Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/09/28 01:04 - 2015/09/28

今日もForza6で痛車デザインを駆る喜び - 野良でクリーンなレースはなかなか難しいが・・

カテゴリ : ゲーム タグ :


 
Forza6 アルティメット版ユーザへのアーリーアクセス開始から2週間以上、
正式な発売日からも1週間以上が経ちました。Forza好きの皆さまはすでに
満喫し切っていることと思いますがいかがお過ごしでしょうか。
 
私も延々とオン対戦レースを走りまくっております。
Forzaシリーズの 脳汁ドバドバ出る 感覚は他ではなかなか味わえません。

 
Forza6が近代ゲームの最高峰のレースゲームの1つであることには
異論はないと思うのですが、その中でも私がForza2以来8年以上も
ずっとForzaシリーズを愛して止まない大きな理由の1つに、
やはり ペイントデザイン が挙げられます。

お気に入りのキャラの痛車で走りたい云々もありますが、それよりもまず、
 
 サーキットを駆け抜ける車が「無地」だと寂しい
 
という気が何となくするのですね。昨今では現実のアマチュアスポーツの
レースでも自車のカラーリングをカッコよくデザインしているケースのほうが
圧倒的に多くなっています。やっぱりサーキットを駆け抜けるクルマは
公道を走る車とは違って、無地ではないほうがイイなと個人的には思います。
 
一般車を 無地でないデザイン でバリバリ走れるのがForzaの魅力です。
もちろん、信じられないようなハイクオリティの痛車デザインも満載です。
本当に痛車職人の皆さまには感謝感謝です m(_ _)m
 
ここではForza2時代からずっとForzaの痛車デザインの凄さについては
語ってきていますが、ご存じない方のために、Forza6のデザインが
どうやって作られているか という動画の例を1つ。

これだけの絵が、実は数百~数千枚の 「単純図形の重ね合わせ」
なのです。この仕組みは8年前のForza2から基本的に変わっていませんが、
本当にいまだに信じられませんね・・・。
 
 

 
さて、私のステータスは現在ドライバーレベルLv62、キャリアレースの数は
ほぼ0レースで、レースの全てがオンライン対戦レースで180戦くらい。
獲得賞金額が500万CRくらい になっています。元々Forza3,4でガレージ満車に
したプライズで貰った1,000万CRがあって合わせて1,500万CRくらいになったのですが、
痛車をすでに150台近く 買った結果、残金は500万CRくらいになっています。
 
痛車デザインがこんなにたくさん溢れているのは、Forza5からのデザインデータの
引き継ぎができるためです。よりどりみどりという感じで楽しさ倍増です。
 

 
しかし、相変わらず デザインの検索 はForza5で劣化したままForza6も変わり
ませんでした。デザインの新作順で検索することができず、まずクルマを
選んでから、そのクルマ用のデザインを探す、ということしかできませんので、
マイナーな車種で超絶デザイン が出現したとしても、外部の掲示版や
twitter等で告知されない限りは一生気づきようがありません。。。
これは本当に何とかしてもらいたいものです(´・ω・`)
 
■2015/09/05 [「前後距離」表示が復活! Forza6体験版をプレイ。アクアプレーン怖い・・・。]
その他の点については、1.の日本のコース収録の件については、
Forza6でもすでに×が確定しています。2. デザイン検索、3. 部屋建て、
5. リプレイ保存数、6. レース後の演出時間、7. オンラインのラグ調整、
8. 眩しすぎるコース、についてはまだ不明ですので、本番でのお楽しみ です。

ということで、いくつかForz5時点での不満が解決したかどうか、という宿題が
あった件ですが、まず2.のデザイン検索については未解決でした。
 
それ以外の件はどうかというと、
 
×1. 日本のコースが全滅したこと
×2. デザインの共有について、全体検索ができなくなった
×3. オープンなレース部屋立てができなくなった
○4. 車間距離表示 が無くなって他車の位置が把握できなくなった
×5. リプレイが最大10個 までしか保存できなくなった
○6. レース後の演出(たぶんロード時間)が異常に長くなった
○7. オンラインレースで急に止まってから早送りになるような異常ラグが出る
△8. コース路面がまぶしすぎて推奨ラインすら視認できないことがある
 
(○がForza6で解決、×はForza6でも未解決)
 
という感じで、、、4. 車間距離表示の復活は素直に嬉しいです。
7.のような変なラグ調整ロジックもForza6ではほとんど無くなりました。
6.レース後の演出や8.コースの眩しさは多少緩和された気がしますが、
残る2点、
 
 3.オープン部屋立てができない
 5. リプレイが10個しか保存できない
 
は依然として未解決のままです。2.のデザイン検索の件と合わせて、
本当に何とかしてほしいところであります。
 
特にオープン部屋立てができないという問題は、クリーンなレースを
楽しむうえで非常に高いハードルになります。Forza6でもForza5と同様、
ユーザ自身で対戦部屋を作れるのは プライベート部屋 だけで、
Forza4以前のようにオープンな部屋を誰でも立てるようなことはできない
仕様になっています。しかし、海外勢を含めた自動マッチングでは
クリーンなレースはなかなか望めません。(理由は後述)
 

 
一方で、Forza4時代は俗に 「JP部屋」 と呼ばれるオープン部屋が夜な夜な
立てられており、そこでクリーンなレースが繰り広げられていました。
この差は「日本人が」「外国人が」といった問題ではなく、おそらくは
全年齢にXBOXがまんべんなく売れている海外と、XBOXをマニア層しか
買っていない日本という、購買層の違いがあるのだと思われます。
 
必然的に 年齢層の高いマニア層 しかXBOXを買っていない日本人同士では、
とりあえず目茶苦茶にクラッシュさせて喜ぶとか、他人の邪魔だけして
追いつかなくなったらすぐリセットするとか、そういう人が少ないぶんだけ
クリーンな対戦が楽しめた、ということですね。
 
しかし、Forza5、Forza6でオープン部屋の仕組みをやめたところを見ると、
Microsoftの方針としては、見方を変えれば 「ムラ」っぽい塊 になるような
ものをあまり望んではいないようです。たしかにマニアがマニア同士でだけ
固まってしまうと広がりが阻害されてしまうというのは一理あるのですが、
 


 
今回Forza5からForza6になって、自動マッチ部屋(通称「野良部屋」)で
クリーンなレースができる機会はさらに減っている印象があります。
というのも、
 
 ・最大参加台数が16台→24台になった
 ・雨のレース、夜のレースが加わった
 
という「楽しみを増やす」点が、同時に 「カオス度を増す点」 としても
作用してしまうからであります。
 
24台で雨のレースがスタートする
 → 1台がスタート直後にスベる
  → 20台くらい巻き込んで多重クラッシュする
 
みたいな感じが70~80%なのですね・・。
1人が事故を引き起こしてしまうとレース全体が壊れる、という具合ですので、
台数が多ければトータルでの事故発生率は当然高まります。
 

 
じゃあフレンド交流をガッチリ密にしてお互い誘い合ってプライベート部屋を
充実させていけばいいじゃない、と言われるとそれまでなのですが、、、
社会人にとってはそれはなかなか難しいのですよね('A`)
 
ちょっと走りたいときに前準備なくフラッと参加できるのが良いのであって、
いまの野良部屋やForza4時代のJP部屋のように 入退室に何の気兼ねもない
仕組みのほうが気分は楽だったりします。
 
そんなワケで、頑張って野良部屋で今日も戦いますが、本当にばっちり
クリーンなレースができるのは数レースに1度くらいでしょうか・・・。
でも腕前の似通った人とたまたまサイドバイサイドができた時などは
やっぱり脳汁MAXな気分が味わえます。何といってもForzaシリーズの
「レースの緊張感」 の味わいは天下一品です。
 
いろいろありますが、やっぱりForzaは楽しいです。
今日も今日とてForzaの世界を味わい尽くしていきます( ・∀・)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2015/09/28 01:04


« ZenPad S8.0 32GB版を購入 - Androidでは貴重な縦横比4:3の高品質タブレット

トップに戻る

2015年秋アニメ(10-12月) が始まります。 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks