オーディオデータから曲名を判別する「MusicID」


オンキヨー、アナログ録音したデータから曲名取得できるオーディオソフト
-GracenoteのMusicIDに世界初対応
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040304/onkyo.htm
 
CDDB管理の親玉であるGracenote社が規格化した「MusicID」対応機能が、
ONKYOとDigiOnが共同開発した「CarryOn Music Ver4.00」に搭載されます。
従来のCDDBがCDのTOC情報だけを見て曲名を判別していたのに対し、MusicIDは
楽曲データの波形を直に覗いて(最初の30秒程度だけ)、曲名を判別します。
これにより、CDからのリッピングだけではなく、アナログ録音した音楽でも何でも
デジタルデータになっているモノであれば全て曲名を判別することが可能です。
 
この「CarryOn Music Ver4.00」は、CarryOn Music Ver3.50以上を持っている人
に向けたVerUPとして2,000円で提供されるもので、この機能を使おうと思ったら、
まずはVer3.50を6,800円で買う必要があります。その点はご注意を。
 
結局は識別の精度が一番モノを言うワケですから、使ってみないことには
評価がしにくいのですが、アナログ録音やMP3化されたデータなどを対象にした
場合当然ながら誤認識アリアリの世界になることが予想されます。
先頭部分に無音が多い曲などは特に判別しづらいかもしれません。
稀にCDの演出上「無音トラック」なんていうものを挟んだりすることがありますが、
そうした無音トラックは誰の曲と認識されるのか興味深々です(笑)
 
将来的に精度が上がってきたら、「PCの中のタグ無しMP3を全てMusicIDの結果で
タグ埋めしてくれるソフト」が出て来たら嬉しいかもしれませんね。


2004/03/04 [updated : 2004/03/04 14:36]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« MediaWiz Plusは3月中旬以降にズレ込み

トップに戻る

MovableTypeのお勉強中 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



SonyのMD機器出荷が3月で全て終了 - 国内だけで一時代を築いた音楽メディア


第7世代iPod nanoレビュー、第6世代使いにとっての第7世代とは・・・


第7世代iPod nano、まずは写真館から。第6世代とのサイズ比較はこんな感じ


第7世代iPod nanoが到着、したものの母艦PCはどこだっけ状態・・


新iPod nanoが発送完了・・したのは中国のクロネコ? ADSC支店とは?


第7世代iPod nanoを早速注文完了! やはり最大容量は「16GB」までなのか・・・


ZEN style M300、microSDは「別メモリ」 そしてこちらもハングアップ頻発・・・


Creative ZEN style M300 を使ってみる、色々細部にストレスが・・・


ようやく届いたぞ!Creative ZEN M300 16GBホワイト - まずは恒例の写真館から


Creative ZEN style M300 16GBホワイトだけ7月下旬に延期、その他は発送済?


Creative ZEN Style M300 16GB を注文完了! 仕様に「イコライザ」が無い・・・?


第6世代iPod nanoのファームウェア更新 - 嬉しいのは電源OFFより一時停止?

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks