Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2017/10/31 01:53 - 2017/10/31

プリプリの魅力が劇場で大増幅! 10/28「プリンセス・プリンシパル case順一挙上映」inお台場



 
10/28 ユナイテッドシネマ アクアシティお台場にて、
「プリンセス・プリンシパル case順上映会&トークショー」
に参加してきました。
 
TVシリーズ全12話をアクアシティお台場最大のスクリーン1で鑑賞できる、
だけでなく、トークショー3部構成まで含めての 約7時間 という長丁場です!

私は運良く 先行抽選販売 で当選しましたが、大人気で残念ながら
落選された方も多かったようです。またその後のキャンセル分など?の
先着順一般販売では、わずか数分で売り切れたと言われています。
 

 
10/28(土)開催『プリンセス・プリンシパル』case順上映会 チケット一般発売&来場者特典決定! - TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト
15:00~16:40 上映(case1・2・7・9)
16:40~17:10 トークショー第1部
17:10~17:20 休憩
17:20~19:00 上映(case11・13・16・18)
19:00~19:30 トークショー第2部
19:30~19:40 休憩
19:40~21:20 上映(case20・22・23・24)
21:20~21:50 トークショー第3部
 
<トークショー第1部>
監督:橘 正紀
音響監督:岩浪美和
プリンセス役:関根明良
ベアトリス役:影山灯
チーフプロデューサー:湯川淳
 
<トークショー第2部>
監督:橘 正紀
メカニカルデザイン:片貝文洋
プロップデザイン:あきづきりょう
チーフプロデューサー:湯川淳
 
<トークショー第3部>
監督:橘 正紀
リサーチャー:白土晴一
設定協力:速水螺旋人
チーフプロデューサー:湯川淳

(余談ですがこのスケジュール、休憩が10分というのはちょっと
 短いですね・・何かというと、トイレが大行列 になって
 時間内に戻れるかどうか怪しいくらいの勢いなのです・・)

元々わたしは「プリンセス・プリンシパル」がまだ放映中の8/15の時点で、
「劇場で一挙上映やらないですかね」とつぶやいていたりしたのですが、
まさかそれが本当にこんなに早く実現することになるとは思いませんでした。
 
そして実際にユナイテッドシネマ アクアシティお台場のスクリーン1で観る
「プリンセス・プリンシパル」は、本当に感激としか言いようのないものでした。
 
あの1話(case13)のエリック回が、5話(case7)のちせ回が、6話(case18)の
ドロシー回が、8話(case20)のプリンセス回が、10話(case22)の委員長回が、、、
 
どれもこれも目の前いっぱいに広がって、あのときの興奮を何倍にも増幅させて
くれるのです。大画面というのもそうですが、劇場はやっぱり「音」ですよね。
私は今回抽選でちょっと端のほうの席でしたので音はベストというわけでは
なかったのですが、それでも箱いっぱいに響き渡る大音響が「プリプリ」の
世界を格段にロイヤルな(?)世界に変えてくれました。

 
ちせ「じゅうぅぅうぅべぇええええっ!!」
 
 
っていうアレ、あれだけでもう鼻血が止まりません(ちせ強硬派)
きんつばを食べているちせ殿だけでぬか漬けが進みます。
クリケットをしているちせ殿だけで(以下略
 
case順上映というのも実は私は初めての体験でした。自宅で録画したものを
使って自分でcase順に観ることはもちろん可能だったのですが、思ったより早く
このcase順上映会のお知らせを知ったため、「せっかくだからcase順は
この上映会のために取っておこう!」と思ってずっと封印してきたのでした。
 
実際にcase順で鑑賞すると、大きく印象が異なって凄く見所が多かったですね。
何といってもTV放送では1話だった case13。case 1,2,7,9,11 と続けて観てから
あのcase13を観ると、本当に色々なものが詰まっているのだと実感できます。
 
また、TV放送時はラスト2話の間は1週間あいていましたのでちょっとラストの
押しが弱かった印象もあったのですが、今回 case 23,24 と連続で観てみると
また少し印象が違って、しっかりまとまっている印象を受けました。
(ノルマンディ公ともうちょっとガッツリ対決してほしかったというのは本音
ではありますが、、それは続編がありえるという中では難しかったでしょうし)
 

 
こちらは物販で購入した、クリアファイル2種(左上)、缶バッジセット(左下)、
アクリルキーホルダー5種全部(右)、そして来場者特典のポストカード2種(中央)。
 
「プリンセス・プリンシパル」をこれだけの 贅沢な環境で浴びられる機会
はなかなか無いと思います。プリプリ大好きの私にとって、本当に貴重な
体験でした。イベントを主催してくださったスタッフの皆さまに大感謝です(-人-)
 

 
現地では「超像Artコレクション プリンセス・プリンシパル アンジェ」の
1/7スケールフィギュアや、黒星紅白先生書き下ろしの複製原画の
実物も展示されていました。(それぞれ14,800円、30,000円)
 
 
トークショーもどれも非常に楽しいものでした。特に第一部は音響監督の
岩浪さんのトーク術 がいつもどおりキレッキレ。第三部は
設定協力の白土さんと速水さんの濃すぎるトークに圧倒されました。

さすがというか何というか・・・w
 
実はこのcase順上映会の少し前に、来年4/29にプリプリのイベントが
開催されることが発表されており、
 
「あ、2期の発表があるならそこ(4/29)なんだな(今日は無いな)」
 
という空気は最初からありました。重ねて、司会の方からもプロデューサの
湯川さんからも「今日は2期のお話はしませんので」と釘を刺されていました。
 
そこへ来てこの岩浪さんのぶっこみ。このあと一般質問コーナーがあったため、
そこで2期の話をされないように予め岩浪さんが先手を打って話題を
既出にしておく、という見事な筋書きでした。台本があったのかどうか
定かではありませんが、こういう役回りを自然にやってのけてしまう
岩浪さんは本当にエンターテイナーだと思います。

もう1つ驚いたのは、プリンセス役の関根明良さん ですね。
こういう舞台挨拶的なものは場数がモノを言うところがあって、
テンポの良い受け答えをするのは本当に難しいものなのですが、
この日の関根さんはお隣の岩浪さんのテンポに全く負けていませんでした。
声優として主役級をされるのはこのプリンセス役が初めてといって良い
関根さん、これからのご活躍がとても期待される一幕でした。
 
第2部の片貝さんとあきづきさんは車や機関車、銃や機械その他小物系も
含めたデザインのお話。スチームパンクという世界観の中でタービン過給機を
つけたのは大ハマりだったという片貝さん。確かにこの日劇場で聴いて初めて
気づいたのですが、case13のカーチェイスは特に ターボ特有の「ひぃぃぃん!!」
という風切り音が迫力というか緊張感を与えていることに気づきました。

ほかには銃だけでなくサンドイッチやオムレツまでデザインされたという
あきづきさん、朝のオムレツと夜のオムレツは形が違うとか、クリケットや
フェンシングのルールまで詳しくなりすぎた、など色々なエピソードがありました。

第3部は白土さん&速水さんの設定班の超濃厚コンビ。しゃべりだしたら
止まらないお二方のトークは何時間でも聞いていられる感じでしたね。
「スチーム・ノルマンディ」 は無いでしょう、と思ったら後日ネットでは
「それはそれで観てみたい」という声多数・・w
 
ところで私は 「大砲とスタンプ」 の読者でもありまして、生の速水螺旋人さんを
見られたのも今回の大きな収穫でした。あのぶっ飛んだアタマの中から(失礼)
あの隅から隅まで描き込まれた猛烈に細かい設定のマンガが生まれているのですね。
 
「(イギリスから見た)外国人枠は日本人のちせになったが、実はインド人に
したかった」 「ボクらインド大好きw」 「ガゼルはその名残です」というお二人。
BD 3巻のピクチャードラマにインド人留学生が出るという・・(ねじ込んだか)
 

 
ピクチャードラマは毎巻3分ずつくらい付いていますのでそちらもぜひお楽しみ
ください。「あとちょっと売れれば2期が・・・w」というお話もありましたので、
私を助けると思って今からプリプリのファンになって頂ければ幸いです(私利私欲か)

「プリンセス・プリンシパル」はここで終わらせるにはあまりにも勿体無い作品
ですので、ぜひ来年4/29のイベントの場で 「続編決定」 のお知らせが聞けることを
切に願っています。続編といっても色々ありますからね、2期なのか、OVAなのか、
新作劇場版なのか、、、とにかくまたこの5人が大活躍するところを、そして
ノルマンディ公とガゼルと決着まではいかなくても良いのでカッコよい正面衝突
アクションが観られる日を、心待ちにしたいと思います。
 
来年4/29(日)『プリンセス・プリンシパル』イベント開催決定!! - TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト
 
ちなみにですが、今回はユナイテッドシネマ アクアシティお台場での一挙上映と
なったわけですが、だからといって 他の劇場でも もう1度、2度といわず
何度でも一挙上映があってもよいと思うのですよ? 立川シネマシティさん、
イオンシネマ幕張新都心さん、川崎チネチッタさんとかでも観てみたいですね(*゜ー゜)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2017/10/31 01:53


« HTC vive と Oculus Rift を試す、設置スペースの問題とセンサーについてのアレコレ

トップに戻る

2017秋アニメ4話残留率は驚きの顔ぶれ!「DYNAMIC CHORD」「Infini-T Force」「アニメガタリズ」 »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


保存しますか?



▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks