Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事
2017/04/11 02:20 - 2017/04/11

「けものフレンズ」の「新作3冠」を阻んだのはあの作品! - 2017冬アニメ実況ツイートランキング集計



 
2017年冬アニメ(1-3月期)がようやく終了となりました。
ここで恒例の 実況ツイートランキング をお送りいたします。
 
集計データは新作アニメのツイート自動収集・分類サービス
「アニメレーダー」です。では今回も張り切っていってみましょう!
 

 
なお、最初に1点だけ注意事項がございます。前回までとはちょっと
基準が変わり、今回から全ての作品にフラグ付けが為されます。
 

 
[通]・・・3クール以上連続で続くアニメ(通年もの)
[続]・・・2クール目、または2期以降のシリーズものアニメ
[短]・・・ショートアニメ(5,10,15分)
 
「通年」 という概念が加わり、この通年ものに当てはまった作品は
「ツイート数」「実況ユーザ数」「残留率」いずれのランキングも 対象外
しています。これまでも「プリキュア」「ドラえもん」「サザエさん」のように
ずっと続く作品を特別に除外していましたが、今回からその基準を明確にして
3クール以上連続で続く作品は同様に「通年もの」扱いとすることとしました。
 
これにより「アイカツスターズ!」「プリパラ」などが対象から外れています。
これらの作品は軌道に乗ったあとはずっと同じ水準の数字を出し続けるだけに
なりますが、新作アニメにどのような変動があったのかを追いかけるという
のがこのランキングの趣旨になりますのでご理解を頂ければと思います。
 
[続][短]についてはこれまでどおり「ツイート数」「実況ユーザ数」は有効とし、
「残留率」のみ除外としています。続編もの、ショートアニメは残留率が高く
出やすいため新作アニメとは単純比較がしづらい為です。
 
 
 
では、実際にランキングを見てみましょう。
 

 
まずは全話の 平均ツイート数 のランキングです。
アニメレーダーでは1分あたりの平均分速ツイート数をTPM(Tweet Per Minute)
という単位として指標としています。このTPMの全話の平均のランキングです。
 

 
先に「ツイート数」「実況ユーザ数」双方のランキングのネタばらしを
してしまうと、「鉄血のオルフェンズ」 は今期も他を寄せ付けない
圧勝劇で2冠となりました。ツイート数平均は 1,557 ツイート/分で
2位の1.5倍、実況ユーザ数は2位の3倍ものスコアをつけています。
2期かつ2クール目、さらに日曜17時の全国放送ということで、完全に別格
というか深夜アニメ枠と比べるのはちょっと酷という印象すらありました。
 
 

 
■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 41話 「人として当たり前の」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4311/394993

 
 
そんな中、冬アニメ「新作」としてのトップを争って激戦を繰り広げていたのが
「けものフレンズ」「ガヴリールドロップアウト」 です。
 

 
ご存知の通り、「けものフレンズ」の途中からの加速は天を突き破るよう
な勢いですらありましたが、ここではあくまで全話の平均の争いです。
最終的には前半の出遅れが響いた「けもフレ」に対し「ガヴリール」が
わずか 1ツイート/分の差で逃げ切り を果たしました。
 

 
■ガヴリールドロップアウト 2話 「天使と悪魔と委員長」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4393/392196

 
何もかもが「けもフレ」に飲み込まれそうになった2017冬アニメシーズン
でしたが、唯一「ガヴリールドロップアウト」だけがこれに喰らいつき、
一矢報いた ことになります。3位と4位の間にはまた1.5倍もの
ツイート差があり、ハイレベルな「けもフレ」に付いていった
「ガヴリール」がいかに特別だったかよく分かると思います。
 

 
 
 
次は、直接的なツイート数ではなく、実況参加ユーザ数 での比較です。
「実況ユーザ数」とは、明示的にハッシュタグを付けてつぶやいた人の数です。
 


 
前述の通りこちらも「鉄血のオルフェンズ」が全体では圧勝です。
そして新作アニメではというと、やはり「けもフレ」と「ガヴリール」が
激しいデッドヒートを繰り広げましたが、今度は「けもフレ」がラスト2話で
信じられない 2段階ジャンプ を果たしてガヴリールを下しました。
 

 
このグラフを見るとまるで「ガヴリール」が低調だったかのように見えて
しまいますが、毎週常に1,300以上、最終話では1,900以上の数字を
叩き出したガヴリールは深夜アニメでは圧倒的な存在でした。しかし
「けもフレ」が最終話で叩き出した数字は 「5,648人」。深夜25:35~の
アニメが、日曜夕方17:00~のガンダムと同レベルの数字を記録したのです。
 
ちなみにツイート数ランキングではガヴリールに一歩譲ったけもフレですが、
もし10話の放送時刻変更(25:35→27:05)の影響で大きく数字を落としていなければ
ツイート数でも逆転して 「新作アニメ3冠」 を実現していたところでした。
やはり2017冬アニメといえば「けものフレンズ」のシーズンだったといえるでしょう。
 

 
■けものフレンズ 6話 「へいげん」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4441/396626

 
「けもフレ」と「ガヴリール」ばかりに目が行ってしまいますが、
今期は続く4~6位も「亜人ちゃん」「このすば2」「メイドラゴン」が
並んでおり、いずれも安定した人気を博しています。
 

 
■亜人ちゃんは語りたい 12話 「亜人ちゃんは泳ぎたい」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4395/392266

 
「亜人ちゃんは語りたい」はしんみりした人情ものという側面もあって
実況向きというワケではなかったのか、数字的な爆発力には欠けたものの、
ツイート数、実況ユーザ数ともに トータル4位 というハイスコアを記録しました。
 

 
■この素晴らしい世界に祝福を!2 6話 「この煩わしい外界にさよならを!」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4401/392546

 
「この素晴らしい世界に祝福を!2」も最初にちょっと離脱が目立ちはしましたが、
2話以降はほとんど変わらない水準をキープしてツイート数6位、実況ユーザ数5位。
こちらも根強い人気を見せ付けました。
 

 
 
 
最後はお待ちかね、「実況ユーザ残留率」 です。
 

 
クール全体の総括として用いている残留率の数字は、最初の3話と最後の3話で
それぞれ実況参加ユーザ数の平均を取った 「前後3話残留率」 という数字を
使っています。「1話比残留率」とはちょっと違いますのでご注意ください。
 
というのは、「最終話」というのは特別な異常値が出やすく、たとえば最終話の
中で「2期決定!」「映画化決定!」といった発表が最後に出るだけでもガタッと
1.5倍くらい数字が変わったりします。従いまして1話と最終話を比べるだけでは
歪みが大きくなるため、こうして前後3話の比を調べています。
 
また、前回までと同様、通年/続編の作品は1話が低く出やすく残留率が有利に
働いてしまうため除外しているほか、ショートアニメも歪みが大きく出やすいため
除外をしています。新作アニメの30分フル作品同士の比較としてご覧ください。
 

 
大方の予想通りですが、「けものフレンズ」 の前後3話残留率は 「1187%」
文字通り桁違いの圧勝でした。注目されたのが4話付近から、ということもあり、
前後3話残留率としては最も数字が出るパターンの上昇カーブを描いたことになります。
 
「けものフレンズ」という作品自体がこの視聴者 「残留率」 という
言葉自体を世に知らしめたといっても過言ではないでしょう。
この「残留率」は最後までしぶとく支え続けてきたファンが居るかどうかを示す
数字であり、今後も重要指標として注目してみると面白いと思います。
 
 
そんな中 「小林さんちのメイドラゴン」 が「けもフレ」「ガヴリール」に
続き見事に残留率100%超えの 「111%」 を達成しました。ユーザ数1000人前後の人気を
保ちながら最後まで失速することなく13話まで完走。カンナちゃんまじやばくね?
 

 
■小林さんちのメイドラゴン 12話 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4418/395607

 
また、実況ユーザの絶対数は少ないものの、「ACCA13区監察課」 が残留率
「87%」 を記録。女性に受けるアニメは全体的に1話と最終話だけにツイートが
伸びることが多く、中盤の動きが読みづらいところがあるのですが、
最後まで根強い支持を受けての残留率4位となりました。
 

 
■ACCA13区監察課 9話 「牙を剥く優美な黒蛇」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4439/396665

 
このほかにも「幼女戦記」や「鬼平 -ONIHEI-」が十分高い残留率を見せ付けています。
 


 
一方で数字として厳しかったのは「CHAOS;CHILD」「エルドライブ」が「41%」
ですが、前期秋アニメは30%台が続出していたことを思うと、これでもまだ
こらえたほうではあります。注目作でちょっと苦しかったのはスクストこと
「スクールガールストライカーズ Animation Channel」 が49%。
 

 
一方で、同じような動きをして心配された 「BanG Dream! バンドリ!」
後半かなり盛り返してきているようです。バンドリ!は放送開始時期が
ズレていましたのでまだ10話までですが、最終話までどうなるか注目ですね。
 

 
 
 
いかがでしたでしょうか。2017年春アニメはもうスタートしています。
早速期待の新作アニメ 「エロマンガ先生」 が唯一1,000ツイート/分を
超えて注目を集めています。そのほかの話題作の動向も見逃せません。
注目の指標となる「残留率」にも注目ですよ!
 
■エロマンガ先生 1話 「妹と開かずの間」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4506/402784

 
春アニメの鑑賞にも、アニメレーダーの「自動実況まとめ」や、
「実況リプレイ」をご活用ください。HDDレコーダーに録画した番組でも
実況リプレイを一緒に流せばみんなと一緒に観ているかのような疑似体験
ができます。アニメを観るのがもっと楽しくなること間違いなし!

この春も楽しいアニメにいっぱい囲まれたクールになりますように( ・∀・)σ
 

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2017/04/11 02:20


« グッドスマイル初音ミクAMG、全てが噛み合った天衣無縫の勝利! SUPER GT開幕戦岡山決勝

トップに戻る


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

No.79019   投稿者 : 名無し   2017年4月11日 16:39

「けものフレンズ」の10話は2時間遅れの放送です。
深夜3時以降へとズレ込みました。
なので放送直後3/15一日のグーグルトレンドやニコ生実況・来場者数で高数値&高評価
(来場者数13万人がとても良い=初の98%台)が出てるにも関わらず、
本放送時の実況ツートのみ、前後の回より大きく落ちています。
つまり実況ツイート数というのは放送時間の大幅変更にも左右されますから、
その点が反映されてない比較データーは大きな欠陥があります。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks