Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2006/07/18 07:52 - 2006/07/18

YouTubeの著作権を巡る議論、ここまでの流れ


※これは日曜コラムの前段です。
→「YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力
 
YouTubeは白か黒か、という議論がにわかに沸騰してきています。
ここでは日曜コラムの前段として、最近のYouTubeを巡る議論がどんな調子で
進んでいるのかを確認するためにも、ここで取り上げさせていただきます。
 
■ニセモノの良心「Youtubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ!」
http://soulwarden.exblog.jp/3379529
言わせてもらう。テレビ録画のアップは、どんな理由をつけても
犯罪だ。著作権の例外規定にあてはまらない限り。
無条件でYoutube褒めてる奴は 「ナイス万引き!!」
って言ってるのと変わりはしない。そこで犯罪を助長させるなよ。

 
■煩悩是道場「はてな離脱計画」
http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060712/hatena060712
何故、やめようと思ったのか。
それは「注目の動画」が開始されたからである。
張られている動画の殆どがYOUTUBEであり、その殆どが
著作権に抵触している と思われるからだ。

 
■deblog「法律を変えるのは言論ではない」
http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20060713/p1
うーん、あのね、法律を変えるのは言論なんかじゃないよ。
エラそうな人がエラそうに「著作権とは」とか言っても、
なーんにも変わりゃしないよ。だってさ、今じゃ当たり前の
「ヘアヌード」 なんて、1991年の篠山紀信「ウォーターフルーツ」
以前は摘発の対象だったんだよ? これまでダメだったものが、
ある日突然ヒット商品に早変わりしちゃったんだ。
法律なんて全然変わってないのにだよ?

 
■煩悩是道場「法律を変えるのに言論は必要だ」
http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060713/1152759620
なし崩し的に変容する事を認めていないわけではないし
所謂時代の流れに即して法律も柔軟に変容する必要もあるだろう、
とオレも思う。オレが言いたいのは、だからといって 何ら声明も
発しない儘に 行動だけを、しかも企業が行動として示すという事に
物凄い強い違和感を感じるわけ。

 
■音極道茶室「YouTubeを白く塗れ!常識が変われば景色も変わる」
http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000161.html
日本にレンタルレコード業が台頭した時、まだ著作権法に
「貸与権」は無かった。極めて違法性の高いビジネスだった。
それが今では細かな問題はあるにせよ、ビデオを含めた
レンタル業は完全に社会に根付いた。
コンセンサスさえ取れれば 法は後からついてくる
どういう意志を持つかが重要なのだ。YesかNoか。是か非か。

 
■煩悩是道場「YOUTUBEは白く塗れない。少なくとも現状の儘では。」
http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060717/YOUTUBE060717
しかし、だ。「金鉱」はあくまでも金鉱所有者の物であり、
「此処に金鉱がありますよ!」と金鉱を所有していない者が
大声で叫んだり、所有者に無断で掘ったり して
良いのだろうか?答えはノーの筈だ。

 
■北の大地から送る物欲日記「YouTubeはまず黒から灰色を目指すべき」
http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060717/p4
ニーズがあるから、それを見たいから、人はそのコンテンツを
見るのであり、そのニーズは著作権を所有していない人間の集団
から出てくるもので、著作権を所有している人が作るものではない。
著作権者の権利を守るがために、ニーズをかき消してしまい
コンテンツが普及できる可能性を摘み取ってしまうことは、
本当に著作権者にとって良いことなのだろうか?

 
■気まぐれディジット「YouTubeを灰色に」
http://d.hatena.ne.jp/capra_h/20060717/p3
そもそもの問題は、「コピーがビジネス」 であることなのです。
もっと本質的には、「モノを売るビジネスモデル」が問題なのです。
なぜならば、それが「モノ」であるかぎり、コピーしなければ
売ることができないからです。
そこで、「価値を売るビジネスモデル」を提案します。

 
■音極道茶室「著作権者が全ての流通をコントロールすべきという発想は「無断リンク禁止!」と同じ」
http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000162.html
クリアすべき問題は多いだろうが、目指すべきゴール地点は
前向きに設定して欲しい。というか、YouTubeは確実に前を向いて
いるはずなのだが、肝心のユーザ側が(権利者でもないのにも関わらず)
著作権侵害を理由にYouTube批判をするのでは本末転倒な気がしてならない。
これが既得権益を有する既存勢力と新興ビジネスとの
「政治の問題」 であるがゆえに。

 
引用長ぇeeeee!!! でも、いずれも読み応えのある良文ですので、
YouTubeと著作権に興味のある方は是非一度目を通してみて、自分なりの納得を
見出してみてください。芯の通った納得解を見出すのはなかなか難しいはずです。
 
それでは、今週の日曜コラムに続きます。
→「YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« アクセス数とページランク、それからバナーのおはなし

トップに戻る

YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

siowulf 2006/07/18
最近のYouTubeを巡る議論がどんな調子で
I11 2006/07/22
6人しか発言を紹介していないのにまとめもへったくれも無い。
はてなブックマークで
コメントしましょう


「爆音上映」と「辛口ブーム」、映画の上映に於ける音量のラベリング


日本シリーズの最後のシーン(西岡選手の守備妨害)の解釈と、スポーツのルールとコントロール


モノクロレーザーのある生活 - とりあえず印刷(だ)して持って行く習慣


「スマートビエラ」が踏み抜いたというARIBの「放送の一意性確保」ルール


終わってしまった「Amazonガチャ」のサービス検証 - 変われる道はあったのか?


ドリフの思い出と"おとうさん"の言葉 - 「俯瞰的錯誤」のお年頃


「同い年の選手」が引退するニュース、そしてアニメの中の「おじさん」


ネットに於ける「利用者間実名」のリスクが「ワリに合う」未来は想像可能?


作品が持つリアリティと、「自分のリアル」「他人のリアル」「大勢のリアル」


「高校野球」と「バント」と「進塁」と「守備戦略」 - 野球のミドコロ


iPadを”窮屈”に思うボクらが意識させられる「立ち位置」のコト


テレビサイドPCで「話に合わせて検索」して、みんなで見るという話


▼ コメント ▼

No.15553   投稿者 : ミッチー   2007年10月18日 12:10

3ヶ月で5万円稼げるというブログに誘われました。
内容はyoutubeの動画をブログに載せるだけと言うものなんですが、これも著作権を犯してることになるのですか?やったら捕まりますかね?
教えて欲しいです。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks