Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/11/03 11:06 - 2011/10/28

BUFFALOとIOがHDD製品を同時値上げ!タイ大洪水の被害がHDD市場に残す爪痕

カテゴリ : デジモノ タグ :

    ■【PC Watch】 バッファロー、タイ洪水被害によりHDD製品を値上げ ~1TBで約5,000円、2TBで約7,000円
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111102_488151.html
    ■【PC Watch】 アイ・オー、部材調達困難でHDD製品をリニューアルして値上げ ~3TBモデルは最大約2倍
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111102_488121.html
     
    巷で既報のとおり タイの大洪水 の影響によってHDDの供給に大ダメージが
    出ています。そこで BUFFALO は既存のHDD製品のラインナップの値上げを
    発表しました。奇しくも同日、なんと偶然なことか、ライバルの IO-DATA
    HDD製品のラインナップの値上げを発表しています。
     

     
    示し合わすように ニュース記事が並ぶのもどうかと思いますが・・(汗

     
    そうはいっても非常事態のことですので、「値上げって先に言ったほうが負け」
    的な チキンレース を繰り返すのが健全かというとそれも疑問符が付きますので、
    致し方ないところなのかもしれません。
     
    実際、メインの部品であるHDDドライブの仕入れ値が跳ね上がって
    いるであろう現状では、どうあっても値上げは避けられないでしょう。
    上記2社の製品価格も、どの製品もいきなり5,000~7,000円といったレベルの
    値上げで、ベース価格からいっても 平気で1.5倍くらい になっています。
     
    ■【PC Watch】 メルコ、第2四半期の業績はほぼ横ばいで推移 ~タイ洪水によるHDD市場への影響も言及
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111101_487839.html
    被害を受けたのは既報の通りWestern Digital(以下WD)ではあるが、WDのHDDのうちおよそ6割がこのタイの工場で生産している。WD自体は世界におけるHDD市場のおよそ3割のシェアを持っているので、換算すると市場のうち16~17%に相当する台数を生産できなくなっている。現在WDは残りの工場で増産する方針だが、洪水被害以降WDは現在もなおHDDを一切出荷していないという。
    今回の大洪水で被害を受けたのは Western Digital の工場で、全出荷台数の6割を
    生産しているタイの工場では現在も生産活動ができていないとのことです。
    ほかにはマレーシアの工場があるそうですが、増産するといっても急に増産して
    どうこうできるレベルの量は超えています。概算で 世界市場の6分の1 の生産が
    止まるという影響は計り知れないものがあります。
     
    ちなみに Seagate、日立 のHDDには一見いまのところ大きな被害は無いように
    見えますが、実はSeagateもHITACHIもタイに工場を持っています。
    タイはいまはHDD生産世界第2位のHDD製造立国(?)なのですね。
     
    ■東芝は10工場が停止し代替生産開始、日立はHDD減産
    http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819499E2E0E2E1EA8DE2E0E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E7E2E6E0E2E3E2E2E0E2E0
     
    忘れていた(すみません) 小型HDDの雄、東芝 のHDDは、実はタイ工場がすべて
    浸水して操業を停止。フィリピンの工場での代替生産を開始しています。
     
    日立も他の家電の工場には被害が出ていますが、HDDの工場に限っていえば
    いまのところ運よく被害がないとのこと。Seagateもタイ工場がありますが、
    こちらも被害は見られていないとのことです。
     
    ただし、タイでは 交通網などの混乱 が続いており、たとえ工場が動かせたと
    しても、出荷コストやスケジュールには大きな影響が出てくることは
    間違いありません。
     
    そして当然ながら、価格は需給バランスによって左右されますので、
     
    「WDは値上がり品薄だけど、Seagateと日立は大丈夫だよね?」
     
    みたいな話にはなりません。WDのHDDが市場から姿を消すと同時に、
    穴埋めとして Seagateと日立のHDDが奪い合いになって価格が急騰します。
    そのSeagateと日立も交通網その他の周辺被害はゼロではありませんから、
    いろいろ説明を省くと 「もう、わやくちゃ」 なのであります(投げやり)。
     
    PC自作パーツ としてのHDDベアドライブについて言えば、事態はもっと深刻です。
    そもそもHDDドライブの大量生産はあくまでメーカPCや家電組み込み用として
    為されているものであり、あの手のベアドライブパーツは、その中でいわば
    「おこぼれ」的な在庫をかき集めてきて販売するという仕組みになっています。
     
    今回のHDDの品薄ショックではメーカによる本気の争奪戦が始まります。
    PCも含めてHDDを 「組み込み用」 としているところは、アキバのPCパーツ
    ショップはもとより、上述のBUFFALOやIO-DATAのような「HDDとガワ」の
    製品を売っているだけのケースとは根本的に考え方が違います。
     
    HDD+αを売る商売では、最悪その製品ラインナップが販売できない、で
    話は終わるのですが(それでも十分痛いですが)、最終製品(PCなど)の
    組み込みの部品としてHDDを調達している場合は、
     
     HDDが足りないばかりに、他の高価な部品も全部眠らせて
     
    しまうことになります。メーカPCの工場でいえば、当面数ヶ月のCPUとか
    メモリとかマザボとか各種部品は当初の 生産計画通りの量 が目の前に詰まれて
    しまうわけで、これを、言い方は悪いですが「たった1つの部品(HDD)だけの
    所為で出荷できないなんて」という話になるワケです。
     
    こうした価格の高い最終製品を作るメーカは、アキバのPCショップなどでは
    到底出せないような価格をHDDに付けても、製品全体のコストには何とか
    織り込む ことができます。そうしたメーカ同士の争奪戦に挟まれれば、
    PCショップは当面「手の出しようがない」状況が生まれてきます。
     
    表現としては若干大げさですが、アキバのPCショップのHDDベアドライブの
    価格が いきなり2倍に高騰 したりしているのは、こうした構図がすでに
    現実のものとして浮かび上がっているからだと見ることができそうです。
     

     
    私も自宅サーバを運用していた頃は数多のHDDベアドライブを焦がしたりして
    きましたが(誇張あり)、いまは幸運にもVPS移行後のため、HDDに悩まされる機会も
    少なくなりました。PCパーツとしてのHDD購入は当面見送りになりそうです(´ω`)

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2011/11/03 11:06


    « あまとも通信 - パナザクこと「HX-DC1」がさらに値下がり

    トップに戻る

    広角24mmからの光学16倍ズーム、サイバーショット「HX9V」の使い心地は良好 »



    ▼ コメント ▼

    No.31305   投稿者 : 匿名   2011年11月 3日 17:57

    HDDが値上がりした場合SSDの時代がやってくるんでしょうかね?
    メーカー製ノートパソコンのこれからのラインナップ期待


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks