Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/09/09 02:42 - 2013/08/26

初音ミクBMW 大逆転で1年4ヶ月ぶりの優勝! SUPER GT第6戦富士決勝

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
SUPER GT第6戦富士スピードウェイの決勝レポートです。
 
写真は朝のフリー走行時に A棟屋上 から捉えたミクさんのボンネット。
ちょうど雨が強くなってきたときだったのですが、むしろ雨を歓迎する
かのように 天に向かって手を広げる ミクさんでありました。

 

 

 
決勝レースも雨が展開を大きく左右します。
 
予選は5番手 と上々の出来だった初音ミクBMW。
ドライでスタートした決勝レース序盤では、ペースの上がらない
61号車SUBARU BRZ を早々にパスして4番手に順位を上げます。
 

 
10周目付近では55号車 ARTA CR-Z と接近戦 になり、ADVANコーナーで
接触もしてしまいます。結果的に4号車 初音ミクBMW は無事だった
のですが、55号車は左リアの破損で緊急ピットインを余儀なくされます。
審議の結果はお咎めなしで、これで3位に浮上します。
 

 
そのあとレースは大きく動きました。GT500の EPSON HSV が直線で
タイヤバースト&スピンの大クラッシュ! ドライバーの道上選手は
無事でしたので良かったのですが、レースは セーフティカー
導入され、一度整列してスロー走行になりました。
 
タイミングの妙というか、ここでレース周回がちょうど 3分の1を経過
SUPER GTは2人のドライバーが走る必要があるのですが、1人あたりの
周回数は最低3分の1以上でなければなりません。ここで3分の1を経過した
ということは、SCカーの整列が整ってピットレーンが再オープンしたら
すぐにピットインしてタイヤ交換&ドライバー交代を済ませてしまったほうが
得ということになります。
 

 
4号車初音ミクBMWは 早々にピットイン して、見事なピットワークで
ピットイン組ではトップに立ちます。
 
ところが、ミクの相手となる上位陣が異なる動きをします。トップを
快走していた3号車GT-Rはなぜか1周送れてピットインし、SCカー中の
ピットインというメリットを活かせず順位を落としてしまいました。
 
問題は2位を走行していた16号車 MUGEN CR-Z と、4位を走行していた
11号車 GAINER SLS。普通に考えればすぐにピットに入らないと大きく
ロスをしてしまうのですが、この2チームはピットにまだ入らないことを
選択します。というのも、もしこのあと 雨が強くなった場合
レインタイヤへの交換と給油を一度に済ませることができるからです。
 

 
さあ、雨は振るのか振らないのか?! と戦々恐々な各チームでしたが、
結果的には振ったり止んだりという 微妙な天候が続き
レインタイヤを装着するような状況は待てど暮らせどやってきません。
 
MUGEN CR-Z は40周を待たずしてピットイン。辛抱していた 11号車GAINER SLS、
50号車アストンマーチン、そして最後まで粘っていた2号車エヴァマクラーレンも
結局はスリックタイヤへの交換をせざるを得ませんでした。雨を待って
前半すぐにピットしなかった上位陣は 軒並み順位を落とした のです。
 
そんな中、ちょい濡れ路面 が大好物な谷口さんは、早期ピット組の中では
ずば抜けた速さでリードをどんどん広げていき、最終的には40秒以上という
大リードを作っていきます。そしてレースはそのままチェッカーへ!
 

 
作戦は見事にハマり、ドライバーもピットワークも全てが他陣営を圧倒した、
カンペキなレースでした。初音ミクBMW にとっても 1年4ヶ月ぶりの勝利 です。
 
前回の鈴鹿1000kmでも見事なショートスティント戦略で2位をもぎ取ったものの、
レース後に車検不合格で失格扱いになるという大ショックな出来事があった
直後のレースでしたので、スタッフもファンも 喜びを爆発 させました!
 

 
鈴鹿の2位入線は「針の穴を通す戦略」といわれた会心のレースでした。
それを取り消されたショックは本当に大きいものでしたが、その後だからこそ
この 「リベンジ」 ともいえる勝利に、本当に喜びもひとしおです。
 
レース前にチーム代表の鈴木さんに話を伺ったときにも、「何がなんでも
ここで前回のぶんまで取り返したいんだ」というお話をされていました。
皆の想いを最高の形で叶えてくれたチームスタッフの皆さまに大感謝です。
 
今年のレースはあと2戦、(特別戦のアジアンルマンは確か不参加ですよね?)
ランキングトップの MUGEN CR-Z とはまだ 18ポイント差 ありますので、
チャンピオン争いはまだまだ険しいことには変わりありませんが、
どんなに劣勢な状況でも 「何かをやってくれそうな」 ドキドキ感が
今のGSRチームにはあります。次戦のオートポリスにもぜひ期待しましょう!
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクBMWプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2013/09/09 02:42


« 初音ミクBMWは好位の5番手スタート。CR-Zの2台を喰えるか?! SUPER GT第6戦富士

トップに戻る

予選日は「ももクロZ」デーで痛車も登場! SUPER GT第6戦富士予選日フォトレポート »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks