Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2017/02/04 01:19 - 2017/02/04

2017冬アニメ残留率 - あなたは「深夜アニメとか見るフレンズ」なのかな??


アニメレーダー が贈る「アニメ・データ研究室(ラボ)」のお時間です。
1月から始まった2017年冬アニメも3分の1が終わろうとしています。
皆さま最後まで見続けるアニメがもう定まってきた頃でしょうか。
 
ここでは毎回恒例、
 
 視聴者は3話まででどれたけ「脱落」するのか
 
という視点からデータを見てみることにします。(-人-)~~ 南無南無
 
けものフレンズ 1話 「さばんなちほー」 アニメ実況まとめ

 
集計方法は 前回 までと同じですので詳細はそちらをご参照ください。
 
 
では、実況ユーザ数ベースで見た「残留率」上位を見ていきましょう。
 

(※「BangDream!」は2話までの暫定数字)
 
今回からはちゃんと クラス分け をして対象を分かりやすくしました。
 
 (1) 赤文字/赤背景: 30分フル作品、新作
 (2) 赤文字/白背景: ショート作品、新作
 (3) 黒文字/赤背景: 30分フル作品、続編(2期/2クール目以降)
 (4) 黒文字/白背景: ショート作品、続編(2期/2クール目以降)
 
この「4話残留率」調査で対象とするのはあくまで(1)のみです。
過去に放送された作品の続編として作られた作品は、
1話が放送される前から「見る/見ない」を決めている人も多いため、
純粋な新作の期待→残留/脱落の率と比較するのはフェアではない為です。
その旨予めご了承ください。
 
 
その新作アニメの残留率トップを記録したのは、なんとこちら。
 

 
「けものフレンズ」 です。4話残留率 「102%」 と、全作品の中で唯一、
100%超えを達成しました。あなたはじわ伸びするフレンズさんかな?
 
1話時点では 「えっ、何これ・・(困惑)」 「てさぐれ!ケモノもの」
みたいな反応が多数を占め、一体これはどうしたら良いのかという
どよめきの中にあった「けもフレ」。2話は予想通り一定のユーザ脱落を
招きましたが、その2話で EDが不気味な廃墟パーク だったという
話から話題に火がつき始めます。その後も一見だらだら進んでいるだけの
お話の中に何かが引っかかるような感覚が残っていきます。
 
■けものフレンズ 1話 「さばんなちほー」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4441/396621

 
そして4話で徐々に全容が明らかになっていきますが、私はうっすら
冷や汗さえ出てくるような空恐ろしさも覚えました。そういえば
昔人気のあった「なつみSTEP!」っていうFLASHアニメがあってね・・。
 
「けものフレンズ」は先行して公開されている ソシャゲがアニメの
放映前にサービス終了する という憂き目に遭っているのですが、
あれが実はフェイクで「かばんちゃんのおかげでパークが復活しました」
とか言われてももう驚きませんよ・・・。
 
 
続いて2位はこちら。「小林さんちのメイドラゴン」 です。
 

 
ドラゴンの「トール」がSEの小林さん(女性)の家に転がり込んで
ドラゴン仲間も巻き込んでいろいろやらかす日常コメディ。
4話残留率はほぼ100%に届きかけた 「99%」 でした。
 
カンナカムイ(カンナちゃん)の登場が人気に拍車を掛けて
絶賛勢い増加中です。京アニの漫画原作アニメというと2011年の
「日常」以来ですが、同じ武本作品ということでいうと2007年の
「らき☆すた」 を思い浮かべる方のほうが多いかもしれません。
 
■小林さんちのメイドラゴン 2話 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4418/395597

 
 
3位にランクインしたのは、「ガヴリールドロップアウト」
 

 
天界の優等生だったガヴリールが人間界に来てから一気にダメ廃人
になって実況では 「天界うまるちゃん」 呼ばわりされております。
天使コンビがどうみても悪魔、悪魔コンビがむしろ天使かよ、
というギャップで大変実況向けなギャグアニメになっています。
 
4話時点で 実況ユーザの実数では全体1位 を叩き出しているのも
このガヴリールドロップアウト。TOKYO MX+BS11同時放送という
黄金パターンの力もありますが、残留率も圧巻の「94%」。
この数のユーザがほとんど離脱を見せないというのはとても優秀です。
 
■ガヴリールドロップアウト 2話 「天使と悪魔と委員長」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4393/392196

 
 
以下、4位「政宗くんのリベンジ」、5位「セイレン」、6位「幼女戦記」、
そして7位「亜人ちゃんは語りたい」、8位「クズの本懐」、
9位「リトルウィッチアカデミア」と70%超えが9作品あります。
 



 
4話残留率は過去の例からも「70%」が好調さを示す1つの目安といえ、
前期2016年秋アニメの新作アニメでは、70%超えはわずか4作品でした。
今期はそれが 9作品 もあります。それだけ視聴者をつなぎとめている
作品が多いということで、豊作といって良いでしょう。
 
