CCCDに「消極的賛成」な人が多いらしいのですが?


RIAJ、「音楽メディアユーザー実態調査」を発表
-約半数が「特典DVD付きCDを購入したい」。CCCD認知率は57.6%

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040326/riaj.htm

日本レコード協会(RIAJ)が行った2003年度の消費者意識調査の結果です。
Impress AV Watchの記事では最後のほうでこう記しています。

・『CCCDの認知率は前年の56.7%から57.6%と微増』
・『CCCDについて「賛成」は54.9%、「反対」は15.1%、「よくわからない」は27.5%。』

へぇぇ、たとえ発表元がRIAJだとしても、この数字がひねり出せるなら
興味深い結果かなぁ~、とも感じたのですが、RIAJのページに行ってみると、
その調査結果自体がPDFファイルで公開されていました。
該当する箇所はPDF資料のP.21です。そこを見た私はおもわず、

そういうことでしたか・・・・

と頭を抱えてしまいました(苦笑)。アンケート結果は以下のとおりでした。
======================================================================
 [A] 16.1 - 賛成する
 [B] 38.9 - 積極的には賛成しないが、仕方ないことだと思う
 [C] 9.5 - どちらかといえば反対
 [D] 5.6 - 反対する
 [E] 27.5 - よくわからない
 [F] 0.4 - その他
 [G] 2.1 - 無回答

 [結論] 賛成・消極的賛成が約6割に達し、概ね理解を得ている。
======================================================================
[B]の人は回答の文言に「賛成しないが」の文が含まれていることで、自分なりに
葛藤に決着をつけているハズなのですが、集計時のまとめとしては、
[B]は「消極的だが賛成してくれる人」と位置づけられています。

世の中に溢れる数字の正体は概してこういうモノですね(;´~`)


2004/03/27 [updated : 2004/03/27 16:35]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« PCの中でひっそり過激なイルミネーション・・・

トップに戻る

重宝していたPROXYがサービス終了 »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



映画は2回目が面白い! 僕らは鑑賞者という名の「共犯者」 ~映画鑑賞に於ける慣れと鑑賞技術の関係


「爆音上映」と「辛口ブーム」、映画の上映に於ける音量のラベリング


日本シリーズの最後のシーン(西岡選手の守備妨害)の解釈と、スポーツのルールとコントロール


モノクロレーザーのある生活 - とりあえず印刷(だ)して持って行く習慣


「スマートビエラ」が踏み抜いたというARIBの「放送の一意性確保」ルール


終わってしまった「Amazonガチャ」のサービス検証 - 変われる道はあったのか?


ドリフの思い出と"おとうさん"の言葉 - 「俯瞰的錯誤」のお年頃


「同い年の選手」が引退するニュース、そしてアニメの中の「おじさん」


ネットに於ける「利用者間実名」のリスクが「ワリに合う」未来は想像可能?


作品が持つリアリティと、「自分のリアル」「他人のリアル」「大勢のリアル」


「高校野球」と「バント」と「進塁」と「守備戦略」 - 野球のミドコロ


iPadを”窮屈”に思うボクらが意識させられる「立ち位置」のコト

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks