Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2009/01/27 23:59 - 2009/01/27

届いたぜ! 868gの軽量ノート NEC VersaPro UltraLite タイプVC 写真館


■2009/01/10 [注文したのはVersaPro UltraLite タイプVC - SSDモデルは868gの軽量ノート]
 
VAIO type P が話題になっているころ、私がちょっぴり肩身の狭い思いで(?)
こっそり注文していたのがNECの企業向けノートPC 「VersaPro UltraLite」 でした。
 
■NEC、最軽量868gになった第3世代のUltraLite
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1210/nec.htm
■Hothotレビュー - NEC「VersaPro UltraLite タイプVC」
~最軽量868gの堅牢12.1型モバイルノート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1210/hotrev390.htm
 
おそらく Centrino2 を積んだノートPCとしては世界最軽量あるいはそれに近い
だろうという 868g (SSDモデルの場合)というとんでもない軽さを実現した
かなりキワモノなノートPCなのですが、なにせ一般向けブランドのLavieではなく
企業向けのVersaProとしての登場ですので、あまり話題にはなりませんでした。
今回私が注文したのももちろんSSDモデル、すなわち 868gのモデル であります。
 
では、恒例の写真館いってみましょう!
  
・・・と思ったのですが、なにせVersaProですので
 
 Amazonには商品登録がありません。。。
 
当然、あまともでも項目を作れないので、いつもの写真館ができません(;´Д`)
仕方がありませんのでココ、デジ埋で1枚ずつご紹介していきましょう。
 
今回購入したモデルは「PC-VJ12ACZ76」、といっても基本的には全部BTOモデル
ですので型番はパーツ選択によって千差万別なのですが、BTOの選択画面では、
 
 ・CPUはCentrino2 Core2Duo SU9300 1.2GHz を選択
 ・メモリを1GB→ 3GBに増量
 ・ストレージはHDDではなく SSD 64GB
 ・無線LAN付き
 
というあたりを選択したモデルになります。合計 234,150円 でした。
 

 
モノが届いてみてまず驚くのは、その 商品構成のシンプルさ
箱の中に入っていたのは、本体、バッテリ、アダプタ、それに
簡単な説明書と、バックアップDVD-ROMのセットだけです。
 
もっとも、ノートPCを使い慣れている人からすればこれで十分なワケでありまして、
変に初心者向けの早見表とかガイドブックとか今どき電話コードとかISP加入や
ウィルスソフトのチラシとか、そういうので満載のパッケージよりもホッとします。
 


 
表面は完全に「鉄板」・・・というとアレですが、銀色の フルフラット な形状です。
背面もシンプルな形状をしており、変な凹凸がなくてカバンに収まりやすい感じがします。
ふたはLet's noteのように「カチン!」とカギが引っかかって閉まるタイプではなく、
表面全体で「パタン!」と 柔らかく閉まる感じです。
 


 
左サイドにD-Sub映像出力、LAN、USB×1、それからマイクとヘッドフォン。
右サイドにはSDスロットとPCカードスロット、さらにUSB×3が付いています。
特に USBコネクタの多さ には驚きました。これならマウスの接続位置も自由自在です。
 

 
全体で見るとこんな感じ。1280×800 のWXGAモニタ を積んでいるため、
大きさとしては大柄に感じるかもしれません。その代わりとても軽いです。
キーボードは至って普通、ちょっと最上列のファンクションキーが狭いかなと
いうのが気になるくらいで、メイン部分のキーはむしろ大きくて打ちやすいです。
 

 
いままで使っていた Let's note R4 と比較するとこんな感じになります。
大きさを見るとやはりR4のほうが完全にひと回り小さいのがわかります。
 
ただ逆に、これでいて重さではVersaProのほうが軽いワケですから、
 
 実際に持ってみたときの「体感」でいうときの軽さは
 
それをはるかに上回ります。
 


 
通常、同じ重みであれば筐体の小さいほうが、人間のアタマが「想像より重い」
という錯覚を覚えて重みを感じるのですが、この VersaPro UltraLite は
R4よりひと回り大きくて、なおかつ100g近く軽いのですから、
 
 「想像よりはるかに軽い」という錯覚を感じて
 
びっくりする軽さを体験できます。持ち上げたときに思わず 「ひゃうっ!」
言ってしまうくらいです。
 
今はもうセットアップを済ませて、メインの作業PCとして使い始めていますが、
(この記事も VersaPro UltraLite で書いています) 使い心地は非常に良好です。
このあとは パフォーマンスのレポート に続きたいと思います。

※VersaPro UltraLiteは個人でも注文できます。
ノート > VersaPro J >タイプVC (WXGA液晶モデル) のところにあります。
NEC Direct ・NECダイレクト


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« HDMI切替器・分配器でメイン・サブモニタに映像を出し分ける - 実践編

トップに戻る

VersaPro UltraLite パフォーマンス測定 - 868gの軽量でも高い処理能力 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



LaVie Z の法人版「VersaPro UltraLite VG」 - 説明書きの『低反射処理』とは一体・・?


VersaPro UltraLite VC の代わりは・・・軽量ノート冬の時代


VersaPro UltraLite と BUFFALOの無線LAN-APの間でトラブル?


VersaPro UltraLite パフォーマンス測定 - 868gの軽量でも高い処理能力


注文したのはVersaPro UltraLite タイプVC - SSDモデルは868gの軽量ノート


退役のノートPCたち、VAIO、VersaProなど


795gでも旧Lavie Zと遜色ない実力! VersaPro UltraLite VG バッテリ持続時間テスト


テキストDPIをいじるか、画面解像度をいじるか? 2,560×1,440モニタの悩みどころ


グレアは要らんのです! 795g超軽量ノート VersaPro UltraLite VG、まずは外観から。


VersaPro UltraLite VG 到着! 795gの新型Lavie ZをWin7に出来るのは法人版だけ!


VersaPro UltraLite VG を NEC Direct で注文完了! もちろんWin7モデル


どちらを選ぶ? 超軽量ノート「VersaPro UltraLite VS」対「VAIO type P (WinXP)」

ピックアップタグ



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks