Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
前の記事次の記事
2004/02/15 02:02 - 2004/02/15

キレイに撮り隊、試してみました


関連するblog: CK [キレイに撮りたい!でも・・・]
コクヨのデジカメ向け商品撮影キット「キレイに撮り隊」、
売っているところを必至で探したところ、楽天の検索で引っかかりまして、
ようやく手に入れることができました。ただしお値段は定価そのまま、
スタジオMサイズが6,500円、ライトが6,000円です。
(三脚は小さいのを1つ持っていましたので購入は控えました)
 
折り畳んだ状態ではバッグのようになり、持ち運びはモチロン、
普通に片づけるときにも場所を取らないのが好感が持てます。
 
組み立ては非常に簡単で、3つの部品をペタペタをくっつけて
いくと、写真のとおり小さなテントのようになります。
 1)土台となる板(3つ折り)
 2)土台にマジックテープで張り付く薄い色マット(表=青・裏=灰)
 3)同じく土台にマジックテープで張り付く天井の白布
Mサイズでも、組み上がってみると思ったより大きいです。
幅50cm×高36cmくらいありますので、ノートPCくらいなら全く問題ありません。
花などの撮影はLサイズ(幅70×高50cm)のほうが良いでしょう。
 
ライトはかなり強力な白色光を出します。被写体に直接当てるというよりは
天井の布を通して柔い光を当てるのが正しい使い方と思われます。
実際、ライティングに関しては1本だと自由が利かないところもあり、
まぁ本格的にやる気がなければ「なくてもいいや」的なところもあります(笑)
これはテント布も同様で、小さなデジモノを撮影するだけなら、下敷きの
青い布だけあればそれでもいいや、というシーンが多いハズです(´~`)
 
そう言ってしまってはミもフタもないとも言えますが、逆に言えば必要な
部分だけ必要なときに使える(毎回フルで組み立てなくても良い)のも
利点と言えます。少なくとも私はデジモノ撮影の時に重宝しそうな感じです。
ただ、スタジオ+ライトで12,500円はお世辞にもお買い得とは言えませんが・・。


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« Xacti C1にカラー2機種追加

トップに戻る

本当にやっている人がいた!”DIMM型”チョコ »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



Nikon 1 NIKKOR VR 70-300mm に専用三脚座とレンズプロテクターを


ニコワン最強(?)レンズ 1 NIKKOR VR 70-300mm 到着、サーキットのお供に


2年以上前の型落ちビデオカメラHC-V720Mを購入。ワイド端28.0mm~は部屋撮りでは嬉しい。


アニメ「SHIROBAKO」15話で宮森あおいが使っていた縦型ビデオカメラは「最期のXacti」?ほか


型落ちビデオカメラを求めて新宿、秋葉原、有楽町ほかをぐるぐるぐるぐる・・


自撮りスティック「MONOPOD」(スマホアダプタセット)をさらにミニ三脚に立てて使う


miniHDMIケーブルを補充・・・時々しか使わないものは失くしやすい


カメラ部とモニタ部が分離する「EXILIM EX-FR10」 バッテリも分離する点に注意


iOS版とAndroid版でアプリの出来がずいぶん違う?! Nikon 1 V3 のWi-Fi機能


Nikon 1 V3 サーキット実戦投入! 高速AF追従連写とWi-Fi連携で機動力を活かせ!


1.7倍テレコン TCON-17X をEverio GZ-HM350に付けてみる。ステップアップリング 37→46→55mm


Nikon 1用30-110mmレンズに1.7倍テレコンTCON-17Xを装着してみる

ピックアップタグ



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks