Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2005/09/08 23:59 - 2005/09/08

iPod nano 登場! アップルが今回も”プライスリーダー”である不思議


「9/7の発表は iTunes Phone。どうやら iPod Video は登場しない。」
 
そう囁かれていた前評判でしたが、
 
 ふたを開けてみれば「nano 一色ムード」でした。
 
iTunes Phone は発表されたにも関わらず、影が薄くて可哀想なくらいです。
 
■Apple、カラー液晶搭載の「iPod nano」
-鉛筆と同じ厚さ。2GB版21,800円/4GB版27,800円
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050908/apple1.htm
 
iPod nano は iPod mini を置き換える新シリーズ。2GBと4GBというレンジは、
もはやシリコンオーディオで十分カバーできるということでしょう。
特長は何といっても、6.9mm という強烈な薄さです。矩形としての大きさは
iPod shuffle の2倍近くありますが、厚みだけはshuffleよりも薄いのですから
おそらく実際に手にとってみれば、相当に薄く感じることでしょう。
 
そしてちゃんと「クルクルパッド」や「Dockコネクタ」、更にはカラー液晶も
装備しています。連続再生時間の14時間というスペックも悪くは有りません。
 
それにしても MuVo Micro N200 を Zen Nano Plus に改名したばかりの
Creativeは、この iPod nano というネーミングには 怒り心頭 に違いありません(;´Д`)
 
 
・・・・・っと、それはともかくとして、
 
iPod nano の形状は、そこまで抜群に褒めちぎるほどのモノかと言われると、
実際はそうでもありません。確かに6.9mmという厚みは強烈かもしれませんが、
その一方で 長辺の90mm というのは、旧iPod miniと1.4mmしか違いません。
シリコンオーディオの世界で言えば、90mmというのは 相当に大柄 な部類です。
 
実はiPod shuffleのときもそうでした。iPod shuffleの85mmという長さは、
小型化を競うシリコンオーディオの世界では、野暮ったい 大柄なプレイヤーに
見えたものです。しかし iPod shuffle と iPod nano には共通した武器がありました。
 
 
「価格」、です。
 
 
8ヶ月前に巻き起こったshuffle旋風を思い出してください。
iPod shuffleの一番の武器は、使いやすさでもなく、小型化でもなく、
競合他社がブチ切れ寸前 になりそうなくらいの「激安価格」でした。
 
■2005/01/25 [シリコンオーディオ市場が ”シャッフル” されている]
 
iPod nanoはこの再来です。
nanoの価格は直販で 2GB=21,800円、4GB=27,800円となっていますが、
 
 この価格が如何に異常であるか、
 
他社製品のシリコンオーディオの価格を見れば一目瞭然です。
 
iAUDIO G3 は2GB=35,000円付近で推移しています。
Sonyの新製品「NW-A608」は、2GB=32,000円。しかも発売は2ヵ月後です。
Rioの「Unite 130」が2GB=32,000円前後。しかしRioは風前の灯火です。
そしてCreativeにも、iRiverにも、Samsungにも、2GB以上のモデルは存在しません。
 
つまり 他社製の2GBを買うよりも遥かに安く、iPod nano の4GBが
手に入るのです。そう、またもや8ヶ月前の再現です。そう遠くないうちに、
各社が値下げに踏み切らざるを得なくなるのは目に見えています。
 
思い返してみれば、nanoやshuffleだけではありません。
iPodは20GBのノーマルiPodの時代から、
 
 いつでも何故か”プライスリーダー”でした。
 
普通なら、トップシェアのメーカは、ブランド価値が高いからこそ、
少しくらい高くても売れるものです。追いかける立場の競合他社こそが
少しでも値下げして対抗していこうという立場であるハズでしょう。
 
ところがこの携プレ市場では、トップシェアのメーカが、プライスリーダーです
一番人気のあるiPodが真っ先に値下げをし、他社がイヤイヤそれに引きずられて
値下げをする構図・・・。そういえば音楽配信の構図も、これと全く同じでした。
 
これでは何年経っても市場が逆転するハズがありません。
果たして競合各社は、iPod nanoの最大の武器である「価格」に対抗できるでしょうか?





この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« J:COMがアナログ契約者に「グリーンチャンネル」送信ストップ宣言!!

トップに戻る

店頭でもはっきりと感じられた、iPod nano の盛況ぶり »


▼ はてなブックマークのコメント ▼

cubeisthebest 2005/09/09
 これでは何年経っても市場が逆転するハズがありません。
はてなブックマークで
コメントしましょう


iPod touch 5th 用のジャケット&ストラップ TUNESHELL RubberFrame を購入


iPod touch 5thの小ささが手に馴染まないとか、ループ・ストラップとか


私がiPod touchを衝動買いしたのはどう考えてもWWDCが悪い!(?)


第7世代iPod nanoレビュー、第6世代使いにとっての第7世代とは・・・


第7世代iPod nano、まずは写真館から。第6世代とのサイズ比較はこんな感じ


第7世代iPod nanoが到着、したものの母艦PCはどこだっけ状態・・


新iPod nanoが発送完了・・したのは中国のクロネコ? ADSC支店とは?


デジ埋2012年9月のpv上位リスト


第7世代iPod nanoを早速注文完了! やはり最大容量は「16GB」までなのか・・・


あまとも通信 - 第6世代iPod nanoが公式に値下がり


第6世代iPod nanoのファームウェア更新 - 嬉しいのは電源OFFより一時停止?


新型iPod nano使用レポート(動画あり) - 非常にスムースなインタフェース

ピックアップタグ



▼ コメント ▼

No.1627   投稿者 : nina73   2005年9月 9日 07:51

ご無沙汰しておりますー。

えーと、iPod nano、買っちゃいましたー(嬉
なんかすっごい薄くてカワユイですよー。

|∀・)ノシ


No.1629   投稿者 : ともぞー   2005年9月 9日 13:51

はじめまして
いつも拝読させてもらっています。費用対効果(価格/GB)で言えば、iPod miniが最強だったと思うのですが。実質一番売れていたのもiPod miniでしたし。
iPod nanoは小型化軽量化と引き替えに、費用対効果が薄れ、ラインナップのバランスが少し悪くなったような。
他社がねじりこむとしたらそこかな・・と思うのですが、ソニーの発表見る限り当面アップルの天下は安泰のようですね


No.1630   投稿者 : Weisheit   2005年9月 9日 23:08

初めまして。
トラックバックありがとうございました。ちょっと感動ですw
アマゾンがまもなく発送になったので、早く来ないかなぁソワソワ。
田舎暮らしは不便ですね。


No.1666   投稿者 : CK   2005年9月20日 01:59

●nina73さん
nano購入おめでとうございます(・▽・)ノ
日本全国nanoフィーバーですね。
私も店頭で触ってきましたが、やっぱりその薄さにはビックリしました。
 
●ともぞーさん
シリコンの延長として容量的なコストパフォーマンスを見るとiPod miniは優秀でしたね~。
ただ、HDDとシリコンではレスポンスの良さという機能差がありますので、
案外、多少高くても小容量市場はシリコンが統べていくのではないかという予感もあります。
iPod nanoに対して他社がどう出るか、楽しみですね。
 
●Weisheitさん
今はAmazonをはじめとするネットショッピングが充実していますから便利ですよね~。
AmazonやAppleStoreが張り切って当日から売っているからこそ、
iPod nanoのこの熱狂もあるのでしょうね(・ω・)


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks