Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/09/12 12:39 - 2012/09/08

初音ミクBMW 2012 SUPER GT第6戦富士の観戦写真レポート(2)

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
■2012/09/03 [現地観戦に向けて出発準備 - 初音ミクBMW 2012 SUPER GT 第6戦富士]
■2012/09/04 [予選は7位と13位、でも「OK」? 初音ミクBMW SUPER GT 第6戦予選(現地更新)]
■2012/09/05 [初音ミクBMW 0号車はタイヤ無交換作戦も精一杯の8位! SUPER GT第6戦富士決勝]
■2012/09/07 [初音ミクBMW 2012 SUPER GT第6戦富士の観戦写真レポート(1)]
 
観戦レポートパート2です。SUPER GT 2012 第6戦富士スピードウェイ
で撮影した写真をいくつかピックアップしてご紹介していきます。
 

 
再び超漢特典でガレージ内に入れて頂いたときの写真から。
日曜朝の練習走行で、ドライバー交代 をした後の佐々木さん。
 

 
GSRのチームテント内に貼ってあった スタッフ用の予定表 です。
監督首脳だけの会議もあり、また、0号車メンバのみ、4号車メンバのみ、
といった打ち合わせのスケジュールも個別に取られています。
 
「BMW JAPAN様ご訪問」 みたいなものもありました。
これにはドライバー総出で出迎えるように指定されています。
 

 
練習走行の後は 「サーキットサファリ」。これは専用チケットを購入した
方々を乗せたバスがサーキット内を走り、そのすぐ横をGTカーが駆け抜ける
というものです。私はまだ一度もこのバスには乗ったことがありませんが、
ぜひ一度見てみたいですね。
 
ちなみにこれはヘアピンをピット裏側から見た構図。
バスの横を駆け抜けているのは イカ娘フェラーリ です。
 

 
海の家れもんには予選日よりも決勝日のほうが BIGイカちゃん が多くなって
きます。全て観戦者(おそらくはイカ娘フェラーリ個人スポンサー)が
持ち込んできているものですが、それぞれ工夫がしてあって面白いですね。
 

 
メインスタンド裏のブースではなぜか ハローキティ のイベント。
やっていたのはシンデレラのミュージカルでした。
サーキットレースにお子様連れで来る方も多いですが、
お子様にも喜んでもらえるようにという努力が見られます。
 

 
さて、日曜の午前はちょっといつもと違うことをしてみました。前々から
サーキットの外側を一周まるまる歩いて みたかったのです。
 

 
調べてみると、サーキットの外周を結ぶ道はだいたい 5kmくらい あります。
休みなしでガッツリ歩いても1時間以上掛かる計算です。実際には、
炎天下の中ですので何度か休憩を入れて歩いたり、写真を撮るために
立ち止まる時間などもあって、結局2時間かかって しまいました。
 

 
これはストレートから1コーナーへ向けて歩いているところ。
ちょうど ピットウォーク の開場を待つ長蛇の列に出会いました。
 

 
2コーナー裏側にはジムカーナ場があります。
この日は トヨタ「ハチロク」の試乗会 が行われていました。
 

 
コカコーラ・コーナーを裏側から。
サーキットの外周は普通の道路になっていて、サーキット自体よりは
1段低い位置を歩くようになっているところが多いです。すなわち、
外周からサーキットの 中はほとんど見えない ようになっています。
 

 
ダンロップコーナー。ここまで来るともうヘトヘトです。
サーキットの外周(とはいっても場内ですのでチケットが必要なエリアですが)
からサーキット自体が見られる場所といえばここが一番ですね。
 

 
プリウスコーナーの手前あたりにある駐車場で、猛烈に気合の入った
イカ娘の痛車 を発見しました。ポルシェ・ボクスターですよね・・凄い。
 

 
ようやくメインスタンドに戻ってきました。ちょうどピットウォークも終わって
お昼休みということで、星野一樹さん、平中克幸さんのサイン会
行われていました。チームも全く違うのに、なぜこの組み合わせなのかは謎です。
 



 
メイン展示会場に戻っていくつかクルマを撮影。
ドラクエ仕様の日産セレナ、トヨタ・ハチロクのエンジンルーム展示、
そしてGSR Project Mirai 4号車(ミクダヨー号)のレプリカ展示です。
4号車のデザインは年初の旧デザインのほうですね。
 

 
メインスタンド側から、GSR 0号車、4号車のガレージを臨むとこんな感じ。
 

 
そしていよいよレース直前、グリッドウォークです。
私はというと、相変わらず スイングバナー持ち をやらせて頂きました。
今は2台体制ですので、スイングバナーも0号車用と4号車用に
分かれていますが、私は0号車の前に立っていました。
 

 
テレビの取材 を受ける両ドライバー。予選は7番手だったのですが、
それでも毎回普通にテレビのインタビューがやってくるのが、
さすがはディフェンディング・チャンピオンといったところでしょうか。
 
ところで、場内の0号車紹介アナウンスが流れたところで
初音ミク応援シートの皆さまが一斉に声援を送ってくれたのですが、
それに合わせてわりと頑張ってグリッド上で旗を振らせていただきました。
 
で、そのグリッドウォークが終わる頃、もう一度応援シートから
初音ミクコール が起こり、それに対してもグリッド上からもう一度
スイングバナーを振って応戦させて頂きました。このあたりの
阿吽のやりとりも2年前から変わっていなくてほっこりしますね。
 

 
レース中。ドライバー交代に備える番場さんです。
スタッフの方から 氷をたくさん貰って、それをポケットに詰めていました。
これ、ポケットにそのまま入れてスーツ自体を冷やす機構なのでしょうか。。。
 
レース自体はすでに既報の通り、0号車は タイヤ無交換作戦 を敢行するも
後半は追い立てられる展開となり8位でフィニッシュ。4号車は序盤に
43号車との接触が ペナルティ を取られ、その後挽回したものの11位での
フィニッシュとなりました。
 
0号車がドライバー交代した後、タイヤが厳しい中で43号車、62号車、11号車に
次々と襲われて防戦一方になる姿は本当に見ていてツライものでした。
でも、レース後コメントにもあったとおり、いま出来ることを精一杯
出し切っての結果ということは言えそうです。
 
抜かれるたびに、GSRテント内では 悲鳴のような声 が上がっていました。
ライバル車ももちろん本気で勝ちに来ています。これもレースという
ものでしょう。私は昨年2回の観戦はいずれも快勝の日だったのですが、
今回はレースの厳しさを目の当りにしました。
 

 
ところで今回、昨年までと大きく変わったなと思ったのは、
GSRテントの中の雰囲気、具体的にはチームにっとての 「お客様」が
非常に多岐に渡る ようになった、という点です。何かというと、
要するにチャンピオンチームになったことも一因だと思うのですが、
企業スポンサー関係の招待者の方々 が非常に多くいらっしゃるようなのですね。
 
2010年頃はチームスタッフ以外にテント内に居るのは超漢スポンサーくらい、
という感じだったのですが、いまはそういう招待者の方々が入れ代わり立ち代わり
いらっしゃって、一体 誰が何の関係で招待されて いる人なのかがさっぱりわからない
という感じになっています。(スポンサーといっても、たとえばドライバーの
スポンサー関係の方とかもいらっしゃいますので、本当にごった煮状態です)
 
今やGSR初音ミクBMWチームは、それだけ多くの人を巻き込んだ一大プロジェクト
になっているということでもあります。もちろん、個人スポンサーもその中の
1つの大きな原動力になっていることは間違いありません。
 

 
余談ですが、レース後に Studie代表のBOB鈴木さん が、私のところに来て、
 
「このパソコン、ネットつながってますかねー!?
 ポイントがどうなったかをちょっと急いで調べたいんすが!」
 
とやってきました。(ちなみに私はGSRスタッフの方々の中では
鈴木さんと一番よくお話するのです)
 
レース後のポイントというのはまだどこにも掲示されていませんので、
私のPCでまずレース前までのポイントを調べ、それに今日の結果得られた
ポイントを紙の上で加算していきます。一通り調べおわると、
「あーりがとうございますっ!」 といつもの口調で言われると、
慌ててガレージのほうに戻っていきました。スタッフミーティングとか
インタビュー材料とかに使うのでしょうか。。
 


 
最後は個スポ配布用の 缶バッジ と、こちらもおなじみ超漢特典の サイン色紙
を頂いて帰りました。というのも、今年は レース後報告会 がGTAからの指摘を
受けて無くなってしまったということで、レース後はわりとチームテントも
撤収が早い のですね。スタッフの皆さま本当にお世話になりました。
そして現地観戦のファンの皆さまも炎天下の中本当にお疲れさまでした。
 
トータルでは悔しい結果となりましたが、まだチャンピオンが絶対無理と
決まったワケではありません。次戦のオートポリスは得意コースでもありますし、
谷口さんのおっしゃるとおり、まず 「一矢報いて」、最終戦まで望みをつないで
くれたらと願っています。
 
私は超漢コースのほかに、漢前コースにも1口入っていますので、最終戦の
ツインリンクもてぎ も、おそらくサーキットに赴くことになりそうです。
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクBMWプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2012/09/12 12:39


« 初音ミクBMW 2012 SUPER GT第6戦富士の観戦写真レポート(1)

トップに戻る

nasne(ナスネ)のHDDトラブルの原因は「一部物質の気化」?! 稼働中のモノは・・ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks