Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2003/12/05 16:02 - 2003/12/05

記事と広告をワザと曖昧にしてるでしょ!?

カテゴリ : 雑談 タグ :

    私はImpress、ZDNet、日経などのPC系ニュースサイトを好んで読んでいます。
    そんな中で自然とお気に入りの記者が出来てしまうもので、
    私が最近お気に入りなのは、小寺信良さん(フリー?)、
    小林雅一さん(日経)、David Courseyさん(ZDNet/USA)の3人。
    いずれも内容の信頼度を保ちつつ切り口が斬新なテーマを取り上げる方で、
    読んでいて非常に楽しい文章を書かれます。

    さて、話はちょっと変わり、ImpressのPC Watchの記事の中に、最近、タイアップという
    名の製品広告記事が紛れ込むようになりました。以前から「記事風広告」は雑誌などでも
    伝統的な手法で使われてきましたが、法律なのか業界の自主規制なのか、
    そういう記事風広告には必ず「広告記事」「PR」などの文字を入れなければならない
    という暗黙のルールが敷かれているのは、ご存知の通りです。

    PC Watchでも記事の中に「PR」と書かれた枠があり、ここには広告が載っています。
    しかしここ1年くらい、その「PR」枠とは違う、一般記事indexの中に紛れ込ませる形で
    タイアップ記事を載せているのが目に付きます。これはやっぱりいただけません。
    「PR」などの文字がないので、記事かと思ってクリックしてみると、有名記者の製品
    レビューなどが出てきます。しかし、それが何故か「褒めちぎり」!
    おかしいなと思ってURLを確認してみると、http://ad.impress.co.jp/tie-up/.....
    「ad」とは勿論advertisementのことでしょう。ページを一番下まで辿ってみると、
    ようやく、[PR]企画・製作 インプレスウォッチカンパニー 営業部編成課
    という文字を見つけることができます。

    最初にお気に入りの記者の名前を挙げたのも、実はそのお気に入りの小寺信良さんが
    やはりこの「だまし討ち広告」とも言える記事の仕事に参加していることが残念だと
    感じたことに端を発します。PR記事は「PR」とハッキリ明記しておけば、PR記事を
    書くこと自体は立派なオシゴトだと思っていますが、そこはやはりケジメが必要で、
    PR記事であることを隠そうとしながらPR記事を書くのは、記事に対する信頼を失わせる
    結果を招くでしょう。勿論私の不満は記者本人ではなく、紙面構成に対する不満です。

    「PR記事にはPRと、小さくでもハッキリ判るように書く」

    たったそれだけで、私たちはニュースに対する不信感を和らげることができるのです。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2003/12/05 16:02


    « 他事業者からすれば文句の1つも言いたくなるかも・・・

    トップに戻る

    ユーザビリティの確保と権利保護のジレンマ »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks