Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2016/12/24 02:42 - 2016/12/24

デジ埋は2017年も「企業スポンサー」します。GSR初音ミク2017年体制発表、Tony絵のレーシングミクも!

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
本日12/23、秋葉原スリーモンキーズカフェで年末恒例のGSR忘年会が
開催され、その中で来年2017年の GSR初音ミクチーム
SUPER GT GT300参戦体制とレーシングミク2017の発表が行われました。

 

 

 
2017年も主要スタッフはほぼ変更なし。
監督は 片山右京 さん、ドライバーは泣く子も黙るダブルエース体勢の
谷口信輝 さん、片岡龍也 さんのコンビが6年目に突入します。
メンテナンスガレージは河野高男さん率いる RSファイン さん、
そしてチーム代表は安藝貴範さん、マネージャは竹沢友美さんです。
 
マシンも昨年の個体を引き継いで メルセデスAMG GT3 での参戦となります。
昨年はBoPがちょっと厳しく、決め手に欠ける中で必死に工夫を凝らして
戦った1年という感じでしたが、来年はまたBoPがどう転ぶかわかりません。
 
イーブンの条件さえ得られれば、監督からドライバーからメンテガレージから
代表に至るまで、全員が異常なくらいの負けず嫌いが揃ったGSRですので、
きっと最高にワクワクするレースを見せてくれることでしょう。
いまからその活躍を心待ちにしたいと思います。
 
唯一、昨年までと異なるのは、コミュニケーションディレクターの
大橋逸夫 さんがチームを離れるとの発表がありました。
 
というのも、大橋さんはご自信のレース活動(全日本ラリー)があり、
GTのスケジュールともバッティングすることが増えてしまったためです。
でも公式スタッフではなくとも、都合が付く開催日にはGTの現場にも顔を
見せてくださるそうですので、また一緒にGSRの優勝を喜び合えると良いですね。
(大橋さんは2011年GSR初チャンピオンのときのチーム監督でした)
 


 
そしてレーシング2017のキービジュアルが早くも公開。
2017年のレーシングミク、
 
 キャラクターデザインはなんと Tony さんです。
 
「シャイニングシリーズ」などでおなじみのTonyさん、
10シーズン目のGSR初音ミクGTプロジェクトに相応しい大御所の登場ですね。
「Tony絵」のレーシングミクがメルセデスの車体に載ってサーキットを
駆け巡ることになろうとは・・・公式サイトにも既に上がっています。
 
http://www.goodsmileracing.com/team/

 
妖精さんをイメージしたというデザイン、勝利を呼び込む 「ダブルピース」
で2017年を戦い抜きます。そうですか・・ダブルピース・・(汗w
 

 
右京さんのダブルピースもお見舞いされて場内大盛り上がりでしたが、
2017年はサーキット中で 「勝利のダブルピース出ました!」 とか
「久々のダブルピースを見たいですね!」とか、レース関係者の間でも
ちょっとしたチームキャッチフレーズ的に飛び交うことになるんでしょうか、
いろいろ大丈夫でしょうか。(大丈夫、問題ない、問題ない、、、)
 
2017年はサーキットでいっぱい、「勝利のダブルピース」をしましょう。
 
 
そしてもう1つ・・。

2017年も僭越ながら「デジモノに埋もれる日々」(デジ埋)は、
個人として 企業スポンサー の末席に加えさせて頂けることとなりました。
2015年、2016年に続き、3年連続の企業スポンサーへのエントリとなります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

この日のGSR忘年会の場では、企業スポンサーを名前を挙げてご紹介頂く
お時間があり、「デジ埋」のところであまりの場違いさもあって、
皆さまから 笑いと拍手 を頂戴しました。嬉しいことこの上ありません。
この一幕だけで一割くらい元が取れた気分になれます(?)

企業スポンサーへのエントリは、「憧れの初音ミクカーの車体にロゴを載せたい」
という一心で2015年に思い切ってお願いをしてみたものですが、その2015年は
GSR初音ミクSLSは未勝利に終わりました。やはり 優勝するところ を見たい、
ということで今年2016年も清水の舞台から飛び降りる気持ちで継続をしたものの、
なんと結果的にではありますが、2年連続優勝姿を見ることができませんでした。
 
これはもしや自分が疫病神なのでは? とちょっとネガティブなことも
考えてしまったのですが、でもここまできたら、トップチェッカーを
受ける姿をこの目に焼き付けるまでは引けない・・・! ということで、
当初まったく考えてもいなかった3年目に突入することとなりました。
3年ぶりの優勝を、そしてチャンピオンを、期待させていただきます ヽ(`Д´)ノ
 

 
 
・・・とはいうものの、実は個人的にはそこまで「勝ち」に執着を
しているわけではありません。もちろんGSRのスタッフの皆さまとしては
「勝ち」に徹底的にこだわるその姿こそが魅力だと思っているのですが、
私という1人のファンの正直な気持ちとしては、「勝ったときは面白い」
「負けたときはつまんない」ということでは決してありません。
 
「初音ミク」という象徴を背負ってレース界で真剣に勝利を目指して戦って
いるチームがある、勝ち負けという「結果」よりも、その 濃密な「過程」
を楽しむことこそが、いちファンである私にとっての何よりの楽しみです。
そしてオタクな方々にレースの面白さが知れ渡ったり、レース界隈の方々に
オタクの文化がそれほど理解不能なものではないことを知ってもらったり、
そういう活動に少しずつでも繋がっていってくれれば嬉しいと思います。
 
 
実際、ピットウォークで 初音ミクのステッカーを欲しがって
親御さんをひっぱりまわしているお子さんたちが結構いて、
とても嬉しくなります。今までレースを知らない方が初音ミクを
きっかけにレースを見てみようと思ったという声も何度か聞きました。
 
冷静に考えると、「レースの勝負の面白さ」 って、伝えるのがとても難しいです。
 
「何か分からないけど1位だ!すごい!見てないところでやっつけたの?」
「いや、いま1位の車がピットインして一時的に後方に下がっただけだから」
「なにそれ意味わかんない・・・ 結局いま何位なの・・?
 
レースを見慣れている人は何も迷わないかもしれませんが、、、
レースのことを知らない人だと、ピットのタイミングがチームごとにずれている
という条件がつくだけで、コース上の順位=優勢・劣勢を意味しない ため、
勝ってるんだか負けてるんだかさっぱりわからなくなってしまいます。
 
こういう面白さというのは、TV中継でもサーキットでも、解説者やアナウンサー
の方々がしっかりフォローしてくださるわけですが、それはあくまでそのときの
上位に絡んだ一部のチームのことだけです。初音ミクチームが中団に埋もれて
いるときは、実況・解説を聞いていても初音ミクがいま調子良いのか悪いのかすら
さっぱり分からなくてつまらない、ということになりがちです。
 
私自身、及ばずながらレース中のツイートや、レース後のレポート記事などで、
そうした見どころを上手くお伝えできたら良いな、と考えたりしています。
 
GTは勝った人に重いハンデが載るレースですので、どんなに強いチームでも
毎戦毎戦表彰台に登っているわけではありません。でも、後方で耐える
レースをしているときも、コースのどこかで 常に限界ギリギリの手に汗握る
戦いをしています。その姿を同じように見つめながら一緒に応援していく人が
少しでも増えてくれたら、同じファンとしてこれ以上の喜びはありません。
 
2017年シーズンも初音ミクAMGがサーキットで戦う姿を一緒に楽しみましょう(*゜ー゜)ゞ
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクGTプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2016/12/24 02:42


« 劇場版 艦これ、繰り返し鑑賞後、感想吐き出しメモ【※ネタばれ全開注意!】

トップに戻る

「鉄血」が2冠達成、「まほいく」健闘、そして「ユーリ!!!」はどこまでも伸びる! - 2016秋アニメ実況ツイートランキング集計 »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks