WDN-2000セットアップ - ログインは簡単に可能、パフォーマンスはいま一歩?

2008/11/21

■2008/11/10 [ハンファの多機能NASケース「WDN-2000」 - まずは写真館から
ハンファの多機能NASケース「WDN-2000」 - まずは写真館から]
■2008/11/11 [ハンファのNASケース「WDN-2000」、HDDフォーマットエラーで先に進めない!!
ハンファのNASケース「WDN-2000」、HDDフォーマットエラーで先に進めない!!]
■2008/11/12 [ハンファジャパンのサポートに問い合わせ - 結局WDN-2000は一度ドック入りに・・・。
ハンファジャパンのサポートに問い合わせ - 結局WDN-2000は一度ドック入りに・・・。]
■2008/11/14 [ハンファ「WDN-2000」の着払い返送完了 - 佐川急便の集荷は個人でもOK
ハンファ「WDN-2000」の着払い返送完了 - 佐川急便の集荷は個人でもOK
■2008/11/15 [WDN-2000の帰りを待つ間に、余ったThecus N2100で1TB RAID NASを構築
WDN-2000の帰りを待つ間に、余ったThecus N2100で1TB RAID NASを構築]
■2008/11/16 [SATA HDDの動作チェック用にHDDケースを購入 - NOVAC「NV-HS321US」
SATA HDDの動作チェック用にHDDケースを購入 - NOVAC「NV-HS321US」]
■2008/11/19 [ハンファの多機能NAS「WDN-2000」がドック入りから無事に生還! WDのHDDも普通に認識
ハンファの多機能NAS「WDN-2000」がドック入りから無事に生還! WDのHDDも普通に認識]
 
長かった WDN-2000 の旅もそろそろ終着駅が見えてまいりました。
付属のCD-ROMからソフトを丸々WDN-2000にインストールし、
各種設定をこなしていきます。
 

 
最初に決めるのは sysadmin という ルートユーザ のパスワードから。
その他基本設定がいくつかあります。設定ページの言語でJapaneseを
選んでいるのにタイムゾーンのデフォルトが 「Seoul」 ですね・・・。
 

 
一般ユーザのIDもそそくさと登録していきます。ゲストユーザの
使えるPUBLICフォルダが切れたり、IDのあるユーザもユーザごとに
quotaが決められたり と、なかなかしっかりとしている模様です。
 

 
UPNP、ITUNES、PRINT、NFS、FTP、SSH、Apple talk、のサービスが
ON/OFFできるようになっています。SSHはデフォルトでOFF
になっていますので、必要な方はここでONにしておきましょう。
 

 
ということで TeraTerm Pro with TTSSH2 で 簡単にログイン ができました。
うまく改造するとtelnetできるNASというのはよくあるのですが、
WDN-2000は改造しなくても正式にtelnet(ssh)がサポートされているのが
嬉しいところです。パーティション構成を見てみると md0 としてシステム
領域が 1GB、そのほかのデータ領域として md1 が 974GB 切ってあります。
 
さて、以前ThecusのN2100が思いのほか良好なパフォーマンスを
叩き出していたというお話をしましたが、このWDN-2000のパフォーマンスは
どうなのでしょうか。同じようにHDBENCHで計測をしてみました。
 

ReadWriteR-ReadR-Write備考
ローカルHDD69659675011785533595500GB SATA
BUFFALO HD-HS500U232272189911373714657USB 2.0 HDD
Promise NS4300N19976125781193611032GigabitHub経由 RAID-5(x3)
Thecus N210040188147592886113211GigabitHub経由 RAID-1
Hanwha WDN-20009740739670166188GigabitHub経由 RAID-1

 
うーん・・・どうなのでしょうコレは・・・。Thecus N2100を計測した
ときと全く同じ1TB HDDを使っていますので、少なくとも対N2100については
完敗 ということになります。ボトルネックがCPUやメモリにあるのか、
それともネットワークアダプタのほうにあるのかは定かではありません。
 
ちなみにWDN-2000にシステム情報を見てみるとこんな感じになっています。
 

 
CPUは Faraday FA526id というRISC系のプロセッサ、詳細は不明ですが
周波数は 200~300MHz くらいということのようで、XScale 600MHzのN2100とは
ちょっと差がありそうです。メモリも 128MB で、N2100の256MBの半分になっています。
まぁ、N2100は本体そのものが高い(3万円以上)ですので、単純に比較するのは
ツライところがあるのですが、パフォーマンスを気にされる方はこのあたりも
吟味したほうが良いかもしれませんね。
 
私はというと、少なくとも今持っているThecus N2100を活かすという
選択肢が取れる環境にありますので、1TB HDDを使ったメインのNAS構築は
N2100のほうに任せてみたいと思っています。WDN-2000のほうは当面、
別のHDDを入れて 「いじれる玩具」 として使ってみるつもりです。
簡易サーバ的なことがいろいろできると良いのですが( ・ω・)


2008/11/21 [updated : 2008/11/21 23:59]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« あまとも通信 - LUMIX FX150が大幅値下がり、ラインナップ上の位置づけは?

トップに戻る

Xbox360で「フォトパーティ」が面白い! HDDインストールも快適 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



VTuberの真似事をしてみたい!「VRoid Studio」「Luppet」「Animaze by FaceRig」「OBS Studio」「Leap Motion」「Webcam VTuber」「Kaleidoface 3D」を試す。


Google Pixel6 Pro ファーストインプレッション - 光学4倍レンズは魅力、サイズ/重量を許容できるか?


データコピーに「丸4日」。QNAP TS-253D と 14TB HDD×2基で宅内NASを一新する。


宅内小型サーバPCが故障!代替機はCDケースサイズの GM-JAPAN GLM-MN3350


【動画あり】CO2モニター実録比較、信頼できる機種と、まともに測れていない機種と、、、


届いたばかりの Pixel5 ファーストインプレッション、Pixel3からの移行で戸惑いの連続


OMRONのUPS「BN50S」のバッテリ交換をしました。


iPhone SE 第2世代の初期セットアップ続き、液晶保護フィルムとストラップホール付きケースを装着していきます


iPhone SE 第2世代を購入しました。iPhone6からの移行もスムースです。


退役のノートPCたち、VAIO、VersaProなど


USB切替器を使ってNEC 98キーボードを複数PCで使い分ける


Ryzen 7 3700X ベースでデスクトップPCの心臓部を入れ替え。Core i7-4790K (Devil's Canyon) の2.4倍のパフォーマンス

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

No.30248   投稿者 : たかヤン   2010年11月20日 02:56

よければ1点ご教授いただきたいのですが、まだご使用されていますでしょうか。
Windows7ではうまく動作しないみたいなのですがご存知ですか?


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks