Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2019/11/04 10:55 - 2019/11/03

GSR初音ミクAMGは5位フィニッシュ、耐え忍んだシリーズランキング4位、SUPER GT最終戦もてぎ決勝 #fightgsr #supergt

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
SUPER GT 2019 最終戦ツインリンクもてぎ、日曜日は決勝レースが行われ、
4号車グッドスマイル初音ミクAMGは順位を2つ上げて 5位 でフィニッシュとなりました。

 

 

 
昨日の予選でポールポジションを取れなかったことによって、チャンピオン
獲得の一縷の望みを断たれてしまった4号車グッドスマイル初音ミクAMG。
 
しかし、最後に一矢報いたい、5年連続で表彰台に登っている
ここツインリンクもてぎで 6年連続表彰台 を、そして今季初優勝を、
という想い乗せて決勝レースに挑みました。
 

 
幸い、予選で発症したバイブレーションの問題はメカニックさんの頑張りに
よって解消済み(フロントエアロ部分を支えるステーが破損していたとか)。
憂いは無くなり、あとは7番手からひたすら追い上げるのみです。
 

 
そしてレースがスタートすると、なんと1周目で早くも片岡さんが
目の前の33号車 XWorks エヴァ GT-R を捉えて6番手に上がります。
全車がまだ完全なコンディションではない状態の1周目にリスクを
とって飛び込んでいく、これが 片岡さんの得意の速攻 です。

レースが10周を超えた頃には、ポールからスタートした720号車のペースが
ズルズルと落ちてきて、6位を走行していた4号車の目の前に現れます。
これもしっかりオーバーテイクして4号車は 5位に浮上 します。
 

 
レース1/3を過ぎたあたりから各車が五月雨式にピットイン。
4号車のドライバーも谷口さんに代わります。
 
ここでBSタイヤを履く65号車LEON AMGが「タイヤ無交換」を選択して
トップを逆転、大きくリードを広げ独走態勢を築いていきます。

4号車も 「左タイヤ2輪交換のみ」 の作戦を選択。
ヨコハマタイヤと重量のあるFIA-GT3車両では今季なかなか
採りにくかった戦術で攻めてきました。出てきた場所は・・・
実質4番手の55号車ARTA NSXの真後ろ、2秒差!
 
結果論ですがこの「前」か「後」かは非常に大きかった・・、
レース前にチーム代表の安藝さんに伺ったとき、タイヤを無理して
前に出て抑えるパターンのお話をされていました。
 
「ウチはタイヤで無交換はどうしても厳しい、4輪換えるか、
レースの流れによっては無理して交換を減らして前に出て
あとは谷口に 『とおせんぼ作戦』 してもらうしかないかもだけど」
 
ライバルチームも同様に2輪交換、あるいは無交換で来る、それを
4輪換えて後ろから追い上げるにはポテンシャルもレース距離も
足りない、何とか前に出て抑え込めれば、というところでしたが・・。
 
結果的に55号車とはその後も同じようなペースで進行したため、
もし前に出ていれば抑え込めた可能性は十分にありました。

その後、2位を走行していた56号車REALIZE GT-Rが謎のトラブルで一瞬だけ
ペースが落ち、4号車がこれをパスして4番手に浮上します。しかし
レース終盤では予選17位から猛烈な追い上げを見せた96号車k-tunes RC Fが
4号車も55号車もぶち抜いていき3番手まで浮上。4号車は再び5位となります。
 
谷口さんも2輪が無交換の状態のままでロングスティントを必死に耐えて
走りぬきましたが、4号車はこのまま 5位でチェッカー となりました。

一方、なんと最終ラップで65号車LEON AMGがまさかの失速!(ガス欠?)
11号車GAINER GT-Rが入れ替わって優勝するというショッキングな
展開で最終戦は幕を閉じました。
 

 
この入れ替わりがGSR初音ミクAMGにとってはとても大きく、
なんとドライバーズランキングで11号車にぎりぎり0.5点差で
逆転されてしまい、4号車は シリーズ4位 に落ちてしまったのでした。
 
11号車と65号車の入れ替わりも勿論予測不能ですが、あのとき4号車が
ピットアウトした場所が55号車のちょっとでも前だったら、と
たらればを考えないでもありません・・・。(5位→4位は+2点)
 
一方で、完走ポイントを加えた チームランキング では
4号車は堂々の「3位」でシーズンを終えることができました。
 

 
振り返れば今シーズンはずっと予選6位~7位のあたりが定位置と
言われるくらい、勝利が遠く見えた苦しいシーズンでした。
タイヤの差で苦しむこともあり、SCや雨に翻弄されることもありました。
 
しかし、できることは全てやって、少しでも這い上がりたい、という、
グッドスマイル "負けず嫌い" 初音ミクGTチーム
の意地が第7戦で2位表彰台をもぎ取り、最終戦にチャンピオンの
可能性を残すというところまでチームを押し上げてきてくれました。
 
「こんなに応援し甲斐のあるチームはない」
 
11年ずっと応援し続けてもなおそう思います。
来年の参戦についてはまだ何も発表はありませんが、来年もサーキットで
初音ミクデザインのマシンが駆け抜ける姿を見せて欲しいと願っています。
 
過酷なシーズンを戦い抜いたドライバーのお二方、戦う環境を必死に
作り上げてくださったレーシングクルーの皆様、それを支える大勢の
スタッフの皆様、プロジェクトとして様々な形で盛り立ててくださる
スポンサーの皆様、そして応援してくださる全ての個人スポンサーおよび
ファンの皆様に感謝致します。
 
今年も1年間、本当にありがとうございました&おつかれさまでした。

デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクGTプロジェクトを応援しています!

この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2019/11/04 10:55


« GSR初音ミクAMGは予選7番手で王者の可能性は潰えたが・・・SUPER GT最終戦もてぎ予選 #fightgsr #supergt

トップに戻る

[tw:2019/11/03] SUPER GT 2019 最終戦もてぎ、レースウィークのツイートまとめ »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


この記事をはてなブックマークに追加/編集する


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks