【動画あり】CO2モニター実録比較、信頼できる機種と、まともに測れていない機種と、、、

2021/01/10


 
先日PC Watchに掲載されたこちらのぴーたんさんの CO2測定器 に関する記事が
目に留まりました。というのも、実は私もCO2モニターを興味本位で買って
試していたものの、同じようなトラブルに遭ったばかりだったのです。

 
■【AliExpressの迷い方】CO2測定器は外れも多いから注意して! 安物測定器を分解した - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ali/1298772.html
 
はてなブックマークにもこんなコメントを残しました。
 
■[B! 電子工作] 【AliExpressの迷い方】CO2測定器は外れも多いから注意して! 安物測定器を分解した - PC Watch
https://b.hatena.ne.jp/entry/s/pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ali/1298772.html
ckom 2021/01/08 ちょうど自分もタイムリーに直面したネタ。2万円で買ったCO2モニターは凄く精度が良かったのですが、そのあと6千円で買ったものはほぼ使い物になりませんでした。。
 
 
ということで今回は、異なる機種のCO2モニターを2台並べた部屋で
ガスファンヒーターを点けて、CO2濃度の変化を動画で記録しました。
 
 
動画そのものは3分くらいありますが、お時間がある方は
動画を流しで見て 頂いたほうが分かりやすいと思います。

では上の動画の内容と重複しますが説明もしていきます。
 
先のPC Watchの記事に触発されたとお話したとおり、今回の検証は、
単純な「2機種の性能比較」みたいなお話ではなくて、
 
 
使い物になるCO2モニターと、使い物にならないCO2モニターがある
 
 
というお話です。
 

 
1つは 「CUSTOM CO2-M1」 という機種。まんまるなのが特徴です。
 
これ、私が2年くらい前に初めて買った機種で、実売は2万円近くしたものです。
その後ずっと部屋に置いているのですが、締め切った部屋に人がいると
CO2濃度(ppm)が上昇していき、ドアを開けて換気するとすーっと下がっていくので
凄く良く測れている印象を持っていました。
 
この CUSTOM CO2-M1 の好印象があって、別の場所でもCO2モニターが
欲しいなと思って違う機種を試してみようと思ったのですが、
 

 
こちらが、、、問題の某社の機種。6千円くらいでした。
 
機種名には言及しませんが、どう見ても同じ形の同じ機種が国内の
いろいろな業者から違う型番で売られている様子が見受けられるため、
海外製のものを代理店が仕入れて各々の販売用の型番を付けているだけ、
みたいな構図なのかもしれません。
(そういう意味でもあまり〇〇社の製品、という感じで触れるのは避けておきます)
 

 
対戦相手 はこちら。
東京ガスが送り出す刺客、ガスファンヒーター です。
 
ガスファンヒーターは強力です。エアコンでは全然暖まらないような状況でも
ガスファンヒーターを付けるとみるみるうちに暖かくなっていきます。
 
しかし一方で明らかに空気のよどみが早く、あっという間に注意域となる
2,000ppmはおろか3,000ppm、4,000ppmなんていう数値もどんどん叩き出すのが
特徴です。さすが燃やすことで暖める機械は格が違います。
 
 


 
このガスファンヒーターからそれほど離れていない1.5mほどの位置に
CUSTOM CO2-M1 ともう1機種を並べて、ガスファンヒーターを点けます。
 
そもそも、ガスファンヒーターを点ける前から両者のCO2濃度は
「1,700ppm付近」「400ppm付近」 と全く違う値を示しています。
 

 
ガスファンヒーターを点けてから 10分が経過 すると、
CUSTOM CO2-M1 のほうは10分間でゆっくりと数値が上昇して
2,400ppmを超えてきました。(2,000ppm異常は要注意基準)
時間経過につれて数値が単純上昇しているため、計測の正しさも
身を以って示してくれているようです。
 
一方の右側の機種は、なんと最初の400ppm付近の数字から
ほとんど変化がありません。計測ができていること自体が危ぶまれます。
 

 
そのままずっと放置して 30分経ちました。
CUSTOM CO2-M1 は遂に 3,500ppm に到達しました。
 
一方の右側の機種はそれでもようやく550ppmといった数字を出し始めましたが、
その挙動は不安定で、30分の間に1,2回「ぴくっ」と600~800ppmに上がった
瞬間があっただけでそれ以外はほとんど 400ppmに貼り付いて しまっていました。
 
正直、これはもう 「まともに測れていません」 としか言いようがありません。
 
 
実体験としても、計測している場所のそばにいくと、
暖かさと共に「ぼわーっ」として頭が回らなくなってくる感覚があります。
 
冬場に締め切った部屋で暖房をつけすぎて眠気を誘う状態になった経験は
誰にでもあると思いますが、単純に暖かくて気持ち良いというだけでなく、
CO2濃度が上昇すると倦怠感を誘発するのも理由であり、
健康にとって良い状態ではありません。厚生労働省の基準では
 
「1,000ppm を超えたら悪影響があるので換気が必要」
 
とも言われます。今回ガスファンヒーターを点ける前のスタート時点で
すでに1,700ppmだったように、締め切った室内に人がいると1,000ppmは
あっという間に突破してしまいます。ましてこうしてガスファンヒーターを
点けたら3,000ppmといった数値も軽々と出してしまうのがよくわかります。
 

 
30分経ったところで、部屋の扉を全開にして、一気に換気をして みました。
すると30分かけて 1,700ppm ⇒ 3,500ppm まで上昇したCO2濃度が、
わずか2分ちょっとでスタート地点の 1,700ppm まで戻りました。
 
部屋の空気が何となく澱んできたら換気が必要、というのは言われても
なかなか判断しづらいものですが、こうしてCO2モニターの数字が見えると
その感覚が目に見えて分かってくるのが面白いですね。
 
 
・・・・。
 
 
という話もさておき、右側の機種がいかに「役に立たずに終わったか」
ということも同時にお分かりいただけたのではないかと思います。
 
 


 
あまりにもあまりなので、最後にもう1つ写真を貼っておくと、
ガスファンヒーターの「目の前」にくっ付けるようにして置いてみると、
どちらも同じくらいの数字がパッと検出されました。
 
この四角いほうの機種、人間が手で持ってもちょっと数値が反応しますし、
息を直接吹きかけると 数値が上昇したりしますので、壊れている
とかではなく、機械の中に本当に直接空気が流れ込んでくるような状況
でないと反応しないということなのかもしれません。
 
でもそれはまぁ、部屋に置いておくだけではまともなモニタリングができない、
と言っているのと一緒ですので、どちらにせよ役に立たないのですが・・。
 
 
ということで、CO2モニターを2つ試してみただけでも、「精度の違い」とか
そういうレベルではなく、こんなに 当たり外れが あるものなのか、
というのが実録動画としてもご覧いただけたことと思います。
 
今回まともに動かなかった機種は初期不良ではないか?とかいろいろ可能性も
考えるところはあるのですが、前述のPC Watchさんの記事でも同じように
まともな計測ができないパターンがあることを拝見して、
自分自身の体験もまとめてみた次第です。また機会があれば
しっかり計測できそうなCO2モニターを探してみたいなと思ったりしています。


2021/01/10 [updated : 2021/01/10 22:23]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 2021年あけましておめでとうございます。よろず話はレンタカーと「一脚」テスト。

トップに戻る

宅内小型サーバPCが故障!代替機はCDケースサイズの GM-JAPAN GLM-MN3350 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

ckom 2021/01/11
セルクマ。CO2モニターをガスファンヒーターの前で計測比較する動画など。
preciar 2021/03/10
6千円も払ってゴミが来るってのはキツいなあ
はてなブックマークで
コメントしましょう


QNAP TS-253D のファームウェア更新にハマって延々1週間以上も格闘することに・・。


VTuberの真似事をしてみたい!「VRoid Studio」「Luppet」「Animaze by FaceRig」「OBS Studio」「Leap Motion」「Webcam VTuber」「Kaleidoface 3D」を試す。


Google Pixel6 Pro ファーストインプレッション - 光学4倍レンズは魅力、サイズ/重量を許容できるか?


データコピーに「丸4日」。QNAP TS-253D と 14TB HDD×2基で宅内NASを一新する。


宅内小型サーバPCが故障!代替機はCDケースサイズの GM-JAPAN GLM-MN3350


届いたばかりの Pixel5 ファーストインプレッション、Pixel3からの移行で戸惑いの連続


OMRONのUPS「BN50S」のバッテリ交換をしました。


iPhone SE 第2世代の初期セットアップ続き、液晶保護フィルムとストラップホール付きケースを装着していきます


iPhone SE 第2世代を購入しました。iPhone6からの移行もスムースです。


退役のノートPCたち、VAIO、VersaProなど


USB切替器を使ってNEC 98キーボードを複数PCで使い分ける


Ryzen 7 3700X ベースでデスクトップPCの心臓部を入れ替え。Core i7-4790K (Devil's Canyon) の2.4倍のパフォーマンス

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks