LAN&USBハイブリッド! IO-DATA「HDL2-S2.0」にはUSB miniBコネクタ搭載

2010/06/02

■【清水理史の「イニシャルB」】 USB機器の共有にも対応した多機能NAS
アイ・オー・データ機器「HDL2-S2.0」 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20100601_371289.html
 
IO-DATAのHDD 2基搭載NAS 「HDL2-S2.0」 についてのレビュー
記事がありました。スパンニングとRAID-1のみ対応、Gigabit Ethernet
搭載でDLNAサーバ、iTunesサーバ対応。モノとしてはごく一般的な
NASという感じで最初はあまり気にしていなかったのですが、
よくよく見ると1つのポイントが目に付きました。
 
そこで、本製品ではLANでも、USBでも使えるハイブリッド仕様となっている。本体背面には、電源、LAN(10BASE-T/100BASE- TX/1000BASE-T)、USB(機器接続用)、miniUSBの各ポートが搭載されており、このうちのminiUSBを利用してPCに接続して電源をオンにするとUSB HDDとして動作させることができる。
 もちろん、そのままUSB HDDとして本製品を利用することもできるうえ、HDDに格納されているユーティリティを利用して本体をLAN接続で利用するための設定を行うこともできる。

NASなのにUSBで直接PCに接続してマスストレージとしても使えるとのこと。
IO-DATAではこれを 「LAN&USBハイブリッド」 と呼んでいます。
 
何となく2基搭載HDDボックスというと、USB接続のが安いやつで、
NAS機能が付くと高価だよね、という印象があるせいか、
NASのものにUSB接続機能が付いているのって別に当たり前じゃないの?
という錯覚に陥ってしまうのですが、実際のところこうしたNAS製品で
PCからのUSB接続で子機側になれる製品というのは、ほとんどお目に
かかることがありません。
 
少なくともBUFFALOやCoregaのNASのラインナップを見てみたところ、
こうした機能を持っている製品は見当たりませんでした。気になる方は
スペックを調べてみて、USBの 「Bコネクタ」 を持った機種があるかどうか
チェックしてみると分かると思います。USBって一見「何でもコネクタ」みたいな
感じがあるのですが、実際には厳密に「方向性」があって、子機側は必ずBコネクタ
である必要があります。大抵のNASに搭載されているUSBコネクタは
「Aコネクタ(親機側)」、すなわちNASに子機としてのHDDやUSBメモリ、
あるいはプリンタなどをぶら下げて増設するためのコネクタです。
 
USBでPCに接続して中身を見られるというのもさることながら、
初期セットアップ時 にUSBで繋げて、中に入っているユーティリティで
ネットワーク設定をセットアップできる、というのはちょっと惹かれます。
 
NASや無線LAN-APなどの初期セットアップで良くありがちなのが、
機器自体に Web管理画面 が備わっているのに、ネットワーク設定が
できていないからLAN上から直接見ることができなくて、最初の1回だけ
専用ユーティリティ のお世話になる(しかもそれがCD-ROMインストール)
といったケースが、あれがひどく面倒くさいのです。
 
最近は私もEye-Fi用として宅内LANでも DHCPサーバ をONにしていますので、
モノによってはそれで自動的にIPアドレスが取れて繋がることもあるのですが、
それでも自動的に割り振られるIPは「何番?」状態になって色々手間取ります。
初期セットアップだけPC直繋ぎでできるというのは、初心者にも安心でしょう。
 
ただし、よくよく調べてみると、
 
■アイ・オー、DLNA 1.5やRAID対応の新型NAS「HDL2-Sシリーズ」 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100324_356425.html
このほか、PCとUSBケーブルで接続して本体をUSBストレージ(NTFS形式)として利用できるモードも用意。ただし、Windows XP環境では利用できない。また、Mac OS X 10.5以降の環境では読み込みのみ利用できる。USB関連ではこのほか、Windws 7/Vista環境において、PCと本体をUSB接続してネットワーク設定を完了できる「Easy Setup」機能も備える。
この機能は Windows 7 または Windows Vista でしか機能せず、
Windows XP では使えない そうです orz 微妙に詰めが甘い・・・。
 
というのも、どうも Windows XP ではそもそも NTFSのUSBマスストレージ
というのは認識できないそうで、これが正式サポートになったのはVista
からなのだというのがその理由のようです。残念ではありますが、
最初から Windows Vista、Windows 7 を使っている方にとっては
特に気にすることなく恩恵を受けることができるでしょう。
 
このNASなのにUSB-Bコネクタを持つというやり方は、もしかしたら
今後他社製品でも追随するところがあるかもしれませんね。


2010/06/02 [updated : 2010/06/02 23:59]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 格安5,000円!? テックのHDMI 2分配器「THDSP12」が登場

トップに戻る

あまとも通信 - 瞬殺のラブプラス+DSiLL同梱デラックス版をチェック »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

Donca 2010/06/05
✔ LAN&USBハイブリッド! IO-DATA「HDL2-S2.0」にはUSB miniBコネクタ搭載
はてなブックマークで
コメントしましょう


VTuberの真似事をしてみたい!「VRoid Studio」「Luppet」「Animaze by FaceRig」「OBS Studio」「Leap Motion」「Webcam VTuber」「Kaleidoface 3D」を試す。


Google Pixel6 Pro ファーストインプレッション - 光学4倍レンズは魅力、サイズ/重量を許容できるか?


データコピーに「丸4日」。QNAP TS-253D と 14TB HDD×2基で宅内NASを一新する。


宅内小型サーバPCが故障!代替機はCDケースサイズの GM-JAPAN GLM-MN3350


【動画あり】CO2モニター実録比較、信頼できる機種と、まともに測れていない機種と、、、


届いたばかりの Pixel5 ファーストインプレッション、Pixel3からの移行で戸惑いの連続


OMRONのUPS「BN50S」のバッテリ交換をしました。


iPhone SE 第2世代の初期セットアップ続き、液晶保護フィルムとストラップホール付きケースを装着していきます


iPhone SE 第2世代を購入しました。iPhone6からの移行もスムースです。


退役のノートPCたち、VAIO、VersaProなど


USB切替器を使ってNEC 98キーボードを複数PCで使い分ける


Ryzen 7 3700X ベースでデスクトップPCの心臓部を入れ替え。Core i7-4790K (Devil's Canyon) の2.4倍のパフォーマンス

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks