Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/11/27 23:59 - 2010/11/27

「グランツーリスモ5」(GT5) 動画で見るファーストインプレッション

カテゴリ : ゲーム タグ :

■2010/11/26 [「グランツーリスモ5」が到着! インストールはしっかり40分]


 
では早速 「グランツーリスモ5」 (GT5)をプレイしていきます。
ちなみに私が到達したのは今のところA-specのLv9までです。
 
■GT5 オートデモ

GT5では、放置していると 「オートデモ」 が始まります。
どうも勝手に車を選んで勝手にコースを走る映像が流れているのか、
プリレンダリングの映像ではないようです。
 
■GT5 ディーラー

とりあえずアーケードモードなどは置いといて、「GTモード」 を進めて
いきます。まずは何はなくともディーラーで車を買わなければなりません。
事前に情報が流れていたとおり、GT5ベースのハイスペックな描写がされて
いる 「プレミアム」 カーと、そうではない 「スタンダード」 カーに
分かれているのですが、どうもプレミアムは 新車、スタンダードは 中古
ディーラーからそれぞれ入手するように分かれているようです。
 
また、車ごとに 「必要Lv」 が規定されていて、Lvが上がらないと
高級車に乗ることができません。最初は200万円渡されて放り出される
のですが、新車でLv0で200万で買える車というのはかなり限られてきます。
 
私は最初に新車のマーチを買ったのですが、そのあとはあまりこだわりなく
RX-7、ヴィッツなどの中古を買いあさって進めていました。
なお、車にはそれぞれ 音声解説 がセットになったデモ走行が付きます。
 
■GT5 A-specレース

GTモードは主に、自分でレースをする 「Aスペック」 と、AIドライバーに
指示を出して進める 「Bスペック」、そのほか「ライセンスモード」や
「スペシャルイベント」などがあります。
 
A-Specはシリーズでお馴染みの感じで、勝ち進んでいくとLvが上がって
上のカテゴリに参戦できるという具合になっています。
ただ、ちょっと気になるのが 参加条件の厳しさ ですね。
各Lvごとに2~3個のイベントがあるのですが、「イタリア車限定」
「1980年以前の北米車限定」など、それぞれ参加条件が結構狭くて、
重なり合わない状態になっています。
 
序盤は金欠で、イベント1つにつき1台を買っていくわけにもいきません
ので、手詰まりになって同じイベントを繰り返して賞金を稼いだり・・・。
このあたりはもうちょっと緩めのほうがよかったかもしれません。
 
■GT5 レース画面

レース画面です。これは富士スピードウェイで行われる ヴィッツレース
参加しているところです。残念ながらスタンダードカーには車内視点が
ありませんのでボンネット視点ですが、プレミアムカーの場合は車内視点があります。
 
■GT5 レースリプレイ

同じ場面のレース後のリプレイです。映像はさすがGT5といった感じで
とても綺麗です。後半のほうでいろいろ映像切替をしているのですが、
その中に 「ライブタイミング」 というのがあります。これは各車の
ラップタイムを進行状況に合わせて表示するもので、実際のレースの
タイミングモニタを見ているみたいで中々面白いです。
 
レースそのものについては、どうしてもForza3と比べてしまいますが、
路面からのレスポンスを 音や振動 で感じるという視点ではどうしても
ちょっと弱めかなという印象はあります。あと、コントローラのトリガも
微妙なアクセルワークなどを伝えにくい感じがするのですが、もしかすると
コントローラを変えるとまた印象も変わるのかもしれません。
 
■GT5 チューニングパーツ

購入した車にはチューニングパーツを色々つけることができます。
これがまた高くてなかなか手を出せないのですが・・・。
高いパーツだとギア比をいじれるようになったりします。
 
■GT5 GTオート

GTオートという 整備店 みたいなものがあり、オイル交換、オーバーホール、
カラー変更(要ペイントアイテム)などが行えます。GTワールド特有の
クルクル回る洗車 も健在です。エアロパーツもここで付けることができます。
 
■GT5 オンラインリプレイ(11台)

オンラインレースは 部屋立て制 になっていて、デフォルトで地域別に検索
する形になっています。そのため、入るといきなり部屋名がみんな日本語で
驚きますが、このあたりはとても分かりやすくて嬉しいですね。
 
上の映像は「200ps以下」と銘打った部屋に入って、11台でバトル して
いるところです。11台もいるともうわちゃわちゃで何が何だか分からなく
なりますが、それでも目だったラグもなくちゃんとレースができていました。
 
 
ということで、まだLv10にも達しない状態ではありますが、ひとまず
ファーストインプレッションでした。まだこれから徐々にやれることが
増えていくと思いますが、今のところの印象だと、「車」が好きなら
GT5で色々な 車をコレクション してレースでも乗り回す、というのは
十二分に楽しめるのではないかと思います。そういう意味でも
「カーライフシミュレータ」の看板に偽りなしといったところかもしれません。
 
かたや、ちょっと贔屓目かもしれませんが、ストイックに 「スポーツレース」
を楽しむという観点からいうとForza3にも分があるという印象があります。
どんな低クラスカーでもセッティングの細部まで自分好みに煮詰めに煮詰めて
ギリギリのバトルとをするForza3の楽しさは何にも代えがたいところがあります。
あと、GT5は多くの車が基本 「無地」 なのがForza3組からすると違和感が・・(おい)
 
それぞれの良さがありますので、できれば車好き、レース好きの方は
両方試してみると良いかもしれませんね。
 
■GT5 オープニング

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2010/11/27 23:59


« 「グランツーリスモ5」が到着! インストールはしっかり40分

トップに戻る

老舗PCショップ「T-ZONE」が廃業?! 最後の1店舗は「ドスパラ」に譲渡 »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


この記事をはてなブックマークに追加/編集する


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks