フラッシュメモリが64GBもあったら何に使う?


■Kanguruから「格安」64GB USBメモリ
http://japanese.engadget.com/2006/04/10/kanguru-64gb-usb/
 
64GBもの容量を持ったUSBメモリが登場しています。
いえ、64GB自体は以前からあったようですが、ここで紹介されているのは、
従来5,000ドル(約60万円)程度だった64GBモノを、その半分近い、
 
 わずか2,800ドル(約33万円)という格安価格で
 
ご提供しているという、格安なんだかバカ高なんだか判らないようなお話です。
 
これだけ容量が大きければ、
 
 「OSがまるまるインストールできて・・・」
 
といったお話が挙がってくるのはいつものコトですが、以前も似たような
話題が挙がったとき、フラッシュメモリは案外読み書き速度が遅いとか、
 
 書き換え回数制限があるため
 
スワップ領域などを切るのは良くないとか、夢を打ち砕くようなお話が
続いていた記憶があります(´・ω・`)
 
むしろ、64GBのフラッシュメモリがあったら、真っ先に使いたい分野は、
 
 アレですよ、「携プレ」ですよ!!
 
60GB版のiPodがまるまるフラッシュメモリ版になることを想像してみてください。
お値段が30万円になることは想像から外してみてください(汗
どうでしょう? バラ色プレイヤーになるような気がしませんか?
 
レスポンス(=読み込みラグ)と、消費電力(=連続再生時間)、
この2つがHDDプレイヤーの弱点であることはさんざんお話してきた通りですが、
フラッシュメモリの大容量化はこれに大きな福音を与えてくれるのではないかと
こっそり期待しています。





2006/04/11 [updated : 2006/04/11 23:59]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 成分をより詳しく解析する?! 「成分解析-Z」

トップに戻る

東芝の新ノートには「ぱらちゃん」が付属。・・・ぱらちゃん? »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



HiDISCの128GB SDXCカード、64GB microSDXCカードを購入、パフォーマンスは良好


なぜか出てきた未開封の4GB SDカード・・・昔は1GBでも大容量だったのですが。


「1.5mからの落下」にも耐えられるSDカード登場! ・・って、いや、その(困惑)


あまとも通信 - KINGMAXの64GB microSDXCカードが値下がり


東芝からUHS-II対応SDXCカード発表 - 想定需要に4K2Kなどがあるものの・・?


無線LAN搭載SDHCカード「ezShare」を試す - アプリも使いやすく満足の出来


SDカードのピンが2列に! CP+でUHS-IIカードのモックアップ初登場


テックからも無線LAN搭載SDカード - 「ezShare」は中国のベンチャーのOEM


Transcendから無線LAN搭載SDHDカード - スマホアプリ「Wi-Fi SD」でネットにアップ


Gigastone の 128GB SDXCカード「11B1800」を試す。性能も相性も問題なし!


買える!SD - 現時点で国内で買える128GB SDXCカードたち


Eye-Fi Pro X2 16GB Class10 を試す。8GB版に比べて書き込みは1.5倍に!

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks