Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2016/05/02 16:35 - 2016/05/02

ISPを替えれば速度が変わる - 「夜間1Mbps」の悲惨な状況からの脱却

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
以前から、
 
「何だか夜になると ニコ動の読み込みバー が全然進まなくなるなぁ。
 これじゃプレミアム会員の意味が全然ないじゃないか・・・」
 
と思っていましたが、それがニコニコ動画の所為なのか回線の所為なのか
についてはあまり深く考えてはいませんでした。
 
ところが先日、ふと思い立って回線速度を測ってみて驚きました。

 
■スピードテスト・回線速度診断|光ファイバー・ADSL通信速度測定 - 価格.com
http://kakaku.com/bb/speed.asp
■回線速度・通信速度測定 | RBB SPEED TEST
http://speed.rbbtoday.com/measurement

 
あれ、、、ちょ、、、
 

 
何ですか! 「2.1Mbps」って!
 
「10年前のADSL」みたいな速度になっているじゃないですか!
計測のムラでもあるのかと思って何度も測りなおしてみたのですが、
多少のズレはあるものの、ヒト桁台のMbpsであることに変わりはありません。
 
これはニコ動は全く悪くなくて、完全に回線のほうが悪いのだということが
はっきりしました。もちろんWi-Fi等は使わずに、ルータからPCまで全て
有線でつながっている状態での計測です。というか、上り64Mbpsも
出ていることがケーブル等の不良等ではないことを物語っています。
明らかに 下りだけが混雑で詰まっている、そういう数字です。
 
初めて気づいたのが3/23、このときは23:00頃に計測して
その2.1Mbpsという絶望的な数字を記録したのですが、
 

 
2時間経ってAM 1:00頃に再び計測してみると、今度は 「52.7Mbps」
という数値を叩き出しました。これで予想はより確かなものになりました。
つまり夜間のピーク時間帯にネットが混雑して遅くなっている可能性が
高いということです。
 
ただ、この時点ではまだ「今日だけが運が悪かった」のかもしれない、
同じ地区に収まっている人がちょっとやんちゃしちゃっただけなのかも
しれない、という可能性も否定できませんでしたので、もうしばらく
様子を見ることにしました。ちなみに私のネット回線契約は
 
「NTT東日本フレッツ光ネクスト(ファミリー)」+「@nifty」
 
という組み合わせです。マンションタイプみたいな同棟内の混雑みたいな
ものはありませんし、CATVのような特殊網でもありません。
 
そして様子を見ること1週間。
 

 
3/30の計測値は 私の怒りが有頂天 になるのに十分すぎる数値でした。
 
「1.1Mbps」 て。ADSLよりもISDNに近づいてきた感があるのでは。
「64+64=128(ロクヨンロクヨンイチニッパ)」か。
ニコ動の動画の多くは1Mbpsを超えているでしょうから、
もはやクリックしても100%止まるのが確実な環境です。
 
この1週間ことあるごとに計測を繰り返していましたが、
とにかく 21:00~24:00 くらいまではずっとこの調子でした。
 
現代のネット社会に於いて「通信」はライフライン。
快適な回線環境がなければ、人の生活も劣化してしまいます(言いすぎ)
もはや我慢の限界ということで、対策を考えることにしました。
 
しかしまず問題なのは、回線の「ドコ」が悪いのか、という点です。
上述のとおり、回線自体はNTT東日本の「フレッツ光ネクスト」を
使っていますが、ISP契約は「@nifty」を使っています。
ここで一番簡単なのは ISP「だけ」を変える ことですが、
それで果たして回線の問題が解消するのでしょうか?
 

 
いささかの不安はありましたが、まずは「ものは試し」でいってみる
しかありません。白羽の矢が立ったのは ASAHI-NET
 
実は私は以前もちらっとASAHI-NET会員だったことがあります。
自宅サーバを立てて運用していた頃は安定した回線としてASAHI-NETを
重宝して使っていたのですが、その後自宅サーバを止めてさくらVPSに
引っ越したことで必要が無くなって解約していたのでした。
 
ASAHI-NETに「ISPだけ乗り換え」みたいなキャンペーンページが
あったのでとりあえずそこに申し込んでみることにしたのです。
 
「フレッツ光ネクスト」そのものの契約は一切いじらないため、
回線工事も必要はなく、トントン拍子に契約が完了して、
ID/PWなどが記載された書類が届いたのが4日後の4/4、その日から
実際に接続して使えるようになるというスムースな展開です。
 
まずは@niftyのID/PWのままで接続して計測。
 

 
下りが「7.5Mbps」。先日よりはちょっと上がっていますが、
依然として光回線としては「お話にならない」レベルです。
 

 
続いてASAHI-NETのID/PWを使ってルータに新しい接続先情報を作り、
そちらの接続に切り替えてみると、、、
 

 
「96.6Mbps」!!!!
 

 
「85.9Mbps」!!!!
 
計測するたびに多少の上下はしますが、70Mbpsを切ることは一度もありません。
これですよ、これが光ファイバーですよ。忘れかけていたテクノロジの
有り難味がひしひしと伝わってきます。速いって良いことですね。
「速さは力」(PC-98)ですね!
 
これではっきりしたことは、同じ回線(NTT東フレッツ光ネクスト)を
使っていても、ISPを替えるだけで速度は全く変わる
ということでした。フレッツ光を使っていて回線が妙に遅いと感じたら、
まずはISPを疑ったほうが良いのかもしれません。
 
ただ、@niftyをかばうわけではありませんが、この手の話というのは
MVNOの速度などのケースでも言われているのと同じく、おそらくは
需要とインフラ設備のバランスの問題なのでしょう。すなわち
空いているところは速くなり、「速い」と言う評判で人が殺到するとまた
遅くなる、みたいなバランスが常に動き続けているのではないかと思われます。
 
今速いISPが今後もずっと速くあり続けるとは限りません。そういうものだと
思って色々な「備え」をしておいたほうが良いことは間違いないでしょう。
 
 
そのお話に絡みますが、実はこのASAHI-NETの申し込みをしたあと、
「最後はNTTから最終確認があるので、それを経て完了です」
みたいな文面がありました。
 
え、なんでNTTが関係あるの? 回線工事はしないんだよね?
と思って気にしていなかったのですが、数日後に本当にNTTから電話が
掛かってきました。留守電だったので折り返してみると、
 
「ASAHI-NETさんに申し込まれたとのことで、設定の確認をします」
 
ということになりました。うーん・・・?
 
「ご本人様確認をしますので、光の回線番号はご存知でしょうか?」
「すみません、いま出先ですので分からないのですが・・
 一度調べなおして後日また掛けなおすということでよろしいでしょうか」
「承知いたしました。ではお待ちしております。」
 
とその場では用が済まなかったためまた後日・・と思ったのですが、
そこでやはり疑問をぶつけることにしました。
 
「あの、参考までに伺いたいのですが、これって何のための確認なのでしょうか。
 フレッツではISPを複数契約していつでもID/PWで切り替えられるようにしよう
 と思っていて、NTTの回線契約は何もいじらないつもりだったのですが・・」
 
すると思わぬ答えが・・。
 
「え、そうなのですね。お客様が選択されましたASAHI-NET様のコースは
 『with フレッツ』 というコースになっておりまして、
 これは ISPを1つに決め打ちする コースになっております。
 その設定がNTT側で必要になりますので、そのためのご確認でした」
 
 
なんですとーー!!
 
 
そんなコースを選んだつもりは無かったのですが、特に深く考えずに
「乗り換えキャンペーン」みたいなページから進んでしまったため、
そういう条件が付いていたのかもしれません。
 
「そうだったのですね、すみません。こちらからASAHI-NET側に確認してみます」
 
ということで一度NTTとの話はそこで終えて、帰宅してからASAHI-NETの
会員ページから契約状態を見てみると、
 
「開通待ち(ASAHIネット 光 with フレッツ ホーム コース)」
 
となっています。そして調べてみると「with フレッツ」ではない、
コースもちゃんと存在しました。おおお、、、これはマズイ。
 
 
先ほどのNTTの方の説明でもあったとおり、「withフレッツ」のコースでは
ISPが1つに決め打ちになりますがそのぶんを割引するコースになっています。
しかも乗り換えすることで「12ヶ月無料」が付いてきます(!)
 
・「ASAHIネット光 with フレッツ ホーム コース」(780円/月、12ヶ月無料)
・「フレッツ光ネクストファミリーコースMプラン」(1,000円/月、無料期間なし)
 
しかし、私はそれらの条件を全て吹き飛ばして、1,000円/月のMプランのほうに
迷わず変更しました。上述のとおり、大切なのは 「今、速い」 ことではなく、
状況が変わったときにいつでも切り替えができる 「柔軟性」 のほうなのです。
 
念のためASAHI-NETのサポートの方にも伺ってみましたが、キャンペーン割引も
なく料金もあがることを納得した上であれば変更は全く問題ないとのことでした。
そしてNTT東への設定作業依頼もキャンセルしてもらえました。
 
これでつつがなく、高速回線の世界を満喫することができます。
願わくばこのまま安定して速い回線を使い続けられれば良いのですが・・・
また状況が変わったときには「上手く」立ち回りたいものです(´ω`)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2016/05/02 16:35


« 重低音ヘッドフォン「MDR-XB950」を購入、ガルパン劇場版BDの準備(?)

トップに戻る

初音ミクAMG2戦連続表彰台なるか?! SUPER GT第2戦富士、GW決戦に向かいます。 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.78566   投稿者 : 優駿   2016年5月 2日 16:58

自分の経験だと、Biglobe→IIJ→Biglobeと1ヶ月で行って帰ってきたことがあります。やっぱり混雑時間帯の速度が全然違うという理由です。暫く使ってみないと分からないもんです。

ちなみに一度IIJにした理由はCOPでIPv6申し込みたかったから。巻き取りされた当時はBiglobeやNiftyあたりじゃ出来なかったんだよなあ。ぼちぼちやってみるか。


No.78567   投稿者 : 匿名   2016年5月 2日 23:48

こんな感じなのかな

IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応) - てくろぐ
http://techlog.iij.ad.jp/


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks