コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,100、登録シリーズ 90,179、登録コミック 665,039、延べ所有シリーズ 1,709,737、延べ所有コミック 11,413,300 )
ログインしていません。 → ログイン
プロフィール 所有コミック (94) 感想 (15) 候補 (0) 新刊カレンダー おすすめ パーツ

Rosso3 のコミックレビュー(感想ノート)

Rosso3 さんの感想ノート


☆ コミックダッシュ!であなたのコミックリストも作ってみませんか?
ユーザ登録(無料)はコチラから



1〜15件目を表示    先頭  1  最後  


Rosso3 さんのノート  竹光侍 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
評価:   更新日: 2009-10-13 20:57:39
竹光侍 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 御輿大三郎 対 木久地
物語の終局の始まりを感じさせる。
自ら死地に赴く男の強さと弱さ、その表現が素晴らしい。
Rosso3 さんのノート  Over Drive (17) <完> (講談社コミックス)
評価:   更新日: 2009-09-23 13:41:15
Over Drive (17) <完> (講談社コミックス) 後発のサクリファイスほどではないが、こちらも井上雄彦フォロワーな画風。
話の作りも、スラムダンク自転車版的なマンガにしたいという熱意は感じるが、
どう見ても空回りに終わっている。
市民レース編までは良いので自転車好きには5巻までをオススメ。
Rosso3 さんのノート  BIOMEGA 6 (ヤングジャンプコミックス)
評価:   更新日: 2009-09-23 01:37:40
BIOMEGA 6 (ヤングジャンプコミックス) 初見時にはこれで終わりだとは気づかなかったほど
フルスロットルで加速したまま、終わってしまった。
この作者は読者を置いていくタイプの天才なので仕方ない。
独特の荒々しい表現を何度も読み返して楽めるマンガです。
サクリファイス 3 (ヤングチャンピオンコミックス) 原作に忠実に完結。
まあ1巻ですでに分かってたことだけど、作画が完全に井上雄彦フォロワー。
かなり上手いのだけど、本物の醸すクオリアがまるでない。
絵も話もなぞっているだけで、熱を感じない。
悪い意味での「お仕事」といった印象。

こんな残念なものになってしまったのは、ブームに乗ってベストセラーを
絵の上手いやつに描かせれば良いだろうという編集の甘い認識を感じる。
もっとできたはずだ、と感じるだけにすごくきびしい評価になってしまう。
Rosso3 さんのノート  世界の孫(3) <完> (アフタヌーンKC)
評価:   更新日: 2009-09-21 18:21:48
世界の孫(3) <完> (アフタヌーンKC) SABEの新境地、「孫」と「烏賊」と「クンフー」のハイブリットギャグ(意味わからないでしょうが本当にこんな話です。)
こんなむちゃくちゃで笑えるのに、もう新作が見れないなんて、残念至極。
SABEさんは夭折の天才です。
Rosso3 さんのノート  平凡ポンチ 4集 (IKKI COMICS)
評価:   更新日: 2009-09-21 18:14:41
平凡ポンチ 4集 (IKKI COMICS) 巨乳になりたい乳キチ貧乳娘とヘタレオタ自主映画監督の愛の逃避行(嘘)を描いた本作の最終巻。予想どおり見事なまでに破綻して終わりました。一巻はすごく良かっただけにこの失速と墜落は残念でしたが、ジョージ朝倉のポテンシャルの高さは伺えます。
高校球児 ザワさん 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 「野球はどうでもいい野球漫画」の最新形の良作。
(そういえばこのジャンルって意外と前例あるな、ひばり君とか幕張とか、逆境ナインとか、でも本作はギャグではありません。スポーツ女子フェチ漫画です。)
既存のフレームにはまらずに、野球女子ザワさんの魅力を描きます。けっしていやらしくはならない女性作家ならではの視点。
おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル) 「センスオブワンダー」×「ロードムービー的状況」の傑作
高い画力で表現された不思議な女性エマノンは魅力的すぎです。
あずまんが大王 3年生 (少年サンデーコミックススペシャル) ほぼ全編書き直しの新装版。
よつばとから入ったので、絵柄の変化には全く抵抗なし。
でも今読むとそれほど面白い話でもないと思う。
当時は本書の持つ「新しい4コマのコード」が受けたのだろう。
ギャグの質も今回追加されたものが頭一つ抜けている。
一人の漫画家が10年でどのように進歩したのか、はっきりと
視覚化されたサンプルとしては素晴らしいです。
Rosso3 さんのノート  砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2)
評価:   更新日: 2009-09-21 17:39:32
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2) 同名小説の高水準な漫画化、ただし終極がもう一歩描ききれていない感がぬぐえなかった。欝だけど美しい小品。
宇宙賃貸サルガッ荘 4 (ガンガンファンタジーコミックス) 変ゼミからTAGROを読み始めたんですが、なにこれ!こっちのが傑作じゃないですか!(失礼)最終巻が入手困難なので、企画中の復刻版が出たら改めて読みたい。
それでも町は廻っている 2 (ヤングキングコミックス) 歩鳥が死にかける(というか一度死ぬ)話がこの作品のタイトルをよく表現していました。こういうのをサラッと描いてしまうところにこの作者の良さがあるように思う。
百合星人ナオコサン 2(Second impact (電撃コミックス EX) 突っ込み所しかないギャグ、ドギツイシモネタもなぜかさっぱりとして聞こえるナオコさんの稀有なキャラクター。そして、装丁よつばスタジオ、主題歌MOSAIC.WAV(そもそも漫画なのになぜ主題歌が!)と無駄かつニッチに豪華なサポート。
百舌谷さん逆上する(3) (アフタヌーンKC) 打ちのめされるほどにすごい。こんな阿呆な設定でギャグとシリアスが同時に臨界に達している。文句なしの傑作なので全てのオタクに薦めたい。
Rosso3 さんのノート  みなみけ(6) (ヤンマガKCスペシャル)
評価:   更新日: 2009-09-22 10:09:25
みなみけ(6) (ヤンマガKCスペシャル) 3巻以降ぐだぐたであったのが、6巻にして保坂の力で持ち直す。
1〜15件目を表示    先頭  1  最後  



♪ あなたのコミックリストも簡単に作れます! → サービス説明ページ

コミック検索


注目のコミック