デジカメ写真で不安なときは露出補正を数パターン撮っておくなどのお話

2013/07/29

先ほどの 交通安全祈願の記事
新車を納車して高幡不動尊で交通安全祈願をする真夏のある日 のついでに高幡不動尊金剛寺の写真を何枚か。
 


 
高幡不動のまわりには 新撰組 関連のお土産屋さんがいくつか並んでいます。
土方歳三像 も入り口近くにドンとそびえていました。
 


 
その裏側にある池には 蓮の華 がいっぱいです。
 
このブログでも何度か触れることがありますが、
私にとって「写真」というのは主に 「記録機械」 という扱いでして、
綺麗な作品 を撮ろう、という努力はあまりしたことがありません。
 
基本的にはデジカメの オート に任せてひたすら記録、記録を繰り返す
だけなのですが、明らかに逆光で明るさがおかしい!と思ったときだけ
露出補正 をいじって撮り直したりする程度は面倒くさがらずに
やるようになりました。
 


 
こんな感じで、多少 「台無し感」を緩和 できるようになります。
 
それでも最適な露出補正パラメータの設定をさがすといったレベルには
至らず、どちらかというと露出補正を変えて何パターンか撮っておいて
あとで一番マシだったものを使う、という 「あてずっぽう作戦」 に出る
ことが多いです。それでも数パターン違う設定で撮っておくとあとで
「よかったー」 と思えることが多くなります。
 


 
室内でデジモノ撮りをするときも、とくに シルバー色 なものを撮るときは色が
変になりがちですので、露出補正をぐりぐりといじって変化を期待してみたり
するのですが、そうはいっても小手先の補正いじりだけだと限界はあります。
この2枚なんかはもう別のモノを撮っているかのようですが・・。
 
露出補正を変えるほかにも、わざと離れてから光学ズームしてみたりすると
歪みが減るのと同時に全体が暗くなって、その所為で逆にオートの補正が
「明るすぎるから暗めに補正しよう」と思わなくなって色が落ち着くとか
でも全体にのっぺりした感じになるとか、それはもう色々なアレがあって
どうにでもなーれ 状態になることが多いですね(;´ω`)


2013/07/29 [updated : 2013/08/10 02:15]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« コメントスパム数がデイリーで1,000越えを連発、月間でも1万越えペース

トップに戻る

川辺で鳴くウシガエルの声が反響してちょっと怖い »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



LUMIX LX7の撮像素子はCCDから高感度MOSへ - 絞りリングやMFレバーも追加


充電器が行方不明になって LUMIX LX5 が置き物状態(すぐ見つかりました)


あまとも通信 - LUMIX LX3が値下がりするもLX5と変わらないお値段


LUMIX LX5 テスト撮影(静止画、動画)、地味に嬉しいフォーカス速度向上


届いてたぞ!Panasonic LUMIX LX5 まずは恒例の写真館から

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

No.34465   投稿者 : Beep   2013年8月11日 00:48

つオートブラケット
つRAW現像


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks