Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/07/30 20:00 - 2011/07/26

SH-12C用の3200mAhバッテリ「MUGEN POWER HLI-SH12CXL」さすがに巨大だが・・・。

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2011/07/06 [SH-12C用1600mAhバッテリ MUGEN POWER「HLI-SH12CSL」が届きました。]
■2011/07/08 [SH-12C用の3200mAh大容量バッテリ登場! 専用カバーの「バスタブ」構造]
 

 
ケータイのサードパーティ製大容量バッテリメーカーとして有名な
MUGEN POWER ですが、docomo AQUOS PHONE SH-12C 用として
1600mAhの 「HLI-SH12CSL」 に続き、3200mAhバッテリ 「HLI-SH12CXL」
発売されました。元々8月上旬発送予定とのことだったのですが、
思ったより早く7月下旬に手元に届きましたのでご紹介していきましょう。

 

 
純正の1240mAhから容量30%アップだけだった1600mAhの「HLI-SH12CSL」では、
バッテリだけを取り替えてカバーは純正のものをそのまま使ったのですが、
純正の2.6倍 にもなる3200mAhの大容量を詰め込んだ「HLI-SH12CXL」では、
もはや純正カバーでは収まりません。そのため、専用のカバー が付いてきます。
 

 
純正のカバーと比べるとこのくらいの厚みの差があります。
私はXperia SH-01B用の大容量バッテリでもこのMUGENPOWRの
俗にいう 「バスタブ」構造 のバッテリを使ったことがありますので、
それほど違和感はなかったのですが、初めて使われる方は
この厚みにはちょっとビクッとするのではないかと思います。
 

 
実際に中に詰め込むバッテリはこちら。一番下が純正、その上が
1600mAhの「HLI-SH12CSL」、そして一番上が3200mAhの「HLI-SH12CXL」です。
3200mAhではまさにそのまま 純正の2本分くらいの厚み になっています。
 

 
実際に取り付けてみるとこんな感じです。スマートさが1つのウリだった
SH-12Cですが、3200mAhのバッテリを載せるとさすがにスマートさの面影が
まったくありません。重さも かなりズシッとくる ようになります。
 

 
裏面から見たところです。当然SH-12C専用設計ですので、
3Dカメラのレンズ部もしっかり配慮されています。
実際に写真を撮ってみてもケラレなどは全くありませんでした。
 
ということで、早速充電して使ってみようと思いますが、
前回もご紹介しましたとおり、この3200mAhの「HLI-SH12CXL」には
充電が一気に進まず、何度か自動停止するという仕様があります。
 
■2011/07/09 [SH-12C用3200mAhバッテリ「MUGEN POWER HLI-SH12CXL」は怪しいクセがあるらしい・・・!]
メーカーから電池の充電方法に関して重要な報告が来ましたのでご連絡させて頂きます。
SH12Cのファームウェアがアップデートされれば下記の問題は解決されるようですが、
現時点ではこのような手順が必要となります。
(中略)
【電池を充電する際に必要な手順について】
1. SH12C本体の電源を入れたまま充電をしてください
2. 約2時間で76%充電され、自動的に充電がストップします。
3. 一旦電源を抜き再度差し込む。約1時間で92%充電され自動的に充電がストップします。
4. 一旦電源を抜き再度差し込む。約1時間で95%充電され自動的に充電がストップします。
5. 一旦電源を抜き再度差し込む。約2時間で100%充電され充電終了となります。

 
MUGEN POWERの説明書、というか注意書きにも全く同じことが記されていました。
 

 
で、私の手元に届いたバッテリを最初にSH-12Cに挿し込んでみたところ、
残量は 「68%」 と表示されたのですが、そこから充電を開始して放置していたところ、
 
 確かに 残量「94%」のところで充電が停止 していました。
 

 
その後、AC充電ケーブルを一度抜いてからまた挿し込むと充電が再開され、
2度目で見事 100%まで到達 することができました。ということで、
説明書きにあった「92%」「95%」といった数字そのものに意味があるという
ことではなく、ある一定時間の充電をすると自動停止が働いてしまうような
そんな挙動をするようです。
 
あらかじめ聞かされていないとちょっと 「えー・・・」 と思うような仕様では
ありますが、まぁそういうものだと思えばそれほど苦になることはありません。
たとえ75%充電で止まった状態だとしても「2400mAh」相当、つまり純正バッテリの
1.93倍の容量になるワケですし、大容量であることには違いありません。
 
まだそれほど長く使っているわけではありませんが、確かにこれだけの容量が
あれば バッテリ切れ を心配することはほとんどなくなるでしょう。
一方、気になってしまうのはやはり「大きさ」「重さ」のほうで、せっかくの
スマートなSH-12Cがかなりかさばるデバイスになってしまうのもまた事実です。
 
私としては遠出のときには3200mAh、日々の通勤などのときには1600mAhと、
使い分け をしてみるのも良いかな、とちょっと思っています。
1600mAh、3200mAhのいずれを選ぶにせよ、純正の1240mAhバッテリでは
ちょっと心許ないという方にはオススメできるアイテムになりそうです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2011/07/30 20:00


« QNAP TS-219P の1.4TBのバックアップ、初回だけ62時間! 差分コピーは数分から

トップに戻る

ようやく届いたぞ!Creative ZEN M300 16GBホワイト - まずは恒例の写真館から »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks