再生するときはミルミル減るので注意。
                       
                       ・ケーブルが 特殊形状 じゃない。
                        プレイヤーと一緒に持ち歩かなくてもPC側にケーブルがあればおk。
                       
                       ・「ディレクトリリスト」 (ファイル名順再生)は
                        オールドタイプの曲管理に慣れたユーザに最適だ。
                       
                       ・動画は思ったより綺麗。でも使いどころがあるかどうかは別。
                       
                      ●うーん。。。
                       
                       ・ボタンの反応 がちょっと鈍い。大きいからちゃんと押せていないのか?
                        あるいはファームのほうがモタついている?
                       
                       ・やっぱり ちょっと大きい
                        S10と比べたら「気にならない」とはお世辞にもいえない。
                       
                       ・機械式HOLDはちょっと誤操作をしやすい。側面にあればいいのに。
                        背面を触ろうとして前面のD-Clickを動かしてしまうこと多数。
                       
                       
                      こんなところでしょうか。レビューでいえば★4つといったところで、
                      カンペキではありませんが、及第点は十分クリアだと思います。
                       
                      一番気になるのは
                       
                       S10をお持ちの方はどうすればよいか?
                       
                      というところだと思いますが・・・・うーん、正直とても微妙なセンです。
                       
                      S10の小ささに惚れている人にとってはLplayerは最初は「うっ」となるでしょう。
                      ただ、S10の2GBという容量はまぎれもない弱点だったことも事実。
                      わたし自身は迷った末、もうしばらくLplayerのほうをメインで使っていってみる
                      ことに決めました。S10のとき、容量にはだいぶ我慢させられてきたのですよ・・・。
                      逆に、容量の点だけ我慢できれば、S10の超コンパクトはやはり捨てがたいです。
                       
                       
                      さて、最後に動画のお話ももうちょっとだけしておきましょう。
                       
                      Lplayerの付属CD-ROMには Movie Converter というソフトが付属してきます。
                      これに MPEG-1やMPEG-2 などのファイルを喰わせると直接Lplayerで再生できる
                      プロファイルのWMVに変換することができますので、フォーマットが合っていれば
                      これで大体のことが事足りると思います。iRiver Plus 3 にも同じように
                      動画の 「ビデオ変換」 という右クリックメニューが備わっていて、
                      オプション配置が似ていることから、内部でMovie Converter相当のものを
                      呼び出しているものと思われます。
                       
                      直接喰わせられなかったのが MPEG-4 ムービーですが、
                      こちらは 携帯動画変換君 に喰わせるとサラッと変換できるときがあります。
                      プロファイルはピッタリくるものがなかったので自分で書きました。
                      とはいっても他の機種の設定を参考にちょっとオプションの値を書き換えただけですが。
                      -bitexact -vcodec xvid -fixaspect -s 320x240 -r 29.97 -b 512 -acodec mp3 -ac 2
                       
                      FLV になると、これでもカバーすることができません。
                      で、ちょっと探してみたところ、「Any Video Converter」 というのを見つけました。
                       
                      ■Any Video Converter
                      http://jp.any-video-converter.com/
                       
                      正直、これは素晴らしいです。 FLVの、それもVP6のデータを直接喰わせて、
                      Lplayerで再生できる形式に変換することができます。無料版でも可能です。
                      具体的にはLplayerで再生可能としは、形式選択で.aviを選んで
                      映像をMPEG-4 320x240 512Kbpsに、音声をmp3 128Kbpsにすると良いでしょう。
                       
                      あとは出来上がった.aviをLplayerに転送すれば問題ありません。
                      これぞわが意を得たり!といった感じです。ちなみにiPod touch用の
                      変換などもこれで簡単に出来そうな感じでした(まだ試してはいませんが)。
                       
                      映像で遊ぶのはオマケ程度という感じではありますが、
                      これもある意味S10にはないLplayerならではの楽しみ方ですから、
                      もうちょっといろいろ試してみたいと思います。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2008/07/02 23:59


                       (2008/07/01 23:59)

                      iRiver Lplayer で実際に音楽・動画を再生してみる。操作には慣れが必要?

                       カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                      ■2008/06/29 [iRiver S10の後継なのか? サイズが2倍の「Lplayer」が登場]
                      ■2008/06/30 [いくぜ、まさかのフラゲ!? iRiver Lplayer 8GB 写真館]
                       
                      iRiver Lplayer 8GB のレビュー続きです。
                      ちなみにようやくAmazonでも受付を開始しましたね。
                      8GBが直販で18,800円のところを、Amazonでは 17,726円 で売っています。
                       
                      さて、さっそく使い心地を試してみようと、もはやS10で使い慣れた
                      転送ソフト iRiver Plus 3 で、いつものとおり転送を試みます。が、
                       
                       iRiver Lplayer がプレイヤーとして認識しません。
                       
                      ・・・あれ? と思ってiRiverのサイトに行き、最新版をダウンロードして
                      こようと思ったのですが、最新版は5/28の 「v3.5.0.2」 で、私が現在使っている
                      ものと同じです。どうしたものかと思ってLplayerの付属CD-ROMを調べてみると、
                      こちらに入っているのが何とWebではまだ未公開の 「v3.5.0.6」 でした。
                      これをインストールすると、あっさり認識するようになります。
                       
                      転送は、転送したい音楽ファイル/フォルダを選んで転送ボタンを押すだけ。
                      これはいつものことながら簡単で結構な感じです。変にマネージャソフト側で
                      インテリジェントなことをしようとして逆に使い心地が悪いことが多いこの世界で、
                      シンプルさを保っているのはとても良いですね。
                       
                      転送が終わったら再生をしてみます。
                       

                       
                      画面は 8行表示 で、上下がシステム表示行、あとの6行が曲表示などに使われます。
                      なお、アレっと思うかもしれませんが、Lplayerは 横表示固定 です。縦表示には
                      なりません。また、S10にあったような 画面上下反転 といった機能もありません。
                       
                      おそらくは動画再生をサポートしたことで、動画再生時の表示方向には融通が
                      利かなくなり、それなら全てを横表示1方向で統一するほうがインタフェース
                      として混乱しないだろうという判断が為されたのでしょう。
                       

                       
                      ちなみに、音楽再生に ディレクトリ順 が加わりました。私のようにファイル名を
                      連番で管理しているようなオールドタイプのユーザには非常に嬉しい機能です。
                      表示も高精細になり、横幅が広くなったため、文字自体は結構読みやすくなりました。
                       
                      ただ、まだ慣れない所為もあるのか、広くなったぶんだけ、ウリである
                      「ダイレクトクリック」がより 広い操作幅 を要求するようになったため、
                      なかなかサクサクと操作ができません。(同じ操作でもS10より 指を動かす距離が長い)
                       
                      そうはいっても、このあたりはS10でも最初は結構慣れを必要としたため、
                      Lplayerでも慣れればそんなに気にならなくなるのかもしれません。
                       
                       
                      最後は動画再生なども含む 操作イメージをFLVで ご覧頂きましょう。
                      実際にどういう風に動画を作成・転送するのかというお話については
                      次回以降のレポートでいずれお伝えしたいと思います。

                      Get the Flash Player to see this player.


                      最後の動画再生の部分は、思ったより綺麗で驚くことと思います。
                      これくらい表現力があれば、人によっては日常的な 録画⇒エンコ⇒視聴
                      耐えうるものになるのかもしれませんが、そのあたりはやはりLplayerに転送する前の
                      段階での面倒さが付きまとうことには違いありません。
                       
                      この動画でご紹介しているのはむしろ、お気に入りの動画を持ち歩いて
                      何かのときに 一発モノとして披露 する、みたいな使い方です。
                      iPod touchでもそんな使い方をしていることが多かったですね。
                      ここではご紹介していませんが、フォト機能もそういう使い方になるかと思います。
                       
                      メインはモチロン音楽機能ということになるのですが、その点でいえば、
                      S10の図体をちょっと大きくしただけ、ただし8GBを選べば 容量ぶんのメリット がある、
                      という言い方ができると思います。これでもiPod nanoよりはひとまわり小さいですし、
                      ワリとおすすめな携プレであるといってよいでしょう( ・∀・)σ


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2008/07/01 23:59

                      « 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

                       
                      デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks