Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2019/08/06 04:35 - 2019/08/06

GSR初音ミクAMGは「やり尽くした」結果の8位!SUPER GT 2019第5戦富士決勝

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
SUPERT GT 2019 第5戦富士スピードウェイ、8/4(日) は決勝レースが行われ、
4号車GSR初音ミクAMGは 8位 でレースを終えました。

 



 
好天に恵まれた真夏の富士スピードウェイ、グリッドウォークの際に
4号車のグリッドに設置されていたのが、、、時計?!
時刻よりは温度にご注目ください。
 
なんと「43.0」度を指しています。
 
もちろん純粋な気温というわけではなく、直射日光と路面からの照り返しも
含めた気温になっているのではありますが、実際のコース上の状況は
そのくらい厳しいというのがこれで誰の目にも分かります。
 


 
しかしレース前のGSRの雰囲気は非常にやる気に満ちたものでした。
「今日は表彰台を期待してください」 というレース前の
安藝さんのコメントもあったとおり、予選9番手からでも全く勝負
できないことはない、やれるはずだ、という意欲に満ち溢れていました。

そしてレースがスタート!今回のこのレースは500マイル800km、5時間という
長丁場で、途中で4回のピットイン&ドライバー交代が義務付けられています。
GSRは片岡さん、谷口さん、片岡さん、谷口さん、片岡さんという順で
ドライバー交代をしていきます。
 

 
スタートからしばらくは防戦の時間が続き、じわじわと11位くらいまで
順位を落としながらも耐えるレースを続けていきます。
しかし、同じところを走っていた7号車Vantageと同じく今日の4号車は
早め早めのピットインを仕掛けて勝負をしていきました。

GT300の周回数は160周くらい、これを5等分すると32周ということになりますが、
4号車初音ミクAMGは最初のピットインを早くも23周付近で実施してしまいます。

ドライバーが谷口さんに代わると猛然とアタックを開始。この日のGSRは
アンダーカットをかなり意識していたようで、他の車より ワンテンポ早く
ピットインをして、その直後に猛烈にアタックをして前にでて塞ぐ、
ということを狙っていたようです。谷口さんは特にそのアタッカーとして
機能しており、ピットアウトした直後はかなり無理してタイヤを使ってでも
他の車がピットアウトしてくる前に差を逆転しておく、という動きをしていました。

コース上でも久々に見られる4号車の オーバーテイク・ショー!
GSRファンは大興奮でこの状況を見守りました。今日は戦える!
 
60周付近で一度SC(セーフティカー)が導入され、その時点でピットを
済ませていた4号車は前回のタイ戦のような不利を受けることなく順調に
レースを進めていきます。また、100周前後で再びSCが入ったときも
ピットインを直前に済ませていました。
 
ただ、このピットインではターゲットとなる52号車埼玉トヨペット
マークXにはラップダウンを喫しており、その52号車を先頭にSCが
抑えたためにそれほどの恩恵を受けられなかったようです。
このあたりもタイミングの妙でレースの思惑は大きく動いていきます。
 
しかしここで再び谷口さんは、この状況を打開しようとピットアウト後の
猛プッシュを敢行。最速タイム を叩き出して再びGSRファンを沸かせてくれました。

ところが、、、アンダーカット、すなわち他車より先に入ってピットアウトした
あとに無理してアタックして前に出てから塞ごうという目論見で動いていたものが
長丁場の後半ではほとんど効かなくなっていきます。
 
他の車はJAF勢は給油時間が短かったり、BS/ダンロップ勢は無交換を何度も
散りばめてきたりと、常に4輪交換フルサービスを強いられる4号車と比較すると
ピット時間が大幅に少ないケースが多く、アンダーカットを狙っても狙っても
前を押さえられない、という展開が続きました。
 

 
気づけば前にどんどん車が入ってくるという状況で苦しみながらも、
最後の最後で片岡さんが61号車SUBARU BRZを 意地でオーバーテイク して
見せましたが、最終的には8位でチェッカーを受けることとなりました。

シリーズの状況から見ても、GSRのスタッフとしてはこの日は
「表彰台がマスト」 だという認識で一丸となって臨んだレースだったと
思います。そして何も不利はなく狙い通りのレースができての、「8位」
 
非常に厳しいレースでしたが、それでも 素晴らしいチャレンジ
見せてくれたことに、コース上で何度もオーバーテイクの瞬間を披露して
くれたレースに、ファンとしては深く感謝をしたいと思います。
 
シリーズ争いとしてはこれでかなり窮地に立たされましたが、残りはまだ3戦あります。
グッドスマイルレーシングが逆襲してくれることを期待しましょう。

デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクGTプロジェクトを応援しています!

この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2019/08/06 04:35


« GSR初音ミクAMGは予選9番手、タイム差がほとんど無い大混戦!SUPER GT 2019第5戦富士予選

トップに戻る

「ダンベル何キロ持てる?」が筋肉で制する2019夏アニメ4話残留率、「うちの娘」「ロード・エルメロイ」赤丸急上昇の作品は? »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


この記事をはてなブックマークに追加/編集する


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks