コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,123、登録シリーズ 98,004、登録コミック 811,507、延べ所有シリーズ 1,751,240、延べ所有コミック 11,741,425 )
ログインしていません。 → ログイン
シリーズ情報 (49) 所有ユーザ (33) 感想ノート (7) パーツ twitter?

人間 / 西尾 維新 の感想ノート(レビュー)

シリーズ名: 人間 / 西尾 維新
著者名: 西尾 維新
画像検索(Google) New!: すべて / モノクロ
チェックワード: 人間
登録コミック数: 49冊
最新発売日: 2018-10-05
所有ユーザ数: 33 users (所有率: 0.2 %)
平均評価: (平均評価 3.0 )
掲示板書き込み: 0 件

リンクURL: https://ckworks.jp/comicdash/series/26098

このシリーズを持っている人は、こんなシリーズも持っています。

化物語 / 西尾 維新
化物語 / 西尾 維
西尾維新 / 西尾 維新
西尾維新 / 西尾
刀語 / 西尾 維新
刀語 / 西尾 維新
DDD / 奈須 きのこ
DDD / 奈須 き
空の境界 / 奈須 きのこ
空の境界 / 奈須
世界 / 西尾 維新
世界 / 西尾 維新
とある魔術の禁書目録(インデックス) / 鎌池 和馬
とある魔術の禁書目録
新本格魔法少女りすか / 西尾 維新
新本格魔法少女りすか




このシリーズの所有者が書いたノート

kuromas さんのノート  猫物語 (白) (講談社BOX)
評価:   更新日: 2010-11-03 19:52:22
猫物語 (白) (講談社BOX) 羽川さんが羽川さんたる為に何がどうなってきていたのか、そんなお話、西尾先生はこれを以て新章の開始と仰っているけれど、個人的には新章の伏線を張ったに過ぎず、このお話を読んでやっと羽川さんの何たるかを理解できる、そういう意味では今回は新章の開始でもあると同時に最後まで残っていた謎を明らかにしたって感じもあった、途中羽川さんの行動が余りにもこれまでの羽川さんの行動から欠け離れすぎて、一瞬アニメのCV堀江さんを思い浮かべてしまいました、アニメの影響をたっぷり受けて書かれているとは聞き及んでいたので違和感はありませんでしたけどね、文句なしに満点評価
ariam さんのノート  猫物語 (白) (講談社BOX)
評価:   更新日: 2010-10-30 22:02:25
猫物語 (白) (講談社BOX) 第2幕をはじめますよ,という兆しが読み取れる作品(色々な意味で)。
語り部が語り部なのに,語り口がやたら軽いなあとと違和感を抱いていたのですが,読み進めていくうちに妙に納得をさせられる作品だとおもいます。…というのはやっぱり嘘で,どうにも語り部に馴染めず,腑に落ちないまま読了したので評価を1つ下げています。
ただし,いつも通り(とはいかないかもしれないですが)面白いので4としております。
yachi4 さんのノート  傷物語 (講談社BOX)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:22:44
傷物語 (講談社BOX) 前日譚なのにすでに軟派。そこんとこ整合性が合わないなぁ、そこは不満点。羽川さんは別にいい人とかじゃないんだよ。本人が言ってる通りの人間と思う。正直うざい。けど彼女がいないとこの話が膨らまないのもよくわかります。忍ちゃんの声は平野ボイスでまだ脳内再生できません。そこに安心。ドラマCDのアレはないから。書評と関係ないことばっかりでスマソ
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)  最近再読して、著者の意図がみえてちょっとがっかりしました。
 キャラクター自体はいかにも「ライトノベル」で、キャラクター同士の掛け合いがすごく楽しいのですが、表現しようとしていることが「文学部」的な概念の講釈などであり、「人が死ぬ」ということにたいするリアルさ・奥行き、そして配慮に欠ける作品のように思え、なんだか憤りにちかい感情を抱きました。
ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)  蒐集家が幸い(災い?)して購入しました。西尾維新という作家さんの素顔に少しでも迫れるようなものであるような気がしました。たぶん。 暇潰しに辞書をひく感覚で読むことも、裏資料設定集として読むことも、あるいはふつうの読み物として読むこともできるんじゃないかなと思いました。
きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)  かけあいの面白さは戯言シリーズの春日井春日さんといーちゃんを彷彿とさせます。しかし、果たしてミステリなのか若干疑問に感じました。けれど他の方がミステリだと言っているので、ミステリなんだろうと思うことにしました。娯楽としてそれなりに楽しめたのですが、なんだか腑に落ちない作品でした。
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス) 実に現代オタク的。

あなたもコミック・シリーズ、

人間 / 西尾 維新

の各巻の「感想ノート」を書いてみませんか?
感想ノートは シリーズ情報 の「感想ノート」のリンクから書くことができます。

あなたが書いた感想ノートは、あなたの Myページにも貯まっていきます。

コミック検索


注目のコミック