SanDisk「Extreme Pro」新版はUHS-I 95MB/sでClass10も対応、64GBのお値段は5万円


■サンディスク、書き込み90MB/秒の"世界最速"SDXCメモリーカード - デジカメWatch
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111026_486308.html
 
SanDiskの最高峰SDカード 「Extreme Pro」 シリーズの
新ラインナップが発表されました。新しくなった Extreme Pro は、
 
 なんと 読み込み95MB/s、書き込み90MB/s
 
という従来の2倍にも達する数字を引っさげての登場です。
(従来製品は読み書きともに45MB/s)
 
ラインナップはSDXCの64GBと、SDHCの32GB、16GB、8GBの4製品。
11月下旬からの発売を予定しているとのことです。
 
 64GBのSDXCの店頭予想価格が「5万円前後」
 
という目玉の飛び出るようなお値段だったりするところもエクストリームな
感じですが・・・ちなみに32GBのSDHCでも初期の店頭予想価格は3万円前後
ですので、やはりエクストリームです(しつこい)。

 
■SD/SDHC/SDXC - SanDisk
http://www.sandisk.co.jp/products/sd-sdhc-sdxc-cards
 
「SanDisk の Extreme Pro」とだけ覚えていると旧版と区別が
付かないため一瞬戸惑うところもあるのですが、ざっと整理すると
Extremeシリーズは以下のような感じで区分けがされています。
 
オンラインショップなどで商品を探すときには、型番をしっかり
入力して検索したほうが間違いが少ないかもしれません。
 
まず今回発表された 新版 の Extreme Pro シリーズ。
 
 ■サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-I カード
 ・SDSDXPA-064G-J35 SDXC、64GB、UHS-I、Class10、95MB/s、90MB/s
 ■サンディスク エクストリーム プロ SDHC UHS-I カード
 ・SDSDXPA-032G-J35 SDHC、32GB、UHS-I、Class10、95MB/s、90MB/s
 ・SDSDXPA-016G-J35 SDHC、16GB、UHS-I、Class10、95MB/s、90MB/s
 ・SDSDXPA-008G-J35 SDHC、 8GB、UHS-I、Class10、95MB/s、90MB/s
 
そしてこちらが 従来の Extreme Pro シリーズです。
 
 ■サンディスク エクストリーム プロ SDHC UHS-I カード
 ・SDSDXP1-032G-J95 SDHC、32GB、UHS-I、45MB/s、45MB/s
 ・SDSDXP1-016G-J95 SDHC、16GB、UHS-I、45MB/s、45MB/s
 ・SDSDXP1-008G-J95 SDHC、 8GB、UHS-I、45MB/s、45MB/s
 
速度が違うのはわかりますが、それ以外にも 「Class10」 の文字が旧版には
無かったことがわかります。このあたりはちょっと興味深いところで、
 
 ■サンディスク エクストリーム SDHC UHS-I カード
 ・SDSDX-032G-J95 SDHC、32GB、Class10、30MB/s、30MB/s
 ・SDSDX-016G-J95 SDHC、16GB、Class10、30MB/s、30MB/s
 ・SDSDX-008G-J95 SDHC、 8GB、Class10、30MB/s、30MB/s
 ・SDSDX-004G-J95 SDHC、 4GB、Class10、30MB/s、30MB/s
 
こちらは Extreme Pro ではなくて、単なる「Extreme」 ですが、
(単なるといっても Extreme シリーズはそれだけで上位製品ですが)
速度は30MB/sで、UHS-Iにも未対応でありつつも、「Class10」は付いています。
 
何となくイメージとしては最大転送速度104MB/sの規格である「UHS-I」
が一番速くて、「Class10」はあくまで10MB/sのことだから、
「UHS-I」は「Class10」を包含して いるのでは?!
と思って姉妹勝ちです(どんな誤変換だ・・・)。
 
しかし、実際にはUHS-Iの104MB/sというのはあくまで規格が持っている
理論上の最大値であり、実際の速度はデバイスの持つ性能に縛られます。
また、UHS-Iそのものは 最低保証レート ではないという点も重要です。
 
「Class10」表記の「ClassXX」というのは 「安定してxxMB/s以上で書き込める」
という最低保証レートを示すものであり、特に動画撮影のように一定の
ペースでずっと書き続けるようなシーンでは重要な指標になります。
 
 ■サンディスク エクストリーム HDビデオ SDHC カード
 ・SDSDX3-016G-J21N SDHC、16GB、Class6、20MB/s、20MB/s
 ・SDSDX3-008G-J21N SDHC、 8GB、Class6、20MB/s、20MB/s 
 ・SDSDX3-004G-J21N SDHC、 4GB、Class6、20MB/s、20MB/s
 
こちらはその下のクラスですが、Extreme シリーズでもClass6のものが
あります。しかしClass6というのは実は48Mbpsということでもあり、
フルHDのMPEG4ビデオ を録画する場合、大抵のデジカメでは30Mbpsもあれば
十分だったりします。(ハイエンドだと48Mbpsに達することもありますが)
 
したがって、このようにClass6でも、最低保証レートのClassが付いている
ものにはSanDiskは 「HD Video」 というマークを付けたシリーズとして
デザインを変えてアピールしていました。
 
そして今回発表された最新の Extreme Pro では、UHS-I の限界に迫る
95MB/sの速度を達成しつつ、最低保証レートの Class10 にも対応した
というワケです。
 
上述のとおり、実際問題としては、HDビデオの記録などでは
ここまで飛びぬけた性能が必要になることはほとんどありません。
この性能が発揮されるのは、逆に写真(静止画)の撮影でしょう。
メモリカードが瞬間的な性能を最も求められるシーンは、最近だと
 
 ハイエンドデジカメに於ける、RAWモード撮影の連写
 
だったりします。また、メモリの性能を限界まで引き出せるかどうかは、
デジカメ側の性能にも拠ってきたりしますので、最高の環境を手に入れるのは
なかなか大変そうですです。そういう意味でも Extreme Pro な方々向けですね。

エクストリームプロSDXC UHS-I 64GB
Powered by
エクストリームプロSDHC UHS-I 32GB
Powered by

2011/10/23 [updated : 2011/10/29 08:24]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« Amazonギフト券の複数人宛て送付、100人宛はなかなか圧巻

トップに戻る

初音ミクBMW ねんどろいどレーシングミク2011 Ver.、サーキットで一番おひめさま »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

Donca 2011/10/29
✔ SanDisk「Extreme Pro」新版はUHS-I 95MB/sでClass10も対応、64GBのお値段は5万円
はてなブックマークで
コメントしましょう


あまとも通信 - LexarのClass10 UHS-I対応64GB SDXCカードが値下がり


HiDISCの128GB SDXCカード、64GB microSDXCカードを購入、パフォーマンスは良好


あまとも通信 - Lexarメディアの128GB SDXCカードが値下がり


「1.5mからの落下」にも耐えられるSDカード登場! ・・って、いや、その(困惑)


東芝からUHS-II対応SDXCカード発表 - 想定需要に4K2Kなどがあるものの・・?


SDカードのピンが2列に! CP+でUHS-IIカードのモックアップ初登場


あまとも通信 - Gigastoneの128GB SDXCカード「11B1800」が値下がり


Gigastone の 128GB SDXCカード「11B1800」を試す。性能も相性も問題なし!


買える!SD - 現時点で国内で買える128GB SDXCカードたち


Lexarの64GB SDXC フラストレーション無さ杉パッケージ?! 性能もまずまず良好


Lexarから安価な64GB SDXCカード、UHS-I対応も速度はローエンド


切手サイズに256GB! Lexarの大容量SDXCカード、お値段は899ドル?!

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks