記事と広告をワザと曖昧にしてるでしょ!?

2003/12/05

私はImpress、ZDNet、日経などのPC系ニュースサイトを好んで読んでいます。
そんな中で自然とお気に入りの記者が出来てしまうもので、
私が最近お気に入りなのは、小寺信良さん(フリー?)、
小林雅一さん(日経)、David Courseyさん(ZDNet/USA)の3人。
いずれも内容の信頼度を保ちつつ切り口が斬新なテーマを取り上げる方で、
読んでいて非常に楽しい文章を書かれます。

さて、話はちょっと変わり、ImpressのPC Watchの記事の中に、最近、タイアップという
名の製品広告記事が紛れ込むようになりました。以前から「記事風広告」は雑誌などでも
伝統的な手法で使われてきましたが、法律なのか業界の自主規制なのか、
そういう記事風広告には必ず「広告記事」「PR」などの文字を入れなければならない
という暗黙のルールが敷かれているのは、ご存知の通りです。

PC Watchでも記事の中に「PR」と書かれた枠があり、ここには広告が載っています。
しかしここ1年くらい、その「PR」枠とは違う、一般記事indexの中に紛れ込ませる形で
タイアップ記事を載せているのが目に付きます。これはやっぱりいただけません。
「PR」などの文字がないので、記事かと思ってクリックしてみると、有名記者の製品
レビューなどが出てきます。しかし、それが何故か「褒めちぎり」!
おかしいなと思ってURLを確認してみると、http://ad.impress.co.jp/tie-up/.....
「ad」とは勿論advertisementのことでしょう。ページを一番下まで辿ってみると、
ようやく、[PR]企画・製作 インプレスウォッチカンパニー 営業部編成課
という文字を見つけることができます。

最初にお気に入りの記者の名前を挙げたのも、実はそのお気に入りの小寺信良さんが
やはりこの「だまし討ち広告」とも言える記事の仕事に参加していることが残念だと
感じたことに端を発します。PR記事は「PR」とハッキリ明記しておけば、PR記事を
書くこと自体は立派なオシゴトだと思っていますが、そこはやはりケジメが必要で、
PR記事であることを隠そうとしながらPR記事を書くのは、記事に対する信頼を失わせる
結果を招くでしょう。勿論私の不満は記者本人ではなく、紙面構成に対する不満です。

「PR記事にはPRと、小さくでもハッキリ判るように書く」

たったそれだけで、私たちはニュースに対する不信感を和らげることができるのです。


2003/12/05 [updated : 2003/12/05 16:02]


この記事を書いたのは・・・。
CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。




« 他事業者からすれば文句の1つも言いたくなるかも・・・

トップに戻る

ユーザビリティの確保と権利保護のジレンマ »


▼ はてなブックマークのコメント ▼



ウマ娘「WINNING LIVE 08」発売記念イベント(リリイベ)in 山野ホールに行ってきました。


私に天使が舞い降りた!プレシャス・フレンズ「キャストスペシャルトーク付き上映会と、キャスト&スタッフ生コメンタリー付き上映会」in TOHOシネマズ六本木ヒルズに行ってきました。


2023年もGT参戦決定!「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.9」2022年シーズン振り返りと体制発表です。


皆の"声"が届いた!「ブシロード15周年記念ライブ」in ベルーナドームに行ってきました。


バンドリ!の全てを凝縮!「BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020→2022」 in ベルーナドームに行ってきました。


初音ミクAMGは7位でフィニッシュ! SUPER GT 2022 Rd.8 モビリティリゾートもてぎ 決勝日のツイートまとめ


初音ミクAMGは絶好位の予選3番手! SUPER GT 2022 Rd.8 モビリティリゾートもてぎ 予選日のツイートまとめ


「わたてん☆5 2ndワンマンライブ みんながプレシャス・フレンズっ!!!」in よこすか芸術劇場に行ってきました。


スタリラ中等部舞台感想:『絶滅』してなるものか!飛行船シアターに吹き荒れた新しい「キラめき」の芽吹きを見たか


ゾンサガ3Dライブin幕張感想:マジなホールを使った超贅沢な「大規模フィルムライブ」だこれ!アリなんじゃーい!


SAOプログレッシブ2舞台挨拶、わたてんカフェ&ギャラリー in EJアニメシアター新宿に行ってきました。


「グッドスマイルミーティング 2022 Vol.8」Rd.7大分の振り返りとRd.8もてぎ展望です。

ピックアップタグ




ブログ内検索



▼ コメント ▼


★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks