Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2006/01/24 23:59 - 2006/01/24

第5世代iPodにリモコンを - iPod Radio Remoteレビュー


■2006/01/18 [iPod Radio Remote の発送予定日が 1/18 → 2/8 に延期?!]
 
先日の記事ではAppleから発送日延期(1/18→2/8)のメールが届いた
というお話をしましたが、それから3日後の1/21には届いていました。
 
 ・・・あの延期メールは一体何だったんだ?!
 
という疑念が拭えないこともないのですが、そこはそれ、予定が
早まったぶんには問題ないので喜んで受け取っておきましょう。
 
そんなワケで、MacWorldではiPod関連の製品として唯一発表されたのが
コレだったという貴重なiPod Radio Remoteを (←根に持ってる)
早速使ってみることにします。名前こそRadioですが、
 
 ラジオなんて飾りです!
 
偉い人にはそれがわからんのです。実際、ちょっと電波の入りが良くない
場所では、FM-TOKYO意外は全部 ザザーッというノイズ入り でしたし、
これでラジオの代わりにしようと思うと、ちょっとガッカリ来るかもしれません。
 
なお、ラジオを使う場合には、iPod UpdaterでiPodのバージョンを1.1に
しておきましょう。iTunesも忘れずにバージョンアップしてください。
 
さて、iPod Radio Remoteは実質、リモコン端子の省かれたiPod nanoや
第五世代iPodに対して、Dock接続型のリモコンを提供する
というのが最も大きな目的であります。
 
そのリモコンの使い心地のほうですが、何というかちょっと
 
 手にしっくりこない感がある
 
のが何とも言えず微妙です。日本の携帯オーディオ(MDプレイヤーなど)に
付属するリモコンは多くが円錐形をしていて、握って使うタイプなのに対し、
このiPod Radio Remoteは 指先でつまむ感じです
慣れないうちはどのボタンが早送り/先送りで、どのボタンが
ボリュームUP/DOWNなのか、いまひとつ判りづらいのです。
 
そうは言っても、電車の中の込み具合に応じてボリュームを微妙に調整したい
というシーンや、ちょっと気に入らない曲をスキップしたといったシーンで、
今までiPod本体を「よっこいしょっ」と取り出していたことを考えれば、
このiPod Radio Remoteがあるだけで 随分と気が楽になる ことは確かでしょう。





この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 意外と狙い目なのか? 光学6倍ズームのミドルショット LUMIX LZ5

トップに戻る

よし! NASキットを買おう! - Thecus N2100 の注文を完了 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



iPod touch 5th 用のジャケット&ストラップ TUNESHELL RubberFrame を購入


iPod touch 5thの小ささが手に馴染まないとか、ループ・ストラップとか


私がiPod touchを衝動買いしたのはどう考えてもWWDCが悪い!(?)


第7世代iPod nanoレビュー、第6世代使いにとっての第7世代とは・・・


第7世代iPod nano、まずは写真館から。第6世代とのサイズ比較はこんな感じ


第7世代iPod nanoが到着、したものの母艦PCはどこだっけ状態・・


新iPod nanoが発送完了・・したのは中国のクロネコ? ADSC支店とは?


デジ埋2012年9月のpv上位リスト


第7世代iPod nanoを早速注文完了! やはり最大容量は「16GB」までなのか・・・


あまとも通信 - 第6世代iPod nanoが公式に値下がり


第6世代iPod nanoのファームウェア更新 - 嬉しいのは電源OFFより一時停止?


新型iPod nano使用レポート(動画あり) - 非常にスムースなインタフェース


▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks