Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/09/18 23:59 - 2004/09/18

光学手ぶれ補正の感触や如何に!DMC-FX7を触ってみる

カテゴリ : デジカメ タグ :

◆◆ 『 デジモノREVIEW 』 ◆◆ にトラックバック!
デジモノ記事を沢山たくさん募集中です。貴方のblog記事も是非!
 
さて、勢いで購入したFX7ですが、早速その実力を垣間見て
みることにしましょう。購入価格はヨドバシで52,800円(-ポイント18%)
でしたので、実質43,300円程度ということになります。小型カメラという
ジャンルの中ではハイエンドと言っても良いお値段です。
 
大きさで言えば単焦点機に譲るのはモチロンですが、ズーム機である
SonyのT1/T3、KONICA-MINOLTAのXg/X50などに比べても厚みが目立ちます。
そこはそれ、「光学手ぶれ補正搭載だし」と納得するしかありません。
右の写真は手持ちのDiMAGE F100、Xacti C1と並べた際の大きさ比較です。
これは流石に比べる相手が甘い 気もしますが( ̄▽ ̄;)
FX7の小型さが際立っているのは確かで、機動力はありそうです。
 
背面には機体一杯に広がる2.5インチLCDを搭載。しかし噂どおり
このLCDの解像度が微妙に粗い感じで、撮った写真を
その場でキレイに楽しむという用途には今一歩ですが、LCDをファインダー
として捉えれば、撮影時の対象物が大きくハッキリ見えるのは歓迎です。
 
そしてFX7といえばやっぱり「光学式手ぶれ補正」。マニュアルを見ると、
手ぶれ補正にはOFF/MODE1/MODE2の3種類があり、機体上部のボタンで
容易に切り替えることができます。MODE1は常時補正で望遠に強く、
MODE2はシャッター時補正で暗部に強いとのことですが、使う側からすると
両者の差はフィーリング程度の感触かもしれません。
 
肝心の補正はまずまず良好。小型カメラで室内フラッシュ無しの場合、
「あ、今シャッター時にちょっとブレちゃったかな?」
と感じるときは大抵ブレが出ていたのですが、そういったケースの
半分くらいが補正に救われているイメージです。逆に言えば
ダメなときはやっぱりダメなのでありまして、効く時と効かない時の
差は状況に応じてフルオートで変わるシャッター速度の影響なのでしょう。
 
ただ、DiMAGE Xを使って以来ずっと感じていた「小型はブレだらけ」
という不安は、このFX7ではかなり和らいだと言えます。
デジモノの写真を撮る際、Xacti C1でマクロ撮影をすると
 
 20枚くらい撮って当たりは5枚 (2~3割)
 
とか普通に有り得るのですが、FX7では5割くらい「当たり」を出してきます。
この「+α」の重要性を感じられれば、FX7はオススメの機種と言えるでしょう。
 
ただ、バッテリの弱さには注意。「これくらいならブレるかな?」
などと試し撮りしまくっていたところ、100枚に行く前に根を上げて
しまいました。できればバッテリ2個を交代制で使いたいところです。



CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2004/09/18 23:59


« 昨日まで散々迷っていたのですが・・・

トップに戻る

本家(Doblog)はそのまま、ミラーを移転中(TypePad→MT3.01) »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks