「ポッピンQ」スーパープレミアムミーティング(12/3) を観てきました。悩める少年少女に贈る真っ直ぐな物語



 
この日は川崎チネチッタに「劇場版 艦これ」LIVE ZOUNDを観に行くだけの予定
だったのですが、その帰り道で思わぬツイートを目にしました。
「ポッピンQ」 の本編上映イベント「スーパープレミアムミーティング」、
夜の部の当日販売分チケットがまだある、というではありませんか。

「ポッピンQ」は以前から劇場で何度も予告が流れて気になっていたアニメ映画
の1つ。本公開は 12/23 ですが、なんとこのイベントでは本公開よりも20日も前に
本編全てを上映します。気づいたときには先行申し込みは締め切られていたので
諦めていたのですが、可能性があるとなると気になって仕方がありません。
 
川崎駅から東海道線に乗ると、品川駅はわずかひと駅・・・。
 


 
気づいたら私はT・ジョイPRINCE品川に隣接するコンサート会場、
「品川ステラボール」 にいました。チケットはまだ残っており、
嬉しい誤算でこの最速上映を見る機会を得たのでした。
 

 
お恥ずかしながら、飛び込んでみてから気づいたのですが、
これっていわゆる「映画の先行上映会(挨拶付き)」という類のものではなく、
どちらかというと「本編上映込みの声優イベント」という感じだったのですね。
 
ラジオ公開録音 ~ 本編上映(90分) ~ トークショー ~ ED曲ライブ ~ 挨拶
 
という感じで 全部で3時間 の長丁場。
 
この日は昼の部(12:30~)と夜の部(18:00~)の2回あったのですが、
聞くところによると昼の部はもっと長かったらしいですね(汗
この手のイベントに慣れていないおじさん勢としては
ちょっと場違い感に戸惑いながら楽しんでおりました。
 

さて、お目当ての本編の上映ですが、流石のハイクオリティというか、
キャラがみんな可愛くて楽しめました。もちろん女の子キャラも
可愛いのですが、個人的にはそれ以上に 「ポッピン族」 と呼ばれる
2頭身キャラの可愛さが凄く生き生きして可愛いのです。
 
その中でもダントツで目立つのがリーダー格の 「ポコン」

本編の話の筋はネタばれになりますので書けませんが、
中盤のクライマックスの部分でこれ以上ない 「イイ顔」 しますよ。
皆さんもぜひこのちっちゃくて愛くるしいポッピン族の動くところを
劇場で堪能してみてください。
 


 
ちなみにダンスシーンで圧倒的クオリティの流麗な3DCGが堪能できるのが
ポッピンQの1つの大きなウリではありますが、メインパートはあくまで
2D制作ベースです。ダンスシーンがフル3DCG。(といってもそのほかの
シーンも昨今はみんな部分部分は3D制作が融合していたりするのですが)
 
メインキャラ5人のダンスシーンも3DCGで繰り広げられます。繊細で綺麗な2Dと、
その世界観を全く壊さずにむしろ拡張するかのような3DCGダンスシーンは必見です。

3DCGによるキャラダンスというのは、昨今のアイドルものアニメ等では
大きな見せ場の1つになっていますが、そんな中でも特に目を見張るのは
深夜アニメ系よりもニチアサ系というか女の子向けアニメの界隈だと
いわれることがあります。「ポッピンQ」でも東映の 「プリキュア」
シリーズ で連綿と受け継がれる技術の粋を見ることができます。
 
モーションキャプチャのアクターさんにはなんと実際の 「プリキュアショー」
に登壇されて踊っている方にお願いをしているそうです。女の娘5人もそうですが
ポッピン族の面々の愛くるしい動きもここから生まれているのですね。
 
■15歳女子の成長をダンスで描く『ポッピンQ』宮原監督インタビュー | アニメイトタイムズ
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1480660199
宮原:「プリキュアショー」でキグルミを着て踊るアクターさんたちで、全国でも有数の、クオリティが高いと言われているチームです。プリキュアの『DX2』、『DX 3Dシアター』のころからお世話になっています。
(中略)
『ポッピンQ』は、5人でモーションキャプチャーを撮りましたが、伊純たち5人の上手いダンス、下手なダンス、その中間のダンスなどに加えて、ポコン(CV:田上真里奈)たち"ポッピン族"5体のダンスも踊ってもらいました。ポッピン族は二等身なので、踊り方もまた違うんです。人間の感覚で両手を上げると、手が頭にめり込んじゃうから、ちょっと控えめにしたり。その上で、ポコンやダレン(CV:本渡楓)、ルピイ(CV:新井里美)のような男の子タイプは、ガニ股っぽくするなど、かなり細かい踊り分けをしていただきました。アクターさんたちには、声優さんたちと同じくらい、「キャスト」になっていただいています。

 

 
ところで、ストーリーやメッセージみたいなものについて少しだけ
触れておくと、監督の宮原さんをはじめ「特定の年齢層向けにはしていない」
と仰ってはいるものの、やはり素直に 「背伸びしたいローティーン から、
悩めるハイティーン まで」に響く構成になっているな、とは感じました。
 
宮原:『ポッピンQ』は、特定の年齢層に向けて作っていません。小さなお子さんから、伊純たちと同じ15歳くらいの方々、僕なんかと同世代の人たち、「子供と話が通じない」というお父さん・お母さん視点でも見られるものになったかと思います。ストーリーとしては一本にまとめていますが、見る角度を変えると、ド青春ものや、ファンタジーもの、ダンス映画など、いろんな捉え方ができる作品に仕上がったんじゃないかと思いますので、ぜひ注目していただければうれしいです!

まさに特定ではないといいつつ、ここに挙がっている3つの層には確実なフックが
期待できます。小さなお子さんは、ポッピン族の愛くるしさと、なんだか分からない
けどうぉおお!みたいな迫力に呑まれるでしょう。主人公と同じ15歳くらいの少年少女は
同じような悩みに共感し、この映画で勇気を貰うことができるかもしれません。
 
そしてもう1つ、「子供と話が通じないというお父さん・お母さん」というのも
まさにそうで、子供の悩みがいかに大人の目線と違うのか、という色々な気付きを
ここから感じて逆に沢山のことを思い悩む映画になる、かもしれません。
 
そのどれにも当てはまらない、私のような深夜アニメをよく見るおっさん(おい)
みたいな場合、このニチアサ的なというか、少年少女のまっすぐな想い
詰め込んだようなお話に耐性があるかどうかは、かなり人を選ぶ感じはしました。
 
ちなみにこの「ポッピンQ」、映画公開に合わせてコミカライズも登場していますが、
その掲載先が 「ちゃお」「ぷっちぐみ」 ですね。
 
■映画「ポッピンQ」がちゃおとぷっちぐみでコミック化決定! | アニメイトタイムズ
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1470979091
 
15歳の悩みに共感するのが難易度高い、というようなお話もさておき、
ほかにも、悪者が「わるもの~っ」っという感じで登場したりするところとか、
「世界を救う」みたいなお話とか、「小難しいオトナ」として辻褄を一所懸命
考えようとすると何か「うわああ!」となってしまうかもしれません。
 
公開されている予告や特報の映像にもにじみ出ている箇所がありますので
これらの言葉を受け止められるかどうか、ちょっと試してみてください。

「大人は勝手やね」
「15歳、私たちは前に進めずにいた」
「君たちに世界を救ってほしい」

「ほんの少し素直になる
 それだけで未来は変わる。」

 
朝夕にやっているアニメを真っ直ぐに見て、素直に受け止めて感動できる人
であれば、この「ポッピンQ」もきっと真っ直ぐに楽しむことができると思います。
 
でも、もしあなたが15歳の気持ちにがっちりシンクロできなかったとしても、
見所は探せばいくらでもあります。ポッピン族の可愛さも然り、可愛い衣装を
纏った少女たちのダンスも然り。主人公の伊純をはじめとするキャラクター
たちの魅力的な表情の変化然り。本当にキャラクターが魅力的なアニメですよね。
キャラクター原案の黒星紅白さんといえば個人的には 「ズヴィズダー」 の人。
「キノの旅」「シゴフミ」もそうですね。
 

 
深夜アニメ的なものがバラエティと混沌を極める2016年に、「ポッピンQ」は
プリキュアやアイカツ!のようなTVシリーズのヒットの延長ではなく初出の作品で
 
これ以上ない真っ直ぐな、(恋愛ではない)思春期物語
 
をぶつけてきます。劇場公開日は12/23(祝)。
この冬休みの鑑賞ラインナップにぜひ加えてみてください。

このイベントでは最後の最後に、ほんの1分ほどの映像が流れました。
映像が流れ終わって、そのままイベントはお開き。
 
「えーーーっ??!」「なに?! どういうこと!!!??」
 
会場は驚嘆の声に包まれました・・・。
 
この映像は・・・12/23の封切時には流れるのでしょうか?
確かめるためにも、もう一度劇場に行かなければなりません。
イベントに参加した皆様も、このことは決して「他言無用」ですぞ。


2016/12/04 [updated : 2016/12/04 10:03]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« デジタルレコーダ市場規模の推移(2002~2016)をグラフ化してみる。転機ははや「10年前」?

トップに戻る

劇場版 艦これ、繰り返し鑑賞後、感想吐き出しメモ【※ネタばれ全開注意!】 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

ckom 2016/12/05
セルクマ。先行上映の感想など。本公開は12/23(祝)からです。
はてなブックマークで
コメントしましょう


「メイドインアビス 深き魂の黎明 先行上映」in EJアニメシアター新宿、「このすば紅伝説 トークショー付き上映」in チネチッタに行ってきました。


「NEW GAME!! 先行上映 Rank1」in ユナイテッドシネマ豊洲、「劇場版SAO」「BLAME!」新ウーファー in イオンシネマ幕張新都心に行ってきました


「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン 大ヒット感謝舞台挨拶LV付き上映」in T・ジョイ横浜に行ってきました。


「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」舞台挨拶上映ライブビューイング in シアタス調布に行ってきました


「ネコぱら 7話,8話 ネコの日振り返り&先行上映会」in TOHOシネマズ上野に行ってきました。


「劇場版メイドインアビス コメンタリー上映」in EJアニメシアター新宿に行ってきました。プロメア4DX、はいふり4DXなど。


メイドインアビス ベーカリー兎座LEPUSコラボ、シネマシティ舞台挨拶上映に行ってきました。


「ガールズ&パンツァー 最終章第2話 BD版宇宙最速上映会&キャストトークショー」in 新宿バルト9に行ってきました。


「メイドインアビス 舞台挨拶」in チネチッタ、「ラブライブ!フェス ライブビューイング」in T・ジョイ大泉に行ってきました。


「BanG Dream! 3rd Season 1~4話 最速先行上映会」「とある科学の超電磁砲T 1話先行上映&トークショー」に行ってきました。


「22/7(ナナブンノニジュウニ) 1話+2話先行上映&舞台挨拶」 in 新宿バルト9に行ってきました。


チネチッタ サウンドレボリューション2019 3本立て「リズと青い鳥」「誓いのフィナーレ」「劇場版ソードアート・オンライン」を観てきました。

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks