TOSHIBA gigabeat G20 インプレッション


TOSHIBA gigabeat G20
http://www.toshiba.co.jp/mobileav/audio/meg200j/products.htm
こちらは10月中旬にTOSHIBAの直販で49,800円で予約購入。
限定カラーのサファイヤブルーです。
 
外観の感想は、「小さい」「薄い」「(小ささの割には)重い」「外装キレイ」、
使ってみた感想としては、「大容量プレイヤーイイ!」「ジョグスイッチ押しにくい」
「反応ちょっと遅め」「m3uを基点にした管理が嬉しい」といった感じでしょうか。
概ね合格点の印象です。
 
『大容量HDDモデルは世界が変わる!全てのファイルを詰め込めるから、どれを転送する
なんて悩まなくていい!』というのがHDD-MP3プレイヤーの共通コンセプトと想像して
いたのですが、今回使用してみて、その期待はもろくも崩れ去りました(笑)
最大容量(20GB)以上のファイルを持っていれば、結局どれを入れるか/入れないかに
悩むことに変わりありませんね・・・。一度満杯に詰め込んだ後は、次に新しい音楽を
仕入れたら、どれかを消してから新しいのを入れる、という作業になります。
 
気になるのは音質の問題。いえ、ノイズがどうとかいう問題の意味で
「いい音」かどうかは私のようなダメ耳ではよく判らないのですが、
イコライザがFLAT、BASS+、BASS++、LOUDNESSの4種類を切り替えるだけ
なのがちょっとツラく、「好みの音」に調整する手段がありません。
・FLATだとちょっと「スカスカ」、
・BASS+だと「篭りがち」、
・BASS++だと「もっと篭りがち」、
・LOUDNESSだと「BASS++の篭り状態に、急に高音だけ持ち上げたような感じ」
困ったな・・・。(^_^; ExrougeのようにBASS/TREBLEを数段階自由に
いじれるだけでも、随分違ったハズなのですけどねぇ。
 
あとは小型リモコンを追加発売してください東芝さん・・・
標準添付リモコンちょっと大きい・・・。
 
全体的には悪くないガジェット、という感じですが、所々に小さな疑問点があると
いう感じでしょうか。iPod、ZEN、Karma、A-180β(DNAの開発コード)などいくつかの
競合がひしめく中で、G20の利点は何かといえばただ1つ、これしかありません。
 
派手なデザインは拒否反応な人向け、MDライクで無難すぎるデザイン
 
・・・私はデザインに惹かれてG20を買いました。




2003/12/02 [updated : 2003/12/02 17:11]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« SANYO デジタルムービーカメラ Xacti DMX-C1

トップに戻る

[impress] Rio Japan 「Rio Karma」レビュー »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



東芝 gigabeat T802 はGyaOに対応、そのコンテンツのほうは?


FMトランスミッタ内蔵の「gigabeat U」 - 気になるのは電波の具合?


あまとも通信 - 東芝ワンセグレシーバ「gigabeat V」が値崩れ中


gigabeat V30T が発売延期。そういえばV30Tって何かに似てると・・・


HDDではないgigabeatって?? HDDとシリコンの市場侵食図


新gigabeat「F」はiPod似? 60GB版も12月に登場


Goodbye MD


新gigabeatは7月と9月に登場。注目は40GBとアノ機能。


gigabeat新版「G21」、そして「G20」もアップデート予定?

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?




★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks