F1日本グランプリ2005 - 現地フォトレポート(土曜予選)

2005/10/08

私はこの週末、はるばる 三重県鈴鹿市 に来ています。
そう、F1の日本グランプリ を観戦に来たのです。
 
というわけで、まずは現地で撮れたてのフォトギャラリーを
お楽しみください(・▽・)ノ
 

正面入り口からすぐに
グランプリの立て看板
まだ土曜日、それも
悪天候だというのに
すごい人だかりです。
今年の席はD2指定席。
ホームストレートエンド。
フリー走行に飛び出す
佐藤琢磨
ルーベンス
バリチェロ
しぶきを上げて
ストレートを走る
トゥルーリ
仮設スタンドを
裏側から見ると
((((゜Д゜;))))
トークショーには
レーサー土屋圭一と
ブリヂストン浜島さん
ズーム撮影
各ブースの展示
ポール奪取の
トヨタ
ルノー
今年のチャンピオン
マシン
フェラーリ
何かとお騒がせ
BARホンダ
速さNo.1
マクラーレン
メルセデス
トヨタブースで
帽子やポンチョを
貰いました。

 
今年は 地上波テレビも生中継 ということですので、
こちらもネタバレを恐れずに書いていきます。
 
天候はあいにくの雨模様。朝からずっと小雨が降ったりやんだりという
モヤモヤした状態でした。私が陣取ったのは 「トヨタ応援スタンド」 という、
D2指定席の一角で、ホームストレートエンド です。このスタンドの招待者は
トヨタのキャップ、ポンチョ、フラッグなどのグッズが一式もらえます。
 
スタンドを離れて出店が並ぶ通路や広場に足を運ぶと、もうどこも身動きできなく
なるくらいの人だかり! まだ土曜日の予選なのに、しかも悪天候の中なのに、
そうは思えないくらいの熱気が伝わってきます。そんな中をかいくぐって
あちこちを回ってきたのですが、よりによってHONDAレーシングのブースで
 
 スピードくじに当選して、巨大なHONDAフラッグを
 
手に入れてしまいました。・・・いや、嬉しいことは嬉しいのですが、
なにせ私はいま、「トヨタ応援スタンド」の観戦者 なのです。
HONDAの巨大なフラッグを持ち込むのはちょっと気が引けます(;´Д`)
 
さて、肝心の予選のほうはと言いますと、ハプニング満載の展開でした。
モンテイロとトゥルーリが、同じデグナーの出口で コースアウト して、
トヨタスタンドが静まり返りましたが、そのあとすぐ ラルフシューマッハ
がトップタイムを奪取 したところで堰を切ったような大歓声!
佐藤琢磨もそこそこの走りを見せて、スタンドは大いに盛り上がってきます。
 
ところが、後半になると急に雲行きが怪しくなり、遂に 最後の5台から強い雨が!
ミハエル、アロンソ、ライコネン、モントーヤという実力どころが 全くアタックに
ならず、ラルフがそのままポール決定してしまうという、思わぬ展開でした。
 
明日は雨が止んでドライのレースが予想されていますので、速いマシンが
後ろから追いかける という、見ているほうとしては見どころ満載の
展開になりそうですので、今から楽しみです。


2005/10/08 [updated : 2005/10/08 23:13]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« コメント/TBスパムとの戦い - URLキーワードマッチ方式の戦果

トップに戻る

F1日本グランプリ2005 - 現地ムービーレポート(予選&決勝) »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



バンドリ!10thライブ DAY.3「Poppin'Party Hoppin'☆ Poppin'☆ Dreamin'!!」in 有明アリーナに行ってきました。


サプライズの撮影OK!? バンドリ!10thライブ DAY.2「Morfonica Reverberation」in 有明アリーナに行ってきました。


バンドリ!10thライブ DAY.1「Roselia Sonnenschein」in 有明アリーナに行ってきました。


祝勝会の会場からお届け!「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.6」Rd.5鈴鹿優勝おめでとう!


プリンセス・プリンシパル TVシリーズ放送5周年記念トークショー付き上映会(第1回)in 川崎チネチッタに行ってきました。


私に天使が舞い降りた!×秋葉原アトレ プレミアムショップに行ってきました。


遂に悲願の5年ぶり優勝!グッドスマイル初音ミクAMG SUPER GT 2022 Rd.5 鈴鹿サーキット決勝日のツイートまとめ


一番くじ ウマ娘プリティーダービー 第2弾を早々にゲットしてきました


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.5」 ショックが大きすぎたRd.4富士の振り返りとRd.5鈴鹿展望です。


連投メモ:1年に何回映画館に行く? 「一人で観る」映画と「誰かと一緒に観る」映画の行動様式の考え方


ペンライトに加えて太鼓にクラッカー!「ヒューMAX上映会 BanG Dream! FILM ILIVE 2nd Stage」in 池袋HUMAXシネマズに行ってきました


響け!ユーフォニアム公式吹奏楽コンサート「北宇治高校吹奏楽部 Summer Concert」in LINE CUBE SHIBUYA に行ってきました

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

No.1740   投稿者 : とら   2005年10月 9日 07:32

うきゃー!
見に行ってるんですねー!
予選はなんだか冗談みたいにドラマチックな展開ですよね。

「鈴鹿マイスター」みたいな感じで、図抜けてこのサーキットにめっぽう強いドライバーってのも見なくなっちゃいましたが...。初開催からこれだけ年月が経って、各チームのデータ蓄積が進むと、日本のレースシーン出身ドライバーのアドバンテージもあんまりなくなってしまうんでしょうね......。逆バンクでのアーバインの暴れっぷりが懐かしいなぁ。


No.1741   投稿者 : ウィリアムズオンダ   2005年10月 9日 08:04

87年の鈴鹿初開催でさえ、ナカジマのアドバンテージというものはほとんどなかったような。


No.1799   投稿者 : CK   2005年10月27日 01:41

●とらさん
惨々だった佐藤琢磨ファンには申し訳ありませんが、今年の鈴鹿は予選から本戦まで
本当に面白かったです(*゜ー゜) 今年は1コーナーでのバトルが凄く多くて、
S字/逆バンク、シケインを攻める人はあまり居なかったようですが、130Rで
ミハエルをアウトからぶち抜いたアロンソには、モニタ越しながらも震えましたねぇ。
 
●ウィリアムズオンダさん
鈴鹿といえば、97年のアーバインが暴れまくったのを目の前で見たときには、
全日本F3000の経験が活きているのかなぁ、と感じましたね(・ω・)
逆に03年の鈴鹿では、ラルフがシケインで珍走を繰り返すのを目の前で見て、
Fポン出身もあまりアテにならないなぁと思ったりもしました(笑)


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks