コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,117、登録シリーズ 100,087、登録コミック 869,394、延べ所有シリーズ 1,767,936、延べ所有コミック 11,873,057 )
ログインしていません。 → ログイン
プロフィール 所有コミック (96) 感想 (0) 候補 (9) 新刊カレンダー おすすめ パーツ

editors0907 の所有コミックシリーズ一覧

editors0907 さんの所有コミックリスト



並び順を変える: 



1〜96件目を表示    先頭  1  最後  


ネタも良いけど、世界観が最高。単行本の装丁他、手の込みすぎた秀作。
ディ・モールト・ベネ。絵で読まず嫌いはもったいない。
コレが俺のバイブル。男ならやってやれ、だ。

そろそろクライマックス?いや、最初からクライマックス。
読み手にも焦燥感を与える展開。福本先生にしか描けない作品だと思う。
孤立せよっ…!

作者の悪趣味さがにじみ出てる。だがそれがいい。
ラーメン屋御用達。日本漫画史に残る作品。
学校図書の思い出。

熱い。熱すぎる。カラーページの変身シーンは鳥肌もの。
恐ろしいほどに退廃的。でも美しい。
オールタイムに対応できる絵柄のおかげで、アニメと違って現代っ子でも楽しめる。

こんな現代だからこそ読まれるべき作品。大傑作。
めちゃくちゃ面白いよなぁ。一巻から勢いが衰えないのもすごい。
読めない展開、画力に後押しされる勢い等、現在連載されている他のジャンプ作品には無いものばかり。これはすごい。

シュール。
聖☆おにいさんとは毛色が違う。
青年誌に舞台を移した木多ならもっとやれるはず。

幕張と大差ない感じ。
ラストですべて持ってかれる感じ。
半分は優しさ、半分は厳しさでできた作品。説教くさいセリフすら、受け入れてしまう不思議。

マイナー誌で進む王道の道。
ガンガンだからこそのおもしろさ。
立ち食いそば屋の話は「今日から俺は!」のギャグに匹敵するレベル。

汚物は消毒、ですよね。
テンポ良くまとまってて読みやすい。展開はちょっと予想ついたけど。

これらの作品が埋もれないで良かったと心から思う。
他の皆さんのコメントで語り尽くされてる感がある。
そして物語は繰り返す。イっちゃってる目を描かせたら右に出る人はいないんじゃないか。

すてきな世界観。さわやかな読後感。
表題作は名作。でも読むのは高校を卒業してからの方が良いかな。
軸がぶれない作家さん。掲載ギリギリのところまで頑張って欲しい。

SQで初めてこの作品を読んだときは衝撃だったなぁ。他作品と比較するとより大衆向けで読みやすい。
時系列順に読むと、作者の成長がよくわかるかと。
あふれ出るインディ感。好きな人には堪らないでしょうよ。

芸術作品としてならアリだけど。古屋兎丸さんは芸術家路線でいかなくて正解だったと思う。
前作からの飛躍的な進歩。結構評価されてるみたいで安心しました。
真面目にバカをやった作品の好例。評価低いんだなぁ…。

回を追う事にどんどんハマる。三女さんがらみの話が一番面白い。
情景の描写力に引き込まれてしまった。表紙のポップな感じとは違って、内容はちょっと暗いかな。
現実よりも遙かに儚い世界の話。まるでドキュメンタリー番組を観ているかのよう。

洋楽バンドの2ndアルバムみたいな。
単行本のオマケマンガにクスッときちゃう。
今読んでもあまり面白くない。

名言が足りないよ、名言が。
躍動感がもう少し欲しい。
やっぱり土塚先生には清杉が似合うよ。

ドラえもん「いっそげ いっそげ」
爆笑はしないよ。
アニメをまんまコミカライズ。ページの都合上端折られちゃうのは仕方ないことだけど、やっぱり違和感は残るよね。

外伝とはいうもののもはや本筋から遠く離れて行ってしまった。

乙一との相性は果たして良いと言えるのだろうか。絵は安定してすばらしいの一言。
描き込み量がすごい。後半の展開はちょっとなあ。
今読んでもあまりピンと来ないかもしれない…けど「勝手にコラボレーション」は色あせないだろうなぁ。

読むのに疲れるので、寝る前に一日5ページだけ。
いつの時代も高校生のイメージというモノは変わらないもんですね。
この作者さんは四コマの方が面白く描けると思う。ちょっとテンポ悪いかな。

読むべきは表題作くらいかな。
1・2巻の勢いだけは神レベル。7巻は1Pもクスリともしなかった。
屋上行こうぜ…久々にキレちまったよ…。

この時期に久米田先生に出会って無くて良かったと心から思う。すごい進歩だよw
荒木先生の描いた話が少ない。その分魅力が光るけど、やっぱり損した気分。
びっくりするくらい話の書けない作家さん。読んでてイライラする。こんな本すらも惰性で買い続けけてしまう自分が嫌になるくらい。

テニプリで魅せたはじけた部分の原点はここにあると思う。
結末を確認するまで評価はお預け。











1〜96件目を表示    先頭  1  最後  



♪ あなたのコミックリストも簡単に作れます! → サービス説明ページ

コミック検索


注目のコミック