残暑の1000km決戦! 初音ミクAMG参戦のSUPER GT第6戦鈴鹿に向かいます。

2016/08/27


 
3週間前にSUPER GT第5戦富士に行ってきたばかりですが、今年は
第6戦鈴鹿 にも足を運びます。8/27~8/28は鈴鹿1000km決戦です!(`・ω・´)g

 

 
鈴鹿に赴くのは3年ぶり、SUPER GTの観戦としてはその3年前以来2度目
となります。東京に住んでいると鈴鹿はあまりにも遠い・・・というと
クルマに乗り慣れて全国津々浦々を飛び回っている方々に怒られそうな
感じではありますが、そうはいっても、東京からみると、
 
 ・富士スピードウェイ 130km
 ・ツインリンクもてぎ 170km
 ・鈴鹿サーキット   400km
 
ほら・・・。という感触は分かって頂けると思います。
 
ですが、今年は開幕前から何となく「もし優勝するなら鈴鹿!」という
根拠のない不思議な気分があって、最初から今年は鈴鹿の観戦をするぞと
心に決めていたのでした。私が昨年に続いて個人で企業スポンサーに
2年連続エントリすることを決めたのも、
 
「トップチェッカーを受ける姿を見たい」
 
というその想い一心でした。鈴鹿1000kmは普段のレースの3倍以上も
あるような長距離レース、紛れがあればあるほど、マシンの速さ
だけでなくチーム全体の底力が問われるレースになります。
グッドスマイル初音ミクAMGのチーム力は折り紙つきです。
力を出し切ればきっと良い結果が付いてくることでしょう。

新東名高速道路を使うことになるのですが、2月から 浜松~豊田 の区間が
新たに開通していまして、直前になってナビの地図データの更新にあたふた
していました。もうナビがないと道も走れない身体に・・・(最初から)
 

 
今回のお土産は起き上り本舗の 「起き上り最中」 です。
困難を乗り越えて何度でも立ちあがってくるようなレースを期待しています。
もちろん優勝してほしいですが、何よりも笑顔(グッドスマイル)で
チェッカーを受けられるレースになりますことを・・・。
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクGTプロジェクトを応援しています!


2016/08/27 [updated : 2016/08/27 00:51]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 【極上音響上映】劇場版「響け!ユーフォニアム」体験、雰囲気は完全にオーケストラ・コンサート!

トップに戻る

グッドスマイル初音ミクAMGは好調さが滲み出る7位! SUPER GT第6戦鈴鹿予選 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



2023年もGT参戦決定!「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.9」2022年シーズン振り返りと体制発表です。


初音ミクAMGは7位でフィニッシュ! SUPER GT 2022 Rd.8 モビリティリゾートもてぎ 決勝日のツイートまとめ


初音ミクAMGは絶好位の予選3番手! SUPER GT 2022 Rd.8 モビリティリゾートもてぎ 予選日のツイートまとめ


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.8」Rd.7大分の振り返りとRd.8もてぎ展望です。


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.7」色々あったRd.6菅生の振り返りとRd.7大分展望です。


祝勝会の会場からお届け!「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.6」Rd.5鈴鹿優勝おめでとう!


遂に悲願の5年ぶり優勝!グッドスマイル初音ミクAMG SUPER GT 2022 Rd.5 鈴鹿サーキット決勝日のツイートまとめ


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.5」 ショックが大きすぎたRd.4富士の振り返りとRd.5鈴鹿展望です。


大ショック!初音ミクAMGが優勝目前でパンク・・ SUPER GT 2022 Rd.4 富士スピードウェイ 決勝日のツイートまとめ


初音ミクAMGは会心のアタックで予選3番手! SUPER GT 2022 Rd.4 富士スピードウェイ 予選日のツイートまとめ


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.4」 悔しい悔しいRd.3鈴鹿の振り返りとRd.4富士展望です。


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.3」 大波乱のRd.2富士の振り返りとRd.3鈴鹿展望です。

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼


★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks