コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,010、登録シリーズ 84,834、登録コミック 575,625、延べ所有シリーズ 1,664,276、延べ所有コミック 11,111,455 )
ログインしていません。 → ログイン
シリーズ情報 (21) 所有ユーザ (500) 感想ノート (11) パーツ twitter?

東京トイボックス / うめ の感想ノート(レビュー)

シリーズ名: 東京トイボックス / うめ
著者名: うめ
画像検索(Google) New!: すべて / モノクロ
チェックワード: 東京トイボックス
登録コミック数: 21冊
最新発売日: 2014-03-24
所有ユーザ数: 500 users (所有率: 3.8 %)
平均評価: (平均評価 4.1 )
掲示板書き込み: 0 件

リンクURL: http://ckworks.jp/comicdash/series/694

このシリーズを持っている人は、こんなシリーズも持っています。

大東京トイボックス / うめ
大東京トイボックス
少女ファイト / 日本橋 ヨヲコ
少女ファイト / 日
G戦場ヘヴンズドア / 日本橋 ヨヲコ
G戦場ヘヴンズドア
それでも町は廻っている / 石黒 正数
それでも町は廻ってい
3月のライオン / 羽海野 チカ
3月のライオン /
プラネテス / 幸村 誠
プラネテス / 幸村
ドリフターズ / 平野 耕太
ドリフターズ / 平
惑星のさみだれ / 水上 悟志
惑星のさみだれ /




このシリーズの所有者が書いたノート

大東京トイボックス (7) (バーズコミックス)  相変わらず、溜めるだけ溜めてから最後で一気に熱くさせる展開は読んでて気持ちいい。
 また、所々で「日本のゲームは16ビットまでだね」「初めてのPC:PC-100」など、レトロゲーマーやPCユーザーが反応する要素多過ぎ。
大東京トイボックス(5) (バーズコミックス) 現在のゲーム市場・業界やネット事情を見せながら、その中にレトロゲームを大きく絡めてくるのは恐れ入った。
特にレトロゲームについて、実在するこの店とこのゲームで味わった感覚は、当時やった者にとって、いいものを思い出させてくれた。

結局理屈より、やり過ぎるくらい夢を追いかけて突っ走る姿を見せてくれるのは気持ちがいい。
大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)  東京~大東京の2巻までは熱血を見せていたけど、3巻から熱血より「現実」の部分を色濃く出している。
 そして4巻では、プロジェクトのリーダーが方向性を見失って全体が混乱していくという、ゲーム制作より「仕事」の描き方が凄い。

 その中でチームがどう混乱していくか、仕事がどういう方向に進んでいるか、セリフだけでなく図解などで見せているけど、説明的なものにならず、分かりやすく見せる事に徹底しているように思う。

 また、マサが途中からぱったり出てこなくなったり、色々な問題や疑問が一度に出ているだけに、ここから最後に熱い逆転劇を見せてくれるのだろうか。そんな期待もあるので、これからの展開が楽しみ。


→ ブログ記事へ
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) 「魂は合ってる!」「夢と希望の次の武器は、努力と根性!」とか、直球ストレートに熱いセリフ言ってくれる事と、その時のキャラクターの表情というか、みんないい顔見せてくれる。

 またマンガの中で、ゼビウスについて「昔のゲームは良かった」「ハードが進化したからこそゼビウスのようなゲームができた。今でも作れる」そんな会話をしたり、業界話に限らずにゲームそのものを語ろうとしているし、セリフなど細かいところでかなりマニアックな事も書いている。
 ゲームの使い方と見せ方がとても丁寧で細かい印象。言ってみれば、ゲーム業界のマンガと共に、ゲームのマンガ、もっと言えば「ゲーム好きのマンガ」だと思う。

 だから、私も読んでて「魂合ってる!」て思った。


→ ブログ記事へ
大東京トイボックス(2) (バーズコミックス) なにかと事件が起こるたびに、槍玉にあげられるゲームの暴力描写。そういった製作環境とハード面の状況が、書かれていて興味深い。
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) 新人クリエーターの創作の苦しみが描かれる。
東京トイボックス(2) (バーズコミックス) モーニングで打ち切りにあう。当時は悲しかった。
東京トイボックス(1) (バーズコミックス) 過酷な製作現場で、面白いゲームと作る熱いハートの男とクールなOLの出会いが、すべてのは始まりだ。
東京トイボックス(2) (バーズコミックス) 以前モーニングで連載されていた話で、すごく好きだったんだけど、それっきりおさえてなかった。そしたら続編がでていて、この作品が新装版ででていた。両方購入して再読。おもしろい。基本的にこの手のあつい話は好き+絵も好き。連載時には、終わり方がずいぶん急いだなあと思っていたのだけど、読んでみたらこれはこれで完結している気がした。
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) 東京トイボックスの続き。新キャラの熱い女子登場で、今回は話が長くなりそうな気もする。基本的にこの作品に関してはずっと熱いままいっていただきたい。
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス) 墓穴掘っても掘り抜けて、突き抜けたら俺の勝ち! 


あなたもコミック・シリーズ、

東京トイボックス / うめ

の各巻の「感想ノート」を書いてみませんか?
感想ノートは シリーズ情報 の「感想ノート」のリンクから書くことができます。

あなたが書いた感想ノートは、あなたの Myページにも貯まっていきます。

コミック検索


注目のコミック