 
一方、4話残留率が厳しい数字になっているのはこちら。
 



 
40% 「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」
37% 「ハンドシェイカー」
28% 「エルドライブ elDLIVE」
 
残留率が40%を切るあたりからは黄信号~赤信号が点滅する領域に
なってきます。これからの巻き返しに期待したいところです。
 
■エルドライブ 2話 「スーパー・クール・スペース・ガール」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4433/396754

 
 
 
さて、前回まではここから実況ユーザ数の実数ランキング上位をご紹介
していたのですが、今回からはそれを踏まえたうえでこんな マッピング
をしてみました。縦軸が実況ユーザ数(4話時点)、横軸が4話残留率です。
 

 
数字が高いほうが良い兆候であることは間違いないのですが、
 
・縦軸=実況ユーザ数:
 (注意点)放送枠が良い枠のほうが基本的にはユーザ数は多くなることに注意。
 
・横軸=残留率:
 (注意点)放送前の期待度が低いほど後から伸びやすくなることに注意。
 
という性質があります。従って単純に数字だけを比べて「70と80なら80の勝ち」
みたいに簡単に見切ることはできない性質の数字になります。
ただ、あまりにも高い場合は素直に好調であると見てよいでしょうし、
あまりにも低い場合はやはり苦しい状況が透けて見えるということになりますので、
そうした 大まかな兆候 をつかむ為のものと考えるのが良いでしょう。
 
こうしてプロットしてみると、残留率1位の「けものフレンズ」はユーザ数が
少なめから始まっているため、勢いはあるものの まだ試金石 といった印象が
あります。一方で「ガヴリールドロップアウト」「小林さんちのメイドラゴン」
はいずれも1,000人のリアルタイム実況を擁しながら90%以上の残留率を
叩き出しているということで、磐石の状態になっているのがわかりますね。
 
そうした視点から、好調さが垣間見える作品をいくつか。
 

 
残留率「74%」で7位の 「亜人ちゃんは語りたい」 は実況ユーザ数は2位。
実は残留率でも2話→3話では逆に盛り返して 82%→90% にアップしていました。
4話はちょっとしんみりしたお話がメインだったことが数字に影響していそうです。
「亜人ちゃん」はコメディではあるものの「人情モノ」という側面が
強いですので、今後も話の内容によって数字が波打つことが予想されます。
3話の数字を見る限りポテンシャルはかなり高そうです。
 
■亜人ちゃんは語りたい 2話 「デュラハンちゃんは甘えたい」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4395/392256

 
 

 
残留率「70%」で8位の 「クズの本懐」。こちらは逆に4話で大幅に盛り返しての
ランクアップです。4話時点の実況ユーザ数「826人」は全体でも4位の数字。
今後の展開次第ではまだまだ伸びそうな予感がします。こちらも注目ですね。
 
■クズの本懐 4話 「Bad Apple!!」 アニメ実況まとめ
http://ckworks.jp/animeradar/matome/4447/396493

 
 
 
いかがでしたでしょうか? これまでと同様にあくまで「特定の条件での数字」を
並べてみただけですが、色々と見えてくるものはありそうです。
 
(※なお念のためですが、ここで挙げられた数字の大小は、あくまで特定の
 条件に於いて計測された数字を示しているだけであり、それ以上の意味を
 持たない ことにご注意ください。この数字は「ディスク商品が売れる数」とも、
 「10年後に語り継がれる頻度」とも、何ら相関するものではありません。)
 
 
私の今期の推しは「亜人ちゃん」「メイドラゴン」「幼女戦記」「ガヴリール」
「リトルウィッチ」「うらら迷路帖」そして継続ものからは勿論 「このすば2」
ですが、最近になって「けものフレンズ」が気になって気になって・・・。
特にやはり4話が衝撃的で、もうこれは最後まで何があるのか絶対に見届けなければ、
という決意を固めるのに十分な展開でした。あと画伯の演技は素晴らしいです(重要)。
 
 
皆さまもご自身のお気に入りを見つけてたっぷりとアニメを楽しんでください。
アニメレーダーのデータ研究室(ラボ)からお届けしました(`・ω・´)ゞ
 
 
※追記 2017.02.08 その後のフォロー(5話実績)など。

 
※追記: 2017/02/11 けものフレンズの追加記事を書きました。
 
■2017/02/11 [「けものフレンズ」は4話で豹変して着火した。ヒトがもたらす「叡智の時間」のこと]
 

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2017/02/04 01:19


« 選んだのは「25インチ」?! モニタを ASUS MX259H に買い替えました。

トップに戻る

「けものフレンズ」は4話で豹変して着火した。ヒトがもたらす「叡智の時間」のこと »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

No.78972   投稿者 : あり   2017年3月 1日 00:35

毎期まとめてくださってありがとうごさいます…!


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks