デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »


 (2008/12/31 23:59)

2008年もこれで終わり! また2009年も宜しくお願いいたします。

 カテゴリ : ブログ タグ :

大晦日、実際は時間的には年が明けてから書いていたりもするのですが、
いよいよこれで2008年も終わりです。今年も沢山の記事を書き、
沢山のモノを買い、沢山のサービスの運営と改造を行いました。
 
その活力全てが、ブログの読者の皆さま、サービスの利用者の
皆さまのおかげでございます。本当にありがとうございます
 
今年も1日1記事を目標として合計で363件もの記事を書いてきましたが、
昨年の反省も踏まえて、できるだけサービス運営に関する記事を書かず、
デジモノに関する話題を増やすことを心がけました。
 
その中でも、新商品のニュースの感想などを書くだけの記事は
できるだけ避け、自分自身の購入・使用レポートを優先すること、
あるいはニュースの感想であれば少しでも独自の見解を加えられる
ものを優先することを考えた記事を増やすように努力しています。
 
残念ながらコラムを執筆する余裕は全くなくなりましたが、実際の
「モノ」に触れた体験を「写真」「動画」を交えてレポートすることで、
少しでも皆さまにお楽しみ頂けたら、ブログ執筆者としては何よりの喜びです。
 
2009年もまた、できるだけ実体験をベースにした様々な話題をお届け
しようと思っております。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます m(_ _)m
 
 
... NEXT ITEM ⇒ 「LUMIX LX3」
 

 
皆さまの2009年が良い1年でありますように。


投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/31 23:59


 (2008/12/30 23:59)

COWON S9ファーストインプレッション - メニュー、音楽再生から動画再生まで

 カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

■2008/12/19 [COWONから有機ELタッチパネルの携プレ「S9」が登場、直販とAmazonの価格差は・・・]
■2008/12/29 [いくぜ!COWONの新作携プレ「S9」写真館 - 高精細3.3インチ有機EL搭載]
 
では COWON S9 を実際に使ってみます。
 
とはいっても、COWON S9 を使うのに使い方も何もありません。
・・・というと語弊があるかもしれませんが、iPodなどとは違い、
とりあえずUSBケーブルで繋いで ファイルをフォルダごとコピー
していけば使えるというのがこの手のプレイヤーの嬉しさです。
 
iPod+iTunesのような専用マネージャソフトでの管理は初心者にも
嬉しい仕組みだというのは確かなのですが、個人的には昔からPCを
使い慣れているような方にとっては、フォルダ管理をそのまま踏襲できる
この手のプレイヤーのほうが楽なのではないかと常々思っています。
 
COWON S9 にも COWON MediaCenter というマネージャソフトがある
のですが、特にそれを使うこともなく全ての機能を堪能できます。

Get the Flash Player to see this player.


フルFLASHで作られているというUIは見た目も非常に綺麗です。
音楽の再生については、特に想像から外れる操作はなく、
フォルダから選んでいって再生すればOKです。COWON MediaCenter
経由でリッピングしていればジャケ情報が入るのかもしれませんが、
そこまでこだわらなくても普段の私用には全然問題ありません。
 
ユーザEQが4種類 のほか、プリセットがたくさん、
さらにBBE+、STE(Stereo Enhance)などの設定が選べます。
 
音楽はいたってソツなくこなせますので面白くないですね(おい)
Bluetoothレシーバ が手に入ったらまた試してみたいと思います。
 
続いて動画再生です。Xvid(DivX)とWMV9 が再生可能とのことですが、
私は最近は映像をDivXで溜め込んでいますので、ほとんどの動画は
そのままコピーすれば再生できます。

Get the Flash Player to see this player.


テスト用に 480×272、850Kbps+128Kbps でエンコードした映像です。
有機ELですが、綺麗さは文句のつけようのない感じでワリと感動します。

Get the Flash Player to see this player.


私はよく.divxという拡張子を使っているのですが、S9ではDivXは
拡張子が.avi でないと認識されません。ちなみに動画再生中は
プレイヤーの向き(縦横)を変えると自動的に追随して方向を変えます。

Get the Flash Player to see this player.


シークバーの移動が非常にスムース というか、ウェイトが
全くないのも驚きでした。たとえば2Mbpsのアニメ24分とかのファイル
(400MBくらい)を喰わせても、どんな場所にも一発でシークできます。

Get the Flash Player to see this player.


総じて使用感は上々という感じです。タッチパネル部分はちょっと反応が
悪い感じもしますが、慣れればそんなに気にすることもありません。
ただし動画フォーマットについては MPEG系やH.264 に対応していない
という意味でちょっと不満の残る向きもあるかもしれません。
 
iPod+iTunesでずっと管理をしていた方にとってはこの素朴なファイル管理は
とっつき辛いかもしれませんが、それがむしろ気楽に感じる方にとっては
かなり使いやすいプレイヤー なのではないかと思います。
個人的には凄く気に入りました(*゜ー゜) しばらく使ってみようと思います。


投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2008/12/30 23:59


 (2008/12/29 23:59)

いくぜ!COWONの新作携プレ「S9」写真館 - 高精細3.3インチ有機EL搭載

 カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

■2008/12/19 [COWONから有機ELタッチパネルの携プレ「S9」が登場、直販とAmazonの価格差は・・・]
 
しばらくEye-Fiにかかりっきりでしたが、その間に届いていたのがコチラ。
COWONの高精細3.3インチ有機EL搭載携帯プレイヤー 「S9」 です。
 
まずは、何はなくとも写真館です。全15枚、いってみましょう!
 
■あまとも写真館 - COWON 動画プレーヤーS9-16G-TB
http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001NQXCUA

 
箱から取り出してみて、まず最初に 驚くのはその軽さ です。
 
前回の記事でも触れましたが、iPod touch が 115g あるのに対して、
COWON S9 は わずか 77g しかありません。最初は「ホントかよ?」と
半信半疑だったのですが、実際に持ってみると確かにこれは本当に軽い、
というのがすぐわかります。
 
前面はフラットになっており、3.3インチワイド有機ELパネルと、
さらにその表面は 静電型のタッチパネル になっています。
(感圧型ではありませんので、「指」での操作が必須になります)
背面は前面と違って丸みを帯びたカット、というか
 
 横から見ると筐体全体が三日月形のような形状
 
をしており、持ってみるとこれが 妙に手に馴染んで 良い感じです。
 
両サイドには全くボタンがなく、上部に音量上下、早送り巻き戻し、
再生/一時停止のボタンを配置。下部には 電源/HOLD のスライドスイッチ、
イヤフォンコネクタと、USB/拡張コネクタが装備されています。
背面にはマイク穴と、RESETボタンがあります。
 
USB/拡張コネクタは独自形状 をしていますが、これは
正直ちょっとマイナスポイントです。無くしたら買い替えを
どうすればいいのかとか、自宅と職場で2本ケーブルを持ちたいとか、
そういう需要に市販品で応えられないことのデメリットは
もうちょっと気にされても良いような気がします。
 
iPod touch とのサイズ比較写真もありますが、スペック表から
読み取れる印象の通りで、S9のほうがひとまわり小さく、
かわりに厚みが増しているというのがわかります。
(個人的には身軽感のある COWON S9 のほうが好みです)
 
 
次回はいよいよ音楽や動画を再生してみます。
 
ところで、セットアップを始めると2~3コマ目くらいですぐ、
こんな画面が出てくるのですが、
 

 
・・・何だかよくわかりませんが、私の知らないところで
世界大戦の準備 でも始まっているのでしょうか・・・??(汗


投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2008/12/29 23:59


 (2008/12/28 23:59)

これがデジタルメモ帳だ! KINGJIM「ポメラ」写真館 - キー入力は慣れが必要?

 カテゴリ : デジモノ タグ :


    何だか年末だというのにいろんな製品がAmazonから届くのですが・・・。
    ここしばらくは「Eye-Fi Share」に付きっ切りですが、その間に
    この「ポメラ」が届き、間髪入れず「COWON S9」も届いています。
     
    まずは順番どおりポメラからいってみましょう。
    KINGJIMが贈るデジタルメモ張 「ポメラ」 のあまとも写真館です。
     
    ■あまとも写真館 - KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10クロ プレミアムブラック
    http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001KZ8BDC

     
    乾電池を含んで 約370g というポメラですが、実際に持ってみると
    案外とズッシリ感があります。小さい筐体に詰め込まれているので
    印象としてそう感じるのでしょうか。電池は 単4を2本 使用し、
    バックアップ電源用としてボタン電池を1つ使います。
     
    モニタは白黒4インチVGA。これは 想像以上に高精細 で驚きました。
    文字を見るにあたっては、不満は何もないという感じです。
    文字は全角だと 横に26文字 入ります。縦は17行です。
     

     
    キーボードは2つ折りになっており、ボタンを押して開いたところを
    上に引っ張っていくと残った下側がスライドしていって綺麗に広がります。
    キータッチは見た目ほど浅くはありませんが、キーに重みがない ため、
    まっすぐ押せずに戸惑うことがあります。キー自体も若干狭めですが、
    このあたりは慣れも関係してくるでしょう。それにしても、
     
     BackSpaceキーの小ささ は、もうちょっと何とかならないのか
     
    という気はします。BackSpaceキーの使用頻度は非常に高いのですが、
    それにしてはENTERキーのちょっと上に小さく設置してあるだけで、
    打ち間違いを誘発していました。このあたりはもうちょっと改善が必要のようです。
     

     
    あとはキーバインドができれば・・・とEmacs派の私は贅沢を言って
    しまいがちになるのですが、その辺りは割り切って使うのが良いでしょう。
     
    USBコネクタとmicroSDスロット を装備し、USBでPCと接続した際には、
    本体メモリとmicroSDがそれぞれ別々のドライブとしてマウントされます。
    打ち込んだテキストはここでUSB経由でも、あるいはmicroSDカード経由でも
    簡単に回収できます。
     
    まだ数日しか使ってみていませんが、いつでもどこでもサッと開いて
    テキスト入力ができるマシンとしてはある程度良いセンを言っているの
    ではないかと思います。メールもWebブラウズもできない、本当に純粋な
    テキストメモ入力マシン ですので、使い道は限られてくるかもしれませんが、
    会社の 会議のメモ などにはワリと有効に使えるのではないかと思います。
     
    私はよく病院通いをするのですが、待合室で1時間以上 も待たされるような
    ことは珍しくなく、かといってノートPCを持ち運んで作業をするのも面倒だ
    といったシーンがよくあります。そんなときにポメラを持ち込んでブログ用の
    草稿を書きなぐったりすることができたら良いかも、とちょっと思っています。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/12/28 23:59


     (2008/12/27 23:59)

    デジ埋Amazon集計結果ダイジェスト 2007/12/25~2008/12/24

     カテゴリ : ブログ タグ :


      ■2007/12/24 [Amazon集計結果 2006/12/25~2007/12/24]
       
      1年を振り返る意味で、昨年と同じフォーマットで集計を試みました。
      TOP 10だけの集計です。また、デジ埋、メガとんトラック、
      あまとも、コミックダッシュ!など全ての経路の合計になりますが、
      今年は コミック関連を全て除いて 集計をしています。
       
      ■個数順(2007/12/25~2008/12/24)

      1.
      玄人志向 変換基板/SATA→IDE SATAD-IDE
      2.
      SanDisk UltraII メモリースティックPRO Duo 8GB 転送速度15MB/Sec SDMSPDH-008G-J61
      2.
      Transcend 8GB SDHC メモリカード TS8GSDHC6
      4.
      大乱闘スマッシュブラザーズX
      5.
      ねんどろいど 初音ミク (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア)
      6.
      Wilson(ウイルソン) 硬式テニスボール EXTRA DUTY T1304
      7.
      世界樹の迷宮II 諸王の聖杯 特典 オリジナルサントラCD「古代祐三~世界樹の迷宮II ピアノスケッチver.~」付き
      8.
      Transcend 2GB SDカード TS2GSDC
      8.
      太陽誘電 That's データ用DVD-Rプリンタブル 4.7GB 16倍速 50枚入り DR-47WPY50BN
      10.
      キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
      10.
      太陽誘電 That's 16倍速ビデオ用4.7GB/CPRM対応/ワイドプリンタブル白/バルクケース50枚入 DR-C12WWY50BN
      10.
      薔薇色の視界〈初回限定盤〉
      10.
      玄人志向 HDDインターフェイス変換KIT/IDE変換/3.5インチ SERIALATA-DAT
      10.
      SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 8本パック HR-3UTG-8BP

      ちょっと驚くような順位かもしれませんが、1位は玄人志向の
      「SATA/IDE変換ボード」、また10位にも似たようなボードが入っています。
      2005年に書いた記事 の影響が根強く、検索から多くの方が辿り着かれるようです。
      またそれ以外の順位でも、メモリカードやDVDメディアなど、
      消耗品のようなものが多いのが目に付きます。
       
      あとはゲーム関連で、4位 「スマブラX」 と 7位 「世界樹の迷宮II」
      それから ミクのフィギュア が5位、10位にそれぞれランクインしています。
       
      ■総額順(2007/12/25~2008/12/24)

      1.
      Xbox 360 エリート
      2.
      玄人志向 変換基板/SATA→IDE SATAD-IDE
      3.
      Apple iPod touch 16GB MA627J/A
      4.
      SanDisk UltraII メモリースティックPRO Duo 8GB 転送速度15MB/Sec SDMSPDH-008G-J61
      5.
      Xbox 360 ハードディスク(120GB)
      6.
      大乱闘スマッシュブラザーズX
      7.
      ニンテンドーDSi ブラック
      8.
      Xbox 360 アーケード(HDMI端子搭載)
      9.
      rayclinica メンズ用パーソナルレーザー脱毛器 [出力レベル5段階] i-epi-homme(アイ・エピオム)
      10.
      BUFFALO 〈エアステーション エヌフィニティ〉 Giga Draft11n対応 11a&g or 11g 無線LANブロードバンドルータ LAN端子用 無

      こちらはわりと納得感のある順位になっています。
      1位の 「Xbox360 エリート」 を含め、Xbox360関連が3製品、
      年末近くにはニンテンドーDSiも大きな注目を集めました。ほかにも、
      iPod touchやBUFFALOの無線LAN製品など、デジ埋っぽい商品が並んでいます。
       
      それにしてもXbox360の 120GB HDD は手に入りにくい状況が延々と続いていますね。
      多くのXbox360ユーザからも 「欲しいけど見つからない」 という声が
      挙がっていますので、せめてもうちょっと在庫を増やして欲しいものです。
       
      来年は果たしてどんなヒット商品が生まれ、ランキングに名を連ねてくるのでしょうか・・・?


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/27 23:59


       (2008/12/26 23:59)

      Eye-Fiの写真データはドコを通るか? 「転送経路」を検証する

       カテゴリ : メモリ タグ :

      ■2008/09/23 [話題の「Eye-Fi」ついに日本上陸予定!? デジカメ撮影⇒無線LANでアップロード]
      ■2008/10/21 [Amazon に Eye-Fi が登場?! ただしマケプレの「輸入品」取り扱い商品]
      ■2008/12/03 [「Eye-Fi Share」はAmazonにも正規品が登場・・・あれ、自社でマケプレ出店?!]
      ■2008/12/21 [届いたぜ日本版「Eye-Fi Share」無線SDカード! まずは恒例の写真館から]
      ■2008/12/22 [Eye-Fi Share 日本語版 - インストールから試し撮りまで]
      ■2008/12/24 [Eye-Fi Share日本語版でオンライン写真サービスを使ってみる - flickrに自動アップロード編]
       

       
      続いていよいよお待ちかね、「経路探索」 編です。
      Eye-Fiというと、巷の印象としては、
       
      『 便利っぽいけど、撮った写真ぜんぶ インターネットに流れちゃう の?
       それとも部屋内だけでも使えるの? 何となく不安なんだけど・・・』
       
      という反応が大半なのではないかと思います。私自身も、実際に撮った
      写真データがどのような経路を辿って保存されているのかを知りたいと思い、
      自分自身でいろいろ実験をしてみることしたのが今回のレポートです。
       
      あくまで短期間の検証からわかったことを記しているだけですので、
      実際の動作が必ずこの通りに行われるとは限りません。ご了承ください。
       
       
      まず、出演者(?)をご紹介しましょう。私が実際に試してみた例として、
      ・ローカルのパソコンを経由して NASに保存 する
      flickrに自動アップロード する
      という設定を施したEye-Fi Shareの環境を考えて見ます。
       

       
      Eye-Fi Manager という常駐ソフトがパソコンにインストールされています。
      また、インターネット上には Eye-Fiのサイト があり、ここに
      Eye-FiカードやEye-Fi ManagerからアクセスされるAPIが備わっています。
       
      今回はこのローカルにある「パソコン」というところで パケットモニタ
      を常駐させ、パソコンが関わった通信を見てみることにしました。
      逆に言えば、パケットモニタに現れないものは、パソコンを経由しないで
      転送されたということになります。
       
      Eye-Fiカードを挿したデジカメで写真を撮ると、NASとflickrに
      データが転送・保存されるのですが、その事前の 動作イメージ
      何となく2通りありそうだというのが大方の予想だと思います。
       

       
      赤いラインは「一度全部 Eye-Fiサイト にアップロードされて、
      Eye-FiサイトがローカルPCやflickrに転送する」というシナリオ、
      青いラインは「一度全てローカルの Eye-Fi Manager に転送されて、
      Eye-Fi ManagerがローカルPCやflickrに転送する」というシナリオです。
       
      どちらも現時点では想像でしかありません。検証前に判っていたことは、
      「結果的にNASとflickrに写真が転送された」という事実だけです。
       
      では、検証をしてみましょう。
       

       
      ローカルにある Eye-Fi Managerを終了 してみたらどうなるでしょうか。
      もし、Eye-Fi Managerが全ての基点となって動いているのであれば、
      写真の転送は一切行われないはずです。
      ところが、実際には、ローカル側のPC/NASは音沙汰なしである一方、
       
       flickrのほうにはちゃんと写真がアップされました。
       
      ということは、Eye-Fi Managerがプロキシとなってflickrなどに
      アップロードしているという仮説は正しくないことになります。
      Eye-Fiカードはローカル側のPCの助けを借りず、自力でネット上の
      Eye-FiサイトのAPIにアクセスし、写真を転送しているようです。
       

       
      このあと、Eye-Fiの入ったデジカメの電源をワザと落とし(重要)、
      少し遅れてパソコン内の Eye-Fi Manager を再び起ち上げてみます。
      すると驚くことが起こりました。Eye-Fi Manager はさっき撮った写真を
       
       Eye-Fiサイトからダウンロードしてきて、
       
      NASに保存し始めたのです。これはどういうことかというと、
      Eye-Fiのサイトはflickrなどにアップロードする作業を終えた後でも、
      写真データを Eye-Fiサイト内に保持 していたということになります。
       
      ただ、これは過剰反応するほどのことではないのかもしれません。
      Eye-Fiサイトとしても試し撮りも含めたすべての写真を
      一生ぶん保存するようなことはできないでしょうから、おそらくは
      あくまで 一定期間のキャッシュ として保持しているだけだと思います。
      ローカルPC側のEye-Fi Managerは、そのキャッシュが生きている間は、
      自分が落ちていた間の差分をEye-Fiサイトから拾ってきます。
       
      では、常にネット側のEye-Fiサイトを基点としてデータを転送する
      シナリオのほうが正しかったのか? という話になりますが、
      それはまだ早計です。もう1つ実験をしてみましょう。
       
      今度はルータの設定を変更して、家庭内LANのネットワークから
      Eye-Fiサイトへの通信を全てブロック してみます。ローカルPCの上の
      Eye-Fi Manager は健在です。この場合はどういう動きをするでしょうか?
       

       
      正解は「何事もなかったかのように ローカルPC/NASに保存される」です。
       
      ネット上のEye-Fiサイトがなくても、Eye-FiカードはローカルLAN内の
      Eye-Fi Managerが起動されている パソコンを探し当て、そこにデータを
      転送します。これはオンライン写真サービスなどをバリバリ使う予定の
      ないような、一般的なユーザが求める理想のシナリオ通りです。
       
      また、「Eye-Fiサイトへのアクセスが拒否されたとき」だけローカル通信を
      使うのかというとそうでもなくて、ローカルのパソコンへのデータ転送は
      ローカル通信が繋がっていれば 常にローカル通信のほうを優先 するようです。
       
      ちなみにこの場合、後からEye-Fiサイトへの通信経路が復活したとしても、
      時間差でflickrにアップロードされるようなことはないようです。
       
       
      ということで、整理をしてみましょう。
       

       
      Eye-Fiカードは、
       
       1、ローカルLANの中にあるEye-Fi Manager
       2、ネット上にあるEye-FiサイトのAPI
       
      という2つの通信相手と それぞれ独立に通信 できます。ユーザがどのサービスに
      転送したいのかという設定情報は、Eye-FiサイトとEye-Fi Managerしか知りません。
      従って、Eye-Fiカードはそれぞれに対して通信を行って、必要な転送先を持って
      いるかどうかを尋ねます。転送先があれば、写真データの転送を開始します。
       
      このとき、既に転送済みの写真かどうかについての判断をしているようです。
      (それがファイル名、タイムスタンプ、ファイルサイズなどを使っているのか、
      データの一部のハッシュを計算しているのか等はわかりません)
       
      基本的に、ローカルPCへの保存はローカルLANの中で完結しています。
      完全に外への通信がないのかというとそうではなく、Eye-Fiサイトに
      「オンライン写真サービスへの転送がONになっているかどうか」の設定を
      尋ねにいくシーンでは自力で外部通信をしようと試みます。ただしそこで
      オンライン写真サービスへの 転送設定がされていない場合 には
      写真データそのものをインターネット側に転送することはないようです。
       
      先ほど図4で、ローカルPCへの保存をするために、Eye-Fiサイトから写真を
      落としてくるというケースがありましたが、これはあくまでflickrへの転送を
      有効にしていたための 特殊処理 です。flickr用に写真データを外部転送した後は
      どうせ一時キャッシュとしてのデータをEye-Fiサイト内に持ってしまうのですから、
      ローカルPCでもそれを有効活用して、デジカメが再度オンになる前であっても、
      ネット側からデータをsyncしてしまえ、というワケです。
       
      ちなみに、先ほどはEye-Fi Managerをワザと停止するという変なことをしましたが、
      これは別に凄く珍しいケースではなく、パソコンを点けっぱなしにしない方
      が使うと、すぐに同じような環境になるでしょう。
       
       デジカメで写真を撮る
        ⇒ ローカルのパソコンは 点いていない
        ⇒ オンライン共有ありだったのでEye-Fiサイトに転送
        ⇒ デジカメの電源を切る
        ⇒ あとでパソコンを起ち上げると、ネットから写真が振ってくる
       
      というようなことが普通にあるわけです。ただし重ねて強調しておきますが、
      オンライン共有「なし」の設定では、このようにローカル保存用データが
      一度ネットを通過するようなことは起こらない、はず、です。
       
      以下は試したことがありませんが、ここまでの検証をもとにすると、
      こんな動作をするケースは考えられます。
       

       
      外出先の無線LANアクセスポイントを使うのはあまり現実的ではない
      というお話をしましたが、もしそういうことができる環境があった場合、
      加えて、オンライン写真サービスへの転送を有効にしていた場合、
      そしてさらには、自宅のパソコンを点けっぱなしにしていた場合、
      という条件が重なると、外出先でデジカメで撮った写真が自動的に
      オンライン写真サービスにアップロードされるのと同じくして、
       
       無人の自宅のパソコンにも保存されていく
       
      というような動作をしそうな気がします。
      ただ、冷静に考えてみればこれは「だから何」というような感じが
      しないでもありません。また、実際にやってみたワケではありませんので
      こうならない可能性もあります。ただちょっと面白そうな感じです。
       
      以上、結構頑張ってEye-Fiの転送経路を調べてみました。
      写真がネット上にダダ漏れになってしまうとさすがに色々不安があると思いますが、
      今回の検証ではどうやらオンライン写真サービスへの転送をしない設定であれば
      写真データそのものがネットに流れることはなさそうだという結論になりました。
       
      Eye-Fiって面白そうだけど何か怖いかも、と思っていた方は参考にしてみてください。
      私は しばらくローカルだけで 使ってみようと思います。
      (その前にまずSDカード対応のデジカメをXacti以外にも揃えたい。。。)


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/12/26 23:59


       (2008/12/25 23:59)

      あまとも通信 - ギフト券プレゼント当選発表のみ簡易版

       カテゴリ : あまとも タグ :


        木曜日は「あまとも通信」。今回は第115回です。
        Eye-Fiの記事をお待ちの皆さま、空気読めてなくてスミマセン(;´Д`)m
         

         
        ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
         
        「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
         
         gotton さん、oiden さん、shelfz さん の3名様が、
         1,000円のAmazonギフト券 当選です!
         
        おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
        いただきましたので、メールをご確認ください。
         
        プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
         
        ※ご注意
         Amazonギフト券送信システムに変更があったようで、なぜか「+」を含む
         メールアドレスへの送信ができなくなっているようです。gmailでエイリアスを
         お使いの方が当選されました場合には、「+」以降を取ったアドレスに
         ギフト券を送付させて頂いております。何卒ご了承ください。m(_ _)m
         
         
        ■デジ埋5周年大感謝プレゼント 絶賛応募受付中!
         
        12/17~1/7の3週間で応募を受付中の「デジ埋5周年大感謝プレゼント」、
        DSi、PSP、iPod nano、ねんどろいど、ポメラ、という蒼々たる賞品が
        並んで壮観な状態になっています。応募期間も折り返し地点を迎えたところで、
        応募総数は350人強、PSPの応募がそろそろ100人を突破しそうなところで、
         
         新規追加された Fコース「ポメラ」への民族大移動が
         
        始まっています。
         
        http://ckworks.jp/present/check/200812

         
        ぜひみなさまもこの機会に、奮ってご応募ください。
         

         
        今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
         


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/12/25 23:59


         (2008/12/24 23:59)

        Eye-Fi Share日本語版でオンライン写真サービスを使ってみる - flickrに自動アップロード編

         カテゴリ : メモリ タグ :

        ■2008/09/23 [話題の「Eye-Fi」ついに日本上陸予定!? デジカメ撮影⇒無線LANでアップロード]
        ■2008/10/21 [Amazon に Eye-Fi が登場?! ただしマケプレの「輸入品」取り扱い商品]
        ■2008/12/03 [「Eye-Fi Share」はAmazonにも正規品が登場・・・あれ、自社でマケプレ出店?!]
        ■2008/12/21 [届いたぜ日本版「Eye-Fi Share」無線SDカード! まずは恒例の写真館から]
        ■2008/12/22 [Eye-Fi Share 日本語版 - インストールから試し撮りまで]
         

         
        Eye-Fi Share 日本語版 を購入してから数日、私の今のステータスは
        とりあえず「いろいろ面白くいじっている」という感じです。というのは実は、
        私の普段のデジカメ使用シーンで一番多いのが室内でデジモノ写真を撮るという
        場面なのですが、これを担当しているメインのデジカメ 「FinePix F30」 が、
         
         xDピクチャーカードのデジカメだから
         
        という、なかなかに残酷な理由からです。それ以外でSDカードのデジカメというと
        Xactiばかり転がっている のですが、ご存知の方はご存知の通り、
        Xactiは静止画についてはあまり得意ではないのです。
         
        いっそEye-Fiの利便性を活かすためにも、室内撮影用のデジカメを
        新調しようかな、とすら思っているところです。。。
         
         
        さて、先日の記事を 「明日は明日の風が吹く」 のyas-toroさんに
        取り上げて頂いたのですが、そこでこんな疑問が挙がっていました。
         
        ■[デジモノ]デジモノに埋もれる日々: Eye-Fi Share 日本語版 - インストールから試し撮りまで
        http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20081225/1230214235
         あれ?気になる事が……纏めてみるか。
        ・オンライン写真サービスへの転送は全て自動なのか?
        ・オンライン写真サービスへ転送するようにしておいて、外出先で無線LAN環境があったら、そこから転送出来るのか?
        ・無線LAN環境が無い所で撮ったらどうなるのか?
        ・外出して撮るだけとっておいて、自宅に戻ってから纏めてPCへ転送出来るのか?
        差分を見て、転送されてない画像だけ自動でPCに転送するという仕組みならありがたいかも

        こういう疑問はEye-Fiに興味を持つ方であれば誰でも持たれると思います。
        そして、実際にEye-Fiを使ってみた本人でさえ、この実際の動作原理は
        イマイチ理解しづらいものです。私自身、Eye-Fiで試し撮りをして、
        それがちゃんとNASに保存されたのは確認をしたのですが、それが果たして
        どういう通信経路を辿って 保存されたのかについては
        キチンと理解できていませんでした。
         
        本音を言うと、Eye-Fiでググればそのあたりの動作原理を詳しく
        解説されている方の記事が2つや3つは見つかると思っていたのですが、
        ちょっと調べた範囲ではそれがあまり見つからなかったのです。
        そこで、どこまでちゃんと紐解けるかわかりませんが、Eye-Fiの動作原理
        について自分なりに調べてみましたので、メモしておくことにします。
         
         
        本題の「転送経路」のお話をする前に、まず基本的な部分から。
         
        オンライン写真サービス(flickなど)への転送は全て自動です。それから
        外出先の無線LAN環境 から転送できるかどうか、という件についてですが、
         
        ・いわゆる公衆無線LANサービスは、会員向けに限定するために
         SSIDやWPAなどの設定とは別に WebブラウザからID/PW認証を
         必要とするところがほとんどのため、Eye-Fiでは使えません。
         
        ・Webブラウザ認証を必要としないアクセスポイントであれば、
         「事前にEye-Fiに SSIDと暗号キーを設定 しておけば」使えます。
         逆に、街でたまたま見つけたフリーのアクセスポイントを経由する、
         といったことはできません。(というかそんなことされたら、
         自宅で使うとき隣家のAPに繋がってしまったりして逆に危ない)
         
        ということで、「やれないことはないけど、実際は難しいのでは」と思っておけば
        間違いないと思います。モバイルの「現場」で使うのではなく、自宅に持ち帰って
        データを「母艦」にsyncさせるといったイメージのほうが近いでしょう。
         
        無線LANのないところで取った場合、無線LANに繋がる環境になったときに初めて
        そのデータが転送されます。Eye-Fiカードはストレージ部分を外部に依存するもの
        ではなく、普通の 「フラッシュメモリ部」 と、そのフラッシュメモリの中身を
        定期チェックして変化があれば無線LANで転送するという 「監視・転送部」
        2つが独立していると思えば分かりやすいと思います。
         
        では、実際にオンライン写真サービスの 「flickr」 にアップロードしてみます。
         

         
        Eye-FiのWeb設定画面から、オンライン写真サービスの追加を選び、
        flickrを選びます。いきなり全公開するモードか、すべて非公開モードで
        仮アップするのかを選択できます。個人的な感覚としては、
         
         全て公開モードでやる人なんて、どんな猛者だよ!
         
        と思わざるを得ませんが・・・。私はもちろん非公開モードでアップします。
         

         
        設定するとflickrのページに飛ばされます。ここで 認証連携 の確認を行います。
        要するに「Eye-Fiからflickrへの自動アップロードを許可しますか?」
        と聞かれて「はい」と答えれば完了です。
         
        設定はこれで全て終わり。あとは写真を撮ると、その都度flickrに非公開モードで
        アップロードされていきます。非常に快適であるとともに、取ったそばから
        猶予なしでどんどんアップロード されていく様はちょっとドキドキします。
        (間違っても全公開モードなんて怖くてできません。。。)
         

         
        さて、いよいよここからが転送経路のお話です。
         
        ・・・と思ったのですが、肝心の本題は次の記事に続きます・・・(;´Д`) スミマセン。
         
        ■2008/12/26 [Eye-Fiの写真データはドコを通るか? 「転送経路」を検証する]


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/12/24 23:59


         (2008/12/23 23:59)

        満を持してFコースに「ポメラ」追加! デジ埋5周年大感謝プレゼント応募受付中

         カテゴリ : ブログ タグ :


          ■2008/12/02 [「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!]
          ■2008/12/09 [いろいろ準備中です。「アレ」は断念するしかないのか・・・。]
          ■2008/12/15 [デジ埋5周年大感謝プレゼント - 受付を開始しました! (~1/7)]
          ■2008/12/16 [デジ埋5周年プレゼント応募状況と、「2008年総合人気コミックランキング」発表]
          ■2008/12/17 [第5のコースはあの「人気キャラ」たちが登場!? デジ埋5周年大感謝プレゼント]
           
          12/17~1/7 まで絶賛応募を受付中の、DSi、PSP、iPodなど豪華賞品が当たる
          「デジ埋5周年大感謝プレゼント」 は、おかげさまで最初の1週間で
          300人の方のご応募を頂いております。みなさま本当にありがとうございます。
          もうコメント1つ1つが本当に嬉しいです 。・゚・(ノД`)・゚・。
           
          さて、応募開始から1週間を過ぎたところですが、Amazonから1通のメールが届きました。
           

           
          ・・・・・いやいやいや!!
           
          間に合わない って言ったじゃないかポメラ!(言ってない)
          もう「ねんどろいどミク」買っちゃったじゃないかポメラ!
          思わず語尾にポメラがついちゃうポメラ!
           
          しかも、「自分用」と「プレゼント用」とかいってとりあえず
          2つ注文してみようと思ったりなんかしてみたりしてみたら、
           

           
           
          ごらんの有様だよ!!
           
           
          本当に 2台同時に 届きやがりましたよ。
          1台キャンセルとかそういう猶予は全くありませんでしたよ。
           
          ということで、「デジ埋5周年大感謝プレゼント」には、目出度く(?)
          「Fコース」 が追加になりました ヽ( ;´▽`)ノ イエーイ、もうヤケだ!
           
          ■デジ埋5周年大感謝プレゼント企画
          http://ckworks.jp/present/check/200812

           
           Aコース:ニンテンドーDSiブラック
           Bコース:ニンテンドーDSiホワイト
           Cコース:PSP-3000ピアノブラック
           Dコース:iPod nano 16GB ブラック
           Eコース:ねんどろいどミク・リン・レン3点セット
           Fコース:ポメラ・プレミアムブラック
           
          もう何というか、わたし的には史上最大の作戦という気分です。
           
          ということで、絶賛!応募受付中です (12/17~1/7)
          応募コースは途中で何度でも変更可能です。特に後から登場した「Eコース」
          「Fコース」は手薄でチャンスになっていますので、狙ってみてください( ・∀・)σ
           


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/23 23:59


           (2008/12/22 23:59)

          Eye-Fi Share 日本語版 - インストールから試し撮りまで

           カテゴリ : メモリ タグ :

          ■2008/09/23 [話題の「Eye-Fi」ついに日本上陸予定!? デジカメ撮影⇒無線LANでアップロード]
          ■2008/10/21 [Amazon に Eye-Fi が登場?! ただしマケプレの「輸入品」取り扱い商品]
          ■2008/12/03 [「Eye-Fi Share」はAmazonにも正規品が登場・・・あれ、自社でマケプレ出店?!]
          ■2008/12/21 [届いたぜ日本版「Eye-Fi Share」無線SDカード! まずは恒例の写真館から]
           
          それでは Eye-Fi Share 日本語のセットアップ、いってみましょう!
          Eye-Fiのセットアップのための付属ソフトウェアはEye-Fiカードの中に
          入っていて、カードリーダでPCに挿すとインストールすることができます。
           

           
          まずいきなり アカウントの作成 が必要です。
          Eye-FiはローカルにインストールするEye-Fi Managerという常駐ソフトと
          オンライン上にあるEye-Fiサービスが連携して動くもので、とりあえず
          ここでアカウントを作成しておかないと先には進めません。
           

           
          アカウント作成が終わると、自動的にインターネットにアクセスして、
          ファームウェアの更新 を検知します。素直にアップデートします。
           

           
          続いて 無線LAN のセットアップです。セキュリティはもちろんWPA2まで
          対応していますので、SSIDとパスフレーズを入力して保存します。
           
          ところがここで1つ問題が起こりました。
           
           Eye-Fi は DHCPがないと動かないのです。
           
          Eye-Fi自体もネットワーク機器ということで、当然家庭内LANのIPアドレスを
          振る必要があるのですが、ここで固定IPアドレスを指定することができません。
          DHCPでIPアドレスを自動取得できなければここで立ち往生ということになります。
           
          私は家庭内LANを全て固定IPで管理していましたので、DHCPサーバ が1つも
          上がっていません。そこで仕方なくルータの設定を見直してDHCPサーバを
          立ち上げることになりました。そこでまたルータの「OPT100E」がDHCPの
          振り出し範囲を自由に決められないという困ったルータで大変でした。。。
           
          いろいろありましたが、DHCPから無事IPを取得できるようになり、
          Eye-Fiのカードが無線LAN経由で家庭内LANに接続できることを確認できました。
           

           
          オンライン写真共有サービス を使っていると自動アップロードできるよ!
          といわれます。私は使っていないのでここはまず様子見です。
           

           
          ローカルの自動保存フォルダ を設定します。私にとってはこちらが本命です。
          あくまでEye-Fi ManagerがインストールされたPCからみえるドライブの
          フォルダでなければならないのでNASなどに直接保存することはできませんが、
          そのPCから該当NASを「ドライブの割り当て」してマウントしておけば何も
          問題はありません。「Eye-Fi ⇒ 母艦PC ⇒ NAS」という経由で保存可能です。
           

           
          ここまでくればカンペキ! セットアップ完了 です。
          あとは写真を撮ると、どんどん自動で指定フォルダに保存されていきます。
           

           
          こんな風に撮ったそばから写真が増えていきます。
          Eye-Fi Manager で写真が追加される様子を Xactiで撮って みました。

          Get the Flash Player to see this player.


          指定したフォルダには、「YYYY-MM-DD」という形式
          日付フォルダが掘られていき、そこにファイルが貯まっていきます。
          ちなみに転送されるのは画像ファイルだけで、動画ファイルは全く反応しませんでした。
           

           
          フォーマットなどをした際にどうなるかというのがちょっと挙動が
          曖昧っぽかったのですが、一応、ファイル名の衝突を避けて
          異なるファイル名にして保存してくれているようではあります。
          このあたりはもうちょっといろいろテストが必要かもしれません。
           
          まだちょっと数時間使ってみただけではありますが、とりあえず、
          「撮った写真を USBケーブルとかカードリーダとか使わず 転送したい」
          という当初の目的はクリアしました。Eye-Fi、なかなか快適です。
           
          ■2008/12/24 [Eye-Fi Share日本語版でオンライン写真サービスを使ってみる - flickrに自動アップロード編]
          ■2008/12/26 [Eye-Fiの写真データはドコを通るか? 「転送経路」を検証する]


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/12/22 23:59


           (2008/12/21 23:59)

          届いたぜ日本版「Eye-Fi Share」無線SDカード! まずは恒例の写真館から

           カテゴリ : メモリ タグ :

          ■2008/09/23 [話題の「Eye-Fi」ついに日本上陸予定!? デジカメ撮影⇒無線LANでアップロード]
          ■2008/10/21 [Amazon に Eye-Fi が登場?! ただしマケプレの「輸入品」取り扱い商品]
          ■2008/12/03 [「Eye-Fi Share」はAmazonにも正規品が登場・・・あれ、自社でマケプレ出店?!]
          早く認可が下りてスムースに販売が行われることを願っています。今の状況だと、ギリギリ年内に間に合うかどうか というところでしょうか。
          ということだったのですが、そのEye-Fi国内販売、
           
           ギリギリ年内間に合ったワァー .:*・゜(n‘∀‘)η・゜゚・*
           
          ということで、いよいよ予約注文者には商品が発送されたようです。
          私のところにも 12/23付け で商品が手元に届きました。
           
          まずは、何はなくとも写真館、いってみましょう!
           
          ■あまとも写真館 - Eye-Fi Share 2GB ワイヤレスSDメモリ 日本版
          http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001MTQY5I

           
          注文したのはAmazonですが、形としては マーケットプレイス
          Eye-Fi Japan社が直接販売しているということになっています。
          配送の箱もAmazonの箱ではありません。小柄で可愛らしいものです。
           
          中を開けると最初に飛び出してくるのが、納品書と共に書いてある
          『親愛なる日本のお客様へ』 という挨拶文です。
           

           
          Eye-Fi社の並々ならぬ想いが伝わってくるかのようです。Eye-Fi社はいつも
          「日本ほどデジカメを使いこなしている国はない」 というような
          言い方をしていて、日本のデジカメユーザにEye-Fiを届けたがっていました。
          今こうしてそれが現実になっていることを、ユーザとしても喜びたいです。
           
          その文面にもありますが、『初回限定のスライダーパッケージ』
          が使用されています。中身をつまんで右側に引っ張ると左側からも本体が
          飛び出してくるというアレで、北米版を使った方からも好評だったようです。
           
          中身のほうは、ハード的には普通のSDカードとカードリーダの組み合わせ、
          というように見えます。もちろん、その中には 無線機器 が詰まっている
          という意味で、普通のSDカードとは一味違うワケですが、それはこれから
          試していくことにしましょう。
           
          次回はいよいよ試用編です。
           
          ■2008/12/22 [Eye-Fi Share 日本語版 - インストールから試し撮りまで]
          ■2008/12/24 [Eye-Fi Share日本語版でオンライン写真サービスを使ってみる - flickrに自動アップロード編]
          ■2008/12/26 [Eye-Fiの写真データはドコを通るか? 「転送経路」を検証する]


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/12/21 23:59


           (2008/12/20 23:50)

          今年も大漁でした - デジ埋が受けた2008年のスパムは約36万件!

           カテゴリ : ブログ タグ :


            ここデジ埋では、今年も1年、本当に たくさんのスパム を頂戴しました。
            特にそのほとんどが、海外から頂きましたスパムであります。
            スパムを頂きました皆さまには 心より御礼申し上げません (#・▽・)m
             
            こちらが12/22時点までの今年一年のスパム集計です。
            過去にも何度か集計値を出したことがありますが、そのときは全て
            デジ埋ブログ以外のスパム(あまとも、メガとん、ブログ掲示板、その他)
            を含んだ合計値になっておりました。今回は純粋にわかりやすく、
            デジ埋ブログ に来たスパムだけを集計してみています。
             

             
            1年間でブロックしたコメントスパムが 25万件、トラックバック
            スパムが 8.6万件、合計34万件のスパムをブロックしました。
            通過したものが合わせて2万件ほどありますが、実はデジ埋で正常な
            コメント・トラックバックというのはせいぜい年間1,000件程度で
            ありまして、この通過した2万件もほとんどがスパムであります。
            従って 合計36万件のスパム があったと考えれば間違いありません。
             
            36万件というと大体87秒に1件、つまり 1時間に40件 のスパムが来て、
            それが 1年365日24時間ずーっと 続いているという計算になります。
            スパマーの皆さま本当にお疲れさまです。いかにスクリプトだといっても
            そろそろ疲れてきませんか? 大丈夫ですか?
             
            6月頃から急にトラックバックスパムが減っていますが、
            実はちょうどこの頃、トラックバックの Auto Discovery 用の記載を
            ブログHTMLから外す作業を行いました。これで万事解決とはいきませが、
            単純なスパムツールを門前払いにするくらいの効果はあったようです。
             
             
            ちなみにこの数字は、自前で作ったブロックツールを組み込んで
            ブロックしたログを吐かせて集計したものです。
             

             
            実際には自前ツールのあとに MovableType純正のブロックツール があり、
            この両方を通過しないとブログ掲載までは届きません。トラックバック
            スパムのほうはこのMTのブロッカーにかなり引っかかっています。
            逆にコメントスパムのほうは、前段の自前ブロッカーを通過したものは
            後段のMTブロッカーでもほとんど止められていません。
             
            上述の自前ブロッカーのログ集計において、トラックバックスパムの
            ブロック率が低いのもこれと関係しています。自前ブロッカーは基本的に
            前段・後段を通過してブログに掲載されてしまったスパムを消す際に
            禁止キーワードを手で追加する 方式を取っているのですが、
            前段を通過しつつ後段で止められたタイプのスパムは、前段のブロック
            キーワードとして追加する機会が発生しません。そのため、実際には
            後段でしっかり止められているのですが、前段のログを見ると筒抜けの
            ように見えるというワケです。
             
            世の中にはもっと優秀なスパムブロックのツールが沢山あると思いますが、
            私がこの部分を自前ツールで工夫しているのは、世の中のスパムの動向
            身を持って知りたいと思っているからです。
             
            スパム1つ取っても、その中身は千差万別です。1つのIPから連続して
            打ってくる単純なスパムなんていうものはもはや存在しません。
            大量の プロキシ(トロイPC?) を使ってIPを分散させるのは当たり前、
            誘導先として含まれるスパムURLも、IPを辿ると同じなのに ドメイン名は
            打つたびに変えてくる ようなレジストラ使い放題のスパムが暗躍していますし、
            diggやYouTubeなど 掲示板としても使える公共の場所にスパム内容を書いて
            誘導先をそのページにしてくる(=むやみにドメイン名でブロックできない)
            というタイプなど、
             
             「必死だな!」を通り越して、「仕事だな!」になっている
             
            スパマーばかりになっています。こういう世の中の動きを自分の目で
            確認して実感できるのもまた、自前サーバの醍醐味といっても
            良いかもしれません。もちろん 「防ぎ切れたら」 のお話ですが・・・。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/20 23:50


             (2008/12/19 23:59)

            COWONから有機ELタッチパネルの携プレ「S9」が登場、直販とAmazonの価格差は・・・

             カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

            ■COWON、有機EL/Bluetooth搭載のポータブルプレーヤー「S9」
            -16GBメモリ内蔵で直販29,800円。BBE+搭載
            http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081219/cowon.htm
             
            COWONから新しい携帯メディアプレイヤー 「S9」 が登場しました。
            発売予定は12/27(土)、価格は直販で 29,800円 です。
             
            iPod touch の対抗製品、といったら意識しすぎかもしれませんが、
            3.3インチ16:9有機EL ディスプレイ(480×272)を搭載し、
            そのほぼ全面が タッチパネル、加速度センサも内蔵といえば、
            やはり思い浮かぶ言葉は「iPod touch の対抗製品」でしょう。
             
            せっかくだから筐体も比べてみますと、「S9」の大きさは
            105.8×57.0×12.7 (mm)、iPod touch は 110×61.8×8.5(mm)
            ですから、一回り小さくなっている代わりに厚みは1.5倍、
            という感じでしょうか。また、
             
             「S9」の重さは77gとなっていますが、
             
            これちょっと軽すぎませんか?(;´Д`)
            iPod touch は115gなのですが、これはわりとフツーな重さでした。
            「S9」の公称値が本当であれば相当軽く感じることと思います。
             
            動画の再生フォーマットは AVI(Xvid SP/ASP)、WMV(WMV9 SP/MP)
            連続再生時間の公称値は11時間です。音楽ファイルのほうは、
            MP3/2/1、WMA、FLAC、OGG、APE、WAV で連続再生時間が55時間です。
            外部Bluetoothイヤフォンにも対応、このあたりの使い勝手も気になります。
             
            いままでずっと「超小型」プレイヤーにこだわって iRiver の S10 や
            Lpalyer を使い、その前に購入した iPod touch をお蔵入りさせている
            私にとって、このS9は興味はそそられるものの、うまく使いどころが
            ハマるかどうかはちょっと悩む一品であります。ただ、最近携プレの
            話題が寂しいこともあり、やはりこの手で試してみたくなりました。
             
            ということで直販とAmazonを覗いてみたのですが、
            直販では29,800円のものが、Amazonでは 31,270円 になっています。
            いずれも税込価格ですので、直販のほうが明らかに安いのです。
             
            しかし、とりあえず直販のほうに行ってみると、
             
             支払い方法に「クレジットカード」がありません。
             
            「銀行振込」と「代引き」のみになっています。
             

             
            本体価格が29,800円、送料735円、それに銀行振込の振込手数料が
            たとえば420円かかるとしたら、合計 30,955円 になります。
            Amazonは送料も無料ですから、差額はわずか315円。
            それならAmazonで手続きしてしまったほうが振込にいく手間も省けて
            簡単だということで、私はAmazonのほうで注文してみました。
             
            届きましたらまた使用レポートをお届けしようと思います( ・∀・)σ


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (6) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2008/12/19 23:59


             (2008/12/18 23:59)

            あまとも通信 - TranscendのSSDが値下がり、BUFFALOのSSDも躍進中

             カテゴリ : あまとも タグ :


              木曜日は「あまとも通信」。今回は第114回です。
               

               
              ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
               
              「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
               
               naura さん、mastere40 さん、nakassato さん の3名様が、
               1,000円のAmazonギフト券 当選です!
               
              おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
              いただきましたので、メールをご確認ください。
               
              プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
               
              ※ご注意
               Amazonギフト券送信システムに変更があったようで、なぜか「+」を含む
               メールアドレスへの送信ができなくなっているようです。gmailでエイリアスを
               お使いの方が当選されました場合には、「+」以降を取ったアドレスに
               ギフト券を送付させて頂いております。何卒ご了承ください。m(_ _)m
               
               
              ■今週の値下がりピックアップ
               
              TranscendのSSD が値下がりしています。12/17付けで、
               
               SLC 32GB の「TS32GSSD25S-S」が 42,073 円 ⇒ 36,800 円、
               MLC 64GB の「TS64GSSD25S-M」が 19,320 円 ⇒ 16,800 円、
               
              いずれも大幅な値下がりです。

              ここのところのSSDの値下がりは激しくて、これらの商品も
              相場の動きに沿って下がっているという感じのようです。
               
              ちょっと調べてみると、最近は BUFFALOまで自社ブランド のSSDを
              販売していたりするようですね。もちろん中身はOEMっぽいのですが(OCZ?)。
              「BUFFALOが手を出す」というのは勢いのある分野の証かもしれません(;・∀・)

              今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
               

               
              そして、プレゼント企画も絶賛!応募受付中です(12/17~1/7)
              http://ckworks.jp/present/check/200812


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/12/18 23:59


               (2008/12/17 23:59)

              第5のコースはあの「人気キャラ」たちが登場!? デジ埋5周年大感謝プレゼント

               カテゴリ : あまとも タグ :


                ■2008/12/02 [「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!]
                ■2008/12/09 [いろいろ準備中です。「アレ」は断念するしかないのか・・・。]
                ■2008/12/15 [デジ埋5周年大感謝プレゼント - 受付を開始しました! (~1/7)]
                ■2008/12/16 [デジ埋5周年プレゼント応募状況と、「2008年総合人気コミックランキング」発表]
                なお近々、新しいコースが増える予定があります
                 
                一度応募をされた方も、油断せずにウォッチしてみてください。
                ただし、新しいコースはデジモノではないかもしれません(;・▽・)

                 
                ということで、
                 
                 Aコース:ニンテンドーDSiブラック
                 Bコース:ニンテンドーDSiホワイト
                 Cコース:PSP-3000ピアノブラック
                 Dコース:iPod nano 16GB ブラック
                 
                に次ぐ第5のコース、「Eコース」 を今日、追加いたしました。
                 
                まったく畑違いの分野から登場するという新コースの正体は・・・、
                 
                ■デジ埋5周年大感謝プレゼント企画
                http://ckworks.jp/present/check/200812

                 
                 
                ・・・・・・?!
                 
                 

                 
                Eコース: 「ねんどろいどミク・リン・レン3点セット」 でした。
                 
                気にならない人はトコトン気にならないけど、気になる人には
                ミョーに気になるこのセット、
                 
                 特にミクは意外と入手困難なこともあって
                 
                お年玉の運試しとしては格好の獲物かもしれません。
                 

                ※注意:右側の「figma初音ミク」はプレゼント対象外です。
                 
                パッケージの実物を見てビックリしたのですが、ねんどろいどって
                意外と大きい のですね。「figma初音ミク」と並べてみてもそれほど
                遜色ありません。背丈は若干低いですが、頭の体積がデカいので、
                結構な迫力があります。3体並べるとかなりスゴイことになるでしょう。
                 
                ということで、絶賛!応募受付中です (12/17~1/7)
                 

                 
                応募コースは途中で何度でも変更可能ですので、
                応募がなくて寂しそうなミクたちを捕獲してあげてください( ・∀・)σ


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/12/17 23:59


                 (2008/12/16 23:59)

                デジ埋5周年プレゼント応募状況と、「2008年総合人気コミックランキング」発表

                 カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                  ■2008/12/02 [「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!]
                  ■2008/12/09 [いろいろ準備中です。「アレ」は断念するしかないのか・・・。]
                  ■2008/12/15 [デジ埋5周年大感謝プレゼント - 受付を開始しました! (~1/7)]
                   
                  デジ埋5周年大感謝プレゼントに沢山のご応募ありがとうございます!
                   
                  応募期間は 12/17~1/7 までの3週間ですが、年末に入ると帰省やら
                  何やらでドタバタして応募し忘れた!ということも多いですので、
                  お早めにドシドシとご応募を頂けると嬉しいです。
                  (コースは途中で 何度でも変更 することができます。)
                   
                  ■デジ埋5周年大感謝プレゼント企画
                  http://ckworks.jp/present/check/200812

                   
                  現時点での途中経過ですが、いい感じに分散してまいりました。
                  最初はDSiが 「もうDSは持っているから」 という理由からなのか
                  敬遠されがちだったのですが、応募人数が少なければそれだけ
                  当たりやすく見えるのも手伝って途中から盛り返しています。
                  しかし不動の 一番人気はPSP-3000。果たしてどなたの手に渡るのでしょうか?
                   
                  なお近々、新しいコースが増える予定があります
                   
                  一度応募をされた方も、油断せずにウォッチしてみてください。
                  ただし、新しいコースはデジモノではないかもしれません(;・▽・)
                  当初は「ポメラ」の予定だったのですが、残念ながら入手困難でして・・・。
                   
                   
                  さて、もう1つご紹介ですが、コミックダッシュ!では、
                   
                  ■コミックダッシュ! 2008年総合人気コミックランキング
                  http://ckworks.jp/comicdash/ranking2008.html
                   
                  というものを発表しました。これは皆さまのコミック所有登録の情報を
                  「2008年に発売されたコミック」のみについて集計・算出したランキングです。
                  今年のコミック界を振り返る格好のネタになるのではないかと思います。
                   

                   
                  1、2008人気コミックランキング
                   2008年発売のコミックで最も所有者の多かったコミック(コミック単巻ごと)です。
                   
                   【順位抜粋】
                    1. 「よつばと! (8)」あずまきよひこ、電撃コミックス
                    2. 「鋼の錬金術師 (19)」荒川 弘、ガンガンコミックス
                    3. 「聖☆おにいさん (1)」中村 光、モーニングKC
                   
                  2、2008人気シリーズランキング
                   2008年発売のコミックで最も所有者の多かったコミック(シリーズ別合計)です。
                   
                   【順位抜粋】
                    1. 「さよなら絶望先生」久米田 康治、少年マガジンコミックス
                    2. 「ハヤテのごとく!」畑 健二郎、少年サンデーコミックス
                    3. 「未来日記」えすの サカエ、角川コミックス・エース
                   
                  3、2008新作シリーズランキング
                   2008年に初巻が発売されたシリーズで最も所有者の多かったシリーズです。
                   
                   【順位抜粋】
                    1. 「聖☆おにいさん」中村 光、モーニングKC
                    2. 「3月のライオン」羽海野 チカ、ジェッツコミックス
                    3. 「金剛番長」鈴木 央、少年サンデーコミックス
                   
                   
                  特に最後の 「新作シリーズランキング」 には目新しいシリーズが
                  たくさん登場しています。こうした中から新しく購入するシリーズを
                  探してみるのも面白いのではないでしょうか。
                   
                  また来年1年もたくさんの新シリーズと出会えると良いですね(=´∇`)


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2008/12/16 23:59


                   (2008/12/15 23:59)

                  デジ埋5周年大感謝プレゼント - 受付を開始しました! (~1/7)

                   カテゴリ : ブログ タグ :


                    ■2008/12/02 「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!]
                    ■2008/12/09 いろいろ準備中です。「アレ」は断念するしかないのか・・・。]
                     
                    というワケで、おかげさまでデジ埋は5周年を迎えることができました。
                    この節目をを記念して、ご来訪頂いた皆さまに感謝の意を込めて、
                     
                     デジ埋5周年大感謝プレゼント
                     
                    を行いたいと思います。よろしければお気軽にご参加ください。
                    以下のページからプレゼントへの応募と、応募要綱の確認ができます。
                     
                    ■デジ埋5周年大感謝プレゼント企画
                    http://ckworks.jp/present/check/200812

                     
                    厳選な抽選を期するため、今回も 「あまとも」 の毎週ギフト券プレゼントで
                    採用した 「チャレンジコード方式」を抽選方式として採用します。ただし、
                    今年は 「コミックダッシュ!」 のユーザの方も応募できるようにしました。
                     
                    応募の受付期間は 12/17(水)~1/7(水) までの3週間 で、
                    3週間目の1/8(木)の ロト6 の結果から自動抽出されます。
                    チャレンジコードを持っている方はプロフィール設定ページに
                    コース選択のボックスが現れますので、そこで選択すれば応募完了です。
                     
                    プレゼントはA~Dの4コースからお好きなものを1つだけ選択できます。
                    各コースの賞品は以下のとおりです。
                     
                     Aコース: ニンテンドーDSiブラック
                     Bコース: ニンテンドーDSiホワイト
                     Cコース: PSP-3000ピアノブラック
                     Dコース: iPod nano 16GB ブラック
                     

                    (ちなみに賞品はすでに私の手元に・・・。)
                     
                    例によって応募終了日までは何度でも コース変更あり というルールです。
                    「コッチに殺到しているから自分はアッチで・・・」
                    と策略を練りながらコースを変えていくことができます。
                     
                    さらに、各コースのプレゼントに外れた方にもダブルチャンスで、
                    10名様に1,000円分のAmazonギフト券 をプレゼントいたします。
                    みなさまふるってご応募くださいませ。ヽ(´ー`)ノ
                     
                    いつもデジ埋をご覧いただき、本当にありがとうございます。
                    これからもデジ埋とそのファミリーサービス群をどうぞ宜しくお願いいたします。
                     
                    DSi、PSP、iPod nanoが当たる!デジ埋5周年大感謝プレゼント企画実施中!(12/17~1/7)


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/15 23:59


                     (2008/12/14 23:59)

                    「オフテーブル」で使えるトラックボールマウス、あと2種ほど試してみる

                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                      ■2008/11/08 [Eee Box 用無線キーボードでリベンジ!タッチパッド付きの「SKB-WLTP01SV」]
                      ■2008/12/07 [DLNAに足りないのは「包容力」だと思う - 自動認識で全てをカバーできないもどかしさ]
                      ■2008/12/13 [慣れると案外いける?! 握って使えるトラックボールマウス「ごろ寝リターンズ」]
                       
                      トラックボールマウス 「ごろ寝リターンズ」 について、
                      慣れるとなかなか使い勝手が良いというお話をしましたが、
                      実はそれ以外にも2つほど試した製品があります。
                       
                      ちなみにこのタイプの製品カテゴリを 「オフテーブル」 と呼ぶそうですね。
                      マウスはテーブルあるいはそれに代わるものがなければ利用できませんが、
                      この手のトラックボールマウスはまさにオフテーブルで利用できます。
                       
                      1つはこれ。SOHOというところの 「使えてマウスHG 4DHG/OFF-TABLE-B」
                      「ごろ寝リターンズ」などと比べると、キリッとしたガングリップ型で、
                      見た目にも判りやすい作りをしています。
                       

                       
                      しかし、これがどうも微妙です。トラックボール、ボタンともフィーリングは
                      そんなに悪くないのですが、問題はトラックボールのユルさにあります。
                      ちょっと勢いつけて 揺らすとマウスカーソルが動いて しまうのです。
                      個体差なのかもしれませんが、これではちょっと実用としては苦しい感じでした。
                       
                      続いてもう1つがこちら。DATALANDの 「Jr. TRACK2 NTB-800USK」
                       

                       
                      こちらは形としては「マウス」のほうに近づいているような感じですが、
                      これも上部のトラックボールで操作する製品です。
                       
                      トラックボールの左にあるのがホイール、それからその下にマウス左右にあたる
                      ボタン2つ、さらに奥面にも同じくマウス左右に対応するボタンが2つあります。
                      このあたりは「ごろ寝リターンズ」と同じ構成です。
                       

                       
                      こちらも1~2時間試してみました。SOHOのものよりはちゃんと使える印象が
                      ありますが、それでもいくつか問題があります。1つは各ボタンが小さくて、
                      手探りで探すという 「空振り」 の事態が多くなってしまうこと。
                       
                      もう1つはトラックボール自体が 400カウント固定 になっていて、コントロールパネル
                      のマウス設定でカーソル移動速度を最大にしてもまだ物足りないという問題です。
                      トラックボールは勢い良く回すと指を離しても進んでいくため、生粋のトラックボール使い
                      の方にとってはこのくらいがちょうど良いのかもしれませんが、いままでずっと
                      トラックボールを使ってこなかった私にとってはなかなか扱いが難しいものがありました。
                       
                      結局は一番最初の「ごろ寝リターンズ」に落ち着くことになりそうです。
                      また機会があれば色々試してみます。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/12/14 23:59


                       (2008/12/13 23:59)

                      慣れると案外いける?! 握って使えるトラックボールマウス「ごろ寝リターンズ」

                       カテゴリ : デジモノ タグ :


                        ■2008/11/08 [Eee Box 用無線キーボードでリベンジ!タッチパッド付きの「SKB-WLTP01SV」]
                        ■2008/12/07 [DLNAに足りないのは「包容力」だと思う - 自動認識で全てをカバーできないもどかしさ]
                         
                        DLNAのお話でもちょこっと出てきたのですが、私がEee Boxを購入したのは
                        「テレビサイドPC」、つまり万能メディアプレイヤーとして
                        お手ごろな価格とサイズを実現したパソコンだから、という理由でした。
                         
                        Atom N270を積んだその性能は、最新のパソコンには遠く及びませんが、
                        それでもHD動画以外の全てのメディアがそれなりに再生できるという意味で、
                        これはこれで十分目的を満たしています。今年買ってよかった機器の1つです。
                         
                        ただし、1つだけ問題になっているのが 「入力デバイス」 でした。
                        無線接続のキーボード&マウスをいろいろ試してみたものの、
                        どうにも家電をリモコンで使うようなお手軽さがありません。
                         
                        そんなとき、それならいっそ 『トラックボールマウス』 のほうが
                        使いやすい、というお話を聞きつけました。それで購入してみたのがこちらです。
                         
                        ■ごろ寝マウスの逆襲――シグマA・P・O
                        http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0611/22/news062.html
                        ■ごろねリターンズ トップページ
                        http://www.sigma-apo.co.jp/gorone/
                         

                         
                        公式サイトから音が出ますので注意してください。
                        というか、いろんな意味で 凄い公式設定 ですねこの商品。。。
                        ちなみに発売からもう2年も経っている隠れたロングセラー(?)です。
                         

                         
                        仕組みは単純で、普通の有線接続のトラックボール+ボタンです。
                        ホイールもトラックボールの上に付いています。トラックボールは光学式です。
                         

                         
                        ボタンはマウスのようなボタン2つと、引き金のように 引く
                        ボタン2つが、どちらもマウスの右左ボタンのように機能します。
                         
                        公式推奨の正しい持ち方はこうです。
                        トラックボールに親指をあて、人差し指は引き金型のボタンに掛けます。
                        中指で下部を固定します。ボタンは引き金型ボタンで操作します。
                         
                        ■持ち方(1)

                         
                        ところがこの持ち方が何とも安定しません。引き金型ボタンは
                        アイデアとしては面白かったのですが、これを引くときにどうしても
                        筐体全体を大きく揺らして しまいます。結果的にトラックボールにも
                        微妙に影響を与えて思ったところをクリックできなかったりするのです。
                         
                        ふと思ったのですが、これ、
                         
                         上下逆さのほうがよっぽど持ちやすかったりします。
                         
                        ■持ち方(2)

                         
                        こうして持つと凄く安定します。しかし、これでは上下左右が逆に動く
                        ため結局は使い物になりません。人によっては さかさまうす
                        という上下左右移動を入れ替えるジョークソフトを使って、さらに
                        ボタンの設定もコントロールパネルから入れ替え設定をして使っている
                        人もいるとかいないとかいうウワサを聞きますが、結局ホイールの上下
                        だけはどうにも逆さにならなかったため、わたしは断念しました。。。
                         
                        これは何だかもうダメか?!と思い始めたときでしたが、
                        しばらく試行錯誤しているうちに光明が見えてきました。それがこの持ち方です。
                         
                        ■持ち方(3)

                         
                        正しい上下方向に持ちながらも、引き金型ボタンは 完全に放置 を決め込み、
                        人差し指を置くの鍵型の筐体を支えるように持ちます。ボタンのほうは
                        トラックボールを動かす親指でそのまま上部のボタンを押すことにします。
                        これだとわりと安定して思ったところをクリックできるようになります。
                         
                        さらに、慣れてきて進化した持ち方(?)がこれです。
                         
                        ■持ち方(4)

                         
                        これ、最初の公式の持ち方(1)に戻ったように見えますが、実は
                        人差し指は引き金型ボタンを見ているのではなく、その向かい側にある
                        鍵型の筐体を 「内側から押し広げる」 ようにして支えています。
                         
                        このタイプの持ち方では、そもそも筐体を水平にしようとせず、
                        鍵型のほうを少し上に向けて 吊り下げるように 持つのがコツです。
                         
                        なぜ人差し指を中に入れたのかといいますと、持ち方(3)だと
                        移動とボタンを同じ親指で担当するため、ドラッグ操作 ができないからです。
                         
                        持ち方(4)では、引き金型のボタンは使わないといいましたが、
                        ドラッグするときだけ仕方なく引き金型ボタンのほうを使います。
                        これで普段は上部のボタンで快適につかいつつ、弱点も克服できるというワケです。
                         
                        そもそも、最初の持ち方(1)だと筐体の手前側ばかり持つ形になります。
                         

                         
                        そのぶんトラックボールを正面から操作できるので、一見これが正しい持ち方
                        だという気がしてくるのですが、この持ち方だとグラグラして安定しない
                        ということの他にも、ホイールまで親指が届きにくいという問題もでてきます。
                         

                         
                        しばらくすると、何もトラックボールを正面から捉えなくてもいいんだ、
                        ということに気が付いてきます。トラックボールの最上部のところから
                        親指を横から伸ばして 操作するのが一番快適でした。この位置であれば
                        トラックボールもすぐに触ることができます。筐体全体を持つような
                        手の位置になるのでより安定して一石二鳥、というワケです。
                         
                        慣れるまでにはまる1日くらい掛かりましたが、慣れてくると案外と快適です。
                         
                        結局、無線をあきらめて有線にしているのに、なぜここまでしてマウスではない
                        デバイスを選ぶのか、という疑問もあるかと思いますが、それはマウスだと
                        どうしても 「マウスをスライドさせる場」 を確保するのが難しいからです。
                        座っているときにはマウスパッドをひざで代用したり、ベッドの上で使っていると
                        勝手にずり落ちて光学センサが過剰反応したりで、なかなか一筋縄ではいきません。
                         
                        実際にマウスとこの「ごろ寝マウス」の両方並べて使ってみたのですが、
                        いまはこの「ごろ寝マウス」のほうをメインで使っています。
                        ただ、フィーリングには賛否両論があるかもしれませんね。


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/12/13 23:59


                         (2008/12/12 23:59)

                        ニコニコ動画ββ開始! ファイルサイズ上限緩和(40MB⇒100MB)の比較テスト

                         カテゴリ : 雑談 タグ :


                          ■ニコニコ動画 ( ββ ) 始動!!‐ニコニコニュース
                          http://blog.nicovideo.jp/niconews/2008/12/002135.html
                          ■ニコニコ動画が12月12日で2周年、「ββ」公開
                          http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/12/21856.html
                           
                          12/12にニコニコ動画が(冬)から(ββ)にバージョンアップしました。
                          主に プレミアム会員向けに機能追加が 行われています。
                           
                          「ユーザ生放送」 機能の開始
                          ・アップロードサイズ上限の緩和
                           40MB ⇒ 100MB、600Kbps ⇒ 1Mbps
                          ・マイリスト数上限の緩和 500件 ⇒ 12,500件
                          ・プレミアム会員のアップロードを優先エンコード
                           
                          Webカメラとマイクを繋ぐだけでコミュニティメンバ向けに生放送が
                          できるという「ユーザ生放送」も気になるところなのですが、
                          それはまた後ほど試すとして、まずは一番わかりやすい恩恵である、
                           
                           アップロードサイズ上限の緩和
                           
                          について試してみることにしましょう。
                           
                           
                          ニコニコ動画のサイズ上限には、
                           
                           (1)ビットレート上限 (ββ前: 600Kbps、ββ後: 1Mbps)
                           (2)ファイルサイズ上限 (ββ前: 40MB、ββ後: 100MB)
                           
                          という2つの上限があり、いずれかを超えるとアウトになります。
                          動画はやはり 「画質が命」 ですので、基本的にはビットレートのほうを
                          目一杯「上限」に近づけてエンコードしたいところなのですが、
                          動画の分数が長いとそうもいかなくなってきます。
                           
                          たとえばββ前までは、ビットレート上限は600Kbps、
                          サイズ上限は40MBでした。これをそのまま計算すると、
                           
                           40,000,000(byte) × 8(bit) ÷ 600,000(bit/sec) = 533(sec)
                           
                          つまり、533秒くらい=8分53秒 くらいまでなら最高画質にトライできます。
                          実際の上限値にはもう少し境界線の部分に「余裕」があるのですが、
                          おおまかな計算はこういう感じなのだ程度に考えてください。
                           
                          なお、ビットレート上限600Kbpsというのは映像と音声を両方含んだ数字です。
                          動画作成の際にはこれをどう割り振るかを考えることになります。
                          経験上、BGMを含むような動画の場合は 音声を64Kbps未満 にすると
                          それだけで耳障りになって視聴に耐えません。そこで最低でも64Kbpsを
                          音声に使うとすると、映像に使えるビットレートは せいぜい536Kbps になります。
                          私は8分以内の動画なら、映像540Kbps+音声64Kbpsという設定をよく使います。
                           
                          上記は全て「ニコ動側で再エンコされない」ようなファイルを作成して
                          うpできる人を前提として書かれています。
                          ニコ動側で再エンコされてしまったら全てが水の泡ですのでご注意ください。
                           
                           
                          さてさて、ここに1本の動画があります。長さは 12分26秒 です。
                          ββ以前ですので上記のようなファイルサイズ40MBの上限に縛られています。
                           

                           
                          さっきの方法で今度は逆算してみましょう。
                           
                           40,000,000(byte) × 8(bit) ÷ 746(sec) = 428,954(bit/sec)
                           
                          40MBいっぱいに収めるとすると、ビットレート上限は429Kbpsに落とさなければ
                          なりません。しかもこれは映像と音声を合わせたビットレートです。音声に
                          64Kbpsを取るとすれば、映像に使えるのはわずか 365Kbps しかありません。
                          実際には確か360Kbpsまで落としていたハズです。
                           
                          一方、こちらはββ後になってファイルサイズ上限が緩和された後に
                          同じ動画をアップしたものです。
                           

                           
                          ββはビットレート上限1Mbps、ファイルサイズ上限100MBです。
                           
                           100,000,000(byte) × 8(bit) ÷ 1,000,000(bit/sec) = 800(sec)
                           
                          つまり800秒までは最高レートの1Mbpsをフルに割り当てることができます。
                          ここでは軽い実験をする意味もあり、ギリギリまで攻めずに、
                          映像800Kbps+音声128Kbpsの合計928Kbps で試しています。
                           
                           
                          ご覧いただくとその差は一目瞭然です。0:47あたりから動きのある
                          レースシーンになりますが、1つめの動画では 滲んでいた部分 が、
                          2つめの動画ではほとんど滲みなく表示されています。
                           

                          再生分秒映像360Kbps+音声64Kbps
                          sm5394727
                          映像800Kbps+音声128Kbps
                          sm5528026
                          2:00
                          3:31
                          5:24
                          9:18

                           
                          こうして静止画として切り出してしまうと分かりづらいのですが、
                          動いているところを見るともうちょっと差がはっきり分かると思います。
                           
                          1つめの動画はビットレートが低いぶんが「境界線の滲み」という形で
                          強く現れています。文字(テロップ)周りなど のノイズが特に顕著です。
                          2つめの動画ではそれがある程度抑えられているのがわかります。
                          こういう細部にまわすビットレートの余裕ができているためです。
                           
                           
                          今回のバージョンアップでファイルサイズ上限100MB、ビットレート上限1Mbps
                          になったことで、かなり長めの動画もそれなりに綺麗にアップすることが
                          できるようになりました。最近は YouTubeのHD化 が話題になりましたが、
                          ニコニコ動画もHD化とはいわなくても、これでしばらくは必要十分の画質に
                          なったのではないかと思います。


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2008/12/12 23:59


                           (2008/12/11 23:59)

                          あまとも通信 - CoregaのNASキット、2.0TB構成で9万円台

                           カテゴリ : あまとも タグ :


                            木曜日は「あまとも通信」。今回は第113回です。
                             

                             
                            ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                             
                            「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
                             
                             fumichu さん、remoon さん、susu1595 さん の3名様が、
                             1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                             
                            おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                            いただきましたので、メールをご確認ください。
                             
                            プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                             
                            ※ご注意
                             Amazonギフト券送信システムに変更があったようで、なぜか「+」を含む
                             メールアドレスへの送信ができなくなっているようです。gmailでエイリアスを
                             お使いの方が当選されました場合には、「+」以降を取ったアドレスに
                             ギフト券を送付させて頂いております。何卒ご了承ください。m(_ _)m
                             
                             
                            ■今週の値下がりピックアップ
                             
                            CoregaのRAID-5対応NAS に500GBのHDDを4本詰めて2.0TB(RAID-5なら1.5TB)
                            の構成の 「CG-NSC4500GT-2.0TA」 が大幅に値下がりしています。
                             
                            12/11付けで 139,340 円 ⇒ 92,786 円 と、何と 46,554円もの値下がり です。

                            価格.comなどを見ても 最安値が13万円台 ですので、どうもAmazonだけが
                            特定の在庫を処分価格で出しているようにも見えます。もし以前から
                            気になっていた方がいらっしゃいましたら、今がチャンスかもしれません。
                             
                            モノ自体は私が使っている Promise NS4300N と全く同じです。
                            私のは運悪くスロット1が壊れてしまったのでありますが、
                            それ以外は特に不満もなく、今は3スロット構成で普通に使えています。
                             
                            ちなみにこのCoregaのラインナップには、全く同じ筐体と容量でありながら、
                            HDDが同じSeagateでも高速な 「Barracuda ES」 のチョイスになっているという
                            地味に高性能なモデルもあります。こちらはあまり値下がりしていないようです。

                            あと、HDDは自分で選ぶから 「ガワ」だけ欲しい という方はコチラ。

                            結構お安くなっていますね。私が1年ちょっと前に買ったときには
                            6.5万円 くらいだったものですが、それもいまや 3万円台前半 ですか。。。
                             
                            あれ、そうすると、500GBのHDDなんて今や 6,000円くらい で買えるから、
                            4本揃えてコレに突っ込んでも合計6万円くらいで済んでしまうのでは・・・。
                            さっきの9万円の構成よりコッチのほうがいい・・・?(*´Д`*) という話もあります。
                             
                            基本的にはPromiseのOEMですので Promise NS4300N を購入しても同じなのですが、
                            国内では流通の関係なのか圧倒的にCorega製のほうが手に入りやすいですので、
                            結局は代理店みたいな扱いになってきています。
                             
                            今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
                             


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/12/11 23:59


                             (2008/12/10 23:59)

                            RATOCから国内初の認証済みワイヤレスUSBセット、お値段は3.3万円

                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                              ■ラトック、国内初の認証済みワイヤレスUSBカード/Hubセット
                              http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1209/ratoc.htm
                               
                              以前から出る出るという話だけは出ていた ワイヤレスUSB
                              ですが、国内初の製品がRATOCから登場しました。
                              価格はハブ側とホスト側PCカードのセットで 3.3万円 です。
                               
                              使いどころが微妙に想像しにくいところもあると思いますが、
                              基本的にはノートPCから離れた場所にあるUSB機器に対して延々と
                              USBコードをひっぱり回す のはイヤだよね、というケースに
                              使うものだと思えば間違いないと思います。ただし、
                               
                               見通し5m以内 (推奨見通し3m以内)
                               
                              となっている点は注意が必要です。案外知られていませんが、
                              USB規格というのはそもそも有線でも5m以上のケーブルは規格外と
                              なっていますので、そういう意味では距離としては有線未満という
                              ことになるでしょうか。
                               
                              それから、USBのデータ転送のいくつかあるモードのうち、
                              「アイソクロナス転送」、すなわち一定期間に一定量データを送ることを
                              保証するようなモードを使う機器は無線という性質上サポートされていません。
                              具体的にはWebカメラ系、テレビチューナ/キャプチャ系 などが挙げられます。
                               
                              ニュース記事だけだとパッと判らない情報が公式ページのほうから
                              いろいろ手繰れますので漁ってみます。
                              先ほどの見通し3m以内推奨というのも公式サイトからの引用です。
                               
                              ■ワイヤレスUSB スターターキット(CardBus PCカードモデル) REX-WUSB1
                              http://www.ratocsystems.com/products/subpage/wusb1.html
                               
                              実行速度についての言及があり、USB-HDDを繋げた場合は、
                               
                               『 USB2.0ケーブル接続時の1/4~1/6程度となります。』
                               
                              という記載があります。一方、プリンタやスキャナなどでは
                              USB2.0有線ケーブル時とほとんど差がないという記載もあります。
                              要するに物理メディアの動作がボトルネックになるような機器では
                              ネットワーク側の転送速度限界を使わないので問題ないということですね。
                               
                              それから気になるのが、複数のPCで使うと どうなるのか、という点。
                              こちらは公式サイトでもすぐに情報を見つけることができないのですが、
                              マニュアルダウンロードをしてみると書いてありました。
                               

                               
                              PCカードを付け替えれば、そちらのPCをホストとして自動認識する
                              ということです。また、複数のPCカードを購入して各々挿しっぱなし
                              にした場合でも、3台までは切り替え可能 とのことでした。
                               
                              当然、USBという1:nの接続構造上、複数のホストPCから 繋ぎっぱなしで
                              使い分ける ということはできません。そのあたりも、利用シーンをよく
                              考えて導入を検討したほうが良いでしょう。
                               
                              まだまだ用途が特殊なケースに限定されるかもしれませんが、
                              こうした機器が登場するというのはそれだけでワクワクしますね。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/12/10 23:59


                               (2008/12/09 23:59)

                              いろいろ準備中です。「アレ」は断念するしかないのか・・・。

                               カテゴリ : ブログ タグ :



                                 
                                これは何でしょう。Amazonからぱらぱらと届いております。
                                詳細は後ほどお知らせいたしますが、
                                 
                                 一昨年のようなことを今年もやります。
                                 
                                告知は今週末あたりで予定しておりますので、少々お待ちください。
                                 
                                 

                                 
                                ・・・え?
                                 
                                 

                                 
                                 
                                ポメラの入手は想像以上に難関でした。
                                今から別のモノを考えないと・・・ orz


                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/09 23:59


                                 (2008/12/08 23:59)

                                KONAMIプレゼントキャンペーン、何となく気になるコース2つ・・・。

                                 カテゴリ : ゲーム タグ :


                                  ■KONAMI、アンケートに答えるとゲーム機などが当たる
                                  「コナミスタイル クリスマスキャンペーン2008」を実施
                                  http://game.watch.impress.co.jp/docs/20081209/konami.htm
                                   
                                  わたし的には、以前はあまり馴染みがなかったのですが、
                                  オトメディウスGをやりはじめて随分と馴染みが出始めたコナミ、
                                  最近は「A NEXT METAL GEAR IS...」なんてティザーを売って
                                  箱か?Wiiか?DSiか?iPhoneか?と何かとお騒がせのコナミですが、
                                   
                                  そのコナミがクリスマスプレゼントキャンペーンを開始しています。
                                  同社のコナミIDを取得してアンケートに答えると抽選で当たる、
                                  という一般的なプレゼント企画です。そのプレゼントのコースが
                                  こんな感じになっています。全部で12コース もあります。
                                   
                                   ・PSP-3000&サイレントヒルセット
                                   ・みんなでワイワイWiiセット
                                   ・NINTENDO DS Liteでどこでも魔法セット
                                   ・Xbox360でやりこみシューティングセット
                                   ・PS3で本格サッカーセット
                                   ・クイズマジックアカデミー大満足セット
                                   ・ここからはじめるKONAMIアニメDVDセット
                                   ・大満足!コナミスタイル専売CDセット
                                   ・大満足!コナミスタイル専売DVDセット
                                   ・beatmania IIDS アーケードスタイルコントローラセット
                                   ・ギターフリークスアーケードスタイルコントローラセット
                                   ・iPod touchで音楽三昧セット
                                   
                                  普段なら 「ふーん」 で終わりそうなところなのですが、
                                  その中でふと目に付いたものが2つほど。
                                   
                                  ・Xbox360でやりこみシューティングセット

                                   
                                  「Xbox360エリート」と 「オトメディウスG」 のセットです。
                                  このプレゼント企画にはDS、PSP、Wii、PS3、Xbox360とひととおりの
                                  ゲーム機にそれぞれ応募コースが作られているのですが、Xbox360の
                                  セットは「オトメディウスG」でした。嬉しいやら微妙やら。
                                  他のコースと違って 一般人が寄り付きそうもない と評判です(おい)。
                                  Xbox360にも ウイニングイレブン は発売されているのですが、
                                  セット相手はPS3に取られてしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
                                   
                                  それはさておき、もう1つはコレです。
                                   
                                  ・ここからはじめるKONAMIアニメDVDセット

                                   ・鋼鉄三国志 Vol.1(DVD)
                                   ・ときめきメモリアル OnlyLove DVD Vol.1(DVD)
                                   ・極上生徒会 Vol.1(DVD)
                                   ・BLUE DRAGON 1(DVD)
                                   ・ドラゴノーツ ‐ザ・レゾナンス‐ Vol.1(DVD)
                                   ・セイントオクトーバー Vol.1 (DVD)
                                   ・おとぎ銃士 赤ずきん Vol.1 (DVD)
                                   ・TV版 スカイガールズDVD 1巻(DVD)
                                   
                                   
                                  すべて DVDの「1巻」だけって・・・。
                                   
                                  当然ながら1巻だけ見ても続きは判らないままなワケで、
                                  どちらかというとこのコースだけ「プレゼント」というよりは
                                  「販促セット」? という気がしないでもありません(;´Д`)
                                   
                                  私としては、オトメディウスGのDLCは無事に出てくれるのか、それだけが
                                  今は心配です。年明けでも何でも、じっくりお待ちしております。


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/12/08 23:59


                                   (2008/12/07 23:59)

                                  DLNAに足りないのは「包容力」だと思う - 自動認識で全てをカバーできないもどかしさ

                                   カテゴリ : デジモノ タグ :


                                    先日、友人からこんなことを聞かれました。
                                     
                                    『パソコンを立ち上げっぱなしにしなくても、PS3とか液晶テレビ
                                     とかから再生できるような メディアサーバ みたいなのって
                                     作れないかな。そういうNASとか買えばいいの?』
                                     
                                    私はPS3を持っていないのでわかりませんが、同じようなことをいろいろ
                                    考えた挙句に結局 EeeBoxの購入 に至った私としては、
                                    答えはどうしてもこんな感じになってしまいます。
                                     
                                    『そうなると DLNA対応のNAS を買えばある程度はイケるかもね。
                                     ただ、持ってるライブラリの中に非対応のフォーマットが
                                     あったりしたらお手上げだし、再生クライアント側も非力で
                                     使い勝手がいまいちなことが多いから、PCに慣れちゃった人なら、
                                     「テレビの横にミニPCを置く」 というほうが幸せになれるかもね?』
                                     
                                    これは私の偽らざる気持ちです。その経緯もデジ埋ではいくつかご紹介してきました。
                                     
                                    ■2008/07/06 [Xbox360 の MediaCenter機能で DivX のファイルを再生する]
                                    ■2008/07/08 [最近知った映像ばなし(1) Xbox360のメディアサーバになれる「TVersity」]
                                    ■2008/09/27 [延期になっていた「Eee Box」の発売日が決定、思ったより早く10/2(木)に登場]
                                    Xbox360やDLNA対応機器なども色々検討してみましたが、結局、操作性や対応フォーマット に全く制約がないPCに勝るものはないという結論に至りました。
                                    ここで始皇帝氏^H^H^H^H思考停止するのもちょっとモッタイナイので、
                                    もうちょっと 追加検証 してみることにします。我が家にはあれから
                                    BRABIA F1 なんていうDLNAクライアントも増えましたし、Xbox360 の
                                    新アプリ「Photo Party」を使うときにWindows Media Player 11 の
                                    共有機能(DLNAサーバ機能)を使うことも覚えました。
                                     
                                    では、今あらためて、DLNAサーバは「どんな感じ」なのでしょうか。
                                     

                                     
                                    WMP11で共有フォルダを作って、こんなファイルを置いてみます。それぞれ、
                                    MPEG4(H.264)、MPEG-1、MPEG-2、AVI(DivX) のファイルです。
                                    これはある程度良心的なテストセットだと思います。どれも一般的なファイルです。
                                    (個人的な要望からいえばFLVとか置きたいところなのですが、やめておきます)
                                     

                                     
                                    では、Xbox360 からビデオ⇒PC名を選んで確認してみましょう。
                                     

                                     
                                    「ビデオがありません」
                                     
                                     
                                    そうですか。いい度胸してますね(#^ω^)
                                     
                                     
                                    では続いて BRAVIA KDL-40F1 です。
                                     

                                     
                                    クロスメディアバーからビデオのところを開くと、PC名が表示されています。
                                     

                                     
                                    MPEG-2のファイル1つだけ が見つかりました。
                                    MPEG4(H.264)、AVI(DivX) のファイルが見つからないのはまだしも、
                                    MPEG-1のファイルも見つけることができません。
                                    1つ見つかっただけでもXbox360よりは進歩なのかもしれませんが・・・。
                                     

                                     
                                    実際に再生をしてみると、、、
                                    ちゃんと再生できることはできるのですが、基本的に シークは全く役に立ちません
                                    シークバーで好きな位置には飛べないのはもちろんのこと、早送り、巻き戻しも
                                    何だか 10秒くらい早送りしたら3秒先に飛べた、みたいなひどい有様です。
                                     
                                    おそらく機能がないワケではなくて、ファイルの中身が微妙にBRAVIA F1側の
                                    想定していない仕様ズレか何かを持っていて正しく処理できないのでしょう。
                                    こういう「ちょっとでも相性がズレるとまともに機能しない」というのは
                                    非常によく見かける光景です。
                                     
                                    では、映像ではなく音楽データの世界ではどうでしょうか。
                                     

                                     
                                    MP3 なんかは非常にスムースに認識されます。認識率100%といっても良いくらいです。
                                    WAVも問題ありません。もちろん、音楽データの世界もAACとかWMAとかATRACとかを
                                    試し始めたらキリがないのですが、音楽の世界は実質はMP3がしっかり認識されれば
                                    かなり合格点があげられるのではないかと思います。
                                     
                                    画像データも事情は似たようなものです。
                                     

                                     
                                    デジカメ写真などの世界では実質 JPEGが標準 となり、JPEGさえ100%サポートできれば
                                    実用上は問題ないと言えるくらいまでシェアが高まっています。フォトライブラリを
                                    開いて見ても、「とりこぼし」はほとんどなく良好に使えます。
                                     
                                    ということで、実は 映像データの世界だけが特殊 なのだと見ることもできるのですが、
                                    そうはいってもメディアサーバを置きたい人のかなりの割合が映像使いたいということに
                                    なるでしょうから、ここをクリアしていけないと「オススメ」とはとても言い切れません。
                                     
                                     
                                    ひと言でいうと、DLNAに足りないのは 「包容力」 です。
                                     
                                     よく使われるフォーマットは、放っておいても全部「自動認識」 されるよ!
                                     
                                    という細かい詰めをし切れない部分がDLNAの最大の弱点といえます。
                                    あっちで撮ったやつは見られるけど、こっちで撮ったやつはダメみたい、
                                    なんていうのはあくまで 「マニアの苦労」 の世界であって、一般人からすれば
                                    「見れねー」⇒「つかえねー」 で一蹴されるべき事態です。
                                     
                                    たとえば DivX なんていうのは「マニア野郎乙!」で片付けられないことはありません。
                                    でも MPEG4(H.264) なんていうのは、昨今のムービーが使えるデジカメを使うと
                                    当たり前のように作られるデータです。映像はあまりにもサイズがかさばるために、
                                    少しでも小さいサイズで高画質を得ようと日々進化が続けられています。
                                     
                                    そうやって進化していったデータに次々に対応していかないと、メディアサーバ
                                    としての「お役立ち度」はどんどん下がっていってしまうわけです。
                                    一昔前のように「MPEG-2が事実上の標準 だから、それさえ再生できれば大丈夫」
                                    みたいな認識はもう通用しません。
                                     
                                    DLNAの問題は、再生側が組み込み機器であるが故に、新しいフォーマットに
                                    全く追随できない という点です。私が「テレビの脇にPCを」というソリューションを
                                    薦めるのもここに理由があります。PCであればパワーが有り余っているために、
                                    コーデックを入れてソフトを変えれば新しいフォーマットにも楽々と追随できるからです。
                                     
                                    DLNAでも TVersity のようにDLNAサーバ側でひたすらトランスコードしてやるソリューション
                                    もありますが、上述のようにDLNAクライアント側はプレイヤーとしても進化が止まった
                                    存在のため、サーバ側でそこまで苦労してあげる甲斐もあまりないという気がします。
                                     
                                    いっそのこと、Eee BoxのようにAtom PCがべらぼうに安く作れるようになった今、
                                    薄型テレビにPC-BOXを内蔵して 各社でリモコン向け専用UIを作るほうが
                                    よほど使い物になったりするのかもしれません。
                                     
                                    そうすれば NASのフォルダを直読み して一般的な「ファイル管理ソフト」のような
                                    UIからファイルを選択して再生したりスライドショーしたりすることができますし、
                                    新コーデックへの対応も 自動アップデート で行うことができるでしょう。
                                    MPEG4だろうがFLV(VP6)だろうがMotionJPEGだろうが問題なく再生することができます。
                                     
                                    今はまだEee Boxをテレビの隣に置くことくらいしかできませんが、
                                    DLNAを駆使してメディアサーバを作るときの気苦労と、その結果として得られる環境の
                                    快適さの欠如を考えると、あらためてPCの偉大さというのを実感せずにはいられません。
                                    PCが安くなった今、メディアプレイヤーの意義にも変化が求められるのかもしれません。


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (6) | トラックバック (0) | デジモノ | 2008/12/07 23:59


                                     (2008/12/06 23:59)

                                    オトメディウスGのゴージャスモード、2周目からあまりヌルゲーではない件

                                     カテゴリ : ゲーム タグ :

                                    ■2008/11/24 [気晴らしにサクッと遊べる!お手軽シューティング「オトメディウスG」]
                                    じっくりたっぷり遊べる大作ソフトも良いですが、それもさておき、ちょこっと 気晴らしに遊べる良ゲー というのはとっても貴重ですね。
                                    ということで、最近はゲームというとForza2の次に遊んでいるのがコレ、
                                    オトメディウスG です。最近ようやくNORMALモードでゴージャスモードを
                                    1周できるようになりました。ただしティタ限定ですが・・・。
                                    ティタのワイドオプションは好きな角度に打てるので便利ですね。
                                     

                                     
                                    さて、そんなワケでヘロヘロになりながらNORMALモード2周目に入ることが
                                    できるようになりました。ランキングも1,900位くらい。ヘタレな私には
                                    このあたりが限界です。で、ここにきて初めて身を持って知ったのですが、
                                     
                                     オトメディウスGの2周目は1周目と全く別物 ですね (;´Д`)
                                     
                                    ゴージャスモードは全部で6ステージあって、6ステージ目の大ボスを倒すと、
                                    「2周目」に入ります。とはいってもステージ構成は1周目と全く同じなのですが、
                                    2周目からは敵の数や弾幕の量が桁違いに増えます。
                                     
                                    ■NORMALモード、1周目のステージ1

                                    Get the Flash Player to see this player.


                                    ■NORMALモード、2周目のステージ1

                                    Get the Flash Player to see this player.


                                    こんなに違います。2周目はパワーアップが全部そぎ落とされて始まるのですが、
                                    1周目のように呑気にカプセルを取っていられません。それどころか 大量の弾を
                                    よけるのが精一杯 で、敵の数を減らせず、さらに弾幕にさらされるという
                                    悪循環に落ちていきます。この弾の数は正直いって何の冗談かと思いました・・・。
                                     
                                    オトメディウスというと、シューティング得意な方からすると、
                                    「あぁ、萌えで釣ったヌルゲーでしょ?」という印象が強いかと思いますが、
                                    意外にシューティング好きな方からもそっぽを向かれていないのは、
                                    この 2周目以降にやりごたえがある からだといっても過言ではありません。
                                    ウデに覚えのある方だと、1周目は 「肩ならし」 のような扱いらしいですね。
                                     
                                    ということで、シューティングで鍛えたウデをお持ちの方も、
                                    この2周目以降をどこまで攻略できるか頑張ってみるのも面白いのでは
                                    ないでしょうか。世の中には 4周目とか5周目 に突入していて
                                    「むしろアナタが大ボスでしょ!」 みたいな方もいらっしゃるようです。
                                     
                                    私は1周目だけで精一杯なのですが、最近、道中とボス戦で武器を使い分けることを
                                    覚え始めました。ボス戦では威力を集中できるノーマルレーザが好きなのですが、
                                    道中では リップルレーザ をLv.2かLv.3で保っておくとかなり楽ができます。
                                     
                                    ■リップル無双

                                    Get the Flash Player to see this player.


                                    ・・・これはこれで 何の冗談だと思う光景 なワケですが、
                                    やってるほうは結構楽しいものです。


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | ゲーム | 2008/12/06 23:59


                                     (2008/12/05 23:59)

                                    OSTERさんの「みくのかんづめ」と、livetuneさんの「Re:package」、商品性の違う2作品

                                     カテゴリ : 雑談 タグ :


                                      OSTER Project feat. 初音ミクのCD 「みくのかんづめ」 を購入しました。
                                       

                                       
                                      オスターさんといえば 「恋スルラジオ」 略して「恋ラジ」が
                                      有名ですが、ボーカロイド作曲家としても「ミラクルペイント」などの
                                      大ヒットを飛ばしている本格派のクリエイターさんです。
                                       

                                       
                                      どちらかというとオーソドックスなポップスよりも、ハイピッチな
                                      ジャズミックス を得意としてされている方で、私も「ミラクルペイント」
                                      で曲作りとしてのOSTERさんのファンになったクチです。
                                       

                                       
                                      全18トラックですが、イントロが1曲、トークが5曲 ありますので、
                                      実質12曲入りですね。あと最後の1曲はぼかろが5人勢ぞろいします。
                                      正直、CDというメディア上ではトークで魅せることはちょっと
                                      難しかったという印象はあります。たぶん「恋ラジ」のように
                                      好き勝手できなかったのでしょう。。。でもそれを差し引いても
                                      曲の素晴らしさだけで十分価値があります。
                                       
                                      私はOSTERさんの曲を全て追いかけているワケではありませんので、
                                      どれが未発表曲かは判らないのですが、トリをつとめる名曲
                                      「ミラクルペイント」はもちろんとしても、中盤で鏡音リンが
                                      フィーチャーされた2曲、「RING×RING×RING」
                                      「ちょこまじ☆ろんぐ」 には度肝を抜かれました。
                                      この2曲だけでもわたし的には買った価値がありました。
                                       
                                      というかリンが 「とかち」すぎるwww いや、もちろん声は
                                      とかちなのですが、何というかOSTERさんのピッチベンドの使い方?で
                                      ものすごく「とかち」になるのがおかしいやら何やら。
                                      曲もハイ・クオリティでキャッチーなメロディラインがたまりません。
                                       
                                       
                                      ちょっと振り返ってみると、初音ミクの音楽CDといえば、
                                      8月に発売されたlivetuneさんの 「Re:Package」 でした。
                                       

                                       
                                      もちろん持っているワケですが。
                                       
                                      この2枚を比べてみると、その売り方というか訴求の違いというのが
                                      クッキリと浮き彫りになっています。ご覧の通り、「Re:Package」
                                      のほうはジャケ絵からしてできるだけ
                                       
                                       アニメチックにならないように細心の注意が払われ
                                       
                                      ています。曲のほうも音声にスウィープがいっぱい掛かっていて、
                                      「機械の声が喋る!」 という驚きを体感してください的な演出で
                                      統一されているような感じです。
                                       
                                      それに対して「みくのかんづめ」のほうはどう考えても、
                                       
                                       「初音ミクファン」をターゲットに作られている感じ
                                       
                                      がします。パッケージからしても、初音ミクという「キャラ」があって、
                                      それを愛でることを前提としている商品作りになっている印象です。
                                       

                                       
                                      どちらが良い悪いということは全然なく、ただ、こうやって
                                      ターゲッティングがまったく逆を向いているのも非常に興味深いな
                                      と思ってこの両者のCDを比べて見ていました。ミクファンの方は
                                      ぜひどちらもお手にとって楽しんでみてください( ・∀・)σ


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2008/12/05 23:59


                                       (2008/12/04 23:59)

                                      あまとも通信 - 16GBのSDHCカードは3千円以下が相場に?!

                                       カテゴリ : あまとも タグ :


                                        木曜日は「あまとも通信」。今回は第112回です。
                                         

                                         
                                        ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                                         
                                        「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
                                         
                                         highland さん、masayuki さん、takesan さん の3名様が、
                                         1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                                         
                                        おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                                        いただきましたので、メールをご確認ください。
                                         
                                        プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                                         
                                         
                                        ■今週の注目アイテム
                                         
                                        A-DATAの16GB SDHCカードが値下がりしています。
                                        12/5付けで 5,516円 ⇒ 2,980円45%の値下がり です。

                                        EeePCバージョンみたいになっていますが、これは単なるブランディング
                                        の違いだと思います。普通のA-DATAのカードも売っていますが、
                                        マケプレではやはり 3千円付近 になっています。

                                        ちょっと他のカードも見てみましょう。このSDHCの16GBというのは凄く
                                        お買い得なラインになってきていて、32GBのカードがまだ1万円台後半から
                                        2万円台にあるところに、16GB は 3~5千円付近 で手に入れることができます。
                                         
                                        まずは上海問屋。価格表示が無しになっていても、
                                        マケプレでは商品が存在しています。

                                        Transcend、Kingston、それから、PhotoFast。
                                        KingstonはClass4ですが。。。

                                        ちょっと目に付いたのはVerbatim (三菱化学メディア)
                                        どこかのOEMか何かなのでしょうかね?

                                        ちょっと信頼性はどうなの・・・という方にはIO-DATA、BUFFALO。
                                        BUFFALOに比べてIO-DATAが妙に安いのはいつも気になるのですが・・・。

                                        今後ともあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
                                         


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2008/12/04 23:59


                                         (2008/12/03 23:59)

                                        「Eye-Fi Share」はAmazonにも正規品が登場・・・あれ、自社でマケプレ出店?!

                                         カテゴリ : メモリ タグ :

                                        ■2008/09/23 [話題の「Eye-Fi」ついに日本上陸予定!? デジカメ撮影⇒無線LANでアップロード]
                                        ■2008/10/21 [Amazon に Eye-Fi が登場?! ただしマケプレの「輸入品」取り扱い商品]
                                         
                                        このブログでも何度かお伝えをしてきた Wi-Fi自動転送SDカード
                                        「Eye-Fi」ですが、ようやく日本国内での動きが出てきたようです。
                                         
                                        ■アイファイジャパン、無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」を国内発売
                                        http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2008/12/03/9763.html
                                        現在は日本での技術認証の認可待ちで、認可が下り次第順次出荷するとしている。年内は直販サイトをはじめ、オンラインストアのみの取り扱い。メモリーカード容量は2GB。価格は9,980円。USBリーダーが付属する。
                                        相変わらず発売日は決定していないようですが、例の電波関係の認可を
                                        待っている状態のようで、認可が下り次第発売開始ということになっています。
                                         
                                        価格は9,980円。これは当初の予想よりかなり安い価格なのですが、
                                        おそらくは 急激な円高 を受けて価格設定が国内ユーザに
                                        ちょっと有利に働いたのではないかと想像します。
                                         
                                        さて、その「Eye-Fi Share」は、早速 Amazonにも正規品が 登場しています。

                                        ちょっと注意して見たいのはこの部分です。
                                         

                                        この商品は、アイファイジャパン株式会社 が販売、発送します。
                                         
                                        Amazonに卸しているのではなく、
                                         
                                         アイファイジャパンがAmazonマーケットプレイスに出店して
                                         
                                        自分で売るスタイルを取っているのですね。このスタイルですと
                                        「あまとも」では価格変動がチェックができませんのでご注意ください。
                                         
                                        というか、価格変動を知る以前に、予約注文自体はいまでも受付中でして、
                                         

                                        オンライン限定の予約販売です。製品が準備でき次第、随時発送いたします。予定数を超えた場合は、予約販売を締め切る場合があります ので、ご了承ください。
                                        つまり、正式に発売認可が下りてから注文したのでは 第一回の出荷在庫に
                                        ありつけない可能性 もある、ということになります。もちろんそこまで
                                        注文が殺到するのかどうかはわかりませんが、首を長くして待ち望んで
                                        いた方はお早めに注文をしておいたほうが良いのかもしれません。
                                         
                                         私ももちろん、速攻で注文を完了しました!
                                         
                                        だって私も何ヶ月もずっと待っていた一人ですから(´・ω・`)
                                         
                                        早く認可が下りてスムースに販売が行われることを願っています。
                                        今の状況だと、ギリギリ年内に間に合うかどうか というところでしょうか。


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2008/12/03 23:59


                                         (2008/12/02 23:59)

                                        「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!

                                         カテゴリ : ブログ タグ :


                                          管理人のCKです。こんにちは(・▽・)ノ
                                          デジ埋の開設記念日は2003年の12/2です。本日でめでたく、
                                           
                                           デジ埋は 開設5周年 を迎えました。
                                           
                                          これもひとえにご覧くださっている皆さまのおかげです。
                                          本当にありがとうございます。<(_ _)>
                                           
                                          一日1記事の更新を まるまる5年、延々と続けるというのも、
                                          振り返って考えてみると相当なことでした。
                                          総記事数は1,957。過去記事リスト をさかのぼっていくと、
                                          もはや 遠い昔のこと が書いてあるように感じます。最初の頃は
                                          初代 Xacti C1 とか初代 gigabeat G20 とか色々ありましたね。。。
                                           
                                          今後とも精力的に活動を続けていきますので、「デジ埋」そして
                                          そのファミリーのサービス群も、どうぞ宜しくお願いいたします。
                                           
                                           
                                           
                                          さて、開設○周年記念といえばやはりコレです。
                                           
                                           この1年間に購入してきたデジモノのリスト
                                           
                                          です。「続きを読む」をクリックすると全て表示されます。
                                          買うぜ~、超買うぜ~。
                                           
                                           ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                                          » ... 続き(記事全文)を読む
                                           "「デジモノに埋もれる日々」開設5周年 - 本当にありがとうございます!"


                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (4) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/02 23:59


                                           (2008/12/01 23:59)

                                          デジ埋2008年11月のpv上位リスト

                                           カテゴリ : ブログ タグ :


                                            2008年11月の「個別記事ページ、PVダービー」です。
                                            個別記事へのアクセスの多さは、ほとんどの場合、有名な
                                            外部サイト様からリンクを頂けたことを意味しています。
                                            その旨深く御礼申し上げます。
                                             
                                            11月は 「DSi」 の発売、Xbox360の新ダッシュボード
                                            「NXE」 の登場、それからハンファのNASキット
                                            「WDN-2000」 の記事が上位を占めました。
                                             
                                            DSiは普通にDSとして使っています。逆にいうとそれ以上でも
                                            それ以下でもないというのが現状です。DSiチャンネルが機能
                                            してきて、DSiならではの活かし方ができてくればまた状況は
                                            変わってくると思いますが、今のところは
                                             
                                             「ちょっと大人っぽいデザインのDSLite」
                                             
                                            だと思えばまちがいないと思います。(ただしGBAスロットが無い点は注意)
                                             
                                            Xbox360の新ダッシュボード「NXE」はウワサに違わぬ実力で満足です。
                                            HDDインストール機能によってXbox360特有の ドライブ回転音から
                                            開放された のはXbox360ユーザにとって何よりの福音でした。
                                            アバターやパーティといった機能も、案外すんなりとフレンド間の
                                            コミュニケーション手段として馴染んできています。
                                             
                                            ヘタをすると、オンラインでのコミュニケーションという意味では
                                            Wiiのアバターより役に立って いたりするのかもしれません。
                                            Xbox LIVEがオンラインの分野で先行していることは間違いないでしょう。
                                             
                                            ハンファのWDN-2000は、とにもかくにも動くようになってよかった、
                                            ということで、今のところはそれ以上の奇抜な活躍はさせずに
                                            予備NAS といった扱いで運用させています。もうちょっと時間が取れたら
                                            Apache+PerlでWDN-2000上に 簡単なサービスを実装 してみて
                                            挙動を確かめてみたいと思っているのですが、今はちょっと
                                            他のことに手一杯でそこまで手が回りません・・・(´・ω・`)
                                             
                                            今月もマッタリ更新していきますので、宜しくお願いいたします。
                                             
                                             
                                            ■2008年10~11月記事のみの順位(上位15位まで)

                                            順位pv日付エントリ
                                            2.31202008/10/12Xbox360 の秋アップデートは11/19に決定! 肝心のHDDインストール機能は・・・?
                                            6.17652008/11/03いくぜ!増量18枚「ニンテンドーDSi」写真館 - 高級感のある手触り
                                            9.13682008/11/05SuperGT最終戦に「鏡音リン・レン」、まさかの優勝候補「レオパレスZ」で登場!
                                            11.12202008/10/29ハンファから多機能NASケース「WDN-2000」 - いろいろ付いて MySQL ? telnet ?
                                            12.10782008/11/01Panasonicが三洋の買収計画? Panasonicの中にXactiの居場所はあるのか?
                                            13.8342008/10/10Amazonの配送ミス? 届いたのが「他人の注文した商品」でしたの巻
                                            15.7692008/10/23あまとも通信 - DSiが転売屋パラダイス、一方のPSP-3000は・・・値下げ?!
                                            17.6172008/10/17自宅の無線LANとWEPからWPA(AES)に変更、一部の機器に買い替え発生
                                            19.5682008/11/11ハンファのNASケース「WDN-2000」、HDDフォーマットエラーで先に進めない!!
                                            22.5542008/10/27ニンテンドーDSiの在庫が出現! 転売屋もシビレを切らせて値下げ?
                                            23.5502008/11/04ニンテンドーDSiファーストインプレッション - ひととおり触ってみた動画
                                            27.5162008/11/22Xbox360で「フォトパーティ」が面白い! HDDインストールも快適
                                            28.4992008/10/20無線LAN-AP「WZR-AGL300NH」を試す - 倍速モードで60Mbps超え
                                            32.4402008/11/18Xbox360に死角なし!? 新ダッシュボード「NXE」がいよいよ見参!
                                            34.4292008/11/13あまとも通信 - 4GBのUSBメモリはもう980円でアタリマエの世界へ。
                                             
                                             
                                            ■総合順位(上位15位まで)
                                            順位pv日付エントリ
                                            参考32843
                                            トップページ
                                            参考122287
                                            月間PV合計
                                            1.32732005/11/09iPod向け動画変換は「携帯動画変換君」で万事解決か!!
                                            2.31202008/10/12Xbox360 の秋アップデートは11/19に決定! 肝心のHDDインストール機能は・・・?
                                            3.27022005/10/04玄人志向のSATA→IDE変換ボード「SATAD-IDE」を試してみる
                                            4.18932008/09/17東芝から新しく登場した「D-H320」は、HDDしかない「TS保存再生機」?!
                                            5.17932008/09/29海外サイトでXbox360のJasper版の報告有り? ただし見分け方はサッパリ不明
                                            6.17652008/11/03いくぜ!増量18枚「ニンテンドーDSi」写真館 - 高級感のある手触り
                                            7.16432008/09/20デュアルコア「Atom 330」のマザーボードが登場 - Atom 230 (N270) の立場は・・・
                                            8.15022008/07/23Xbox360 買うなら「エリート」? それともと「アーケード+増設HDD」?
                                            9.13682008/11/05SuperGT最終戦に「鏡音リン・レン」、まさかの優勝候補「レオパレスZ」で登場!
                                            10.13632007/05/08REGZA 32Z2000 でHDMI接続 - 32型テレビにパソコン画面を!
                                            11.12202008/10/29ハンファから多機能NASケース「WDN-2000」 - いろいろ付いて MySQL ? telnet ?
                                            12.10782008/11/01Panasonicが三洋の買収計画? Panasonicの中にXactiの居場所はあるのか?
                                            13.8342008/10/10Amazonの配送ミス? 届いたのが「他人の注文した商品」でしたの巻
                                            14.8242007/01/07自分のページにお手製の Flash Movie (FLV) を貼り付ける方法
                                            15.7692008/10/23あまとも通信 - DSiが転売屋パラダイス、一方のPSP-3000は・・・値下げ?!


                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2008/12/01 23:59

                                            « 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

                                             
                                            デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks