コミックダッシュ! - 漫画(マンガ)、コミックの蔵書管理と新刊発売日のチェックをサポートする総合サイト


漫画(マンガ)/コミックの蔵書管理と新刊チェックをサポートする総合サイトこのエントリーを含むはてなブックマーク (新ドメイン) このエントリーを含むはてなブックマーク (旧ドメイン)   → コミックダッシュ!とは? → twitterでの反応
( 書庫作成ユーザ 13,010、登録シリーズ 84,833、登録コミック 575,515、延べ所有シリーズ 1,664,236、延べ所有コミック 11,111,226 )
ログインしていません。 → ログイン
シリーズ情報 (272) 所有ユーザ (10) 感想ノート (33) パーツ twitter?

”ガンガンコミックス” / 竜騎士07 の感想ノート(レビュー)

シリーズ名: ”ガンガンコミックス” / 竜騎士07
著者名: 竜騎士07
画像検索(Google) New!: すべて / モノクロ
チェックワード: ”ガンガンコミックス”
チェックワード: ”ひぐらしのなく頃に”
チェックワード: ”暇潰し編”
登録コミック数: 272冊
最新発売日: 2016-11-04
所有ユーザ数: 10 users (所有率: 0 %)
平均評価: (平均評価 0.0 )
掲示板書き込み: 0 件

リンクURL: http://ckworks.jp/comicdash/series/57204

このシリーズを持っている人は、こんなシリーズも持っています。

ナイトメア・アリス / 小野寺 明
ナイトメア・アリス
ゴッドアニマル  / 南京 ぐれ子
ゴッドアニマル /
ストロベリータイム / 牛乳 リンダ
ストロベリータイム
とある魔術の禁書目録(インデックス) / 鎌池 和馬
とある魔術の禁書目録
ひぐらしのなく頃に / 竜騎士07
ひぐらしのなく頃に
デストロ246 / 高橋 慶太郎
デストロ246 /
うみねこのなく頃に / 竜騎士07
うみねこのなく頃に
特務機甲隊クチクラ / 櫻井 圭記
特務機甲隊クチクラ




このシリーズの所有者が書いたノート

ひぐらしのなく頃に 絆 (1) (角川コミックス・エース 324-1)  コンシューマーゲーム「ひぐらしのなく頃に絆」収録のオリジナルストーリー「染伝し編」「影紡し編」を新たな視点で描く作品。この2編がもともと「鬼曝し編」をベースにした物語なので、このコミックも、ゲーム未プレイでも「鬼曝し編」のサイドストーリーとして読める内容になってます。初めての方でも大丈夫と思いますが、コミック「鬼曝し編」を読んだことのある方ならさらに楽しめるのではないかと。
中心となるのは、表紙になってる2人。刑事である南井巴と、公由夏美・・・この2人の視点でお互いの出会いやその後のつながりを描いていきます。
鬼曝し編で出てきた夏美のクラスメイトたちや家族、巴の世話になっている上司やその友人として大石も登場。
基本ほのぼのなんですが、でも実は横で鬼曝し編の惨劇への切欠も十分に匂わせてる展開です。この巻の巻末あたりには夏美の過去話?も登場。次巻ではいったいどうなっていくのやら・・・楽しみです。
→ ブログ記事へ
ひぐらしの哭く頃に 雀 燕返し編 (下) (近代麻雀コミックス) 圭一を中心に、麻雀要素を強めて紡がれる物語。上巻は鬼隠し編を思い出させる展開でした。下巻はいきなり「今年のオヤシロさまの祟り」からスタート。
そして、勝てないことに疑心暗鬼をつのらせていく圭一が描かれます。
上巻で練習していたあの技を使うのか?そのまま疑心暗鬼にとらわれてバッドエンド??
圭一の選択、そして梨花の行動など、物語は原作にない新たな展開を迎えます。原作「皆殺し編」で出た世界全体へのネタバレも多少あり。
 最後まで二転三転、そして。熱くて最高で・・・悲しいラストシーンを迎えます。
「ひぐらし」出題編+麻雀の味わいが上手くミックスされ十二分に表現された作品と思います。お勧めです。
→ ブログ記事へ
うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 4 (ガンガンコミックスJOKER) EP1最終巻。最終巻とあって、コミックスが物凄く分厚く、ボリューム満点でした。
読み応えあり、グロテスクなシーンは今回も健在でした。
お茶会には、新たな魔女が登場致します。
うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 3 (ガンガンコミックス) 後半の嘉音くんの頑張り物語のシーンが表紙になっています。迫力ある表紙にまず目が惹きますね^^* 夏海ケイ先生は、前作の「王様の耳はオコノミミ」に比べ間断とレベルが上がっており今の絵は本当に綺麗で迫力満載でうみねこEP1に抜擢すべき人だなぁと改めて強く感じさせられます。3巻へ来るとそろそろ終盤へと近付いていきますが、今巻も味わいたっぷりな濃厚な漫画になっております。
ページを開ければイラストギャラリー。とても高画質印刷なので見応たっぷりですvv なっぴー好きの方は是非(笑)
今巻で第二の晩が繰り広げられます。他にも死者がバッタバタ現れ、終盤に近付いていくのがよくわかります。嘉音くんはボイラー室に飛び込める勇気があって凄いです。前作のひぐらしに続き鉈を手にする者として頑張ってほしかったですね。 しかしそんな嘉音くんてば鉈繋がりとしてもネタにされすぎwかわいいなぁっもうww
うみねこのなく頃に Episode2:Turn of the golden witch 1 (Gファンタジーコミックス) EP2は鈴木次郎先生が執筆。前作、ひぐらし崇殺し編で残虐なシーン、沙都子の感情を濃厚に上手く表現していたのでうみねこEP2を執筆になることになって嬉しいです^^*
表紙はEP2から登場するベアトリーチェ様。普段は可愛い女の子を描く鈴木先生ですが魔女の顔芸には超期待できそうです。早速この1巻から顔芸がいくつか描写されていますからね(笑) 1巻では、紗音を視点として物語が構成されています。全体的に背景は無く、白さが目立つのですが、第1話の鏡を割るシーンの所など迫力シーンは、凄く手が入っていて凄いです…!紗音もとても可愛く描けていて家具姉弟好きな私にとって嬉しい回でしたw しかし嘉音くんには惚れます。もう一度言います、嘉音くんに惚れます。いつも紗音が困っている時や悲しんでいる時に姿を現し、冷たくも元気付ける姿が微笑ましいです^^ 家具姉弟は幸せになってほしいです。嘉音くんもそれを心のどこかで願っており、今度どのように心情を描かれていくのかが楽しみです♪
しかしかめのんくん可愛えぇよぅううーv 同時発売のEP1でも嘉音くんがネタにされていましたが、こっちもですかw

後、シュモクザメの謎が解けましたね。←
ひぐらしのなく頃に 心癒し編 (角川コミックス・エース 229-1) 心癒し編最高でした!! ひぐらしファンにとって梨花の苦痛がこのカケラで癒されてゆくのが何とも微笑ましくて…。心癒し編でのヒロインは、梨花と羽入です。舞台は100年も抜け出せなかった昭和58年6月より先の世界――大切な思い出になろうであろう特別な夏休みから始まります。羽入の提案で雛見沢を離れ、部活メンバーを連れて旅行しに行かないかと物語は動き出します。赤坂の誘いで東京まで親に内緒で部活メンバーは雛見沢を抜け出そうとします。しかし、それと同時に梨花にもう一つ試練が待ち受けていました。それは”親離れ”という事――。 梨花と羽入の関係に涙が出そうになりましたね…。もう運命に立ち向かわなくてよい幸せな世界で梨花はもう何も恐れなくて良いんですね。 心癒し編は、正にひぐらしの幸せな世界に過ぎないあたたかいカケラでした。心癒し編の良さが分かるのは今まで梨花が苦しみ続けた鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編、暇潰し編、目明し編、罪滅し編、祭囃し編と全てのカケラを読み綴った人にしか分からない良さだと思います。表紙も今まで黒と赤の血腥い表紙でしたが心癒し編では、黒から白へ、赤から青へと夏の色へ変わったなぁと物語の終わりが見えます。 心癒し編では、今まで苦しみ続けた梨花の疲れ果てた顔とは裏腹に梨花の素直な素顔が描かれていて梨花という一人の小さな子供の姿が描かれています。ひぐらしのなく頃にとは、古手梨花という少女の運命がきり開け続けた不幸だけど幸せな世界を描いた夏の物語なんだと思いました。
うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 2 (ガンガンコミックス) ベアトリーチェを蘇らす為の儀式である、第一晩の事件が起ります。
生贄に捧げられる為に殺された6人の死体は結構グロテスク表現がありましたねぇー……。
2巻では、真里亞の狂った笑いが沢山披露されます。きひひひひ。

表紙は、婚約したばかりのカップルCPですね。第一晩の事件で紗音が殺害されるのですが、譲治にとってとても痛い話です。
そして次巻からは、夏海先生が描かれる紗音が見られなくなってしまうのが、少し残念です;;
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1 (ガンガンコミックス) 祭囃し編は、ひぐらし本編の最終章にあたります。
一巻は兎に角、残酷です。残酷すぎて思わず涙が出ました。

舞台は大きく遡り、鷹野三四の過去の物語から始まります。
田無美代子、それが鷹野の旧名です(表紙の幼女)
美代子の家族や一二三先生等が登場致します。
家族を失ってしまった美代子は、施設へ搬送されるのですが、そこに待っていたのは地獄のような日々が待っていました。
施設内の話は衝撃的ですね。作者の鈴羅木かりん先生の上手いコマ割りにも注目です。凄い臨場感が溢れており、読んでいる者をドキドキさせますね(笑;
美代子と同室の恵理子の始末は、残酷でした。

鈴羅木先生のあとがきに描かれていたように物語は序章中の序章ということで、今後どのように描写されてゆくのか楽しみです^^*
ひぐらし本編を締め括るにに相応しい作者です。鈴羅木かりん先生は。
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス) 皆殺し編と言ったら羽入に注目です。梨花にしか見えない、人ならぬ者なので梨花視点から舞台が進行する皆殺し編は、羽入もよく登場致しフレデリカ=ベルンカステルも姿を現します。
一巻の話は、僅かな奇跡が重なり合い、梨花を勇気付け、最後のチャンスを与える、そんな奇跡のような始まりを果たしています。
運命に立ち向かおうとしている梨花が輝いています!

桃山ひなせ先生に関しては、あまり名の知られていない作家だったのでひぐらし本編を任して大丈夫だったのかと思ったのですが、コマ割りも絵も上手で非常にひぐらしを描写するに相応しい人物だと思いました。
絵柄があまり独特じゃないので、ひぐらしのキャラクターを描くのに実は一番しっくりくる方なのかもしれません。かなり馴染めます^^
ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上 (講談社BOX) ひぐらし自体は原作→漫画→PS2と何回も読んでるんですが、小説媒体ではまだ読んでなかったので読んでみました。
最初買った時は高い!と思ったんですが、読むのにかかる時間を考えればちょうどいいコストパフォーマンスになってました。
さすがに原作の様に音楽やセリフが無いので既にやってきてる人は若干物足りないと思うかも知れませんが、小説にする事によって文字を追いながらその風景だったり周りの音を自由に想像出来るのはいいと思いました。
にしても、嘘だッ!は今回ちょっと微妙だった気が…。
1ページ丸ごと嘘だッ!で埋めるとかして欲しかった。
先の展開は解ってるんだけど、下が見たくなる…。
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス) 罪滅し編3巻と、目明し編3巻の購入者限定応募者全員サービス
「れなぱん」「罰恋し編」が今日届いたよ!(2008/6/19)
届いたその日に映画を見て来ました。別に届いたから行ったわけじゃないですが。
えーと、それだけです。

あなたもコミック・シリーズ、

”ガンガンコミックス” / 竜騎士07

の各巻の「感想ノート」を書いてみませんか?
感想ノートは シリーズ情報 の「感想ノート」のリンクから書くことができます。

あなたが書いた感想ノートは、あなたの Myページにも貯まっていきます。

コミック検索


注目のコミック