Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2014/06/29 23:45 - 2014/04/08

PSVitaガルパン「戦車道、極めます!」をプレイ、キャラものゲームとして楽しむ



 
PSVita用ゲーム 「ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!」 が届きました。

 

 
限定版ではなく通常版です。なお、限定版の 「ライバルは宝物BOX」
には特典映像Vol.1、Vol.2のDVDが付いてきます。いまさらながら
そちらにしたほうが良かったような気がします(おいい)
 

 
「ストーリーモード」「バトルロイヤルモード」「ギャラリー」が
ありますが、「ストーリーモード」 がだいたい全てといっても良いでしょう。
原作である アニメのストーリーを追体験 しながら戦車バトルができる
という感じになっています。

で、実際にプレイ。戦車を動かして敵の戦車にレティクルを合わせて砲撃
する姿はなかなかのもので、もちろん World of Tanks のような本格戦車ゲーム
のようにはいきませんが、なかなか 「サマになっている」 印象があります。
 
ただ、操作方法に慣れる のには、、、正直相当苦労しました。
 

 
左スティックが戦車の移動、右スティックが砲塔回転なのですが、
まず視線は常に砲塔のほうを向きます。それは良いのですが、
 
 その砲塔の向いたほうが「前方」という扱いになって
 
それを基点として左スティックの移動方向が決まります。
 
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、極端な例をいうと、
砲塔を 後方180度 まで回転させた状態にすると、左スティックを
前進(上) に入れると戦車は 「後退」 します。
 
砲塔が真横90度を向いている状態だと、戦車の「前進」「後退」は
左スティックを「左」「右」に倒すことになります。
 
この操作方法にどうしても慣れきれず、最初のうちはもう
Uターンすらままならない状態 で苦労してしまいました。
慣れると多少は思い通りに動くようになってきましたが、
まだ違和感があることには変わりありません。
 
できれば 操作モード を3つくらい用意してオプションで
切り替えられるようにしてほしかったところです。
 

 
ストーリーモードでは各面(ミッション)をクリアすると
こんな風にリザルトが出てきます。
 

 
で、次のミッションに進むのですが、各ミッションでは出てくる
敵戦車をどんどん大破に追い込んでいっていくものの、
ミッションが終わってまた新しいミッションを進めると、
さっき大破した敵戦車 がストーリー上の都合でみんな復活して
いたりします。こういうところはあまり深く追求せず、
 
 ストーリーを進める間に試練としてのミニゲームが挟まってる
 
くらいに流しておくのが原作付きゲームの嗜み方というものです(おい)

それでもまぁ、戦車バトルを黙々と続けていくだけでも、原作アニメの
キャラ達に思い入れのある人にとってはそれなりに楽しめる仕上がりになって
いると思います。ミッションは最初は主人公の「あんこう」チーム視点で
進んでいきますが、クリアするごとにほかのチームの視点でのプレイも
アンロックされていきますので、
 
 アニメのあのシーンを、あのキャラの「なりきり」プレイで
 
楽しめる感覚が味わえることでしょう。繰り返しますが、ゲームとして
大味なのはある程度覚悟しつつ、キャラゲーとして楽しむのが良いと思います。
 

 
ただ、ストーリーモードの ムービーが初回スキップできない のが
ちょっと不満といえば不満ですね。。ムービーといってもアニメの
シーンの切り抜きですので、「もう知ってるから」という感じで
飛ばしてサクサク進みたかったのですが、そこで待たされるのが
ちょっとダレを誘う要因になっていました。
 

 
なお、「バトルロイヤルモード」はあくまでおまけ要素といったほうが良いと
思いますが、自分で編成したチーム同士で戦う 「フリーバトル」 と、
特定の高校に対してその他高校の連合チームを編成して戦いを挑むという
「チャレンジミッション」 があります。原作にはなかった組み合わせで
いろいろバトルを楽しめます。
 
全体的にはあくまで、原作のアニメのファンがニヤニヤできるキャラゲー、
という枠からは出ていませんので、World of Tanks のような本格的な
戦車ゲームと比較してデキが云々という域では全然無いとは思うのですが、
個人的には キャラ達を愛でるゲーム としてまずまず楽しめたという印象です。
 
ただ、すでにPSVitaを持っていてガルパンも好きだ、という方は良いですが、
PSVitaごと買うということになるとちょっと敷居は高いかもしれませんね。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2014/06/29 23:45


« 成熟度を増すニッチジャンル「野球選手名で歌ってみた」シリーズ健在

トップに戻る

「解放」されたのはVAIOかSonyか・・VAIO以外で使える「PC TV with nasne」発表 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks