Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2004/09/24 09:37 - 2004/09/24

ソニーが遂に動き出す! 欧米市場で携プレにMP3を採用へ


・ソニー、HDDウォークマンでMP3に対応へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0409/24/news008.html
・ソニー、MP3をネイティブサポートへ--仏・米法人の関係者が明らかに
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20074765,00.htm
 
ネットワーク・ウォークマン、NetMDなどで頑なにATRACの普及にこだわり、
一般家電の普及機には絶対にMP3を採用してこなかったソニーが、
遂に方向転換の動きを見せ始めました。今年発売する予定の欧州の携プレに
ATRACとともにMP3の再生機能も搭載するというのです。
北米で発売予定の機種にも同様のMP3再生機能付き携プレが登場するのでは
ないかとIDGは報じています。現時点で国内の動向はまだ判りません。
 
既報の通り、AVEXがCCCDの強制採用を止め、ソニーがレーベルゲートCDを見直す
という決定があった後のこの動き、どうもソニー周辺で大きな変化があったように
思えてなりません。CCCDの販売不振に加え、社の威信を掛けて送り出した
NW-HD1の不振も手伝ったのでしょうか、
 
 MP3を過去のモノとして捨て置き、DRMを徹底普及させる
 
という態度自体を軟化せざるを得なくなってきているように見えます。
更に iTMS Japan の起ち上げに関する様々な憶測も飛び交っているようですし、
もはやデジタル音楽ビジネスの世界で、
 
 これ以上の出遅れ(逆走)は絶対に許されない
 
という現場の声が通り始めたということなのでしょうか。
何にせよユーザにとって嬉しい方向であることは間違いありません。
 
さて、「自称、世界一著作権管理が厳格な国」である日本では、
ソニーのMP3再生携プレの登場が一番遅れることも予想されますが(´~`)
そういえばNW-HD1が発表された頃、私はこんなことを言っていましたっけ。
 
2004/07/01 [ Sonyの思わぬ隠し玉? NW-HD1は台風の目になるか]
これでATRAC系専用機でなければ
 
 3台は買ってました! (きっぱり)

え・・・・3台・・・ホントに・・・?∑( ̄□ ̄;)


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« M3の新ファームでもm3uの認識は相変わらず

トップに戻る

デジモノREVIEW通信 - iPodもEXILIMもDIGAもニンテンドーDSも! »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



SonyのMD機器出荷が3月で全て終了 - 国内だけで一時代を築いた音楽メディア


第7世代iPod nanoレビュー、第6世代使いにとっての第7世代とは・・・


第7世代iPod nano、まずは写真館から。第6世代とのサイズ比較はこんな感じ


第7世代iPod nanoが到着、したものの母艦PCはどこだっけ状態・・


新iPod nanoが発送完了・・したのは中国のクロネコ? ADSC支店とは?


第7世代iPod nanoを早速注文完了! やはり最大容量は「16GB」までなのか・・・


ZEN style M300、microSDは「別メモリ」 そしてこちらもハングアップ頻発・・・


Creative ZEN style M300 を使ってみる、色々細部にストレスが・・・


ようやく届いたぞ!Creative ZEN M300 16GBホワイト - まずは恒例の写真館から


Creative ZEN style M300 16GBホワイトだけ7月下旬に延期、その他は発送済?


Creative ZEN Style M300 16GB を注文完了! 仕様に「イコライザ」が無い・・・?


第6世代iPod nanoのファームウェア更新 - 嬉しいのは電源OFFより一時停止?


▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks