Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2008/08/05 23:59 - 2008/08/05

16GB の SDHCカード2枚を試す - IO DATA「SDH-S16G」とA-DATA「ASD2016GCL6」

カテゴリ : メモリ タグ :


     
    ■2008/07/27 [Xactiで長時間撮影を考える - 続いて16GBのSDHCカードを注文]
     
    Xacti によるゴルフラウンド連続撮影への挑戦ですが、
    その前に届いた SDHCカードの検証 をしてみることにしましょう。
     
    購入したのは以下の2枚、いずれも16GBのSDHCカードです。
     
    - I-O DATA 「SDH-S16G」 (16GB,Class6) 8,098円
    - A-DATA 「ASD2016GCL6」 (16GB,Class6) 5,680円 + 送料500円
     

     
    早速、恒例の速度検定(?)をしてみることにします。
    今回の実験環境は以下の通りです。
     
     パソコン: Panasonic Let's note R4
     カードリーダ: Panasonic BN-SDCJP3 (USB2.0)
     計測ソフト: FDBENCH
     
    以前購入したPanasonicのCardBus対応PCMCIAカードリーダ「BN-SDDBP3」は、なぜか
    16GB SDHCを入れたら認識しなかったため、USBカードリーダ のほうを使用しています。
    USB2.0だと読み込み速度のほうが 上限値 に当たってしまうことが多いのですが、
    一番重要なのは書き込み速度のほうですので、ここはこの際仕方ありません。
     
    テストに使ったのはこの7枚のカードです。
     
     - IO-DATA SDH-S16G (SDHC,16GB,Class6)
     - A-DATA ASD2016GCL6 (SDHC,16GB,Class6)
     - Transcend TS8GSDHC (SDHC,8GB,Class2)
     - PQI QSD15-2G (SD,2GB)
     - SanDisk UltraII SD Plus USB (SD,1GB)
     - Transcend TS4GSD150 (SD,4GB)
     - ATP AF2GBSD (SD,2GB)
     
    ふと気が付きました。以前わたしは「SDHCカードを買うのは初めて」と書いた
    ような気がするのですが、実は初めてではありませんでした。昨年1月頃に
    Transcendの8GB SDHCカード 「TS8GSDHC」 を購入しています。ところが、
     
     これが実は Class2 だったことに今、気がつきました。
     
    ちなみに今回購入した16GBの2枚は、もちろんどちらも Class6 です。
     
    では、実験結果を見てみましょう。
     

    カード購入年補足READWRITER-READR-WRITE
    IO-DATA SDH-S16G2008SDHC, 16GB, Class6146578499138543530
    A-DATA ASD2016GCL62008SDHC, 16GB Class6145287904137102666
    Transcend TS8GSDHC2007SDHC, 8GB, Class213399180313264493
    PQI QSD15-2G2006SD, 2GB13710476987141047
    SanDisk UltraII SD Plus USB2006SD, 1GB8358665360111782
    Transcend TS4GSD1502005SD, 4GB144965064137081133
    ATP AF2GBSD2005SD, 2GB7923635659791419

     
    今回購入した2枚の16GB SDHCカードも気になるのですが、それよりも何よりも
    目を引くのが、上述したTranscendのClass2 8GB SDHCカード「TS8GSDHC」です。
    一番の指標となるランダム書き込み(R-WRITE)の値がわずか 493KB/s です。
    これはハッキリ言って、
     
     かつてどんなSDカードでも見られることのなかった低い値 です。
     
    やっぱりSDHCを購入するときには、最低限Class表示には気をつけたほうが良い
    というのはここからも分かります。動画撮影にはちょっと使えないレベルでしょう。
     
    では気を取り直して、今回の2枚です。
     
    IO-DATAの「SDH-S16G」が 3,530KB/s、A-DATAの「ASD2016GCL6」が 2,666KB/s
    ともに十分な速度を保っています。2,666KB/s というのもビットに直せば21Mbpsで、
    これは過酷なランダム書き込み時ですから、連続書き込みではもう少し早いでしょう。
    たとえばXacti HD1010の最高ビットレート14Mbpsでも十分に対応できそうです。
     
    あとは信頼性や相性といったところはもうちょっといろいろ使いこなしてみなければ
    何ともいえませんが、少なくとも Xacti HD700 に入れて使って見たところでは、
    どちらも普通に使えそうな雰囲気でした。
     
    ゴルフ場での連続撮影にはIO-DATAのほうをメインで準備していこうと思います。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | メモリ | | 2008/08/05 23:59


    « 初音ミク Super GT 参戦は早くも8月中に実現! GT300クラスにエントリ済み

    トップに戻る

    今年もやらいでか! 「漫画ナツ100」にエントリする短編完結作品30選。 »


    ▼ このブログの新着記事 ▼



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks