Google が YouTube を買収! - YouTube は Google でも止められなかった


曜日はさておき、号外コラムです。こんばんは。
 
Google が YouTube を買収した、というニュースは、今年の
ネットビジネス界一番の大事件(?)としてネット中を駆け巡りました。
 
■ITmedia News:Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/10/news006.html
■ITmedia News:YouTube買収がGoogleにもたらすメリットは?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/10/news021.html
■InternetWatch: GoogleがYouTubeを16億5,000万ドルで買収
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/10/13557.html
■My Life Between Silicon Valley and Japan
GoogleがYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価する
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20061009/p1
■isologue: Google+YouTube
http://www.tez.com/blog/archives/000769.html

■404 Blog Not Found:Googlezonの足跡が聞こえた
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50654407.html
■メディア・パブ: 本当にGoogleがYouTubeを獲得,買収額は16.5億ドル
http://zen.seesaa.net/article/25176921.html
 
今回の発表で主だったトピックは、
 
・買収額は 16.5億ドル(約2,000億円)
YouTubeブランド はそのまま存続するが、Google Videoもそのまま存続する
・この発表と同時に、YouTube は Universal Music と SONY BMG、
 Google Video は SONY BMG と Warner Music とコンテンツ配信契約を結んだ
 
というあたりです。
 
Googleはこれ以上ないくらいに Google Video が存続することを強調
しています。しかし、この手の宣言は多くの場合あまり意味を持ちません。
急激なユーザ離れを防ぐために「○○は継続するから安心してください」
と宣言しつつ、
 
 振り返ってみれば、最初から消滅させる気だった
 
なんてことは、ビジネスの世界では日常茶飯事だからです。
 
もちろん、Googleが本当に Google Video と YouTube の共存を望んでいる
というシナリオがなければ、上記のBMGらとのコンテンツ配信契約が不可解に
見えるのも事実です。ですが、それにしても YouTube と Google Video の
モデルはあまりにも似すぎています。
 
有り得る棲み分け方としては、Google Video=商用コンテンツ配信、
YouTube=ユーザコンテンツ、という方向に動いていくか、そうでもなければ、
Google Video、YouTube の両者でわざと異なる進化を選択して、
どちらが当たっても傘下に勝ち組が残る というポートフォリオ
を組むか、といったところでしょうか。もしそうなれば過激な機能を試される
(実験台にされる)のはGoogle Videoのほうでしょうが・・・。
 
 
さて、このニュースを聞いて私が真っ先に思ったことが2つほどあります。
1つはYouTubeの著作権問題を巡る争いが2ndステージに入ったことに
ついてですが、それはまた別の機会にお話できればと思います。
 
ここではもう1つの事象について取り上げましょう。
おそらくみなさんも同じようなことを思ったと思います。
 
■My Life Between Silicon Valley and Japan
GoogleがYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価する
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20061009/p1
 この買収ニュースを聞き反射神経的に感じたのは、
「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」
という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、
Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す会社になったんだなぁ、
ということである。
 Googleがさらに恐ろしい会社に変貌を遂げた瞬間と言えるのでは
ないだろうか。

全く同感です。同感ですが、全く同じコトを意味しているのであっても、
私はやっぱりこの事象を、
 
 『 これはGeek王国たるGoogleの白旗宣言に等しい 』
 
と一度認識しておくことに価値を感じます。その上で、「負けて勝つ」
という選択をしたGoogle経営陣をビジネス的に「成長した」と認識することは
やぶさかではありません。
 
かのGoogleにとってさえ、勢いを得たパイオニアである「YouTube」は、
 
 手に負えないほどの怪物だったのです。
 
Googleは、Google Searchで有名になり、Google AdSenseで経営母体を作りました。
GMailで大成功し、Google Mapsが話題を呼びました。今、GoogleBaseがじわじわと
注目を集めています。しかしその陰で、Google Talk は Skype に全く及ばない
日々が続いています。OrkutはこれだけSNSが注目される中で完全に忘れ去られました。
そして今、Google Video が第一次敗北を喫したのです。
 
YouTubeと全く違うサービスですが、同様の状態をmixiにも見ることができます。
mixiがSNSのトップランナーとして認識され始めた頃、多くの業界関係者が、
 
 「Yahoo!とかが本気で乗り出してきたらすぐ逆転されるって」
 
とタカを括っていました。しかし現状はどうでしょう? 最近はちょっとトラブル
の話が多く聞かれますが、それでも手の付けようのないモンスターであることに
代わりはありません。それは「ユーザ」という資産がサービスを魅力的にするという
 
 ネットワーク外部性に拠るところが大きい業界の
 
ビジネスの新しい掟なのかもしれません。つまりトップランナーのまわりで
ポジティブループが回り出してしまったら、GoogleやMicrosoftの
優秀な技術者であっても、そう簡単には止められないということを、
今回の件ではハッキリと見せ付けられた格好になりました。
 
Apple の Steve Jobs氏がかつてこんなことを言ったことがあります。
 
『 Microsoft が iPod を逆転できるかって?
 じゃあ、Microsoft はその強大な力を以って
 Google の検索エンジンを逆転できたかい?
 eBay や Amazon の取引シェアを奪えたかい? 』
 
これはGoogleに対しても同様のことが言えます。Googleが如何に力を持っても、
eBayやAmazonやAppleの得意分野にそう簡単に切り込めるワケではありません。
それどころか、
 
 Skype や YouTube や MySpace のような「上がり馬」を
 
止めることすらままならないのが見て取れるでしょう。
 
「何だかんだいっても、あの有名なビッグプレイヤーが出てきたらさぁ・・・」
人々はよくそういった思考を持ちます。昨今のVCの常套文句が、
「もしGoogleが同じことをしてきたらどうする?」
だったというウワサも良く耳にします。しかし、それに対する回答は、
もしかしたら1つしかないのかもしれません。それはとても難しいことですが、
ネット時代のビジネスの公理たる威力を秘めています。
 
「 開拓者として、多くのユーザを早めに味方につけてしまえばいい。
 そうすればいかにGoogleだって、一度付いた差は簡単には縮められない。
 ただ1つ、注意することがある。開拓者になるには、
 他人の成功を見てから動くんじゃ遅いってことさ。


2006/10/10 [updated : 2006/10/10 23:59]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 【重要】アフィリエイトタグ生成機能をお使いの方へID設定確認のお願い

トップに戻る

雷で故障した BiBio wGate が修理復活! そのほかwGateに関するアレコレ。 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

はてなブックマークで
コメントしましょう
wacky 2006/10/11
ユーザを資産とするサービスにおける新たな掟。回り始めたポジティブループはGoogleやYahoo!でも簡単に止められない。
kennak 2006/10/11
アメリカンな文章
udy 2006/10/11
「トップランナーのまわりでジティブループが回り出してしまったら、GoogleやMicrosoftの優秀な技術者であっても、そう簡単には止められない」
hatayasan 2006/10/11
「トップランナーのまわりでポジティブループが回り出してしまったら、GoogleやMicrosoftの優秀な技術者であっても、そう簡単には止められない」
essa 2006/10/11
「開拓者になるには、他人の成功を見てから動くんじゃ遅いってことさ。 」本当にそうだよなあ。
hasenka 2006/10/11
でも買収されるんだな
momoski 2006/10/11
まとめ。
tkhr-9 2006/10/12
「開拓者になるには、他人の成功を見てから動くんじゃ遅いってことさ。 」
knakase 2006/10/12
他人の成功を見てから動くんじゃ遅い
kamisa 2006/10/12
先手必勝ですねぇ。
kasedac 2006/10/12
"これはGeek王国たるGoogleの白旗宣言に等しい‥「YouTube」は、手に負えないほどの怪物‥Google Video が第一次敗北を喫した‥トップランナーのまわりでポジティブループが回り出してしまったら、‥そう簡単には止められない"
tenkoma 2006/10/22
ユーザという資産
shter 2007/01/05
YouTube は Google でも止められなかった
shojit 2007/03/04
YouTube は Google でも止められなかった
gatya45 2007/09/12
開拓者になるには、他人の成功を見てから動くんじゃ遅い
webmarksjp 2008/07/13
google
はてなブックマークで
コメントしましょう


映画は2回目が面白い! 僕らは鑑賞者という名の「共犯者」 ~映画鑑賞に於ける慣れと鑑賞技術の関係


「爆音上映」と「辛口ブーム」、映画の上映に於ける音量のラベリング


日本シリーズの最後のシーン(西岡選手の守備妨害)の解釈と、スポーツのルールとコントロール


モノクロレーザーのある生活 - とりあえず印刷(だ)して持って行く習慣


「スマートビエラ」が踏み抜いたというARIBの「放送の一意性確保」ルール


終わってしまった「Amazonガチャ」のサービス検証 - 変われる道はあったのか?


ドリフの思い出と"おとうさん"の言葉 - 「俯瞰的錯誤」のお年頃


「同い年の選手」が引退するニュース、そしてアニメの中の「おじさん」


ネットに於ける「利用者間実名」のリスクが「ワリに合う」未来は想像可能?


作品が持つリアリティと、「自分のリアル」「他人のリアル」「大勢のリアル」


「高校野球」と「バント」と「進塁」と「守備戦略」 - 野球のミドコロ


iPadを”窮屈”に思うボクらが意識させられる「立ち位置」のコト

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

No.5002   投稿者 : D   2006年10月11日 08:48

Agreed.


No.5010   投稿者 : ishida   2006年10月12日 11:17

初めまして。
著作権の問題、Google の経営スタンス、同様に感じていました。

『手に負えないほどの怪物だったのです。』
実に的確な表現ですね。

今回の買収は、Google の凄さと怖さを同時に感じるような出来事ですね。
また寄らせて頂きます。


No.8374   投稿者 : kan   2007年3月23日 09:38

you-tubeの保存方法を調べていたら、早速googleによってforbidden!の画面ばかりになってしまいました。検閲厳しいのか、はたまた妨害か?と思います。
そんなやり方したって、人はついてこないと思うんだけど。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks