Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/05/25 23:59 - 2009/05/25

3基のHDDをRAID-5からRAID-0へ、Promise NS4300N のRAID構成変更

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2009/05/22 [メインNASを RAID-5 から RAID-1 へ移行、Thecus N2100再び]
進んでいなかったNAS整理を進めて、そこであまったHDDを一時作業用のHDDにまわそうかと考え付きました。
(中略)
これが完了したら NS4300N のほうは思い切って RAID-0 化して、1.5TBの一時作業領域として復活させる予定です。

ということで、1スロットが壊れて500GB×3基で1TBのRAID-5を
組んでいた Promise NS4300N から、1TB×2基で1TBのRAID-1を
組んでいる Thecus N2100 へのデータ移行が完了しました。
520GB程度あったデータのコピーにはGigabit Ethernet経由で、
 
 本当に24時間以上掛かったという、
 
これはこれで一大イベントといった感じの作業です。
 
さて、これでNS4300Nのほうは手が空いた状態になったワケで、
上述したとおり前々からちょっと試してみたかった RAID-0化
試してみることにしました。
 
私は、データとは確実に保存してナンボだと思っていますので
そもそもRAIDをするにしてもRAID-0は選択肢にすら入れたことが
なかったのですが、エンコード素材用の 一時保管場所 という扱い
であればそういう選択もアリといえるでしょう。
 
では、実際にNS4300NのRAID-5を一度解消して、RAID-0でリビルド
してみます。いくら別のNASにデータが移し終わっているとはいえ、
大量のデータを含むHDDを初期化するのは凄くドキドキするものです。
 

 
スロット1が死んで いますのでスロット2、3、4の3本でRAID-0を組みます。
 

 
完了するとこんな感じ。既にフォーマット済みの扱いになっているからか、
構築時間は非常に短く、数分で完了しました。総容量はRAID-5のときと違い、
RAID-0はまるまる 3本の合計の1.5TB が使用できます。
( 1397 GB = 1,500,017,328,128 bytes)
 
RAID-5のときとどう違うのか、ベンチマーク をしてみます。
ベンチマークソフトは例によって CrystalDiskMark 2.2 です。


NS4300N
RAID-0
(500GBx3)
NS4300N
RAID-5
(500GBx3)
Sequential Read28.70825.827
Sequential Write21.86415.188
Random Read 512KB23.41619.726
Random Write 512KB22.67014.942
Random Read 4KB2.8152.009
Random Write 4KB5.7641.497
(単位はMB/s)

NASということでGigabit Ethernetハブ経由でのアクセスのため、
大した違いは出ないかと思っていたのですが、こうしてみると随分違います。
書き込み速度は3本で3倍とまではいきませんが、1.5倍 くらい高速です。


NS4300N
RAID-0
(500GBx3)
NS4300N
RAID-5
(500GBx3)
N2100
RAID-1
(1TBx2)
USB-HDD
500GB
SATA HDD
320GB
Sequential Read28.70825.82742.57934.15070.535
Sequential Write21.86415.18817.98430.11065.495
Random Read 512KB23.41619.72642.70826.01932.768
Random Write 512KB22.67014.94215.58530.39833.442
Random Read 4KB2.8152.0095.0980.7310.468
Random Write 4KB5.7641.4973.4852.2820.957
(単位はMB/s)

他のHDDとも比べてみました。さすがにSATA直つなぎのローカルHDDや、
USB2.0接続のHDDに比べるとツライものがありますが、それでもRAID-0にすることで
これだけパフォーマンスが上がるんだなあというのを実感できます。
 
ただし リスクは格段に上がります のでご注意ください。
1本1本使っているときには、1本(500GB)飛んでも残りの2本(1TB)は無事だったのが、
3本でRAID-0を組んでしまうと、そのうち1本が飛ぶだけで全てのデータが消失します。
やはりあくまで「一時データ置き場」として使うのが良いということになるでしょう。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/05/25 23:59


« Forza2 発売2周年! 動画で振り返るペイント&レース、そしてForza3のウワサは?

トップに戻る

オトメディウスGの『カンスト』に吉崎観音先生がイラストメッセージ! »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks