Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2019/03/19 08:33 - 2019/03/19

フランシュシュは新たな"伝説"を刻み始めた!ゾンビランドサガLIVE「みんなでおらぼう」LV参戦レポート

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
昨年2018年12月15日のサイゲフェスで星川リリィ役の田中美海さんは言いました。
 
「皆もっと、もっと見たくないですか?
 『あいたいよ~♪ あいたいよ~♪』 聴きたくないですか?」
 
来る2019年3月17日。そのときは遂にやってきます。
 
「ゾンビランドサガLIVE フランシュシュみんなでおらぼう」
 
品川インターシティホールで行われたそのライブは、
ゾンビランドサガ作中のアイドルグループ、フランシュシュが作る
新たな "伝説" として確かに刻まれました。

 
■夢は武道館! そこんとこ「夜露死苦!!!!!!!」――アニメ再現で盛り上がった"ゾンビランドサガLIVE"リポート - ファミ通.com
https://www.famitsu.com/news/201903/18173378.html
■【イベントレポート / ライブレポート】「ゾンビランドサガ」アイアンフリルも登場!ライブでアニメシーンを忠実に再現 - コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/324253
 
■「ゾンビランドサガLIVE」にLV会場合わせて2万人が熱狂。佐賀での凱旋ライブ開催が決定 | moca-モカ-
https://moca-news.net/article/20190317/2019031723200a_/01/
プレミアチケットとなった本会場で鑑賞できたのは昼夜合わせて2,000人。全国劇場で実施されたライブビューイングには18,000人が詰めかけ、計2万人のファンがライブを楽しんだ。
 
 

 
私は Blu-ray Disc SAGA.1 に付いてきたイベント優先申込券で応募を
したものの残念ながら 落選。その後ライブビューイングに応募して、
チネチッタ川崎 で昼の部、夜の部どちらも鑑賞できることになりました。
 
全国69箇所にも及んだライブビューイングは大都市圏ではLVにも関わらず
落選者が続出するという驚くべき殺到っぷり。現地鑑賞者2千人に対して、
なんとLVのほうは 1.8万人 を動員したといいます。
 
そりゃあ現地チケットがかすりもしないわけですわ・・・。
どっから沸いてくるんじゃこの馬鹿ゾンビィィィィィ!!(褒め言葉)
 

 
チネチッタ川崎では物販をLVチケット所持者に絞らず朝8:30~から実施
していたため、昼の部15:00~に対して早め13:00に到着したものの
物販はほぼ完売。かろうじてパンフレットが買えたのが幸運でしたが、
これも昼の部開演前には売り切れてしまったようです。
(事後物販もあります)
 
各所で物販のあっという間の売り切れが発生し、映画館スタッフの方々の
困惑の声 が聞かれていたそうです。推し量れないゾンビィのパワー。
 

 
ビックリしたのがこちら。私が持っていたチケットは
昼の部は「CINE4」(290席)、夜の部は「CINE11」(407席)
だったのですが、何と昼の部は
 
「CINE4」(290席)+「CINE6」(244席) = 534席のデュアルLV
 
であることが判明。これが先行予約で落選が出るほど売り切れたんですか・・。
 

そんなわけでチネチッタで昼の部(CINE4)、夜の部(CINE11)を鑑賞したのですが、
いやー!こんなに興奮したのは本当に久しぶりでした!!
 
 
チネチッタLVについては昼の部のCINE4も結構盛り上がったなと思って
いたのですが、夜の部のCINE11に行ってビックリ!!
出だしから 全員総立ち、振られるペンライトの波、揃ったコール、
ここは現地なのか?!と見紛うくらいの大盛り上がりでした。
 
ライブビューイング会場であんなに盛り上がったのは個人的には
初めてだったので圧倒されてしまいました。私も及ばすながら
ペンライトを振ってコールを繰り返しました。夜露死苦!

 
ライブの内容も「これぞファンが望むフランシュシュの晴れ姿」
という感じでゾンビランドサガファンの心をこれでもかと掴む構成、
皆が熱くなったライブでした。
 
キャラ紹介PVが流れたあと、開幕いきなりOP「徒花ネクロマンシー」で
会場のテンションはMAXに。そしてたえちゃんシールが貼られたビニール大玉が
観客席に投げ込まれて観客席を転々としたあとに戻ってきたと思ったら、
 
さくら「早く!早く隠して!」「だからゾンビ隠せよーー!!!」
 
で会場全体が「おおおお???!!」と大歓声に。
 
そう、ゾンビランドサガという作品が「持っとる」ことを日本中に
知らしめたあのシーン、2話の ラップバトル「DEAD or RAP!!!」
がこの場で完全再現されたのです。ネット配信では見せたことのある
本渡さんと田野さんのラップバトルですが、この大観衆の前で披露
されるともう嬉しくてたまらなくなりました。

その「DEAD or RAP!!!」、リハでも一度も失敗したことがないという本渡さん、
昼の部はまさにさくらの顕現というくらいに完璧で喝采を浴びたのですが、
夜の部は まさかの大失敗!w タイミングがずれて「入るの遅れたYO!」
みたいなアドリブを入れようとして完全にリズムが迷子になって修正不能に。
 
滅茶苦茶になりながらも何かを頑張って続ける本渡さんの横から
純子役の河瀬さんが「私がフォローしますから」とばかりに
〆の「生涯現役大往生!!」のところだけ割って入ってフォローするシーンは
素晴らしかったです。田野さんも「ラップは生モノやから!」と優しいフォローw
 
 
続く「アツクナレ」では河瀬さんの純子キックも炸裂。「目覚めRETURNER」は
1番が終わったところで雷鳴の演出で音楽が停止したかと思ったら
声が電気を帯びた音に変わって「目覚めRETURNER techno pop mix」
変化するという、これもアニメ7話そのままの粋な演出で会場は興奮の渦に包まれました。
 
わたし自身もこのテクノポップミックスが本当に大好きですので、
この演出には心から痺れました(雷だけに)私はいまだに
ゾンビランドサガの中で7話の 「水野愛の復活劇」 が一番好きなのです。
 
このあと本渡さんが「次の曲いきましょう!」と言うと
なぜかフランシュシュの6人は舞台からはけてしまいます。
すると画面に大きく 「アイアンフリル 2018」 の文字!

現アイアンフリルを率いるリーダー、詩織役は「そらまる」さんこと 徳井青空さん
ラブライブ!のにこにーやミルキィのネロ等でスターダムにのし上がった
スーパーゲストの登場に会場はさらに驚愕と感嘆の声を上げます。
 
現アイアンフリルの5人が演じるとっておきの「ゼリーフィッシュ」はこれも
単発ゲストとはとても思えない驚きの歌唱とダンスの完成度。
そらまるさんのトークもキレキレで会場の熱はどんどん上がります。
 
すると今度は 「アイアンフリル 2008」 に表示が変わって、
水野愛役の種田梨沙さんが2008年のアイアンフリルのリーダーとして再登場!
「旧アイアンフリル」として5人で持ち歌「FANTASTICLOVERS」を歌うという
何もかもがアニメ本編の思い出とリンクする演出へ。ゾンビLIVEの真骨頂です。

 
このあと8話のアニメ映像からの星川リリィ「To My Dearest」、
9話のアニメ映像からの二階堂サキ「特攻DANCE」と次々に畳み込んできます。
 
「To My Dearest」を歌う田中美海さんはまさに 星川リリィそのもの
この日のパフォーマンスはメンバー全員もの凄いものがありましたが、
歌唱という点でいえば田野アサミさんと田中美海さんのクオリティの高さは
本当に目を見張るものがありました。パピィへの「語り」も完璧。
というかパピィ登場のアニメ映像の「どすん!どすん!」の音の迫力で
会場に笑いを誘うのはずるい・・w みんな笑いながら涙目になったじゃないですか。

二階堂サキ 「特攻DANCE」 は田野アサミさんだけでなく全員が特攻服で登場。
この特攻服ですが、当初は田野アサミさんだけが着る予定だったところを、
「皆の力のおかげで全員分揃えることができた」そうです。
 
田野アサミさんの特攻服の似合い具合は異常!まさに姉御という感じですね。
この日のライブではこの「特攻DANCE」を ベストパフォーマンス
挙げる方が多かったです。この曲はアニメ作中で見るのとライブで全員で
コールするのでは印象が全く違います。とにかくコールが分かりやすくて
誰でも完璧にできるので誰もが楽しめるキャッチーな曲。この「特攻DANCE」が
こんなにもライブ映えするとは!アニメ放映中に誰が想像したでしょうか。

「~時が経てば、あたしらのことなんて、皆覚えちゃいないさ。」
「今日こうして分かり合えたこと、わたしは決して、決して忘れないよ~。」
 
田野さんの語りは、そのまま田野さんご自身の 決意と覚悟の言葉 として
沁み込んできました。田野さんが最後に後姿で親指立ててOKポーズするの
本当にかっこよかったですね。その日「特攻DANCE」はTwitterの日本全体の
トレンドに入り、二階堂サキの「伝説」がまた1つ品川から全国に刻まれたのです。

あと田野さんの後ろで特攻服でぴょんぴょん飛んでるリリィが可愛かった・・w
 
 
そしてライブはクライマックスへ。源さくらの落ち込みアニメ11~12話の
ダイジェストが流れたあとの「ヨミガエレ」。このヨミガエレは
 
 昼と夜で演出が変わるという超サプライズ。
 
夜はなんとに作中のステージであるアルピノが崩れる音がしてサビ前で
全員倒れて音楽が止まってしまいます。そのとき、客席からどこからともなく
 

 無言の手拍子が、静かにゆっくりと響き始めました・・・!!
 

このアニメ12話のさくら復活のシーン、巽幸太郎だけが1人静かに手拍子を
鳴らすというシーケンスが、まさかこの会場全体でできるとは思っても見ませんでした。
この瞬間だけは、品川インターシティホールにいた人も、LV会場に居た人も、
 
 誰もが「源さくらを信じる巽幸太郎」に
 
なれたのです。誰も示し合わせることもなく、
静寂を崩すこともなく、静かに、静かに手拍子を刻む時間。
 
水野愛が、二階堂サキが、紺野純子が、ゆうぎりが、星川リリィが、
オケが消えた中でサビを歌って、顔を伏せて、源さくらを待つ、
手拍子だけが永遠に思える時を刻む中で、遂に源さくらが叫ぶ。
 
 「よーみーがえーれーぇぇぇぇええ!!!」
 
大歓声の中で音楽が戻って再び「ヨミガエレ」の熱唱。
こんなステージ演出の中で自分達がその伝説を構成する「装置」になれるなんて、
ライブビューイングに来る前は想像だにしていませんでした。
 
チネチッタ川崎のCINE11も興奮に包まれましたが、
現地の興奮はその何倍も凄かったことでしょう。
源さくらの復活劇は、そのまま 本渡楓さんの人生の、魂の叫び そのものです。
何度でも立ち上がれ、諦めなければ終わりは始まりへ変わる―。
 
 
最後はED「光へ」のコーラスでライブ終了。さらにアンコールとしてこれも
アニメ12話と同じ構成のお約束で「FLAGをはためかせろ」で〆。
 
「フレー!フレー!フレー!レッツゴー!!」
 
これもコールが凄くハッキリしている曲で最高の盛り上がりでしたね。

 
―2019年3月17日「フランシュシュみんなでおらぼう」―
 
過去の「伝説を持つメンバー」をゾンビ化して集めて、佐賀を救うために
新たな「伝説」を刻むアニメ、2018年秋アニメで圧倒的な残留率を刻んで
再び「伝説」の幕を開けた「ゾンビランドサガ」は、
この日また1つ 新たな「伝説」を刻みました。

 
紺野純子役の河瀬茉希さんは最後の挨拶でこんな風におっしゃっていました。
「(純子は昭和のアイドルだから)本当の純子の気持ちには成りきれない、
そんな風に考えたこともありました。でも、いまこのステージから見る景色が、
純子の見ていた景色 なのかなって・・・。」
涙を堪えきれない河瀬さんを水野愛役の種田梨沙さんがフォローするシーンも
感動でしたね。
 
そしてリーダー二階堂サキ役の田野アサミさんは力強く 「いつか武道館」
宣言してくれました。夢は言葉にしなければ叶わない(ユーフォ勢)。
「ゾンビランドサガ」というコンテンツはアニメが一時的にブームになっただけ?
そんな風に終わらせたいとは誰も思っていません。その最初の一歩が、
終わりを始まりに変えたのが、この「おらぼう」のステージでした。
短期間でここまでのクオリティのステージに仕上げるためにメンバーもスタッフも
どれだけの努力と苦労が積み重ねられたことでしょうか。
 
次は聖地、佐賀でライブをすることも決定しました。その先には「いつか武道館」。
 
伝説の特攻隊長 二階堂サキが、伝説の平成アイドル 水野愛が、
伝説の昭和アイドル 紺野純子が、伝説のおいらん ゆうぎりが、
伝説の天才子役 星川リリィが、伝説の山田たえが、
そしていま伝説になる"持っとらん"源さくらが、伝説を刻む日を。
 
佐賀のゾンビィたちが、全国のゾンビィたちが、ずっと待ち続けています。
この日のライブを目にした人たちが、その 伝説の証言者 です。



この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2019/03/19 08:33


« ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2019[冬] フォトレポート(2) #wf2019w

トップに戻る

2019年春アニメ(4-6月)が始まります。 »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


この記事をはてなブックマークに追加/編集する


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks