コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,093、登録シリーズ 88,686、登録コミック 629,359、延べ所有シリーズ 1,700,615、延べ所有コミック 11,345,101 )
ログインしていません。 → ログイン
プロフィール 所有コミック (436) 感想 (30) 候補 (1267) 新刊カレンダー おすすめ パーツ

yachi4 のコミックレビュー(感想ノート)

yachi4 さんの感想ノート


☆ コミックダッシュ!であなたのコミックリストも作ってみませんか?
ユーザ登録(無料)はコチラから



1〜30件目を表示    先頭  1  最後  


騎士は恋情の血を流す    The Cavalier Bleeds For The Blood しずるさんシリーズ未読なので外伝から入るとは・・・。みんなのコメントどおり統和な話でした。だが逆に僕のような入り方をした人間にはしずるさんシリーズへのいい導入になったんじゃないかな?なにより表紙が素敵。よーちゃんと百合百合してくれれば鼻血ぶー
→ ブログ記事へ
yachi4 さんのノート  もやしもん(8) (イブニングKC)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:35:58
もやしもん(8) (イブニングKC) ビール編。そう、この漫画はあくまで菌の漫画なんですよね。だからこのビール編ってのがちゃんと「編」で終わらなければならない。一応この巻でビール話は終結したわけだけど次巻はどうなるんだろう?薀蓄もいいけど、そして楽しいんだけどそれで終わってもらったら困るんだぜ。菌の活躍が少なかったよ、石川先生。薀蓄が多いのもう規定事項だけどさ、そこんとこお願いしますぜ。石川先生ちょー頑張れ。今巻はムトーのスーパー行動力がガッツリ発揮されます。それはなんかもすごいパワーを秘めていて読者側としては爽快で愉快な気分になれます。
To LOVEる -とらぶる- (2) (ジャンプコミックス) この巻からジャンプ本誌を読まなくなり始めたから未読エピとか楽しんでます。ただただニヤニヤしながら読む。それがこの漫画の楽しみ方。にやにや。はるなちゃんかわいいよね
To LOVEる -とらぶる- (1) (ジャンプコミックス) すごーい、修正がすごーい。エリアBとか普通にあるんですけど。何も考えずに読めるというのはこの漫画の長所のひとつだ。いや、実際は考えている。もちろん妄想だお!
yachi4 さんのノート  バクマン。 4 (ジャンプコミックス)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:33:25
バクマン。 4 (ジャンプコミックス) 解散の危機からいかに元の熱い展開にもっていくかがこの巻の見所。サイコーがシュージンにイラついちゃうのももっともだと思うんだよね、シュージンはみよしとただイチャついてるようにしかみえないだろうサイコーの視点からだと。解散っていう危機もうまく利用して物語をおもしろい方向にもっていってる大場先生すごい
ヴァルプルギスの後悔〈Fire2.〉 (電撃文庫) 1巻の記憶がぶっ飛んだまま読んだ。だからどんな話だっけ?誰がでたっけ?と思いつつ読んだ。いやいや、おもしろい!この話はディシプリンの連中や提案者さんたちが登場したり、統和の内部に変化があったりと分かりやすくておもしろいんです。アルケの杭攻撃の挿絵は最高にエキサイティング。
はじめてのあく 2 (少年サンデーコミックス) ジローがちょっとキョーコちゃんのこと気になってきた巻。この漫画の魅力はメインヒロインが地味!だがそこがいい!あからさまにかわいい子とかそんなんじゃないほうが何十倍も萌える!そこをいかした話をつくる藤木先生素敵。さて、みためとおり昔はちょっと暗い子だったことがわかるんですけどそういうエピソードがリアル寄りで好き。1巻の最後にでてきた闖入者でございますけどそれは2巻の1話で完結、そして他の話のサービスが素晴しいので速攻空気!今回は後半でユキちゃんアキちゃんが大活躍(?)するぞ!ユキアキファンは必見だっ!
yachi4 さんのノート  鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:30:29
鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス) 最近ハガレンの加速具合がハンパじゃない件。いっきに収束へと向かっているようです。今巻は表紙を飾った大佐殿がメインとなるお話です。これがもうすごい!!ゼヒ読んで欲しいと思います。表紙で分かると思うんですがあの地下での戦闘なのですが、そこでついにヒューズ准将の仇と対面します。ファンなら言わずとしれた奴ですね。そう、ここからが最高の展開。熱い、熱い熱い!超熱いぜ!また、その仇討ちの戦闘の終結のさせ方が秀逸。これが荒川先生の力かっ!荒川先生は王道の展開を見事に抑えている漫画家だってことを体感することとなるでしょう
→ ブログ記事へ
yachi4 さんのノート  COPPELION(4) (ヤンマガKCスペシャル)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:28:17
COPPELION(4) (ヤンマガKCスペシャル) おいおいおい・・・話がバトル漫画化してきおったわ!放射線の怖さが空気になってきていないかな?もちろん防護服が破れたら死ぬ!とかそういうセリフはでるんだけど、物語の核心としてはでてこない感じ、設定を忘れそうになる。主人公3人組は実は「保険係」で違う役割を持ってる組が他にもいろそうです。そんな奴らが登場する巻。そしてずっとVS自衛隊
yachi4 さんのノート  狼と香辛料 (電撃文庫)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:27:57
狼と香辛料 (電撃文庫) なんと言ってもイラストがいい。ここから入ってそして内容で完全にヤられると思います。値段のつりあがり方のロジックだとか銀貨がどうとかそういう話がみれるのがこの作品のいいところ。そしてありがちな「ハーレム化」がない。ここがポイント。
おたくの娘さん 第六集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-6) 今巻は管理人さんを中心として話が進む。憧れの管理人さんとのデート、そしてそれを尾行する怪しい影がwってか管理人さんまだ高校生じゃん。話の方向は重い展開へと移っていくようですよ。知美ちゃんがソーイチローさんに乗ってるとこみて御園ちゃんが羨ましそうにしてる場面はご馳走さま。
ツマヌダ格闘街 6 (ヤングキングコミックス) 正しい姿勢!理論で語るこの漫画はそういうことをよく言ってくる。そのたびに背を正しちゃう。今巻も相変わらず理論で語る。剣道やってた人間としては「ああ、そうそうそれそれ」て思ったり嬉しかったなぁ。前半は例の強敵そうな空手の人たちの話。
ふしぎ通信トイレの花子さん 2 (ブンブンコミックスネクスト) 変身花子さんが多めにでる巻。読んでて気付いたんだけどコマ割りがハッキリと四角してくれてて読みやすいんだよね。怖いものが苦手な人でもこのキャラクターたちなら読めるのではないか?かわいいもん。死人がでたりと話題になりましたなぁ
ふしぎ通信トイレの花子さん 1 (ブンブンコミックスネクスト) クチコミ情報で気になったので購入。美幼女の花子さん、しかも変身するんだぜ!そのときはスパッツだ!アキマサ先生わかってるな!雑誌は子供向けなんですがね、すいませんね、買ってしまって。さて、この花子さん。別にトイレ全く関係ないですよ。主人公達が相談をもちかけこれを花子さん一派が解決するっていう展開。主人公の幼馴染ちゃんは最高にかわいかったです!です!!!
サマーウォーズ (1) (角川コミックス・エース 245-1) おもしろーい!映画まだ観てないよ。観ずにBrue-ray買おうと思ってる。杉基先生とは書店においてあったヴァリアンテの小冊子との出会いが最初だったなぁ。この人の絵がいい。内容は略。暗号解読の桁数とか解答者数とかツッコミたいけどそれもなしで。問題はおばあちゃんだ。一家の超大黒柱。主人公のけんちゃんが戦っている間、おばあちゃんは電話をもって戦っているんだ!これ!これにつきる!おばあちゃんも戦っているんだよ!must read
yachi4 さんのノート  傷物語 (講談社BOX)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:22:44
傷物語 (講談社BOX) 前日譚なのにすでに軟派。そこんとこ整合性が合わないなぁ、そこは不満点。羽川さんは別にいい人とかじゃないんだよ。本人が言ってる通りの人間と思う。正直うざい。けど彼女がいないとこの話が膨らまないのもよくわかります。忍ちゃんの声は平野ボイスでまだ脳内再生できません。そこに安心。ドラマCDのアレはないから。書評と関係ないことばっかりでスマソ
yachi4 さんのノート  終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)
評価:   更新日: 2009-08-30 17:21:41
終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS) えっちなシーンがないけっどとってもえっちなんだ!しかしこれ、「スカートの中身が見えそうで見えない」が最高に大好きな人にはオススメなんだ!不思議な世界観が魅力的、2巻も読みたいと思います。キオノナ超かわいい
ゴーストハント(2) (講談社コミックスなかよし) 人形の家編!強力な霊がでてきてちょい苦戦するお話。前回のポルターを受けて前もって暗示をかけるなど当然のことながら効率的な手段をとることにちょい感心。アニメでそそうだったと思うけど。たまにまいちゃんが少年にみえるぜ!でも基本かわいいと思うの。
ゴーストハント(1) (講談社コミックスなかよし) なかよしコミックス久しぶりにこの目でみた。アニメ版から入った身なのでまいちゃんのボーイッシュな雰囲気というのがなにやら新鮮に感じられます、しかしGOOD。内容アニメ通りなんだなぁ~、へー。
To LOVEる -とらぶる- (4) (ジャンプコミックス) 先輩がけしからんことしてくれるので嬉しいとです矢吹・長谷見両先生GJ。リトがララのこと気になってきてます。春菜ちゃん一筋とみせかけてやっぱり自分に好意的であり続けるララちゃんですからね。物語的にはおもしろくなってきた。この巻からジャンプ読まなくなったのでこの先どうなるかわからない、それが楽しみで仕方がない。しかし連載が・・・orz
To LOVEる -とらぶる- (3) (ジャンプコミックス) 先輩が登場する巻。結構先輩好きなんです。春菜ちゃんも少しずつリトに歩み寄ろうかな~・・・ぐらいの頑張りがちょっとだけ見え始める。レンちゃんの登場によってララへの思いを再考させられる巻なんですが速攻空気!
yachi4 さんのノート  バクマン。 3 (ジャンプコミックス)
評価:   更新日: 2009-06-20 16:05:06
バクマン。 3 (ジャンプコミックス) 熱い!!熱い熱い熱い!!!!!!!!なんだこれ、若いってすばらしいな。今巻の見所はやはり新妻君の元に集まったアシの皆さん(サイコー含む)。今までネームなんてものを敬遠していた新妻君にもっとおもしろい漫画にするためにはネームはちゃんとやったほうがいいという若いアシスタントたち。先に連載しているライバルの新妻君の漫画をもっとおもしろくするために若い才能たちが熱い議論とパワーと情熱と、もろもろぶち込んだ必読の第3巻
アライブ 最終進化的少年(18) 特装版 (プレミアムKC 月刊少年マガジン) ママが死んだことで手塚一家がよそよそしくなった!今巻は戦闘後ということもあって、後日談的な話が展開する。またナミちゃんの気持ちが本巻と限定版特典のブックレットにところどころでていて好きな人にはニヤニヤしちゃう展開が少々。
打撃女医サオリ (2) (角川コミックス・エース 219-2) 打撃女医完結。コミックチャージ廃刊に伴いやむなく。経営状態、固定観念、虫垂炎、打撲、下心、主要、心配停止、最終話の8つの話。特に固定観念の話はおもしろかった。些最後まで全然気づかなかったので心地よいヤラレタ感じが。そこそこおもしろい漫画であったけれど、廃刊のせいで中途半端に完結したのがガッカリ。もう少し続けばもっと話がおもしろくなったかもしれないのになぁ
yachi4 さんのノート  木造迷宮2 (リュウコミックス)
評価:   更新日: 2009-04-09 00:38:52
木造迷宮2 (リュウコミックス) 一巻を読んだのはだいぶ前だから参考にならないかもしれないけど、1巻より2巻のほうが好きです。
特に迷子の話と旦那さんとヤイさんの対決がよい!
新キャラにメガネっ娘女学生がでまーす
yachi4 さんのノート  幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス)
評価:   更新日: 2009-03-12 02:53:51
幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス) ピカソというあだ名の少年が、絵を用いた特殊能力で他人の精神を救うお話。おもしろいのはこの特殊能力を本当に邪魔なものだと思っているところ。なぜなら使えば使うほど変人にしかみえないから。しかし使わなければ腕から腐って死ぬ。。。そんなジレンマもまたおもしろい。そんなわけでとにかく人を救い続けないと死んでしまうわけだが本人は社交的ではない。
話が進むにつれてどんどん変態属性が追加されて困っている彼だが、それと同時に人を惹きつけ始める。

特殊能力発動時に描くピカソ君の絵がすごい

そこまで期待せずに、作者買いしたけどこれは大当たりでした!
次巻が楽しみ

追伸;第1話で救われたイケメン君が結構いい奴で、ピカソ君とつるむようになったのがなんか嬉しいや。といってもピカソ君は集団行動型ではなく個人で静かな場を好むようですけどね。
ここに共感
yachi4 さんのノート  バクマン。 1 (ジャンプコミックス)
評価:   更新日: 2009-03-12 02:38:16
バクマン。 1 (ジャンプコミックス) 読んでて熱くなる漫画です。無性にウォー!ってなる感じ。
特に漫画家を目指すものにとって最高の環境を手に入れたときからの彼らの行動にはワクワクします。まるで自分も一緒に頑張っているような気分になる。

それと大場さん絡みでいろんな情報がでてますね、この漫画。
表紙をよくみるとラk(ryとか、ネームが誰それに似てるとか。
噂は本当らしい
デス・スウィーパー (5) (KADOKAWA CHARGE COMICS 2-8) ま さ か の 超 展 開

順調におもしろい漫画をいままでやってきました。死体関連の清掃の話ってのも斬新でしたし。しかしメンバーの1人の悲劇から、つまり4巻から少し怪しい雲行きに。。。
そしてこの5巻。帯の「衝撃の最終話!!」はまさに言葉どおりでしたよ。
台無し。打ち切りだったんですかねぇ?

他の漫画にたとえるなら「なるたる」。
フランケン・ふらん 3 (チャンピオンREDコミックス) 表紙は以外なあの人!相変わらずけしからん表紙です。もっとやってください。カバー裏の仕込みは健在。
本編8話+外伝1話。外伝は表紙のあの人についてです。今巻では「あの人」が結構活躍します。ふらんけん・フランを熟読してる人なら気づくかもしれません。今回から準レギュラーになるようです。
また、前巻の最後で要約登場した妹ヴェロニカちゃんももちろん大活躍です。実は結構お姉ちゃんのこと気にしてるのがかわいいwふらんもまたヴェロニカに姉として接しようと努力しているようです・・・が・・・ねw
ベクター・ケースファイル 6―稲穂の昆虫記 (チャンピオンREDコミックス) 本編4話と外伝1話。外伝はお嬢様のお話wついに稲穂ちゃんのご家族のストーリーがでてきます。現時点でまだサイカチ未購入な上に雑誌でサイカチ読んでたわけじゃないからすでに容姿ぐらいはでていたかもしれませんが。
中華姉妹も少し稲穂ちゃんに協力的になってきた感じ。そうじゃないと環境テロリストな方々の思うつぼですからね。今回もニーナさんの暗躍が暗躍してるようですけどいまだに彼女のグリーンプラネットについてはなし。そのあたりに触れたの前回の巻ぐらいですね。
漫画とはちょっと関係ないけどこの巻を読んでから昆虫学なんてのもおもしろそうだと思いました。気づくのが遅かったかな。ちょっくら勉強してきま。
1〜30件目を表示    先頭  1  最後  



♪ あなたのコミックリストも簡単に作れます! → サービス説明ページ

コミック検索


注目のコミック