Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2018/08/08 13:38 - 2018/08/08

2018夏アニメ4話残留率 - スポーツの夏「はるかなレシーブ」「はねバド!」に割って入る「あそびあそばせ」


アニメレーダー が贈る「アニメ・データ研究室(ラボ)」のお時間です。
7月から始まった2018年夏アニメも3分の1が終わろうとしています。
皆さま最後まで見続けるアニメがもう定まってきた頃でしょうか。
 
ここでは毎回恒例「掘り出し物市」的な残留率ランキング、
 
 視聴者は3話まででどれたけ「脱落」するのか
 
という視点からデータを見てみることにします。(-人-)~~ 南無南無
 
はるかなレシーブ 2話 「私を信じて」 アニメ実況まとめ

 
 
集計方法は 前回 までと同じですので詳細はそちらをご参照ください。
春アニメは「ヒナまつり」「メガロボクス」「こみっくがーるず」が上位でした。
 
 
では、実況ユーザ数ベースで見た「残留率」上位を見ていきましょう。
 

 
下記の通り、フラグ付けを実施して分かりやすくしています。
 [短]・・・ショートアニメ(5,10,15分)(短編)
 [続]・・・2期以降のシリーズものアニメ(続編)
 [連]・・・2クールのシリーズの2クール目のアニメ(連続)
 
3クール以上連続で続くアニメ(通年もの)を[通]としていましたが、
基本的に「通年もの」の領域に入ったアニメは集計対象から外して
いますのでご容赦ください。また残留率のランキングに於いては、
[短][続][連]いずれのフラグが付いた作品も対象外とし、
続編ではない 新作フル作品 のみを対象といたしますので
その旨ご容赦ください。続編モノは予め見る/見ないを決めている人が多く
残留率が高く出やすくなってしまうため、比較に適さない為です。
 
 
 
それでは上位から順に見ていきましょう。
夏アニメの残留率トップを記録したのはこちら、、
 

 
「はるかなレシーブ」 です。4話残留率は 「80%」 で唯一80%台
に届きました。沖縄に転校してきた長身少女はるかと、背の低さに悩んで
選手を辞めてしまっていたかなたの2人が織り成すビーチバレー青春ストーリー。
パッと見てゆるい感じかと思いきやしっかりとした熱いスポーツもので、
ちょっと咲-saki-を思い出しますね(それスポーツじゃない)。
無類のナイスバディのはるかちゃんももちろん魅力的ですが、
個人的にはクレア&エミリの「エクレアコンビ」がツボです。
 
はるかなレシーブ 5話 「アンタの心が折れるまで」 アニメ実況まとめ

 
 
続いて第2位はこちら、「あそびあそばせ」
 

 
4話残留率はトップに迫る 「79%」。ですが、5話以降の動きを見てみると
他の上位作品がまだじわじわ下がる中いちばん持ちこたえているのが
この「あそびあそばせ」だったりします。あらすじ的なことはもう何を
説明してよいやら・・というハイブロウなシュールギャグの応酬。
というか原作からして 表紙詐欺、アニメはそれを上回る OP詐欺
OPだけ小綺麗にしやがってあのEDは何だ!w 顔芸大会かとおもいきや
とにかく会話テンポが良くて妙なクセになる作品です。それからどしたの。
 
あそびあそばせ 1話 「等価交換/チープなスリル/遊び人/優しい変態」 アニメ実況まとめ

 
 
そして第3位は、「はねバド!」
 

 
4話残留率は 「78%」 とこちらも高スコア。こちらはとことんハードな
スポ根ものといった感じで、緊張感溢れる展開がウリのバドミントン部活モノ。
私は原作未読なのですがアニメだと主人公のあやのの掘り下げはまだ緩やかで
むしろ周りの面々、特に敵キャラの濃さに惹かれます。
3Dを含むCGを駆使した構図や動きの数々、ロトスコープ的に作られた選手の
プレイシーンが「バド」の迫真の動きをこれでもかと表現しています。
 
そういえば「はねバド!」は背が高いのを気にするキャラ、「はるかなレシーブ」は
背が低いのを気にするキャラにフォーカスが当たっているのが面白いですね。
 
はねバド! 1話 「スッゴい才能!」 アニメ実況まとめ

 
 
以下、4位「はたらく細胞」 76%、5位「ハイスコアガール」 74% と、
ここまで5作品が70%を超えました。前期より2作品増えた格好になります。
 


 
 
一方、4話残留率が厳しい数字になっているのはこちら。
「殺戮の天使」 が30%でした。果たして巻き返すことができるでしょうか。
 

 
 
 
さて、ここまでは純粋に1話との比較としての4話残留「率」を見てきましたが、
これに実況ユーザの「絶対数」を加味した マッピング を見てみましょう。
縦軸が実況ユーザ数(4話時点)、横軸が4話残留率です。
 

 
・縦軸=実況ユーザ数:
 (注意点)放送枠が良い枠のほうが基本的にはユーザ数は多くなることに注意。
・横軸=残留率:
 (注意点)放送前の期待度が低いほど後から伸びやすくなることに注意。
 
という性質があることにご注意ください。単純に数字だけを比べて
「70と80なら80の勝ち」のように簡単に考えることはできません。
ただ、あまりにも高い場合は素直に好調であると見てよいでしょうし、
あまりにも低い場合はやはり苦しい状況が透けて見えるということになりますので、
そうした 大まかな兆候 をつかむ為のものと考えるのが良いでしょう。
 
なんといっても注目は絶対数で圧倒している 「はたらく細胞」 です。
今期1,000人オーバーの領域に入ってきているのはこの1作品のみ。
それでいて4話残留率も非常に高い数値(4位/76%)を示しているばかりか、
5話以降の傾向を見ていても「あそびあそばせ」に次ぐ維持率を示して
いるのがこの「はたらく細胞」です。
 
あなたの身体の中で起こっている細胞たち(赤血球、白血球、、etc.)の
たたかいの様子をコミカルに描く、Eテレでも通用しそうな作風、しかし
ネットの海では 血小板ちゃん のファンアートでいっぱいだ!あのね、あのね。
 
はたらく細胞 1話 「肺炎球菌」 アニメ実況まとめ

 
 
もう1つピックアップしたいのが 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」
 

 
TBSアニメは深夜帯ということもあってリアルタイム実況数を測る残留率は
厳しいことが多いのですが、6位/61% と善戦を続けています。
「舞台少女」としてトップスタァを目指して戦う少女達の物語、
古川知宏監督は幾原邦彦さんの下で「輪るピングドラム」や「ユリ熊嵐」
を手がけた方でもあり、あの少女マンガ風というか宝塚チックというか
クドいくらいの濃い演出が大好物な方にはたまらない世界を作り出しています。
でも一番の見どころはやっぱり This is 天堂真矢、ですね、わぁかります。
 
少女☆歌劇 レヴュースタァライト 2話 「運命の舞台」 アニメ実況まとめ

 
 
いかがでしたでしょうか? あくまで「特定の条件での数字」を
並べてみただけですが、色々と見えてくるものはありそうです。
 
(※なお念のためですが、ここで挙げられた数字の大小は、あくまで特定の
 条件に於いて計測された数字を示しているだけであり、それ以上の意味を
 持たない ことにご注意ください。この数字は「ディスク商品が売れる数」とも、
 「10年後に語り継がれる頻度」とも、何ら相関するものではありません。)
 
私は今期は「はたらく細胞」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」が
お気に入り、あと「BANANA FISH」は原作ファンにとっても納得の
現代風リメイクで凄く楽しいのですが、残留率はちょっと厳しめですね・・。
続編ものでは「ヤマノススメ サードシーズン」いちおしです。
 
皆さまもご自身のお気に入りを見つけてたっぷりとアニメを楽しんでください。
アニメレーダーのデータ研究室(ラボ)からお届けしました(`・ω・´)ゞ
 

この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2018/08/08 13:38


« GSR初音ミクAMG待望の今期初表彰台2位ゲット! SUPER GT第5戦 灼熱の夏富士決勝

トップに戻る

伊賀流忍者萌えキャラクター「伊賀嵐マイ」伊賀市PRムービー完成! 「デジ埋」ロゴも。 #伊賀嵐マイ »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

No.79688   投稿者 : 匿名   2018年8月11日 03:48

有用なブログなのになぜコメントがない…
画像データだけよそのブログに取られてるし


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


この記事をはてなブックマークに追加/編集する


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks